楽天モバイル

楽天モバイルのテザリングは無料、無制限!やり方、速度を徹底解説

楽天モバイルのテザリング機能は契約者ならな無料で利用できます。
更にデータ無制限のため固定回線の代わりにもなる程に強力な機能です。

今回は実機を使い楽天モバイルのテザリング機能のメリット、通信速度、設定方法などを徹底解説

最後まで読めば楽天モバイルのテザリングの全てが分かります!

楽天モバイルのテザリングが最高過ぎる理由!

結論を先に書くと、楽天モバイルでのテザリングは最高過ぎます。
実際に試しましたが面倒な設定も必要なく、通信速度もおおむね満足できるレベル。
特別なオプション料金も申し込みも不要です。
楽天モバイルは従量課金制でテザリングを無制限に使っても月額最大3278円(税込)と格安です。
スマホのスペック次第ではポケットWiFi並みの通信速度が出る可能性もあります。

楽天モバイルのテザリングは無制限で追加料金不要

楽天モバイルでのテザリングには、追加料金不要です。
通常のデータプラン「Rakuten UN-LIMIT」を契約していればそれだけでテザリング可能。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ料金表】

月間データ使用量月額料金(税込)
~1GB0円
1GB~3GB 1078円
3GB~20GB2178円
20GB~3278

参考楽天モバイル公式サイト

テザリングによるデータ通信量もこの中に含まれます。
データ無制限で使える楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」はどれだけ使っても3278円(税込)を超える事がないので非常にコスパに優れています。

唯一の弱点は楽天エリアが狭い事だが十分使える

楽天モバイルの唯一の弱点が通信エリアです。
まだ回線を展開して間もない楽天モバイルは自社エリアが狭く、それ以外はパートナー回線(au)のエリアになります。

2021.3月のエリア

色の濃いピンクが楽天エリア、薄いピンクがパートナー回線(au)、は拡大予定エリア。

  • 楽天エリアー無制限
  • パートナー回線エリア(auエリア)-5GB超過で月末まで1Mbpsに速度制限

ご自宅が楽天エリア外の場合は、5GBが上限で以降は1Mbpsになります。
1Mbpsというのはネットサーフィン、メール、SNSは可能、YouTubeの標準画質も可能です。(※回線状況による)
遅いことは遅いですが、オンラインゲームや重い動画視聴以外ならたいていの事はできます。

楽天モバイルエリア内ならテザリングも無制限なので固定回線の代わりにもなります。
しかし、パートナー回線エリアの場合は上限があるので使うデータ量によっては不満が出るでしょう。

楽天モバイルのテザリング設定手順を画像で簡単解説

楽天モバイルでテザリングの設定方法をRakuten miniを例に解説します。

1、設定画面を開く

トップ画面から設定アイコンをタップ。

2、ネットワークとインターネットを開く

3、アクセスポイントとテザリングを開く

4、WiFiアクセスポイントの設定をする

 

「WiFiアクセスポイント」を開いて接続設定をします。

5、WiFiをONにする

設定画面でWiFiアクセスポイントをONにすれば準備完了。

6、アクセスポイント名とパスワードの確認

接続の際には、画面に表示されるアクセスポイント名を確認しパスワードを入力すればOK
アクセスポイント名とパスワードは両方ともユーザーが自由に変更できます。

なお、Rakuten miniの場合、USBケーブルで直接接続してテザリングする方法、Bluetoothによる接続も可能です。

その場合は4の画面にある「USBテザリング」あるいは「Bluetoothテザリング」をONすればOKです。

参考楽天モバイル公式サイト

テザリングの同時接続台数は1~2台が現実的

同時時接続台数に関するスペックは公開されていません。
今回、ノートパソコンとスマートフォン、そしてスマートスピーカーの3台を同時にWiFi接続してみました。
接続はできましたが動作が不安定になり、Rakuten mini本体も発熱がものすごいことになりました。
このことから、同時接続は1台もしくは2台が限度。
それ以上接続するなら素直にポケットWiFiを購入した方が良いでしょう。

参考ポケットWiFiとスマートフォンのテザリングを徹底的に比較

楽天モバイルのテザリング速度を実測してみた結果!

Rakuten miniとノートパソコンを接続して速度を実測しました。
テザリング方法はWiFi、USB、Bluetoothの3通りです。

1、WiFiでのテザリング

WIFi接続だと12Mbps。
プライベートだけでなくリモートワークでも十分に使える速度。
NETFLIXの高画質に必要な通信速度が5Mbpsなので余裕でクリアしています。

2、 USBテザリング

USB接続でも11Mbpsと、WiFi接続とさほど変わりません。
テザリングの場合、一般的にWiFi接続よりもUSB接続の方が速いのですがデバイスによる差でしょうか?

