楽天モバイル

楽天モバイルは家族割がない!2回線目以降をお得にする注意点を徹底解説

シンタ
楽天モバイルが気になってるんだけど家族割はあるのかな?
楽天モバイルには家族割はないの。それでも他社で家族割に入るよりお得な仕組みが沢山あるよ
さとう

結論から言うと楽天モバイルに家族割はないのですが、他社で家族割に入るよりも安く使うことが可能です。

通話も無料通話アプリが用意されており、いつでも無料で通話ができます。また楽天モバイルでは料金以外のメリットも多いです。
今回は楽天モバイルを家族でお得に使う方法、実際に家族で使った場合の料金シミュレーションを紹介します。

楽天モバイルは家族割はないが家族全員でお得になれる

楽天モバイルは、他社に比べ割安な料金になっています。
家族割は無いものの元々の料金が安いため、家族全員で楽天モバイルに乗り換えれば、一家全員の通信費を安く抑える事が可能です。

まずは楽天モバイルの料金プランを詳しく見ていきましょう。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの月額は0円~3,278円(税込)となっており、利用したデータ量により段階的に金額が変わります。

データ量料金(月額)
~3GB980円(税込1,078円)
3GB~20GB1,980円(税込2,178円)
20GB~無制限2,980円(税込3,278円)

3GBまで1,078円(税込)、3GB~20GBで2,178円(税込)と段階的に料金が上がり、20GBを超えたら3,278円(税金)以上は値上がりしません。

20GB以上は実質使い放題となるため、たくさん使いたい高校生のお子様も満足できるでしょう。この料金にはテザリング分も含まれるため、スマホをポケットWiFi代わりとしても使用できます。

ご両親がテレワークでテザリングを使っても、料金が月3,278円以上はかからないので、通信費の節約にとても効果的です。

参考楽天モバイルのテザリングは無料、無制限!やり方、速度

シンタ
テザリングを固定回線代わりに使っても大丈夫そうだね

楽天モバイルを家族で使うメリットは5つある

楽天モバイルは料金が安いだけではなく、他にも家族で使うメリットが多数あります。

楽天モバイルのメリットを以下にまとめました。

  • 乗り換えの手数料がかからない
  • 楽天ポイントの還元率が+1%あがる
  • 18歳未満の子供もネットから当人名義で申し込み可能
  • 実質0円や1円の端末が多い
  • フィルタリング対策がしっかりしている

1つずつ具体的に解説します。

乗り換えの手数料がかからない

家族全員で乗り換えるとなると、手数料も家族の人数分かかるのでなかなかの出費になります。

楽天モバイルに新規で契約する際、以前は3,300円の手数料が必要でしたが、現在では撤廃され必要なくなっています。
またSIM発行手数料など、他の手数料もかかりません。

家族全員で費用をかけずに乗り換えられるのは、嬉しいメリットと言えるでしょう。

さとう
家族全員で乗り換えても初期費用はかからないのはメリットね

実質0円や実質1円の端末が多い

楽天モバイルではたくさんの端末を販売していますが、中でもお得なのは実質0円からで購入できるキャンペーン端末です。
端末代金分の楽天ポイントが還元されるため、実質的に0円や1円で端末が購入できます。

実質0円や実質1円の端末はその時によって種類が異なりますが、ほぼ常に販売されています。また楽天のセールに合わせて対象端末が増える場合もあります。

手数料に加え端末代も無料なので、費用の負担はほとんどなく楽に乗り換えが可能です。

なおポイント還元には、“購入した端末でRakuten Linkをダウンロードし10秒以上の発信”などの条件があります。ポイントをもらい損ねないよう、キャンペーンの条件をしっかり確認しましょう。

さとう
家族の端末を実質0円や1円のものにすれば大幅に節約できるよ
家族全員のスマホ端末代も結構な金額になるから嬉しいメリットだね
シンタ

楽天ポイントの還元率が+1%上がる

楽天モバイルには楽天市場で買い物をしたポイントが+1倍される特典があります。契約しているだけで+1倍になるため大変魅力的。

楽天市場はポイント還元セールが多いですが、セールで還元されるポイントに加えて楽天モバイル利用のポイントが加算されます。
楽天市場で食品や日用品を購入する家庭は、楽天モバイルが特にお得です。

さとう
家族のものを楽天で購入するように心がければかなりのポイントの還元が受けられるよ

18歳未満の子供も当人名義でネットから申し込み可能

楽天モバイルは現在、18歳未満の子供でもWeb上から申込みができるようになりました。
子供の契約は保護者との来店が必要な場合が多いですが、楽天モバイルならわざわざ来店する必要もなく、家にいながら契約が可能です。
契約時には子供の確認書類が必要になります。
以下の3つのうち、いずれかのパターンがあるとスムーズです。

