実機レビュー・体験 楽天モバイル特集 実機・サービスのレビュー

楽天モバイルの通信速度で動画やHP閲覧できる?実測で他社と比較した結果!

楽天モバイルで気になるのは
通信速度がどれくらい出るか?使いモノになるのか?です。
そこで今回は楽天モバイルとauの通信速度を実測し比較
更に動画やHP閲覧などリアルな場面で本当に使えるのか検証しました。

端末無料、通信料金無料の楽天モバイルの速度は「使える」のか?

今回、楽天モバイルのテザリングの実力測定に使うのはRakuten Miniです。

rakuten mini

実質0円のキャンペーンで手に入れました。

参考楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルとdocomoの通信速度対決!

楽天モバイルの通信速度は非公表なので実際の速度が気になる所です。
楽天モバイルの「Rakuten Mini」とdocomoの「iPhone12mini」で実際に速度を比較してみました!

なおRakuten Miniの詳細レビューは以下を参考にしてください。

参考Rakuten miniレビュー

楽天モバイルとdocomoの実測対決!
測定は14時~夕方にかけて福岡市内で行いました。

1、繁華街で速度実測(JR博多駅前)


楽天モバイルは10Mbpsとまずますの通信速度。
docomoは5Gエリアのため最高のパフォーマンスで520Mbps
正直、「比べる相手が悪い」という気がしました。
誤解しないで欲しいのは楽天モバイルの10Mbpsは十分な速度です。
ちなみにHuluの視聴に必要な速度は6Mbps、NETFLIXは高画質で5Mbps。

参考ポケットWiFiでhuluは視聴できる?

10Mbpsは動画視聴にもかなり余裕のある通信速度です。
楽天モバイルに関しては、楽天エリアなのに少し移動するとパートナー回線(au回線)になる事があり不安に思いました。

2、住宅街で速度実測(福岡市城南区)
福岡市城南区の住宅街(学生街)である西新地区にて計測。


楽天モバイルは41Mbpsと高速です。
都市部を少し離れると、同じ楽天エリア内では快適さが増すようです。
docomoは110Mbps
このあたりはdocomoの4Gエリアなので、5Gだった博多駅前より通信速度はやや遅いです。
とは言え楽天モバイルの二倍以上の通信速度。
さすが大手キャリアは違うと思わせる結果です。

3、郊外で速度実測(九州大学付近)

楽天モバイルは16Mbps。大学が近いせいか周辺はもれなく楽天エリア内。
速度も十分です。
郊外に出るとさすがのdocomoもかなりスピードダウンで42Mbps

楽天モバイルは動画視聴も楽々クリアするレベルの速度!

楽天モバイルとdocomoとではかなり通信速度に差があるといえます。
とはいえ、日常ではその差はあまり感じないのではないでしょうか。
ネットサーフィンはどちらの回線もノンストレスです。

ネット回線速度の快適性

※あくまで目安

今回の実測での楽天モバイルの最低速度は10Mbps、最高は41Mbps。
動画サービスに必要な速度は以下の通りです。

動画サービス一覧推奨速度
YouTubeSD 480p    1.1Mbps
HD 720p    2.5Mbps
HD 1080p  5Mbps
4K      20Mbps
アマゾンプライムビデオSD画質 1Mbps
HD画質 5Mbps
HuluPC・テレビ・ゲーム機等 6Mbps
スマホ・タブレット         3Mbps
NETFLIX低画質     0.5Mbps~1.5Mbps
SD画質     3Mbps
HD画質    5Mbps
UHD画質  25Mbps
アマゾンプライムビデオSD画質 1Mbps
HD画質 5Mbps

4K画質以外なら余裕でクリアしています。
各サービスの4K画質はまだ未対応のコンテンツが多いので楽天モバイル回線の動画視聴でストレスを感じる事はほぼないでしょう。

SNSの閲覧や投稿、ライブ配信なども十分な速度域です。

参考【ライブ配信のポケットWiFi】速度や料金を比較!おすすめ3選

もちろん、ビル影や高所では電波の強度が下がるため、速度が落ちたり寸断したりすることもあります。
しかし、これは楽天モバイルに限った事ではなく、すべての携帯キャリアに共通すること。
特に問題視する必要はないでしょう。

以下の記事では実際に楽天モバイル回線で動画(アマゾンプライムビデオ)を視聴して検証しているので参考にしてみてください。

関連Rakuten Handレビュー

楽天モバイル回線とパートナー回線(au)の速度の違いはどれくらい?

楽天モバイルエリアとパートナー回線エリアではどの程度速度に差が出るのかを測定してみました。

ご存じの通り、楽天モバイルは楽天エリアはまだ狭いため、エリア外ではau回線を借りている状態です。
楽天モバイルエリアは無制限、auエリアは月5GBが上限で5GBを超えると1Mbpsに速度が制限されます。

Rakuten Miniで楽天回線エリアの周囲にあるパートナー回線エリアに行き何度か測定。


4.0Mbps、11Mbpsと楽天回線接続時とそれほど変わらない結果となりました。
パートナー回線はauの4G網ですが、au契約者と同じ速度が出るわけではなく、若干帯域を絞って提供しているようです。

あわせて読みたい
楽天モバイルの評判は悪い?後悔しないデメリット、メリットの必須知識

楽天モバイルを検討する際、チェックしておくべきなのはその評判です。 今回は広告には書いていないユーザーの生の声を徹底調査。 当サイトの実機レビューも含めて楽天モバイルは本当に大丈夫なのか?を解説します ...

続きを見る

楽天モバイルエリアとパートナー回線エリアの見分け方

楽天モバイルのエリア内ではデータ無制限。
データ量を全く気にせずさまざまなコンテンツを楽しむことが出来ます。
しかし、パートナー回線エリアに出てしまうと5GBが上限です。

楽天モバイルのエリア内かパートナー回線エリアにいるのかを知るには、スマートフォンの「my 楽天モバイル」アプリを使う必要があります。

パートナー回線

アプリを開くと、画面には現在接続している回線種別が表示されます。
楽天回線の場合は「楽天回線エリア」、au回線の場合は「パートナー回線エリア」と表示。
パートナー回線エリアの場合は残りのデータ量もあわせて表示されます。

楽天モバイル回線

このアプリを使えばどちらの回線に接続しているかが一目瞭然。
データ量の管理も可能です。
なお、このアプリはAndroidスマホのみでしか利用できず、iOSでは確認できないためご注意ください。

楽天モバイルは5Gスマートフォン同時購入も可能

Rakuten BIG

今回、実測したRakuten Miniは4Gにしか対応していません。
Rakuten BIG(楽天ビッグ)やAQUOS R5Gならより高速な5Gに対応しています。

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」は、4G、5G関係なく上限なしであるため、せっかくなら5Gでより快適に楽しみたいところです。
手持ちのスマートフォンが5G対応でないユーザーやサブ回線として楽天モバイルを使うユーザーなら、これらの5G対応スマートフォンを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

通信速度も必要十分で、しかもデータ無制限で使える楽天モバイル。
既存のスマートフォンを乗り換えるユーザーはもちろん、2台目として契約する方にとっても大きなメリットがあるのではないでしょうか。

参考楽天モバイルのテザリングが最高過ぎた!無制限で設定も簡単なのでおすすめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・ゆういち

元ビジネス書出版社のWEB担当。ガジェット&回線マニアで実際に契約して検証がモットー。 検証のためにWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。 ネット回線・スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信するライター。

-実機レビュー・体験, 楽天モバイル特集, 実機・サービスのレビュー

© 2021 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校