楽天モバイル

楽天モバイルから乗り換えるならどこがおすすめ?厳選4社とMNP転出方法も解説

楽天モバイルでは、2022年7月1日から新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の提供が開始されます。

これまでは、毎月1GBまで0円で運用することができましたが、今回のプラン変更に伴い、楽天モバイルから乗り換える人が急増中です。

本記事では、楽天モバイルからのおすすめ乗り換え先や手順について詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

※本記事は全て税込み金額で表示しています。

「Rakuten UN-LIMIT VI」と「Rakuten UN-LIMIT VII」の違いは?

シンタ
今までのプランと新しいプランは具体的に何が変わるの?

料金プランやオプション料金が変更されたよ。
さとう

注意ポイント

2022年7月1日からは、既存の楽天モバイルユーザーもRakuten UN-LIMIT VIへ強制移行されます。他社への乗り換えを検討中の方は、早めに手続きしましょう。

2022年7月1日から提供が開始される新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」と、旧プランである「Rakuten UN-LIMIT VII」の違いは、以下の3つです。

楽天モバイルの新・旧プラン違い

料金プラン:1回線目1GBまで0円の廃止
データチャージ料金:100円値上げ
(標準)かけ放題 オプション:料金変わらず15分にアップグレード

料金プランやパートナー回線エリアのデータチャージ料金の値上げは残念ですが、(標準)かけ放題のアップグレードなどお得になったサービスもあります。

それでは、従来のサービス内容と比較しながらそれぞれ解説していきましょう。

1回線目1GBまで0円の廃止

▮Rakuten UN-LIMIT VIとRakuten UN-LIMIT VIIの料金比較

データ使用量Rakuten UN-LIMIT VRakuten UN-LIMIT VII
0 ~ 1GB0円(※1回線目のみ)1,078円
1GB ~ 3GB1,078円1,078円
3GB ~20GB2,178円2,178円
20GB ~無制限3,278円3,278円

新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」では、(1回線目の契約に限り)データ通信1GBまで無料で利用することができなくなりました

今後はデータ使用量が毎月1GB以下でも、1,078円の月額料金が発生するので注意してください

なお、プラン変更に伴う手数料などは一切発生しません。2022年7月1日時点で自動的に移行されます。

シンタ
0円運用できなくなるのはキツイな・・・

0円運用はできなくなったけど、その他の基本料金に変わりはありません。
さとう

2022年10月末までは月額料金実質無料で使える

現在楽天モバイルを契約しているユーザーは、2022年10月末までの最大4カ月間、1回線目に限りデータ使用量が月1GB以下の場合、月額料金が実質無料になります。

▮Rakuten UN-LIMIT VIのデータ利用量月1GB以下について

期間内容
7月1日(金)0:00~8月31日(水)23:59Rakuten UN-LIMIT VIのプラン料金で利用可能
9月1日(木)0:00~9月30日(金)23:591,081円相当分の楽天ポイント還元
10月1日(土)0:00~10月31日(月)23:591,080円相当分の楽天ポイント還元
11月1日(火)0:00~Rakuten UN-LIMIT VIIのプラン料金適用開始

9月1日(0:00)〜10月31日(23:59)の期間は楽天ポイントの還元によって、実質Rakuten UN-LIMIT VIのプラン料金で利用することが可能です。

還元される楽天ポイントは、付与日を含め6カ月間の期間限定ポイントです。翌々月末日頃に付与されます。

シンタ
現金での還元ではないけど、10月31日までは旧プランの料金で使えるんだね!

