LINEMO

LINEMOのミニプランとは?メリット・デメリットや申込み手順を徹底解説

LINEMOのミニフプランの特徴やキャンペーン情報が知りたいとお考えですか?

結論からお伝えすると、LINEMOのミニプランは以下のような方におすすめのサービスです。

LINEMOのミニプランがおすすめな人

  • 毎月のデータ使用量が3GB以下の人
  • LINEをよく使う人
  • 申し込みからサポートまで全てネットで完結したい人

本記事では、LINEMOの特徴やメリット・デメリット、申込み方法や、よくある質問について徹底解説していきます。ぜひ、最後までご覧下さい。

LINEMOのミニプラン3つの特徴

LINEMOのミニプランは、2021年7月15日から提供が開始された、毎月のデータ使用量が少ない人向けの料金サービスです。
ミニプランの特徴は大きく分けて、以下の3つです。

ミニプランの特徴

  • 月額990円で3GB使える
  • ソフトバンク同等の通信品質
  • LINE関連サービスが使い放題

以下、それぞれ詳しく解説していきます。

月額990円で3GB使える

LINEMOのミニプランは、基本料990円で毎月3GBまでデータ通信ができるプランです。

LINEMOにはミニプランの他に、月20GBまで使える「スマホプラン」が用意されています。

ミニプランとスマホプランの違いを、以下表にまとめたので確認していきましょう。

■ミニプランとスマホプランの比較表

ミニプラン スマホプラン
月額基本料990円(税込)2,728円(税込)
データ量3GB20GB
LINEギガフリー
通信制限時の通信速度300kbps1Mbps
eSIM
VoLTE
5G
国内通話料22円/ 30秒22円/ 30秒
SMS送信料送信:3.3円 /1通
受信:無料
送信:3.3円 /1通
受信:無料
データ量の追加購入550円/1GB550円/1GB
契約後のプラン変更
LINE年齢認証
ソフトバンクまとめて支払い

※2022年4月現在

それぞれ月額料金とデータ容量に違いがあります。

しかし、どちらのプランを選んでも、国内通話料やSMS送信料、その他のサービス内容に大きな違いはありません。

毎月ほとんどネットを使わないライトユーザーはミニプラン、ゲームや動画配信サービスをよく視聴するネットヘビーユーザーはスマホプランを選びましょう。

本家ソフトバンク同等の通信品質

LINEMOは、ソフトバンク同等の高品質な通信回線を利用することができます。

大手キャリアであるソフトバンク独自の回線をそのまま使えるので、一般的な格安SIMと比べて通信速度が速いという特徴があります。

また、追加料金なしで5G回線を利用することができるのもLINEMOの強みです。

参考LINEMの5G回線。ソフトバンクと対応エリアの違いはあるのか?

LINE関連サービスが使い放題

LINEMOは、スマホプラン・ミニプランどちらを選んでも、LINEトークや通話のデータ消費ゼロの「LINEギガフリー」に対応しています。

LINEで時間や回数を気にせず何度でも通話やビデオ通話を楽しむことができるのは、他のサービスにはない、LINEMO最大の特徴です。

通常、プランごとに定められた毎月のデータ容量を使い切ると、通信速度が制限されて回線速度が落ちてしまいます。
しかし、LINEMOのLINEギガフリーなら、通信速度制限中でもLINEアプリの通信速度は落ちません。

注意点

  • LINEギガフリー対象外の機能も存在します。詳しくはコチラから確認して下さい。

LINEMO ミニプラン 10のメリット

前項目では、LINEMOのミニプランの特徴を3つお伝えしました。

ここからは、LINEMOのサービス内容を深堀りしながら、メリット・デメリットに分けてそれぞれ解説していきます。

まず、LINEMOミニプランのメリットは以下の10個です。

LINEMO ミニプランのメリット

  • 各種手数料が無料
  • 追加料金無しで5Gが使える
  • 1年間かけ放題が無料で使える
  • eSIMに対応している
  • テザリングが無料で使える
  • 契約期間の縛りがない
  • PayPayチャージに対応している
  • ソフトバンクまとめて支払いに対応している
  • デビットカードや口座振替に対応している
  • フィルタリングが無料