3、 Bluetoothテザリング

Bluetooth接続でもそれほど速度の変化はありません。

実際に楽天モバイルでテザリングしてみた結論

今回、3通りの接続方法を試してみましたが、どの方法でも速度に差は生じないという結果になりました。
おすすめはUSB接続です。
Rakuten miniはバッテリー容量が大きくない(1,250mAh)ため、テザリング時のバッテリー消費が激しいです。
1時間ほどテザリングすると満タン→50%以下になってしまうのです。
USB接続でパソコンから給電しながらテザリング使用するのがベストではないかと感じました。

なお同じく楽天モバイルのスマホ、Rakuten Handでもテザリングの実測を行いました。

参考【Rakuten Handレビュー】無制限で格安!テザリングで固定回線の代わりにも!

こちらはUSBテザリングで43Mbpsとより高速でした。
時間、エリア、デバイス性能、どこに差があるのかは確定できませんが、当サイトの実測ではRakuten Handが優秀という結果です。

Rakuten Hand

とはいえ、Rakuten miniのテザリング速度も決して遅いわけではありません。

ネット回線速度の快適性

※あくまで目安

ネットフリックスの高画質でさえ必要な通信速度は最大5Mbpsですから10Mbps以上出れば十分と言えます。

楽天モバイルと他キャリアのテザリング機能を徹底比較

テザリング機能があるのは楽天モバイルだけではありません。
他キャリアのテザリング機能と比較してみましょう。

データ上限月額料金
楽天モバイル無制限最大3278円
ドコモ無制限7315円
5Gギガホ プレミア
au80GB9980円
使い放題MAX 5G ALL STAR パック
ソフトバンク30GB7238円
メリハリ無制限

すべてのキャリアでテザリングのデータ容量が最大に使えるプランを選んで比較しました。
楽天モバイルのテザリングのリーズナブルさが分かります。
楽天モバイル以外の月額料金は、これにセット割、家族割があり、もう少し安くなります。しかし、さすがに3000円台で無制限にはならないでしょう。

どのキャリア回線の最新プランもオプション料金なしでテザリングが可能です。最新プランではない場合、有料のケースもあります。
楽天モバイルとドコモは特別な申し込み不要なのに対して、auは申し込みが必要。ソフトバンクは無料のテザリングオプションへの加入が必須です。
申し込みの手間がないのはメリット。思い立ったらすぐテザリングが可能です。

格安プランのテザリングはどうか?

楽天モバイルのライバルはキャリア回線より、ahamo、povo2.0、LINEMOといった各キャリアの格安プランかも知れません。
こちらのテザリング機能とも比較してみましょう。

データ上限月額料金
楽天モバイル無制限最大3278円
ahamo20GB2970円
povo2.0トッピングによる使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2700円
60GB(90日間):6490円
150GB(180日間):12980円
LINEMOプランによる3GB:990円
20GB:2728円

ahamoはドコモ回線、povo2.0はau回線、LINEMOはソフトバンク回線です。
各社ともテザリングのオプション料金無料、特別な申し込み不要。
ahamoは20GB上限のワンプラン。povoは基本料金0円に使う分のデータ量をトッピングする形式です。LINEMOは3GB、20GBの二つのプラン。それぞれのテザリングのデータ上限は選んだプランに準拠します。

楽天モバイルの無制限が頭一つ抜けていますが、楽天モバイルのエリア外なら他社の格安プランという選択肢もありでしょう。

参考ahamoでテザリングを無料で使う方法

楽天モバイルでテザリングしたユーザーの評判を調査

SNS上には楽天モバイルでテザリングを行ったユーザーの評判がかなりの数あります。
いくつか目立ったものをピックアップしました。

テザリングの速度に関する評判

楽天モバイルのテザリング速度に関する評判は、速いというものと遅いというものが混在しています。
2番目に引用した方のテザリング速度は14.2Mbps。そこそこの速度は出ています。

【楽天モバイルの通信速度は遅いのか?】

結論を先に言うと楽天モバイルの通信速度は十分に高速と言えます。
以下、他社キャリア回線と格安SIMとの実測の比較です。

実測平均
楽天モバイル32.56Mbps
■キャリア回線
ドコモ141.36Mbps
au99.93Mbps
ソフトバンク95.19Mbps
■格安SIM
mineo38.81Mbps
IIJmio45.77Mbps
BIGLOBEモバイル18.51Mbps