プラン料金やユニバーサルサービス料相当の楽天ポイントが還元されますよ。
さとう

国内パートナー回線エリアのデータチャージ料金が値上げ

Rakuten UN-LIMIT VIIでは、パートナー回線のデータチャージに伴う料金が1GBあたり110円値上げされます

▮パートナー回線データチャージ金額の比較

データ使用量Rakuten UN-LIMIT VIIRakuten UN-LIMIT VI
1GB660円550円
2GB1,320円1,100円
3GB1,980円1,650円
4GB2,640円2,200円
5GB3,300円2,750円

楽天モバイルは、自社の設備を使った「楽天回線」とau 4G LTE回線を使った「パートナー回線」の2種類の回線を併用したサービスです。

楽天回線エリア内は、データ容量無制限で利用することができますが、パートナー回線エリアでの通信は月5GBまでとなっているので注意しましょう

ちなみに、海外のパートナー回線エリアのデータチャージ料金は、1GBあたり500円(不課税)のままです。
さとう

通話かけ放題が10分から15分へアップグレード

2022年7月1日から通話オプションの、「10分(標準)通話かけ放題」が「15分(標準)通話かけ放題」へとリニューアルされます

▮通話かけ放題オプションの比較の比較

15分(標準)通話かけ放題10分(標準)通話かけ放題
月額料金1,100円1,100円
無料通話時間15分以内10分以内
SMS無制限無制限

「15分(標準)通話かけ放題」は、OS標準アプリでの1回15分の国内通話と、国内SMSの送受信が使い放題になるサービスです。

2022年5月13日以降にはじめて「10分(標準)通話かけ放題」を申し込んだ場合、7月1日からは自動で「15分(標準)かけ放題」に移行され、3カ月無料で使うことができます。

シンタ
無料通話時間が5分延長されたのに、料金は据え置きなのが嬉しいですね♪

まだ通話オプションに申し込んだことがない人は、無料期間中に申し込みましょう!
さとう

参考楽天モバイルのかけ放題は必要?無料のRakuten Linkと違う点

楽天モバイルを解約しないほうがいい人

シンタ
料金が値上げされるみたいだし、とりあえず楽天モバイルから他社へのりかえてみようかな〜。

・・ちょっと待った!楽天モバイルから他社へ乗り換えない方がいい人もいますよ!
さとう

料金プランの変更に伴い、楽天モバイルから他社へ乗り換えた方がお得という風潮が強くなっています。

しかし、以下3つの中のどれかに当てはまるユーザーは、乗り換えや解約はせずに楽天モバイルを使い続けるべきです

楽天モバイルを使い続けたほうがいい人

・毎月データ容量無制限で使っている人
・Rakuten Linkメインで国内通話を利用している人
・楽天経済圏でよく買い物する人

それぞれ順番に解説していきます。

毎月データ容量無制限で使っている人

楽天モバイルの新プランRakuten UN-LIMIT VIでは、0円運用することはできなくなったものの、それ以外の料金は旧プランと全く同じです

シンタ
確かに、プラン料金の違いは殆どないですね!

そのため、毎月データ無制限で使っていたユーザーは、今回のプラン変更による利用料金の影響は全くと言っていいほどありません。

そもそも、0円運用するには毎月のデータ使用量を1GB以下に抑える必要があり、メイン回線として使うには向いていませんでした。

固定回線やモバイルルーター代わりに無制限で使っていた人は、料金面での変更はないので安心ですね。
さとう

毎月データ容量無制限で使いたいという人は、楽天モバイルをそのまま利用するのがおすすめです。

Rakuten Linkメインで国内通話を利用している人

楽天モバイルユーザーで、Rakuten Linkの国内通話かけ放題を頻繁に利用している人は、他社へ乗り換えると利用料金が高くなる可能性があります

シンタ
楽天モバイルなら月額1,078円で国内通話かけ放題で利用することができるんだね!

話かけ放題は有料オプション扱いの事業者が多いです。
さとう

Rakuten Linkは、データ使用量がカウントされなかったり、相手がアプリを使っている必要が無いなど他社にはない魅力があります。

今まで頻繁にRakuten Linkを使っていた人は、楽天モバイルを継続利用した方がいいでしょう。

参考楽天モバイルは留守電になる?設定手順から申し込み方法

楽天市場でよく買い物する人

楽天市場でよくショッピングされる方は、楽天モバイルを継続して利用したほうがお得です

楽天モバイルを契約していると、楽天市場でのお買い物が常時+1倍されます。

楽天のダイヤモンド会員なら更に+1倍されますよ!
さとう

毎月の獲得上限ポイントはそれぞれ1,000ポイントまでとなっており、ポイント付与日を含めて6カ月間の期間限定ポイントとして還元されます。

シンタ
最大で合計2倍、2,000ポイントまで毎月もらうことができるんだね!!