それぞれ、詳しく解説していきます。

各種手数料が無料

LINEMOは、契約時やSIMの変更・再発行、解約時など、各種手数料が無料です。

SIMカードの変更や再発行の手数料がかからないので、端末をよく買い換える方には嬉しいサービス内容となっています。

具体的な無料の各種手数料は、以下のとおりです。

LINEMO 各種手数料

  • 契約事務手数料:0円
  • SIMカード再発行手数料:0円
  • eSIM再発行手数料:0円
  • SIM変更手数料:0円
  • 契約解除料:0円
  • MNP転出手数料:0円
  • 番号移行手数料(ソフトバンク/ワイモバイルへののりかえ):0円

各種手数料無料なので、LINEMOへ新規で申し込む方も、他社からのりかえの方も、契約初月にかかる費用は、基本料金(ミニプランの990円)+加入したオプション利用料のみとなります。

また、他社へ乗り換える際の契約解除料やMNP転出手数料も0円なので、実際に使ってみてLINEMOが合わなかったという場合でも安心です。

追加料金無しで5Gが使える

LINEMOは、スマホプラン・ミニプランどちらを選んでも、5G通信を無料で利用することができます。

LINEMOの5G対応エリアは、公式サイトに「東名阪、東北および北陸の一部エリア順次開始」と記載があるとおり、対応しているエリアはまだまだ限定的です。

2022年4月時点では、残念ながら地方や山間部などの人口密集地以外のエリアは、ほとんど5Gに対応していません。

LINEMOの5G対応エリアはコチラから確認することができるので、5Gをメインに使いたいとお考えの方は、申し込む前に確認しておきましょう。

注意点

LINEMOで5Gを使うには、端末側が5G回線に対応している必要があるので注意して下さい。

1年間かけ放題が無料で使える

現在、LINEMOではキャンペーンが開催されており、5分間の国内通話がかけ放題になる「通話準定額」を1年間無料で利用することができます。

LINEMOには、国内通話がかけ放題になるオプションが、以下2種類あります。

LINEMOのかけ放題オプションの種類

  • 通話準定額:5分以内無料
  • 通話定額:時間/回数無制限

かけ放題オプションのキャンペーン適用時の料金は、それぞれ以下のとおりです。

■通話準定額と通話定額の比較表

通話準定額 通話定額
~13カ月目0円/月1,100円/月
14カ月目550円/月1,650円/月

※通話オプション割引キャンペーン適用時の価格

スマホプラン・ミニプランどちらのプラン加入者も、一年間通話準定額は0円、通話定額は1,100円で利用することができます。

LINE通話ではなく音声通話をよくされる方で、一回の通話時間が5分未満の方は通話準定額、5分以上の方は通話定額への加入がおすすめです。

eSIMに対応している

LINEMOは、eSIMとSIMカード両方に対応しています。

eSIMとはスマホ本体に内蔵された一体型のSIMのことです。

物理的なSIMカードと違って、発送・到着を待たずに契約してすぐ使うことができたり、端末にSIMカードを差し替える手間がかからないといったメリットがあります。

また、LINEMOのSIMカードは、標準・マイクロ・ナノSIM全てに対応した「マルチSIM」を採用しているので、ナノSIMが普及する前の古い端末をお使いの方も、SIMカードのサイズの心配をせずに、安心して申し込むことができます。

参考LINEMOでeSIMを使う!手順・対応機種・切り替え

テザリングが無料で使える

LINEMOでは、テザリングを無料で利用することができます。

ミニプラン・スマホプランどちらの加入者も対象です。

テザリングを使えば、LINEMOの回線をWiFiルーター代わりに利用することができるので、PCやタブレットなど、WiFi機能を搭載したガジェットでネット通信を楽しむことができます。

テザリングを利用するには、LINEMOの動作確認端末である必要があるので、コチラからお手持ちのスマホが対象機種かどうか確認して下さい。

契約期間の縛りがない

LINEMOは、スマホプラン・ミニプランどちらも契約期間の縛りがありません。

いわゆる最低利用期間(契約後24ヶ月以内の解約は違約金がかかるなど)が設けられていないので、いつでも自分の好きなタイミングで解約や他社にのりかえることができます。