  • マイナンバーカード
  • 健康保険証と住民票
  • パスポートと住民票

学生証は使えないためご注意ください。保護者の確認書類を準備する必要はありません。

ただし18歳未満の子供の場合、iPhoneを購入して契約する場合は来店する必要があるので注意しましょう。
iPhone以外のAndroid端末やSIMのみ契約であれば、18歳未満の名義でWeb申込みができます。

フィルタリング対策がしっかりしている

お子さんにスマホを持たせる時に、気になるのは安全面ではないでしょうか。

楽天モバイルでは月額330円で「あんしんコントロール by i-フィルター」が提供されています。
i-フィルターは、日本PTA全国協議会の推薦を受けているフィルタリングサービスで、多くの学校や企業で導入されている信頼性の高いソフトです。

サイト・アプリごとのブロックや利用時間の制限、1日1回の利用状況をメールで確認できるなど、保護者が安心できる多くの機能があります。
また、設定を自由にカスタマイズできるので、お子さんの成長に合わせて長く利用可能です。

さとう
楽天モバイルなら子供にも安心してスマホが持たせられるね

楽天モバイルを家族で利用する際の要注意点

楽天モバイルを家族で使うメリットを紹介しましたが、注意点もいくつかあります。

使用者本人が契約する必要がある

楽天モバイルでは1つのIDにつき5回線まで契約できますが、使用者本人が契約する必要があります。

「親名義で契約して子供に使わせる」ということが原則的にできません。

楽天モバイルでは子供もスマホを使える年齢ならWebから登録できます。
子供の確認書類を準備し、Webや店舗で申し込みましょう。

パートナー回線エリアは5GBで通信制限がかかる

楽天モバイルには楽天回線エリアとパートナー回線エリアの2種類があります。
楽天回線エリアは楽天独自の回線、パートナー回線エリアは楽天回線エリアを補うためレンタルされているau回線です。

パートナー回線エリアでは月に5GB以上使うと通信制限がかかり、1Mbpsの速度でしか使えなくなります。

さとう
対応エリアの狭さは楽天モバイル最大のデメリットね
楽天エリア外なら5GBが上限になるんだな
シンタ

1Mbpsは全く使えないほど遅くはありませんが、動画などを読み込むのには時間がかかる速度です。パートナー回線エリアに住んでいる人は注意してください。

楽天回線エリアは急速に拡大し、2022年2月の時点で人口カバー率は96%を超えています。ほとんどの人が楽天回線エリア内ですが、地方や山ではまだパートナー回線エリアの地域もあります。

乗り換え前に、必ず住んでいる地域のエリア確認をしておきましょう。

参考楽天モバイルのエリアに関する疑問や悩みを解決!

最初はお試しで契約して様子見がおすすめ

楽天モバイルはプラチナバンドという通信帯域を持っていないため、建物内や地下で通信が不安定になることがあります。
楽天モバイルに乗り換えたら快適という口コミが多いですが、家や職場・学校で使えなくなったという口コミもあるのが事実です。

さとう
プラチナバンドは入り組んだ場所や建物の奥に強いの。ドコモ、au、ソフトバンクはプラチナバンドを使っているよ
楽天モバイルもプラチナバンドに対応したら最強なんだけどなあ
シンタ

家族全員で同時に乗り換えたら全員つながらなくなった」という万が一のことを防ぐため、最初はお試しで契約して、つながるかどうか確認することをおすすめします。

誰か1人が乗り換えて様子を見るかお試しで新たに契約し、お住まいの地域の電波状況を確認して、大丈夫そうなら家族で乗り換えると良いでしょう。

通話の家族割もないが通話無料アプリで解決!

