LINEMO

LINEMOの電話の通話料は無料にできる?料金と他社との違いを徹底解説

LINEMOの通話料は安いのか?他社と比較してどうなのか?気になっている方も多いのではないでしょうか。
LINEMOは3GB:990円/月、20GB:2728円/月とリーズナブルなのが魅力です。ただでさえ安いLINEMOですが通話料も様々な機能を利用する事で節約する事が可能なんです。
今回はLINEMOの通話オプション、LINEを使った節約方法、更には他社との比較などを解説。この記事を読めばLINEMOの通話料に関する全てが分かります。

LINEMOの通話料の概要をチエック

まずはLINEMOの通話料の全体像をチエックしてみましょう。

通話料22円/ 30秒
通話オプション【通話準定額】550円/月
5分以内無料
【通話定額】1650円/月
通話無料
備考LINE通話、ビデオ通話
データ量無料
家族割なし

通話料はデータ容量3GB(990円/月)のプラン、20GB(2728円/月)のプランで共通です。
LINEMOの通話料は22円/ 30秒とごく標準的。
重要なのはLINE通話のデータ量が無料である事、通話オプション、そして家族割です。

大切な点なので一つ一つ見ていきましょう。

LINEMOのかけ放題オプションは2つある

LINEMOには2つのかけ放題オプションがあり、通話料を節約したい方におすすめです。

  • 5分以内の国内通話無料:550円/月
  • 国内通話無料:1650円/月

5分以内で済む通話が多い方は5分以内無料のオプションで分でしょう。5分以内なら何度電話しても通話料がかからないのも魅力です。
沢山電話をする方には国内通話無料のオプションがおすすめです。
これらのオプションを追加した場合を試算してみると以下の通りになります。

【かけ放題オプション追加後の試算】

5分無料オプション追加かけ放題無料を追加
3GBプラン
(990円/月)
1540円/月2640円/月
20GBプラン
(2728円/月)
3278円/月4378円/月

通話料無料のオプションを追加してもLINEMOはまだまだ安いのが分かります。
ちなみに通話オプションの追加は、申し込んだ後でもマイメニューから簡単にできます。

ポイント

【LINEMOの通話オプションは1年間割引になる】

LINEMOの通話オプションは、申し込んだ1年目は割引料金で利用できます。
5分無料オプションは1年間無料、かけ放題は1年目は1100円/月です。実際に利用してみて通話料がどれくらい節約になるか試してみるもの良いでしょう。

LINEは通話料無料でかけ放題

LINEMOは「LINEギガフリー」といってLINEアプリでいくらデータ消費をしてもカウントされません。

LINE

したがって、LINEの音声通話はもちろん、ビデオ通話をどんなに使っても通話料が発生しない事になります。
通話料がかからないのは大きなメリットですが、デメリットもあるので注意が必要です。

【LINEアプリの通話の3つのデメリット】

  1. LINEで友達登録している人にしかかけられない
  2. 電話番号にかけることができない
  3. インターネット経由なので音質は通常の電話に劣る

LINEの通話機能は通常の電話番号にかけられない事がデメリットです。
更にインターネット回線を使った通話のため音質は通常の電話にはかないません。

とはいえ通話料がかからないのは大きなメリットです。
LINEアプリを積極的に利用すればスマホの通話料を大幅に安くできるのです。

参考LINEMOは通話かけ放題無料で利用できる!その条件とは?

LINEMOは家族間の通話が無料にはならない

LINEMOは家族割の対象外なので家族間の通話は無料になりません。

関連LINEMOは家族割にカウントされる?ソフトバンクから乗り換えは?