PayPayチャージに対応している

LINEMOでは、2021年8月4日から「PayPayチャージ」ができるようになりました。

PayPay残高へのチャージは、「ソフトバンクまとめて支払い」を利用して行います。

PayPayのチャージ方法としてソフトバンクまとめて支払いを設定する手順は、以下のとおりです。

ソフトバンクまとめて支払いでのPayPayチャージ手順

  1.  PayPayアプリを起動する
  2.  PayPayアプリトップの「チャージ」を選択
  3. 「その他のチャージ方法」から「ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO」を選択
  4. ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOと連携しますか?の画面で「連携する」を選択
  5.  利用規約が表示されるので内容を確認する
  6. 「上記に同意して連携をする」を選択
  7. 連携が完了しましたの画面で「設定に進む」を選択
  8.  電話番号を確認して「チャージPASSについて確認する」を選択
  9. 規約を確認する
  10.  「上記に同意してチャージPASSを設定する」を選択
  11. ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを設定しましたの画面が表示されたら設定完了
  12. チャージする場合はチャージ画面で金額を入力して「チャージする」を選択

ソフトバンクまとめて支払いに対応している

LINEMOは、2021年4月21日から「ソフトバンクまとめて支払い」が使えるようになりました。

ソフトバンクまとめて支払いとは?

アプリなどのデジタルコンテンツやショッピングの代金などを、月々のLINEMO利用料金とまとめて支払うことができる決済サービスのこと。

ソフトバンクまとめて支払いは申し込み不要で、月額料金も無料で利用することができます。

ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMO間でのりかえを行った方は、利用中の「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」の料金支払いが引き継がれます。

参考LINEMOはキャリア決済できる!ソフトバンクまとめて支払いが利用可能

デビットカードや口座振替に対応している

LINEMOは、デビットカードや口座振替での月額料金の支払いに対応しています。

クレジットカードをお持ちでない方も、VISA/Master/JCBのデビットカードならLINEMOの支払い方法として登録することができます。

また、2021年7月6日からクレジットカードでの支払いに加え、「口座振替」での支払いに対応しました。

サービス開始当初は対応していなかった「ゆうちょ銀行」での支払いも、2022年4月時点では既に対応済みとなっています。
支払い方法はLINEMO契約後に変更することもできるので安心です。

フィルタリングが無料

LINEMOでは、各種フィルタリングサービスを無料で使うことができます。

フィルタリングサービスとは?

子供に有害なサイトや悪影響を及ぼすアプリなどを制限することができるサービス

LINEMOの場合、フィルタリングサービスへの加入対象は未成年(19歳以下の方)となっています。

端末によって利用できるフィルタリングサービスは、以下のとおりです。

LINEMOのフィルタリングサービス

  • あんしんフィルター:iOS(11.0 以降)
  • ファミリーリンク:Android(7.0 以降)

LINEMO ミニプラン 10のデメリット

続いて、LINEMO ミニプランのデメリットについて解説していきます。

デメリットに関しては、LINEMOを契約する前に必ず確認しておきましょう。

LINEMO ミニプランのデメリットは、以下の10個です。

LINEMO ミニプランのデメリット

  • 端末を同時購入することができない
  • 他社と比較して通信速度が遅い
  • 20歳未満は本人名義で契約不可
  • 留守番電話や転送電話が使えない
  • 通信制限になると速度が遅くなる
  • ミニプラン対象外のキャンペーンが多い
  • キャリアメールは提供されていない
  • ソフトバンクの割引サービスが使えなくなる
  • 海外での利用は別料金
  • 店舗でサポートを受けることが出来ない

それぞれ、詳しく解説していきます。

端末を同時購入することができない

LINEMOでは、2022年4月時点で、契約と同時に端末を購入することができません。LINEMOへ申し込む際は、今使っている端末をそのまま利用するか、家電量販店やキャリアなどであらかじめ端末を購入しておきましょう。