楽天モバイルでは、他社の家族割のように“家族間通話0円”というプランはありませんが、無料通話アプリを使えば通話料はかかりません。
楽天モバイルには「Rakuten Link(ラクテンリンク)」という、楽天モバイルの契約者のみが使えるアプリがあります。

Rakuten Link

Rakuten Linkは通話料無料、SMS送信料も無料、国際電話も割安にかけられるとてもお得なアプリです。
相手がRakuten Linkでなくても、他社の携帯や固定電話にも無料でかけられます。

シンタ
相手が同じアプリをダウンロードしている必要がないのは凄いね

いつもの電話を使う代わりにRakuten Linkを使えば、通話料はずっと無料になります。もちろん、かけた相手には発信者番号通知も通常通りされるのも魅力です。

遠く離れた家族とゆっくり話したい人も、何時間話しても無料なので安心です。
楽天モバイルを契約したら、すぐにダウンロードしておきましょう。

通常の電話が安くなる10分かけ放題もある

先ほど紹介したRakuten Linkは、インターネットの通信回線を使って通話するアプリです。そのため高層ビルや地下など、通信回線が不安定な場所では通話も不安定になることがあります。通話の音質がイマイチになる場合があるのです。

さとう
Rakuten Linkの弱点は無料だけど通話の品質が高くない点ね
仕事ならともかく家族の通話ならRakuten Linkだけで十分なケースも多いと思うよ
シンタ

Rakuten Linkでの通信が不安定な場合、通常の電話なら品質の高い音声で可能です。
ただし、30秒22円(税込)かかるため長いとどうしても料金がかさんでしまいます。

通常の電話をたくさん使う人は「10分(標準)通話かけ放題」の利用がおすすめです。
月額1,100円(税込)で最初の10分は無料、SMSも1日100通まで無料で送信できます。

参考楽天モバイルの10分通話かけ放題とは?Rakuten Linkとの違い

30秒22円、1分辺り44円の通話料を考えると1100円÷44円=25なので、月に25分以上通常の通話を使う人は「10分(標準)通話かけ放題」をつけておくと良いでしょう。

楽天モバイルを家族で使ったらいくらになる?料金シミュレーション

楽天モバイルに家族で乗り換えたら、実際のところ毎月いくらになるのでしょうか。
家族全員で使った場合のシミュレーションを3パターンほど紹介します。

さとう
様々な家族のパターンでシュミレーションするので自分に合ったものを選んで参考にしてみてください

両親と小学生の子供1人の場合

まず両親2人と、小学生の子供が連絡用として持つ場合です。

基本料金 フィルタリングサービス合計
お父さん2,178円
(~20GB)
-2,178円
お母さん1,078円
(~3GB)
-1,078円
小学生0円
(~1GB)
330円330円

(全て税込)

お父さんが20GB以内だった場合2,178円、お母さんが3GB以内なら1,078円です。
子供は連絡用なのでデータ利用はなしと仮定しました。、基本料金は無料で「あんしんコントロール by i-フィルター」(フィルタリングサービス)の330円のみとなります。

3人合計しても3,586円。普通に使っても家族3人分が3,000円台で済むのは、かなりのメリットと言えるでしょう。

両親と高校生の子供2人の場合

スマホをたくさん使いたい高校生の子供と、ほどほどに使う中学生、両親の4人家族のシミュレーションです。

基本料金 フィルタリングサービス合計
お父さん1,078円
(~3GB)
-1,078円
お母さん1,078円
(~3GB)
-1,078円
高校生3,278円
(20GB以上)
330円3,278円
中学生2,178円
(~20GB)
330円2,508円

(全て税込)

両親は3GB以内で1,078円、高校生は20GB以上使い3,278円と「あんしんコントロール by i-フィルター」(フィルタリングサービス)の330円、中学生が20GB以内の2178円と330円で、合計8,272円という結果でした。

一番使いたい時期の子供がいる家庭でも家族全員で1万円以内におさまります。
フィルタリング対策もしっかりできるため、スマホを安心して持たせることができます。

夫婦2人の場合

最後に夫婦2人のシミュレーションです。二人とも外で働いており、テザリングもフルに使った場合の料金です。

基本料金
3,278円
(20GB以上)
3,278円
(20GB以上)

(全て税込)

夫婦二人でフルに使っても1人3,278円、合計で6,556円でした。
楽天モバイルは20GBを超えるといくら使っても料金は加算されず、テザリングをしても料金内に含まれます。
楽天モバイルエリア内であれば通信制限もかかりません。

フルに使う人も安く抑えたい人も、楽天モバイルなら満足できる結果になりました。

キャリア回線の家族割と楽天モバイルの比較!

