動画配信・サブスク

DMM動画をポケットWiFiで観るためにおさえておくべきポイントとは?

様々な動画コンテンツを思う存分楽しめるのがDMM動画。


今回はこのDMM動画をポケットWiFiで観る際の注意ポイントを徹底解説します。

ポケットWiFiでDMM動画をストレスなく楽しむための3つの条件

ポケットWiFiでDMM動画を楽しむなら、以下3つの点に注意しなければなりません。

  1. データ通信量の上限
  2. データ通信速度
  3. 通信セキュリティ

以下、その理由を順にご説明します。

1、ポケットWiFiのデータ通信量の上限

DMM動画の為のポケットWiFi選びで重視すべきなのが毎月のデータ通信量の上限が無制限であること、あるいは大容量であることです。
これはNETFLIXなどの動画配信サイトを視聴する場合も同様です。

参考NETFLIXをポケットWiFiで観る!

DMM動画には映像コンテンツのダウンロード販売とストリーミング販売、ライブ配信の3本柱があります。
また、無料コンテンツも多く、気がつけば月に100本以上ダウンロードしてしまうこともあるでしょう。
ポケットWiFiのデータ量もかなり消費してしまいます。

また、ライブ配信コンテンツには「何度でも観たくなる」ような仕掛けがあります。
一例として刀剣乱舞のミュージカルの場合、以下のようにライブ配信、再ライブ配信、ディレイ配信の3パターンで視聴することができるようになっています。

2、データ通信速度

次にデータの通信速度ですが、これもDMM動画特有の仕組みが大きく影響します。
ストリーミング販売されているほとんどのコンテンツは、再生時の画質をユーザー側で選択できるようになっています。

購入できる画質はHDと通常(SD)画質の2通りがありますが、料金に注目してください。
HD画質でも通常画質でも料金が変わらないのです。
「料金が変わらないから画質の良い方を」となり、多くのユーザーがHD画質を選択するでしょう。

しかし、画質の良いコンテンツをストリーミングで楽しむためには、当然ながら高速なデータ通信が必要です。
したがってポケットWiFiの通信速度はより高速であることがDMM動画に適した条件の一つとなります。

3、通信セキュリティ

ポケットWiFiの通信セキュリティですが、他の動画配信サービスと異なり、DMM動画は動画購入の都度決済情報(クレジットカードなど)のやり取りを行います。
不特定多数が利用できる公衆無線LANなどで決済情報をやり取りするのは非常に危険です。

セキュリティ面、特に暗号化通信における強度が高いポケットWiFiサービスを選ぶ必要があるでしょう。

DMM動画をポケットWiFiで視聴する際に必要な通信速度は?

ではDMM動画の視聴に必要な通信速度を見てみましょう。
DMM動画のヘルプページには、推奨される通信環境として以下のように明記されています。

これによると、HD画質で6000kbps(=6Mbps)が必要です。
6Mbpsというのは通常のポケットWiFiであればクリアしている速度です。
WiMAXの最高速度は2.2Gbps(2200Mbps)、最近はやりのクラウドSIMのポケットWiFiの最高速度は150Mbpsなのでかなりの余裕があります。

参考【THE WiFiの評判】使用レポート&口コミまとめ

ただし、SIMフリーポケットWiFi+格安SIMの組み合わせだとこの速度を下回る可能性もあるため、WiMAXやキャリア回線対応ポケットWiFiを選ぶのが無難でしょう。

DMM動画のデータ通信量をポケットWiFiで実際に測定してみた

DMM動画のデータ通信量はコンテンツによって異なります。
今回、DMM動画の中から一つのコンテンツを選び、ポケットWiFi経由でストリーミング視聴してみました。

ダウンロードしたのは機動戦士ガンダム第08MS小隊。
第1話~最終話(11話)を一気にダウンロードしてみました。

全11話をダウンロードして観た結果、消費したデータ量は8.9GBとなりました。
1話あたり800MB程度と、やはりそれなりのデータ通信量を消費するようです。

これ以上のシリーズものになれば余裕で10GBを超えてくるでしょう。
データ通信量が大容量のポケットWiFiではさすがに苦しいと言わざるを得ません。

DMM動画の視聴に最適なポケットWiFi2選

これらを踏まえた上でDMM動画に向いているポケットWiFiは以下の通りです。

1、カシモWiMAX


5G対応で高速、更に無制限で使えるのがWiMAXの魅力。
最高速度は2.2Gbpsと光回線(1~2Gbps)をしのぎます。DMM動画の視聴にもストレスがありません。
WiMAXプロバイダの中でもカシモWiMAXは月額のシンプルな安さで人気。5G対応ポケットWiFi端末も無料です。

カシモWiMAX公式サイト

コストパフォーマンスに優れたポケットWiFi。WiMAX回線だけでなくau5GLTE、au4GLTEも使えるためエリアも広いです。

2、THE WiFi


使った分だけ料金がかかる従量課金プランが大人気のTHE WiFi。
DMM動画を沢山視聴する時とあまり見ない時がある方におすすめです。100GB上限の定額プランもありこちらは月額実質3327円と格安。
ライトユーザーにもヘビーユーザーにもおすすめのポケットWiFiです。

THE WiFi公式サイト

30日のトライアル期間があるのも魅力。端末代はもちろん無料。
デバイスとポケットWiFi端末はUSB接続ができるので電波の安定性も高いです。

参考【THE WiFiレビュー】評判はどう?本当に安い?全注意点を徹底解説

 

魅力的なコンテンツがいっぱいのDMM動画とは?

DMM動画の最大の魅力は他の動画配信サービスでは見ることができない動画が豊富にラインナップされていることです。
NETFLIXやHuluといった大手動画配信サービスは、洋画、邦画、国内外のドラマなどがメイン。

他方でDMM動画はアニメやギャンブル、お笑い、ドキュメンタリー、グラビアなどといった、どちらかというとサブカルチャー寄りのコンテンツが充実しています。

イメージ

特に2次元あるいは2.5次元が好きな人にとってはこの上ない楽しみを提供していくれる動画配信サービスです。

DMMはグループを挙げてソーシャルゲームに力を入れており、艦隊これくしょんや刀剣乱舞などの人気ゲームを次々と生み出しています。
これらの人気コンテンツをベースにした映像や舞台などはDMM動画が独占配信しており、最近では刀剣乱舞の舞台やミュージカル、ヘタリアのミュージカルなどが注目を集めました。

また、テレビアニメのパック購入(1話~最終話)ができるのもDMM動画の魅力です。
休みの日などにお気に入りの作品を大人買いしてまとめ観するユーザーも多いようです。

月額会員制ではなく作品単位での課金制度を取っているため、好きなジャンルに絞ってお金を大量に使うといったコアなユーザーが多いようです。

DMM動画視聴に最適なポケットWiFiまとめ

DMM動画をポケットWiFiで利用する場合、データ通信量の上限が最重要です。
今回紹介したポケットWiFiはデータ通信量の上限が大容量のサービス。

また、WiMAX回線の場合は4Gでも十分高速ですが、5Gエリアならかなりの余裕をもって動画の視聴が可能です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

元外資系ITキャリア勤務。PtoP高速データ通信事業の事業戦略を担当。その後某格安SIMのセールスエンジニア、某光回線のサポートセンターオペレーターとして勤務。無線通信回線、固定回線共に精通。 2015年からフリーランス。テレワークで仕事をしていることもあり、ポケットWiFiは手放せない存在です。

-動画配信・サブスク

© 2021 ネット回線の学校