端末を用意する際は、LINEMOの動作確認端末であることを必ず確認して下さい。

動作確認端末はコチラから確認することができます。

参考LINEMOで端末購入はできる?おすすめのスマホの買い方

他社と比較して通信速度が遅い

LINEMOは他の携帯キャリアと比較して、通信速度が遅いです。
みんなのネット回線速度を参考に、平均の下り速度を比較した結果は以下のとおりです。

■LINEMOと他社の通信速度比較

キャリア名平均下り速度(ダウンロード)
ドコモ166.21Mbps
ahamo115.42Mbps
au95.05Mbps
ソフトバンク 85.46Mbps
povo74.53Mbps
LINEMO58.56Mbps
楽天モバイル38.15Mbps

※2022年4月日現在
参考元:みんなのネット回線速度

他社とダウンロード速度を比較すると、LINEMOは全7回線中6位という結果になっています。

大手キャリアのサブブランドであるahamoやpovoよりも通信速度が遅いので、通信速度の速さを求める方にLINEMOは向いていません。
今後、LINEMOの通信速度が向上することに期待しましょう。

18歳未満は本人名義で契約不可

LINEMOでは、18歳未満の未成年の方は本人名義で契約することができません。
しかし、家族など18歳以上の方を契約者として、18歳未満の方を使用者として登録すればLINEMOを利用することができます。

注意点

使用者として登録できるのは家族のみです。

留守番電話や転送電話が使えない

LINEMOでは、留守番電話や転送電話サービスを提供していません。

留守番電話のメッセージを残す代わりに、LINEのメッセージ機能を活用するなど工夫が必要です。
仕事で転送電話サービスを利用している方は、LINEMO以外のサービスを検討しましょう。

通信速度が制限される可能性がある

LINEMOでは、通信品質およびネットワーク利用の公平性確保のために、通信速度が制御される場合があります。

もし万が一、通信速度が制御されても通信自体が切断されることはありません。

制御の水準に関しては2022年4月時点では詳細がまだ決まっておらず「未定」となっており、制限が開始された際はLINEMO公式ホームページ上に情報が掲載されることになっています。

ミニプラン対象外のキャンペーンが多い

LINEMOでは、お得なキャンペーンが多数実施されています。しかし、残念ながらミニプラン対象外のキャンペーンが多いです。
LINEMOのミニプラン対象外のキャンペーンは、以下の2つです。

LINEMO ミニプラン対象外のキャンペーン

  • PayPayポイントあげちゃうキャンペーン
  • LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン

LINEMOのミニプランが対象となっているキャンペーンに関しては、内容や適用条件などを後ほど詳しく解説します。

キャリアメールは提供されていない

LINEMOでは、契約者向けのキャリアメールは提供されていません。

今までは、LINEMOに乗り換えると、ソフトバンク(@i.softbank.jp)やワイモバイル(@ymobile.ne.jp)のキャリアメールを利用できなくなってしまいました。

しかし、2021年12月20日からメールアドレスを引き継げる「メールアドレス持ち運び」サービスの提供が開始されました。

メールアドレス持ち運びサービスは有料で、年額で1メールアドレスごとに3,300円の費用がかかります。
メールアドレス持ち運びサービスは、ソフトバンク・ワイモバイルでそれぞれ内容が異なるので、以下を参照して下さい。

ソフトバンクの割引サービスが使えなくなる

ソフトバンク利用者がLINEMOに乗り換えると、今まで適用されていた各種割引サービスが全て使えなくなります。
LINEMOに乗り換えると使えなくなる割引サービスは、以下のとおりです。

適用対象外になる割引サービス

  • おうち割光セット
  • みんな家族割+
  • ahoo!プレミアム無料特典

固定回線とのセット割や、家族割を組んでいる場合、LINEMOに乗り換えると毎月の料金が高くなってしまう可能性があるので注意して下さい。
また、ソフトバンクでお馴染みのYahoo!プレミアムの月額料金が無料になる特典は、LINEMOでは提供されていません。

海外での利用は別料金

LINEMOを海外で使うと、毎月の基本料とは別の料金が発生します。

海外でパケット通信を行った際の料金は、以下のとおりです。

■LINEMO海外でのパケット通信利用料金の比較

パケット数通常料金海外パケットし放題適用後
25MBまで0円~51,199円0円~1,980円/日
25MB以上51,200円~2,980円/日

海外でネットを利用する際は、通常料金よりも定額制で使い勝手のいい、海外パケットし放題への加入がおすすめです。

海外パケットし放題は、月額料が無料の国際ローミング(世界対応ケータイ)に加入していれば申し込むことができます。

店舗でサポートを受けることが出来ない

LINEMOは、オンライン受付のみで店舗でサポートを受けることができません。

ソフトバンクのサブブランドという位置付けのLINEMOですが、ソフトバンクショップやワイモバイルショップで契約したり、契約後のサポートを受けることはできないので注意が必要です。