シンタ
ドコモ・au・ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えた場合、料金の差はどれくらいなの?家族割がなくても大丈夫?
気になるところね。実際に比較してみましょう。
さとう

ここからはキャリア回線の家族割の仕組みを、楽天モバイルと比較して解説します。
利用している携帯会社を選んで読んでみてください。家族割がなくなって本当に大丈夫かを検証してみましょう。

ドコモの家族割

ドコモの家族割には「ファミリー割引」と「みんなドコモ割」2種類があり、違いはこのようになっています。

ファミリー割引グループ内の国内通話料が無料。3親等内で20回線まで組める(事実婚など含む)
みんなドコモ割ファミリー割引のグループ内で対象の料金プランを使っている人の基本料を割引

ファミリー割引」は3親等内でドコモを使っている人が組めるグループで、グループ内の通話料が無料になるサービスです。
離れて暮らす家族も対象で、最大で20人まで入れます。

みんなドコモ割」は、ファミリー割引グループ内で対象の料金プランを使っている人の基本料金を割引するサービスです。
対象の料金プランを使っている2回線目が-550円(税込)、3回線目以降なら-1,100円(税込)値引きされます。

料金プラン別の家族割適用額は以下のとおりです。

【5G対応プラン】

5Gギガホプレミア5Gギガライト
データ量無制限1GB~7GB
値引き前料金7,315円3,465円~6,765円
2回線目(-550円)6,765円2,915円~6,215円
3回線以上(-1,100円) 6,215円2,365円~5,665円

【Xiプラン】

ギガホプレミアギガライト
データ量無制限1GB~7GB
値引き前料金7,205円3,465円~6,765円
2回線目(-550円)6,655円2,915円~6,215円
3回線以上(-1,100円) 6,105円2,365円~5,665円

(全て税込)

楽天モバイルがドコモの家族割適応後の料金より安いのが分かります。
通話もRakuten Linkを使えば無料なので、ドコモから楽天モバイルに乗り換えても、損することは無いと言えます。

ただし、ドコモで「ファミリー割引」と「みんなドコモ割」を組んでいて、1人だけが楽天モバイルに乗り換えた場合、以下のデメリットがあります。

  • 家族内の電話をかけた人が無料ではなくなる
  • 家族の基本料金が値上がりする可能性がある

楽天モバイルに乗り換えると家族通話無料の対象にならないため、電話をかけた家族の通話料がかかってしまいます。楽天モバイルに乗り換えたことを知らずにかけてきた場合、通話料がかかってびっくりしてしまうかもしれません。

さとう
楽天モバイルに乗り換えた人はRakuten Linkで通話無料だけどかけてきた家族は無料ではないので注意ね

また3人で「みんなドコモ割」を組んでいて、その中のひとりが乗り換えた場合、残った2人の割引額が1,100円から550円に減ってしまい基本料金が値上がりします。

こうしたデメリットを防ぐため、1人だけ乗り換える時は必ず事前に家族に話しておきましょう。電波状況などが大丈夫であれば、家族全員楽天モバイルに乗り換えがおすすめです。

auの家族割

auでは「家族割」と「家族割プラス」の2種類があり、違いは以下のようになっています。

家族割グループ内の国内通話が無料。10回線まで組める)
家族割プラス対象プランを使用している同居家族の人数に応じて基本料金を割引

家族割」はauを使っていて家族の確認が取れれば組めるグループです。グループ内の国内通話が無料になり、最大10回線まで入れます。

家族割プラス」は、auの対象プランを使っている同居家族の人数に応じて、2回線目は-550円(税込)、3回線目以降なら-1,100円(税込)値引きされます。auスマートバリューに加入していれば、離れて暮らす50歳以上の家族にも適用可能です。

「家族割」と「家族割プラス」は別のサービスなので、それぞれ加入申し込みをする必要があります。

実際に「家族割プラス」の値引きを適用した金額は以下のとおりです。

使い放題MAXピタットプラン
データ量無制限
(テザリング30GB)
1GB~7GB
値引き前料金7,238円3,465円~6,765円
2回線目(-550円)6,688円2,915円~6,215円
3回線以上(-1,100円) 6,138円2,365円~5,665円

(全て税込)

auで家族割プラスを適用しても楽天モバイルの方が月額上限3,278円で使い放題のため、乗り換えたほうが家族全員お得だと言えます。ただし家族のうち1人だけが楽天モバイルに乗り換えると、ドコモと同様に以下のデメリットがあります。

  • 家族内の電話をかけた人が無料ではなくなる
  • 家族の基本料金が値上がりする可能性がある

楽天モバイルに乗り換えると家族内通話が無料ではなくなるため、かけてきた家族に通話料がかかってしまいます。
「家族割プラス」も乗り換えると対象外になるため、残った家族の基本料金の割引がなくなり、今までより割高になる可能性があります。