楽天市場を頻繁に利用する楽天モバイルユーザーは、他社に乗り換え無いほうがいいかもしれません。

楽天モバイルからの乗り換え先おすすめ4選

結論からお伝えすると、楽天モバイルと全く同じ料金・サービスの乗り換え先はありません

シンタ
どんなサービスでも一長一短があるものだよね。

他社に乗り換えると、今までと全く同じように使うことはできません。
さとう

楽天モバイルからのおすすめの乗り換え先は以下のとおりです。

楽天モバイルからの乗り換え先おすすめ

・povo:0円運用可能
・LINEMO:ミニプラン半年間実質無料
・mineo:無制限プランあり
・OCNモバイルONE:月額550円から使える

料金プランや特徴を踏まえて、順番に解説していきます。

povo

povo(ポヴォ)1.0は、auのサブブランドとして2021年3月23日からサービスが開始され、2021年9月29日午前9時より料金プランを一新したpovo 2.0へと進化しました。

注意ポイント

現在、povo 1.0への新規受付は終了しています。

povo 2.0の特徴を以下3つの項目に分けて解説します。

povo 2.0の特徴

・月額基本料0円から使える
・330円で24時間データ使い放題
・#ギガ活でギガが貯まる

月額基本料0円から使える

povo 2.0は、月額基本料0円で使うことができます

シンタ
楽天モバイルの0円運用を彷彿とさせますね。

でも、基本料0円で使えるのは0GBです。
さとう

従来の料金プランと違い、基本料0円の「ベースプラン」を土台に、ライフスタイルに応じてデータ容量やオプションを「トッピング」していくシステムを採用しています。

▮povo 2.0料金プラン(トッピング)

データ量料金有効期限
1GB390円7日
3GB990円30日
20GB2,700円30日
60GB6,490円90日
150GB12,980円180日
データ使い放題(24時間)330円24時間

データ容量は1GB〜150GBまでの全6種類の中から選んでトッピングしますが、有効期限が容量ごとに大きく異なっている点は注意が必要です。

また、「DAZN使い放題パック」や「smash.使い放題パック」などのコンテンツトッピング、「5分以内通話かけ放題」や「完全かけ放題」といった通話トッピングも用意されています。

330円で24時間データ使い放題

データトッピングの中でも特に注目したいのが、データ使い放題(24時間)です。

データ使い放題(24時間)は、330円で24時間データ通信が使い放題になるトッピングになります。

データ容量1GBのトッピングが390円、3GBが990円なので、任意の日付にがっつりデータを使いたいという場合にお得なトッピングです。

シンタ
一ヶ月のうち数日だけデータ容量を気にせず使いたいという人にはもってこいのトッピングだね!

ただ、毎日3GB以上データ通信をする人は、結果的に楽天モバイルの方が料金を安く抑えることができますよ。
さとう

友達を紹介すると3GB貰える

povoでは、紹介した人と紹介された人が以下の特典を受け取ることができる、「povoおともだち紹介プログラム」を開催中です。

povoおともだち紹介プログラム詳細

紹介した人:一人につき3GB、最大10名30GBのデータボーナス(30日間)が貰える
紹介された人:データ使い放題ボーナス(24時間)が1回自動で進呈される

データ使い放題ボーナス(24時間)は、開通した瞬間に時間経過がスタートするので注意してね!
さとう

さらに、紹介された人が30日以内にデータトッピングを購入すると、以下のプロモコードが送られます。

購入したデータトッピング特典
1GBデータ使い放題ボーナス(24時間)×1回分
3GBデータ使い放題ボーナス(24時間)×2回分
20GBデータ使い放題ボーナス(24時間)×3回分
60GBデータ使い放題ボーナス(24時間)×5回分
150GBデータ使い放題ボーナス(24時間)×5回分

