【wimax2+を徳島で使う】速度と対応エリアを徹底検証

wimax2+をもって旅に出よう!徳島編

wimax2+のモバイルルーターとノートパソコンを携え各地でその実力を測定する旅もいよいよ終盤。
徳島県へとやってきました。

徳島県は毎年夏に行われる国内最大規模の阿波踊りや鳴門海峡の渦潮などが有名ですが、近年東京をはじめとする関東圏からの移住者が増加しているエリアでもあります。

徳島県内には多くのITベンチャー企業がサテライトオフィスを設けています。

名刺管理で有名なSansan株式会社をはじめ、株式会社インフォデックス、サイファー・テック株式会社など、徳島県内にオフィスを設けテレワークを推進する企業が多いのです。

その理由として最も大きいのが徳島は通信インフラが充実している事
徳島の自治体がその予算を利用して県内全域に光ファイバー網を張り巡らせているためテレワーク環境としては申し分ありません。

そんな徳島県ですが、wimax2+網を利用した「Speed Wi-Fi NEXT W05」ではどのくらいの速度が実現するのかを実際に確認すべく、移住者に人気の神山町及び徳島市をピックアップして測定してきました。

測定ポイントその1-徳島県神山町-

徳島県神山町は、徳島市中心部から約30キロメートル弱、車で50分程度かかる場所にあります。

写真の通り町内を南北に縦断する形で吉野川支流の鮎喰川(あくいがわ)が流れ、自然豊かで風光明媚な町です。

徳島のこの町には前述したSansanをはじめ多くのIT企業がサテライトオフィスを設けており、ここ数年の人口が社会増に転じたという地方創生の見本のようなエリアとして注目を集めています。

しかし、あるのは「自然」だけといっても過言ではなく、この町のメインストリートにはさびれた映画館はおろかバーもコンビニも居酒屋もありません。
わずかな食料品店や郵便局などがある、日本中どこにでもあるような「さびれた田舎町」です。

UQwimaxのエリアマップでみると、wimax2+エリアと圏外が混在しており、かろうじてエリア内で遅い速度となるか通信不可となるかといった予想ができます。

早速、町役場の近くで測定してみたところ、

一瞬目を疑いました。こんな徳島の閑静な場所でwimax2+通信ができるとは、そしてここまで早いとは想定外です。
周囲には民家が点在し、川が流れ、遠くの鳥のさえずりが聞こえる非常にのどかな場所です。

どれだけ田舎なのかを、役場前のバス停の時刻表を見て察していただきたいのですが、

このように、スカスカの時刻表です。にもかかわらずこれだけの速度が出る町ということは、それだけネットインフラが充実している証明にもなりそうです。

サテライトオフィスやコワーキングスペースなどの設備が整っているとはいえ、移住するとなると自宅でのネット回線も気になるところ。

その点、徳島の神山町はwimax2+利用でも全く問題なくネット利用が可能です。

測定ポイントその2-徳島駅前スターバックス –

次に訪れたのが徳島市内の繁華街。ビジネスや買い物の中心となるのはこのJR徳島駅前です。

地方都市特有の「オフィス街もショッピングセンターも同じエリアにギュッと集まっている」というコンパクトさで、人通りも多くビジネスマンや買い物客でにぎわっています。

測定場所は徳島駅ビル1Fにあるスターバックス。
モバイルワーカーにとってスターバックスは欠かせないワーキングスペースです。

さて、測定結果は……、

26Mbpsとやや低調です。
建物の中だからでしょうか。

ただ、ビジネスユースとしては特に支障はないレベルです。混んでいる店内及びお昼時と言う条件がややマイナスに影響したのかもしれません。

出張で利用するビジネスマンが電車の待ち時間にメールチェックをするといった用途では全く問題ないでしょう。Skypeを使ったネットミーティング程度ならばこれでも十分です。

同様にスターバックスの無料wifiに接続してみましたが、

こちらも12Mbpsと、無料なら問題ないレベル。
ビジネスユースの場合セキュリティ的に利用を推奨できるものではありませんが、プライベートユースならこちらでも十分でしょう。

測定ポイントその3-眉山展望台-徳島市

さて、徳島県最後の測定場所は徳島市内を一望できる眉山展望台です。

wimax2+エリア内でも高い場所は速度が落ちるのではないかという仮説を立て、それを検証すべく標高290メートルのこの場所に来てみました。
実際、スマートフォンなどもタワーマンション高層階では通じないことがあると言いますし、垂直方向に弱いというのは仮説としては間違っていないと思います。

徳島の眉山展望台、UQwimaxのエリアマップで見るとしっかり440Mbpsエリアです。
仮にwimax2+が高さに弱いのであれば、こういった展望台だとかなり低速になるはず……。

さて、気になるwimax2+の速度ですが、


45Mbpsと結構な速度出ています。
仮説がもろくも崩れ去りました。wimax2+は高さにも強いようです。

むしろ見晴らしがよく周囲に障害物がない分クリアな受信状態になるのでしょうか。

45Mbpsという速度はwimax2+としては不十分な速度ですが、高い場所でもしっかりと高速通信ができるということが分かりました。

まとめ

移住者人気の高い徳島県。その人気の秘密は何も自然環境だけではありません。

実際に移住を決める上では、その土地の風習や災害の有無といった条件はもとより、都心と変わらないネットインフラがなければ生活すらままならないのが事実。

その点、徳島県は光ファイバー環境だけでなくモバイルルーター環境においてもかなり秀でていることが分かりました。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。