■LINEモバイル公式サイト

3大キャリアに比べて、料金が格段に安くなる格安SIM。

特にLINEモバイルは利用しているユーザーも増えてきており、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、LINEモバイルの料金や特徴を詳しく解説します。

これからLINEモバイルへの変更を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

最安500円!LIENモバイルの料金情報をチェック

こちらではLINEモバイルの料金情報を紹介します。

まず、基本的な料金プランは、以下の3種類です。

  1. LINEフリー
  2. コミュニケーションフリー
  3. MUSIC+

それぞれ詳しく解説していきます。

【LINEモバイルのプラン1】LINEフリー

LINEフリープランは、LINEモバイルの中でも最も料金が安いプランです。

データ容量は1GBのみで、LINEの主要な機能(メッセージや通話など)にかかるデータでは消費しません。

またデータ容量を使い切って通信制限にかかった場合でも、LINEは高速状態を維持したまま利用できます。

以下がLINEフリープランの料金です。(税別)

データSIMプラン 500円/月
データSIM(SMS付き) 620円/月
音声通話SIM 1,200円/月

データSIMプランだと月額500円という、非常に安い値段で利用できます。

容量は1GBしかありませんが、LINEでの通信では消費しないため「LINEしか使わないのに高額な料金を支払っていた」という方にはうってつけのプランです。

他にも「基本的にはポケットWiFiなどで対応している」という方も固定費を下げられます。

とにかく「スマートフォンにかかる料金を抑えたい」という方にとっておすすめのプランです。

【LINEモバイルのプラン2】コミュニケーションフリー

コミュニケーションフリープランは、LINEに加えて各種SNSでのデータ消費が0になるプランです。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE

の利用時にデータを消費しません。

もちろんデータ容量を使い切った場合でも、上記のSNS+LINEは高速のまま利用できます。

料金プランは、以下のとおりです。(税別)

容量 データSIMの料金
(SMS付き)
音声通話SIMの料金
3GB 1,110円/月 1,690円/月
5GB 1,640円/月 2,220円/月
7GB 2,300円/月 2,880円/月
10GB 2,640円/月 3,220円/月

3大キャリア(docomoauSoftbank)を利用するのに比べて、かなり料金を抑えられます。

さらにメインで利用するであろうSNSのデータ消費が0なので、通信制限にかかる可能性もかなり低いです。

効率よく料金を抑えられるので「費用は下げたいけど、スマートフォンはがっつり使いたい」という方に向いています。

【LINEモバイルのプラン3】MUSIC+

■イメージ

MUSIC+プランは、コミュニケーションフリープランにLINE MUSICが付いているプランです。

LINE MUSICは約5,800万曲が聴き放題の定額制ストリーミングサービスで、通常であれば960円のところを、LINEモバイルに加入していると750円で利用できます。

MUSIC+プランになるとLINE MUSICの通信もカウントされないので、いつでも音楽をダウンロードして聞くことが可能です。

料金は、以下のようになっています。(税別)

容量 データSIMの料金
(SMS付き)
音声通話SIMの料金
3GB 1,810円/月 2,390円/月
5GB 2,140円/月 2,720円/月
7GB 2,700円/月 3,280円/月
10GB 2,940円/月 3,520円/月

LINE MUSICを使うには、さらに利用料の750円/月を支払う必要があります。

1曲(5分程度)が約5MBなので、1日に3時間音楽を聴くとすると180MBです。

これを1ヶ月続けると5.4GBでかなりの容量を消費するので、普段から音楽を聴く人にとっては使い勝手の良いプランです。

LINEモバイルの4つの特徴

こちらでは、LINEモバイルの4つの特徴について紹介します。

  1. ユーザー同士でデータをシェアできる
  2. 使わなかったデータは繰越可能
  3. docomo・au・Softbankの3大回線が使える
  4. LINEのID検索が利用できる

それぞれ詳しく解説していきます。

【LINEモバイルの特徴1】ユーザー同士でデータをシェアできる

■イメージ

LINEモバイルでは、ユーザー同士でデータシェアが可能です。

LINE上で簡単にデータを送りあえるので、加入している知り合いが多いほど安心できる機能と言えます。

たとえば家族で加入していれば、気兼ねなくデータのシェアが可能です。

格安SIMは料金が安い分、データ通信容量が少なくて通信制限にかかりやすいため、簡単にデータをシェアできるのは大きなメリットです。

【LINEモバイルの特徴2】使わなかったデータは繰越可能

LINEモバイルでは、使わなかったデータは次月に繰越できます。

たとえば3GBプランで2GBしか使わなかった場合、翌月は1GB + 3GBで4GBの利用が可能です。

期限は翌月末までですが、データを余すこと無く使える点はメリットと言えます。

【LINEモバイルの特徴3】docomo・au・Softbankの3大回線が使える

LINEモバイルでは、docomo・au・Softbankの3大回線が使えます。
これは格安SIM会社の中でもかなり珍しい特徴です。

それぞれ似たような回線ではありますが、地域によって「Softbankしかつながらない」などの不具合は珍しくありません。

LINEモバイルなら回線を選べるので、つながりやすいキャリアでインターネットを楽しめます。

またスマートフォンによっては、特定の回線でしか使えないものも存在します。

端末はそのままでキャリアだけを変更したい」という場合に、3回線に対応しているLINEモバイルなら問題なく変更が可能なので、非常に便利です。

【LINEモバイルの特徴4】LINEのID検索が利用できる

■イメージ

地味に便利なのが、LINEのID検索が利用できるという点です。

実はLINEのID検索は3大キャリア+LINEモバイルのみの機能なので、他の格安SIMでは使えません。

LINEを交換する時にわざわざQRコードを利用する必要もなく、簡単にやりとりができます。

【LINEモバイルの特徴5】専用アプリで通話料半額

LINEモバイルが提供している「いつでも電話」というアプリを利用すれば、通話料金が半額で電話をかけられます。

通常は30秒20円のところを、アプリを通じて電話するだけで10円で利用可能です。
特別な契約も必要ありません。

また「よく電話をする」という人向けに、月額880円で10分間無料で電話をかけられるオプションも存在します。

もっともLINE通話を使えばすべて無料なのですが、固定回線などに電話する機会が多い人にも便利な機能です。

まとめ:LINEモバイルは使い勝手の良い格安SIM!

今回はLINEモバイルの料金プランや特徴について解説しました。

LINEモバイルは非常に使い勝手がよく、またコスパにも優れているキャリアです。

特にTwitterやInstagramなどのSNSをよく利用する人にとっては、かなり効率が良いと言えます。

お使いの電話番号をそのまま転用できるので、スマートフォンの料金を抑えつつ便利に使いたいという方は、ぜひ変更を検討してみてください。

関連:無制限の格安SIM会社でポケットWiFiを使うならココがおすすめ

The following two tabs change content below.
ワカジツ

ワカジツ

関西在住のフリーライター。商社で5年間勤務した後、Webライターへ転身。ガジェットレビューなど幅広い記事を執筆。