LINEMO

LINEMO(ラインモ)は、2021年3月17日にサービスが開始された、ソフトバンクのオンライン専用ブランドです。

LINEMOの特徴を以下3つの項目に分けて解説します。

LINEMOの特徴

・料金プランは2種類でシンプル
・LINE使い放題でデータ消費ゼロ
・半年間実質0円で使える

料金プランは2種類でシンプル

LINEMOの料金プランは、ミニプランとスマホプランの2種類のみです。

▮LINEMO料金プラン

データ量ミニプランスマホプラン
月額料金990円2,728円
データ容量3GB20GB
LINEギガフリー
音声通話通話料:22円/30秒
通話準定額:月額 550円
通話定額:月額 1,650円
通話料:22円/30秒
通話準定額:月額 550円
通話定額:月額 1,650円
速度制限時最大300Kbps最大1Mbps

LINMOは残念ながら、楽天モバイルの様にデータ容量無制限で使うことはできません

シンタ
3GBまでの料金は、僅かに楽天モバイルより安いね。

20GBは楽天モバイルの方が550円安いので、月額料金の安さを求めてLINMOへ乗り換えるのはおすすめできません。
さとう

月額料金やデータ容量以外の2つのプランの違いは、データ容量を使い切ったあとの通信速度です。

ミニプランは最大300Kbps、スマホプランは最大1Mbpsと大きな差があります。

料金プランは一ヶ月ごとに変更することができるので、毎月使用するデータ量に応じてプラン変更することが可能です。

参考LINEMOのミニプランとは?メリット・デメリット

LINE使い放題でデータ消費ゼロ

LINEMOは、LINEアプリのトークや音声通話のデータを消費せず使い放題の「LINEギガフリー」に対応しています

楽天モバイルのRakuten Linkアプリを使って国内通話を頻繁にかけていた人は、LINE通話かけ放題のLINEMOへの乗り換えがおすすめです。

シンタ
Rakuten Linkと違って、固定電話やアプリを使っていない人への通話が有料になってしまうのは残念です。

楽天モバイルより月額料金も高くなるので、音声通話を重視する人は楽天モバイルを使い続けましょう!
さとう

半年間実質0円で使える

LINMOのミニプランを契約すると、毎月PayPayポイント990円相当が6ヶ月間プレゼントされるキャンペーンが実施されています

キャンペーン詳細

期間:2022年5月20日 ~ 終了日未定
条件:新規またはMNPでミニプランへ申込み開通手続きする
特典付与時期:開通日翌々月~7カ月後(毎月末付与予定)

現金ではなくPayPayポイントでの還元になるので、あくまででも実質になりますが、半年間ミニプランを0円で利用することができるので大変オトクです。

シンタ
半年間実質無料で使えるのはいいですね♪

楽天モバイルからの乗り換え先が特に決まっていない方は、契約事務手数料も無料なLINEMOへ一旦乗り換えてみるのもいいでしょう。

新しい魅力的なサービスが開始される可能性もあるので、半年後に再度乗り換え先を検討するのも一つの手です。
さとう

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが運営するドコモ回線を利用した格安SIMです。

OCNモバイルONEの特徴を以下3つの項目に分けて解説します。

OCNモバイルONEの特徴

・550円から使える5つの料金プラン
・スマホとセット購入できる
・他社から乗り換えで実質2ヶ月間無料

550円から使える5つの料金プラン

OCNモバイルONEの料金プランは全部で5つです

▮OCNモバイルONE料金プラン

データ量月額料金
500MB550円
1GB770円
3GB990円
6GB1,320円
10GB1,760円

楽天モバイルと違い、料金プランは最大10GBまでと少なめですが、その分料金が抑えられています。

データ容量500MBプランなら月額550円で利用することができるので、今まで楽天モバイルを0円運用していて、できるだけ料金の安い他社に乗り換えを検討されていた方におすすめです。

シンタ
最大10GBまでのプランしか無いので、データをガッツリ使いたい人には不向きな格安SIMですね。

できるだけ安く回線を維持しておきたい人向けの格安SIMです。
さとう

スマホとセット購入できる

OCNモバイルONEでは定期的にスマホセールを実施しているので、乗り換えと同時に端末も一緒に購入したい人におすすめです

iPhoneシリーズはもちろんのこと、エントリーモデルからハイエンドまでのAndroid端末まで幅広く取り扱いがあります。

シンタ
最新のiPhone 13やiPhone SE 第2世代の取り扱いもあるんだね!