スマホにあまり詳しくない方やシニアの方など、対面でサポートを受けたい場合は、LINEMOではなくソフトバンクやワイモバイルへの加入がおすすめです。

参考LINEMOは店舗契約できる?サポートは?

LINEMOのミニプランへの申し込み手順

ここまでLINEMOのミニプランのメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

この項目では、LINEMOのミニプランに乗り換える方法を、以下2つの手順に分けて解説します。

LINEMOのミニプランに乗り換える手順

  1. 事前準備
  2. LINEMO公式サイトから申し込む

それでは順番に解説していきます。

事前準備

まず、LINEMOへ申し込む前の事前準備として、以下のものを揃えて下さい。

事前に準備するもの

  • スマートフォン(動作確認端末)を準備する
  • SIMカード/eSIMどちらで申し込むかを決める
  • 支払い方法を決める
  • MNP予約番号の取得
  • 本人確認書類の準備

それでは順番に解説していきます。

LINEMOの動作確認済み端末を用意して、必要があればSIMロックも解除しておきましょう。

MNP予約番号を取得したら、クレジットカードや口座など支払いに必要な情報や、運転免許証などの本人確認書類を準備して、LINEMO公式サイトにアクセスしましょう。

LINEMO公式サイトから申し込む

事前準備が終わったら、以下の手順でLINEMO公式サイトから申し込みましょう。

LINEMO申し込み手順

  1. 申込画面で「今の番号をそのまま利用する」を選択する
  2. 「他社携帯電話会社」または「LINEモバイル」を選択する
  3. 利用するSIMカードを教えて下さいの画面で「SIMカード」または「eSIM」を選択する
  4. プランなどを選択する(ミニプランを選択)
  5. 「乗り換え予定の電話番号」を入力する
  6. 「MNP予約番号」と「有効期限」を入力する

以上で、LINEMOへの乗り換え手続きは完了です。

LINEMOの申し込みが完了後、登録内容に不備がなければ1?2時間後に申し込み完了のお知らせがメールで届きます。

その後、審査が通った場合は「商品発送のお知らせ」、審査が通らなかった場合は「お申し込み審査結果についてのお知らせ」というタイトルのメールが届くので、忘れずにチェックして下さい。

LINEMOのミニプランでよくある質問(Q&A)

LINEMOのミニプランでよくある質問は、以下のとおりです。

よくある質問

  • ミニプランからスマホプランに変更できる?
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しできる?
  • 通信速度制限は解除できる?

以下、それぞれ解説していきます。

ミニプランからスマホプランに変更できる?

LINEMOのミニプランからスマホプランへのプラン変更は可能です。

また、スマホプランからミニプランへの変更にも対応しています。

プラン変更の手順は、以下のとおりです。

LINEMOプラン変更の手順

  1. My Menuへログインする
  2. 変更するプランを選択する
  3. 「お手続き内容をあとで確認する方法」で任意の確認方法を選択する
  4. 注意事項を確認して「変更内容を確認する」を選択する
  5. 大切なお知らせを確認して「変更をつづける」を選択する
  6. 変更内容を確認して「同意する」にチェックをする
  7. 「申し込み」を選択する

手続き完了後、プラン変更の適用日は翌月の1日からとなっているので注意して下さい。

余ったデータ容量は翌月に繰り越しできる?

LINEMOは、余ったデータ容量を翌月にくりかえすことはできません。例えばミニプランを契約していて、月のデータ容量が1GB残ったからといって、次月に4GB使えるようになる訳ではないということです。

LINEMOでは、毎月1日にデータ通信量がリセットされます。

参考LINEMOはデータ繰り越しできる?容量シェアやギガ追加を徹底解説

通信速度制限は解除できる?

