LINEMO

LINEMOは通話かけ放題無料で利用できる!その条件とオプションを解説

LINEMOを通話かけ放題で利用したい方は少なくありません。
LINEMOは3GB:990円/月、20GB:2728円/月と格安。これに通話かけ放題がついたら無敵ではないでしょうか。
結論を先に書くと、LINEMOはかけ放題無料で利用できます。ただし、条件があるため注意が必要になります。
今回はLINEMOの通話かけ放題と注意点について徹底解説します。

LINEMOはLINEアプリの通話がかけ放題!

LINEMOにはLINEアプリで利用したデータ量がカウントされません。
LINEの通常のトークはもちろん、通話、ビデオ通話にいくら使ってもデータ消費量にはカウントされないので、無料でかけ放題になります。
ただし全ての方を相手にかけ放題というわけではありません。
LINEアプリはアプリで友達登録している人としか通話ができないからです。
通常の電話番号への発信はできないので、かけ放題になる相手が限定されます。

とはいえ、それを差し引いてもLINEのデータ消費がカウントされないのは大きなメリットです。
LINEアプリを上手に活用すれば通常の通話料金を大幅に節約することができます。

ポイント

【LINE OutならLINEユーザー以外にかけられる】

LINEのLINE Outを使うとLINEユーザー以外にも電話をかけられます。(データ量の消費はされます)
LINE OutはLINE通話とは違い、通話に制限があるのがネック。固定電話だと3 分、携帯電話だと2分の通話が無料でそれ以上は有料になります。
これ一つでは厳しいですが、上手に使うと通話料金が節約できます。

通常の通話にはかけ放題オプションがある!

LINEアプリを使った通話は無料ですが、友人にしか使えない点がネック。
更にインターネット経由なので音声が通常の通話には劣ります。

LINEMOの通常の通話は22円/ 30秒と標準的でかけ放題はついていません。

【LINEMOの通話プラン概要】

月額料金3GB(ミニプラン):990円
20GB(スマホプラン):2728円
通話料22円/30秒
通話オプション【通話準定額】5分以内無料
550円/月
【通話定額】かけ放題
1650円/月
備考LINEギガフリー
(LINEのデータ消費ノーカウント)
公式サイトLINEMO公式サイト

LINEMOは様々な機能を省いて月額料金を極限まで安くしてるのが分かります。
かけ放題のオプションは5分以内無料(550円/月)と、時間制限のないかけ放題(1650円/月)があります。
5分以上かける事がない方は5分以内無料オプションで十分でしょう。長電話しがちな方は時間の制限のないかけ放題オプションがおすすめです。

例えば、3GBのミニプランに5分以内かけ放題をつけても月1540円と格安。データをあまり使わない方ならこの組み合わせでも十分です。

割引キャンペーンで5分かけ放題が1年間無料!

LINEMOは通話オプションの割引キャンペーンを行っています。
5分以内かけ放題が1年目は無料、制限なしかけ放題は1年目の月額が1100円に割引されます。

特に5分以内かけ放題が無料なのは大きな魅力。
とりあえずオプションを追加してみて5分以内で間に合うのかを試してみるのもおすすめです。

これはライバルであるドコモの新プラン「ahamo」(20GB:2970円/月、5分かけ放題無料)を意識したキャンペーンと言えそうです。

参考ahamoはかけ放題にできる?通話オプションの疑問

LINEMOの20GBプランは2728円とahamoより安いのですが5分かけ放題はついていません。これに1年無料の5分かけ放題オプションをつけるとahamoと同スペックでありながら割安になります。
1年後はオプションは有料になりますから2728円+550円(5分かけ放題)=3278円/月。
1年後はahamoよりも高くなりますが、差額をLINEのギガノーカウント分と考えるとほぼ同等の料金と言えます。

家族間の通話かけ放題の家族割は対象外

ソフトバンク、ドコモ、auのキャリア回線の方は家族割を適応して様々なメリットを得ている場合が多いです。
家族割には大きく分けて二つの種類があります。

  1. 家族間の通話かけ放題無料
  2. 家族のスマホの毎月の料金から最大1100円割引

LINEMOはどちらの家族割も対象外です。

参考LINEMOは家族割にカウントされる?

特に家族間の通話かけ放題がなくなるのは困る方が多いのではないでしょうか。
その対策として考えられるのは家族とはLINE通話で話すという手段です。
前述のとおりLINEMOはLINEアプリの消費データ量は無料です。

ただしLINE通話はインターネット経由なので通話品質が通常の電話回線には劣ります。
クリアな声で家族との会話を楽しみたいなら電話かけ放題のオプション(1650円/月)を追加するのも良いでしょう。
3GB(ミニプラン)なら990円+かけ放題オプション(1650円/月)で2640円/月と、オプションを追加しても安いです。

【まとめ】LINEMOを通話かけ放題で使う2つの方法

LINEMOを通話かけ放題で使う方法には大きくわけて二つあります。

  1. LINEで通話する
  2. かけ放題のオプションを追加

LINEMOはLINEの消費データがカウントされないのでLINEで通話する分にかけ放題無料です。
ただしLINEの場合、基本的にLINEの友人としか通話できず、電話番号にかける事もできません。
LINE Outという機能で一般の電話番号にかけられますが無料通話できる時間が2~3分と限られてしまいます。
LINEの通話には限りがあるので、通常の通話をかけ放題にするのも良しでしょう。

LINEMOで通常の電話をかけ放題にするにはオプションに加入する必要があります。
5分かけ放題が550円/月、制限なしでかけ放題が1650円/月
そもそもの月額料金が安いのでオプションを追加してもそれ程の経済的な負担にはならないでしょう。
かけ放題オプションの最初の1年目はキャンペーンで割引になるので試しに使ってみるのもおすすめです。

関連LINEMOは留守番電話ができない?代替手段と対策

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・水原裕一

ガジェット&光回線マニアで実際に契約して検証が信条。 光回線の他にWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。更にお得なSIM情報にも詳しい。 光回線・格安スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信する専門ライター。元ビジネス書出版社WEB担当。

-LINEMO

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校