一般的にキャリア回線の家族割には2つの要素があります。

  1. 家族間の通話料が無料
  2. 家族のメンバーなら毎月の携帯代が最大1100円割引

2の割引に関してはLINEMOの料金がそもそも安いので仕方がないと言えます。
990円/月の3GBプランを更に割引にしたら料金がなくなってしまうでしょう。
1の家族間の通話料無料ついては現在利用中の方も多いのではないでしょうか。LINEMOでは家族間の通話料が無料にならないため乗り換えをためらっている方もおられると思います。

代案としてはLINEMOの特長であるLINEのデータ量カウントフリーを利用する事。家族間の通話をLINEにすれば通話料がかかりません。
あるいは、前述の通話し放題のオプションを追加するのもおすすめです。

ポイント

【LINEMOはセット割も対象外】

LINEMOは家族割だけでなく、光回線のセット割も対象外です。セット割とは特定の光回線を契約すると携帯料金が割引になる事。
毎月最大1100円割引きになるので利用している方も多いのではないでしょうか。
セット割のある光回線を契約している方は見直すのがおすすめ。セット割がなくても格安の光回線なら沢山あります。

参考LINEMO(ラインモ)にお得な光回線!ソフトバンク光はNG?

LINEMOと他社の通話料金を比較

LINEMOと他の格安スマホの通話料を比較してみましょう。

月額料金5分無料通話無料
LINEMO3GB:990円
20GB:
2728円
550円1650円
ahamo 20GB:2970円プランに付属1100円
povo使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2700円
60GB(90日間):6490円
150GB(180日間):12980円
500円1650円

LINEMOはソフトバンクの格安プラン、ahamoはドコモ、povoはauの格安プランです。
通話料はほぼ横並びなのが分かると思います。
ahamoは5分無料が最初からついている分、月額料金が少し高めです。他社は必要ならオプションで追加する仕組みです。

料金の違いはほとんどありませんが、乗り換えやすさで選ぶなら同じ会社の格安プランが簡単です。
同じ会社の格安プランへの乗り換えならスマホのSIMロック解除が不要なため手間いらずで乗り換えできます。
もちろんひと手間かけて自身に合った会社を選ぶのが最良です。

ソフトバンクとLINEMOの通話料は同じ!

LINEMOの通話料はソフトバンクと同じになります。
ソフトバンクは通常の通話が22円/ 30秒。オプションとして5分無料の準定額オプションと、使い放題の定額オプションがあります。
ソフトバンクは準定額オプションが550円/月、定額オプションが1650円/月とLINEMOと同じです。
通話関連でのソフトバンクとの違いは、LINEMOでは留守番電話や転送電話をオプションでも追加できない点です。

参考LINEMOは留守番電話ができない?代替手段と対策

留守番電話や転送電話などが追加できない代わりにソフトバンクよりも格安なのがLINEMOなのです。

LINEMOの通話料の節約方法

LINEMOの通話料の節約に力を発揮するのは以下の二つです。

  • LINEアプリの通話の活用
  • 話し放題オプションの活用

前述のとおり、LINEMOユーザーはLINEアプリのデータ消費がカウントされないためデータ料金は無料です。
LINEで通話可能な相手ならLINEアプリの通話機能を積極的に利用しましょう。

更にLINEにはLINE Outという機能もあります。
LINE OutはLINEユーザー以外の電話番号にかけられる機能。
固定電話へなら3分、携帯電話へなら2分まで通話料無料で電話をかける事ができます。
LINE Outは通常のLINE通話とは異なりデータ量を消費しますが通話料の節約に効果的。上手に利用すれば月の通話料をかなり削減できます。

また、話し放題オプションを追加することでも通話料の節約が可能です。
5分無料のオプションは月550円。通常の通話(22円/ 30秒)を5分利用すると通話料は220円ですから3回以上で元をとれる計算です。
更にヘビーに通話する方は制限なしのかけ放題オプション(1650円/月)を検討しても良いでしょう。

【まとめ】LINEMOの通話料節約のカギはLINEアプリ

LINEMOの通話料金は他社格安プランと比較してもごく平均的と言えます。
通話料金を節約するカギはLINE使い放題と通話オプションの活用です。
特にLINEのデータ消費カウントフリーはLINEMOならではの機能なので積極的に活用しましょう。

LINEMOには家族割がなく家族間の通話は通常と同じように有料になります。家族間の通話にLINE通話を取り入れることで通話料を削減できます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・水原裕一

ガジェット&光回線マニアで実際に契約して検証が信条。 光回線の他にWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。更にお得なSIM情報にも詳しい。 光回線・格安スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信する専門ライター。元ビジネス書出版社WEB担当。

-LINEMO

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校