LINEMOでは、追加データを購入することによって、通信速度制限を解除することができます。

毎月のデータ量を超えた場合、月末までスマホプランは最大1Mbps、ミニプランは最大300kbpsに通信速度が低速化してしまいます。
しかし、1GBごとに550円支払うことによって、通信速度を通常速度に戻すことが可能です。

端末の保証サービスはある?

LINEMOでは、iPhone専用の「持込端末保証 with AppleCare Services」という端末保障サービスを提供しています。

Appleサポートへの優先アクセスや、エクスプレス交換サービスをAppleから直接受けることができるので、加入していれば思わぬトラブルに遭遇した際も安心です。
持込端末保証 with AppleCare Servicesに加入する場合、LINEMO契約時または開通から14日以内にMy Menuから申し込む必要があります。

申し込み料金や修理サービスの金額は、iPhoneの種類や故障内容によって異なるので、詳しくはコチラを参照して下さい。

LINEMOのミニプランで使えるお得なキャンペーン

現在、LINEMOではお得なキャンペーンが多数開催されています。

ミニプランはスマホプランと比べて対象となるキャンペーンが少なくなっていますが、2つのキャンペーンが利用できます。
2022年4月時点で、ミニプラン加入者も対象のキャンペーンは以下のとおりです。

LINEMOのキャンペーン一覧

  • 通話オプション割引キャンペーン
  • LINE MUSIC6カ月無料キャンペーン

どちらのキャンペーンも、月額料金の割引やキャッシュバックではなく、オプションサービスの割引です。
それぞれ詳しく解説していきます。

通話オプション割引キャンペーン

「通話オプション割引キャンペーン」は、月額550円で5分以内の国内通話が無料になる「通話準定額」オプションが、LINEMOを契約してから1年間無料になるキャンペーンです。

また、キャンペーンを適用すると、通常月額1,650円で国内通話が無制限がかけ放題になる「通話定額」を、契約後1年間月額1,100円で利用することができます。

音声通話を頻繁にされる方には嬉しいキャンペーン内容となっています。

キャンペーン概要

  • 期間:2021年3月17日~終了日未定
  • 対象者:新規/乗り換え(ソフトバンク/ワイモバイルからも可)
  • 適用条件:通話準定額/通話定額への申込み

LINE MUSIC 6カ月無料キャンペーン

「LINE MUSIC 6カ月無料キャンペーン」は、約8,500万曲が聴き放題の音楽サブスクリプションサービス「LINE MUSIC」が、通常は初回登録後1ヶ月無料のところ、6ヶ月間無料になるキャンペーンです。

LINE MUSICの本キャンペーン対象プランは、以下のとおりです。

LINE MUSIC 6カ月無料キャンペーン対象プラン

  • 一般/月額プラン(通常980円)
  • 学生/年額プラン(通常480円)

LINE MUSICをすでに利用している方や、一般/年額プランやファミリープランは、キャンペーンの対象外となっているので注意して下さい。
また、LINE MUSICの支払方法を「ソフトバンクまとめて支払い」にすることも条件となっています。

キャンペーン概要

  • 期間:2021年11月17日?終了日未定
  • 対象者:新規/乗り換え/LINEMO契約中の方
  • 適用条件:支払い方法をソフトバンクまとめて支払いにする

まとめ:ミニプランはライトユーザーにおすすめ!

ここまでLINEMOのミニプランの特徴を、メリット・デメリットに分けて解説し、申込手順やキャンペーン情報についても合わせてご紹介してきました。

LINEMOのミニプランは基本のデータ容量3GBに加え、LINEギガフリーでLINEのデータ消費がゼロなので、毎月のデータ使用量の大半がLINEでネットは殆ど利用しない方には非常におすすめできる料金プランです。
LINEMOのミニプランが気になっているという方は、本記事を参考に、キャンペーンを使ってお得に乗り換えてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REV

スマホ・モバイルWi-Fi・光回線といった通信系、Apple製品やカメラなどガジェット関連の専門的な知識を活かし多数メディアで執筆中のライター。 蔵のリノベーション、ホームページ制作、経営・戦略コンサルティングを行うなどマルチに活動中。 仕事も遊びもとにかく「面白い」ことが大好き。

-LINEMO

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校