一部の機種は他社から乗り換えの場合、端末価格から更に5,000円安くなりますよ!
さとう

もし、お目当ての端末の取り扱いがあるなら、楽天モバイルからの乗り換えと同時にセット購入しましょう。

他社から乗り換えで実質2ヶ月間無料

キャンペーン期間中に他社から乗り換えで、OCNモバイルONEの音声対応SIMのみ(500MBコース)申し込むと4,286円キャッシュバックされる、「500MB/月コース限定 お試しキャンペーン!公式サイトで音声対応SIMのみお申し込みで4,286円キャッシュバック!」が開催されています。

ポイント

期間:2022年6月10日 ~2022年6月30日
条件:他社から乗り換え/音声対応SIMカード(500MB/月コース)のみ申し込む
特典付与時期:利用開始月の翌月(キャッシュバック対象月)

スマホセットでの申込みはキャンペーン対象外となっているので注意してください。
さとう

キャッシュバックの内訳は以下のとおりです。
​​

ポイント

初期手数料:3,300円
SIMカード手配料:433.4円
初回請求の月額料金:553.3円

キャンペーンの終了まで残り半月を切っているので、OCNモバイルONEに乗り換えを検討中の方は、早めに申込みましょう

mineo

mineo(マイネオ)は、2014年にサービスを開始したオプテージが運営する格安SIMです。

mineoの特徴を以下2つの項目に分けて解説します。

ポイント

・「マイピタ」と「マイそく」から選べる料金プラン
・フリータンクでパケットを共有できる

「マイピタ」と「マイそく」から選べる料金プラン

mineoの料金プランは、大きく分けて「マイピタ」と「マイそく」の2種類です

まずは、マイピタの料金プランから確認していきましょう。

▮マイピタ料金プラン

データ量月額料金
1GB1,298円
5GB1,518円
10GB1,958円
20GB2,178円

マイピタは1GB〜20GBまで全部で4種類のプランがあります。

基本料金は楽天モバイルと比較して大差ありませんが、月額385円で最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になる「パケット放題Plus」が大きな特徴です。

シンタ
通信速度は速くないけど、データ使い放題オプションが金額がとっても安いんだね!

しかも、基本料金が10GB以上のコース加入者はなんと無料で使うことができるんです。
さとう

続いて、もう一つの料金プラン、マイそくについて確認していきます。

▮マイそく料金プラン

月額料金
スタンダード(最大1.5Mbps)990円
1レミアム(最大3Mbps)2,200円

マイそくは、月間のデータ容量が決まっていない珍しい料金プランです。

スタンダードは最大1.5Mbps、プレミアムは最大3Mbpsと通信速度が遅い代わりに、データ容量無制限で使うことができます。

注意

月~金曜日の12時台は最大32kbpsまで通信速度が制限されます。

楽天モバイルで毎月データ容量無制限で使っていた人は、mineoを契約するならマイピタの10GB以上のプランか、マイそくがおすすめです。

通信速度は遅いですが、データ容量を気にせず使うことができます。

フリータンクでパケットを共有できる

ユーザー同士でパケットをシェアできるmineo独自の機能「フリータンク」が非常に便利です。

フリータンクは、全国のmineoユーザー同士で余ったデータ容量を入れておいたり、分けてもらうことができます。

フリータンクを利用するには、マイネ王のメンバー登録とeoIDの連携認証が必要です。利用料金はかかりません。

シンタ
いざという時はフリータンクでデータをシェアさせて貰えるのはありがたいですね。

ルールを守って、データが余ったらフリータンクに入れましょう。
さとう

楽天モバイルから他社へ乗り換える手順(MNP)