さとう
家族割のメンバーが減ると他の家族の割引額が変わる可能性があるのはドコモと同じね

乗り換える前に、よく家族と話し合っておきましょう。

ソフトバンクの家族割

ソフトバンクの家族割には「家族割引」と「新みんな家族割」の2つのサービスがあり、以下のような違いがあります。

家族割引グループ内の国内通話が無料。家族を始め同住所であれば、10回線まで組める
新みんな家族割家族・同住所のグループ内で対象の料金プランを使っている人の基本料を割引

ソフトバンクの家族割は家族の基準がゆるいため入りやすいのが特徴です。

家族割引」は最大10回線まで組めて、国内通話が無料になるサービスです。

新みんな家族割」は家族や同住所のグループ内で、対象の料金プランを使う人の基本料金が2回線目は660円(税込)、3回線目以降は1,210円(税込)値引きされます。

実際に「新みんな家族割」を適用した料金は以下のようになります。

メリハリ無制限
データ量無制限
(テザリング30GB)
値引き前料金7,238円
2回線目(-660円)6,578円
3回線以上(-1,210円) 6,028円

(全て税込)

メリハリ無制限はスマホからの通信は無制限ですが、テザリングに関しては30GBの制限があります。

楽天モバイルにはテザリングに制限はなく、無制限に使えて最大3,278円である事を考えると乗り換えた方が携帯料金が節約できる方が多いでしょう。

ソフトバンクにはあまり使わない人向けの「ミニフィットPLAN+」もあり、こちらは「新みんな家族割」の割引はありません。

ミニフィットPLAN+(税込)
0GB~1GB3,278円
1GB~2GB4,378円
2GB~3GB5,478円

「ミニフィットPLAN+」は0GB~1GBで3,278円ですが、楽天モバイルなら1GBまでなら無料で使えます。
乗り換えると1ヶ月で3,278円、年に39,336円が無料になり、かなりの節約が可能です。

ソフトバンクから楽天モバイルに家族で乗り換えれば、どのプランでも基本料金が安くなり、使えるデータ量が増えるためお得だと言えます。

ただし家族のうち1人だけが楽天モバイルに乗り換えると、ドコモ・auと同様に以下のデメリットがあります。

  • 家族内の電話をかけた人が無料ではなくなる
  • 家族の基本料金が値上がりする可能性がある

家族に楽天モバイルに乗り換えたことを知らせていないと、家族は無料だと思って電話をかけてしまいます。
後から高額の通話料の請求がきてびっくり、ということになりかねません。

また「新みんな家族割」グループの人数が減ってしまうため、割引が適用されなくなり、メリハリ無制限を使っている人の料金が値上がりする可能性もあります。

1人で乗り換える時は家族に事前に話し、電波状況などが大丈夫だと判断すれば、家族全員で乗り換えた方が良いでしょう。

さとう
各キャリアを見てきたけど家族割がなくても楽天モバイルに乗り換えた方が安くなるケースが多いよ

楽天モバイルの家族割よくある質問

楽天モバイルに家族割はある?

楽天モバイルに家族割はありません。家族割がなくても十分に月額料金は安いといえます。

子供も楽天モバイルに申し込むがことができる?

未成年者も楽天モバイルに申し込むことが可能です。

家族で楽天モバイルに移れば電話料金は無料になる?

家族間の通話無料は楽天モバイルにはありません。楽天モバイルの場合はRakuten Linkというアプリを使用すると誰にかけても通話無料です。家族間もRakuten Linkを利用しましょう。

家族割のあるドコモ、au、ソフトバンクと楽天モバイルどっちが安い?

家族の人数やプランにもよりますが、楽天モバイルに乗り換えた方が安くなる場合の方が多いです。

【まとめ】楽天モバイルは家族割が無いが家族で使うとお得

楽天モバイルには家族割はありませんが、もとの基本料が安いため家族で乗り換えればみんなお得に使えます。
料金が段階性になっているため、たくさん使いたい人も使わない人にも最適です。

乗り換えの手数料がかからず、実質0円や実質1円の端末も多くあります。もちろん家族全員が乗り換える手数料も心配いりません。

ただエリアがまだ完全で無いため、まずはお試しで1回線だけ契約し、使い勝手を確認したほうが良いでしょう。
家族全員で使うなら、家族割がなくてもお得な楽天モバイルがおすすめです。

関連楽天モバイルの評判は悪い?後悔しないデメリット、メリット

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

西本衣里

元携帯ショップ店員。新しいキャンペーンはすぐに飛びつくお得オタクです。格安SIMのサイト運営経験もあり、現在はWebライターとして活動中。複雑な内容でもわかりやすく伝えます。 徹底的にリサーチした上で比較し一番良いものを紹介しています。ライティング歴10年。

-楽天モバイル

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校