みんそく調べ

楽天モバイルはそこそこの通信速度が出ているのが分かります。この実測値は遅いパートナー回線エリアも含めてありますから、楽天モバイルエリアに限ると更に高速な値が出るでしょう。

楽天モバイルの料金に関する評判

 

楽天モバイル圏内の方の評判は満足なものが多数です。テザリングが無制限に使えて最大3278円という月額料金は非常にリーズナブル。
特に一人暮らしの方なら楽天モバイルのテザリングは自宅の通信回線として大活躍しそうです。

このように、ほとんどが楽天モバイルのテザリングについてポジティブなコメントです。
多くのユーザーが楽天モバイルでのテザリングを高評価していることがうかがえます。

一部「速度が遅い」「接続がリセットされる」などのネガティブな意見もあります。
しかし数は少なく、周囲の環境や電波状況等に配慮すればほぼ解決できるのではないとか思われます。

楽天モバイルのテザリングの容量の評判

テザリングの通信容量に関しても好評が多いです。ただし、楽天モバイルのエリア外(パートナー回線)になるとやはり評判は落ちます。
パートナー回線(5GBまで高速、以降は1Mbpsの低速)でテザリングをするとデータ容量の上限にすぐ達してしまい低速状態になります。
1MbpsでもSNSやメールはできますがやはりストレスがたまるでしょう。

iPhoneでテザリングしている方の評判

楽天モバイルのSIMをiPhoneに入れてテザリングをしている方も多数います。

iPhone+楽天モバイルでテザリングをしている方の評判です。無制限+低料金のせいか不満の声が少ないです。
通信速度に関してはそこそこと割り切る必要がありそうです。

楽天モバイルでのテザリングの評判まとめ

楽天モバイルのテザリングの良い評判と悪い評判を分けるのは、楽天モバイルのエリア内か否かが大きいです。
楽天モバイルのエリア内なら無制限な上に低料金なので、テザリングを試してみないのは損です。
エリア外なら評判を見る限り積極的にはおすすめできません。

参考楽天モバイル公式サイト

またiPhone+楽天モバイルでテザリングし無制限で使っている方も多いです。

ヘビーに使うなら楽天モバイルのポケットWiFiがおすすめ!

Rakuten miniのテザリングでは、多くのデバイスを接続すると本体が異常に熱くなりました。
テザリングで多くの台数を接続するのは避けた方が良いようです。

多くの機器を同時接続したい方には楽天モバイルのポケットWiFiをおすすめします。

Rakuten WiFi Pocket

楽天モバイルのポケットWiFi「Rakuten WiFi Pocket」は同時接続台数が16台と多く、自宅内で使う際でも余裕があります。

参考楽天モバイルのポケットWiFiを他社と比較!

Rakuten WiFi Pocket 2Bの主要スペック
サイズ約63.8×約107.3× 約15mm
重さ約106g
テザリング16台
連続待受時間約300時間
連続通信時間約10時間
バッテリー容量約2,520mAh

楽天モバイルはポケットWiFiの端末代が無料のキャンペーンを行っています。

参考楽天モバイル公式サイト

ポケットWiFiなら固定回線の代わりにストレスなく使えます。

楽天モバイルのテザリングの最終結論

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルのテザリングは楽天モバイルエリア内の方には強くおすすめできます。
オプション料金もかからず月額は最大で3278円(税込)と格安で無制限なのでこれ以上ないほどリーズナブルです。
パートナー回線エリア(auエリア)の方は5GBを超えると1Mbpsの低速状態になるので積極的にはおすすめしません。
まずは公式サイトで対応エリア内かをチェックしましょう。

今回、Rakuten Miniでテザリングしてみましたが通信速度もテレワークに使える程十分でした。ポケットWiFiのように複数デバイスを接続するにはややスペック不足ですが、とりあえずデータ通信ができればいいというユーザーにはベストマッチと言えます。
インターネット回線専用に使うならスマホのテザリングではなく、楽天モバイルのポケットWiFiを契約するのがおすすめです。

あわせて読みたい
楽天モバイルの通信速度で動画やHP閲覧できる?実測で他社と比較した結果!

楽天モバイルで気になるのは 通信速度がどれくらい出るか?使いモノになるのか?です。 そこで今回は楽天モバイルとauの通信速度を実測し比較。 更に動画やHP閲覧などリアルな場面で本当に使えるのか検証しま ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・水原裕一

ガジェット&光回線マニアで実際に契約して検証が信条。 光回線の他にWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。更にお得なSIM情報にも詳しい。 光回線・格安スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信する専門ライター。元ビジネス書出版社WEB担当。

-楽天モバイル

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校