最後に、楽天モバイルから他社へ乗り換えるまでの手順を解説します。

ポイント

① MNP予約番号を取得する
② メニューから契約プランを選択する
③ 乗り換え先へ申し込む
④ 端末の初期設定をする

MNP予約番号を取得する

まず、楽天モバイルの「my 楽天モバイル」からMNP予約番号を取得してください。

MNP予約番号発行手順は以下のとおりです。

ポイント

① my 楽天モバイルにログインする
② 乗り換え先で端末が使えるか確認する
③ 手続きへ進むを選択する
④ 他社へのお乗り換え(MNP)を選択する
⑤ MNP予約番号を発行するを選択する

① my 楽天モバイルにログインする

Webまたはアプリ版の「my 楽天モバイル」へログインします。

my 楽天モバイルへログインするには、楽天IDとパスワードが必要です。
さとう

② メニューから契約プランを選択する


my 楽天モバイルの右上に表示されるメニュー(三)から「契約プラン」を選択します。

③ 手続きへ進むを選択する

「各種手続き」の「その他のお手続き」から「手続きへ進む」を選択する

④ 他社へのお乗り換え(MNP)を選択する

「解約のお手続き」の中から「他社へのお乗り換え(MNP)」を選択する

⑤ MNP予約番号を発行するを選択する

画面の指示に従って必要事項を入力し、最後に「MNP予約番号を発行する」ボタンを選択すればMNP予約番号発行手続き完了となります。

回線の電話番号が間違っていないか、MNP予約番号の有効期限はいつまでかを必ず確認してください。

取得したMNP予約番号の有効期限は発行日を含め15日間です。万が一有効期限が過ぎてしまっても再取得することができます。

乗り換え先の対応機種を確認する

MNP予約番号を取得したら、楽天モバイルで使っていた端末を、そのまま乗り換え先でも使うことができるか確認しましょう。

シンタ
今まで使っていた端末をそのまま使えないこともあるんだね。

特に楽天モバイルオリジナル端末は、対応している周波数の関係で、乗り換え先で使うことができない可能性があるので注意してね。
さとう

対応機種(動作確認済み端末)は、各携帯事業者ごとに異なります。

乗り換え先が手持ちのスマホに対応しているかどうかを確認してください。

ポイント

乗り換え先へ申し込む

MNP予約番号の取得と端末の動作確認が済んだら、乗り換え先に申し込みましょう。

以下のリストの中から契約したい事業者を選んで申し込みページに進んでください。

ポイント

申し込みページから画面の指示に従って入力していきましょう!
さとう

端末の初期設定をする

乗り換え先へ申し込み完了後、SIMカードやセットで購入した端末が送られてきます。

商品が手元に届き次第、MNP開通手続きを済ませましょう。

APN設定を乗り換え先のものに変更すればすぐに利用することができます。

以上で、楽天モバイルから他社への乗り換え完了です。
さとう

まとめ

ここまで、楽天モバイルの料金プラン変更に伴い、おすすめの乗り換え先やそのまま楽天モバイルを使い続けるべきな人を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

本記事の内容をまとめると以下のとおりです。

ポイント

・楽天モバイルの0円運用は7月1日をもって廃止
・全員が必ずしも楽天モバイルから他社へ乗り換えるべきではない
・国内音声通話を頻繁に利用する人は楽天モバイルがおすすめ
・0円運用したいならpovo 2.0へ乗り換えがおすすめ

楽天モバイルと全く同じ料金・サービス内容のサブブランドや格安SIMはありません。

今まで楽天モバイルで自分がどういう使い方をしてきたかをよく考えながら、他社への乗り換えを検討すると失敗することがないはずです。

本記事を参考に、楽天モバイルをこのまま契約し続けるか、他社へ乗り換えるか考えてみてください。

シンタ
最後までご覧いただきありがとうございました!

ぜひ、他の記事も読んでいってくださいね♪
さとう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

REV

スマホ・モバイルWi-Fi・光回線といった通信系、Apple製品やカメラなどガジェット関連の専門的な知識を活かし多数メディアで執筆中のライター。 蔵のリノベーション、ホームページ制作、経営・戦略コンサルティングを行うなどマルチに活動中。 仕事も遊びもとにかく「面白い」ことが大好き。

-楽天モバイル

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校