オンライン授業・学習 オンライン授業の口コミ体験談

オンライン英会話はポケットWiFiで可能?容量、速度、おすすめまで徹底解説

オンライン英会話をポケットWiFiで受講するには一定の通信量と速度が求められます。

今回はオンライン英会話に最適なポケットWiFiの選び方を徹底解説いたします。
最後まで読めばオンライン英会話に最適なポケットWiFiのすべてが分かります。

オンライン英会話に最適なポケットWiFi選び3つのポイント

ポケットWiFiを使ってオンライン英会話を受ける場合、以下の3つのポイントが重要です。

1、100GB以上は使えるプランを選ぶ

オンライン英会話に使うポケットWiFi選びでもっとも重要なのが月に使えるギガ数です。
それぞれのアプリでどれくらいのギガを消費するか試算してみましょう。

1時間1時間×30日2時間×30日
Zoom0.7GB21GB42GB
スカイプ0.5GB15GB30GB
DMM英会話1.8GB54GB108GB

スカイプ、DMMは公式発表を元の試算ですが、Zoomは当サイトの実測を元にしています。
あくまで目安ですが、ポケットWiFiを他の用途にも使う事を考えると余裕をもって月100GBは欲しい所です。

参考【オンライン授業のポケットWiFi】選んで失敗しない為の必須知識

オンライン英会話は短期集中でレッスンを受けるスタイルも多いので通信容量には余裕が必要です。

2、 通信速度は1.2Mbps以上だが余裕は欲しい

ほとんどのオンライン英会話講座は講師とのリアルタイム双方向コミュニケーション
対面で話すときのような速度が重視されます。

例えばZoomを使う場合は、以前の記事「Zoom会議で使えるポケットWiFiの選び方のポイントを徹底解説」でも解説した通り、ビデオありで600kbps程度、ギャラリービューで1.2Mbps程度の通信速度が必要となります。

また、オンライン英会話事業者オリジナルのビデオツールを用いているケースもあります。
DMM英会話だと「Eikaiwa Live」という独自のツールを利用しており、500kbps(0.5Mbps)程度の通信速度が必要と明記されています。

しかし、WiFiの通信速度は秒単位で激しく変動します。
Zoomに必要な1.2Mbpsという速度が一時期的に出たとしても次の瞬間に出るとは限りません。

オンライン英会話には余裕をもって10Mbpsは欲しい所です。

現在主流のポケットWiFiの最高速度は以下の通り。

最大通信速度使用回線
WiMAX2.2Gbps
(2200Mbps)
WiMAX
au5GLTE
au4GLTE
クラウドWiFi110MbpsクラウドSIM
(ソフトバンク、au、ドコモ)
THE WiFi110MbpsクラウドSIM
(ソフトバンク、au、ドコモ)

WiMAXが5Gに対応しているため高速です。
他は4Gですがオンライン英会話が可能な程度の速度は出ます。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

できれば5G対応のWiMAXがベターですが、最新のポケットWiFiなら速度はまず問題ありません。

3、月額料金は実質で選ぶ

ポケットWiFiの月額実質料金の相場は実質3000円~4000円台で端末無料です。
実質料金とは、キャンペーンによる割引(キャッシュバックや一定期間0円など)を引いた金額。
値引きを適応した後の実際にかかる金額で選ぶことが大切です。

ちなみにキャリア回線は5000円以上+端末代(2万~5万)なので高すぎて現実的な選択肢には入りません。

参考【ポケットWiFiを比較!】5つの重要条件を満たしたおすすめはこれだ!

現在、主流のポケットWiFiはauのグループ会社UQが展開するWiMAX回線と、クラウドSIM回線です。

【ポケットWiFiの月額実質料金】

月額実質(税込)月上限ギガ数
■WiMAX回線
カシモWiMAX4743円無制限
Broad WiMAX 4807円無制限
■クラウドSIM
THE WiFiライト:3327円100GB
FIT:1298円~3960円
(従量課金)
最大100GB
クラウドWiFi東京3718円100GB
ゼウスWiFi3759円100GB
2948円40GB
2178円20GB

WiMAXは5Gに対応しているため高速で無制限。
その分少し高いですが安定的にオンライン英会話を行うにはWiMAXがベストな選択です。

クラウドSIMは安価で安定した通信で人気です。
クラウドSIMとは、その時々で最適な回線を使う技術で、日本では三大キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)を使います。
キャリア回線なので通信の安定性とエリアの広さが魅力です。
無制限プランはありませんが、大容量で安価なのがメリットです。

オンライン英会話におすすめのポケットWiFi

オンライン英会話に最適なポケットWiFiを3つ厳選しました。
どれも安価で大容量な回線です。

1、クラウドWiFi

100GBの大容量でありながら月額3718円(税込)と格安のポケットWiFi。
また数年契約が多い中、クラウドWiFiは契約縛りがなくいつやめても解約金がかかりません。
気軽に使える大容量ポケットWiFiとして人気を博しています。

クラウドWiF公式サイト

ポケットWiFi端末は無料レンタル。最短即日発送というスピード感も魅力です。

2、THE WiFi

最初にあげたクラウドWiFiには契約の縛りはありませんでしたがTHE WiFiは2年契約。
その分、月額実質料金が3190円と非常に安く人気プロバイダとなっています。端末は無料レンタル。

また、THE WiFiは使った分だけ課金される従量課金プランがあるのが魅力。
オンライン英会話を沢山する月とそうでもない月がある方や、どれくらい使うか分からない方におすすめです。

THE WiFi公式サイト

30日間のお試し期間があるので実際オンライン英会話をしてみてトライアルするのがおすすめ。
万が一ギガが月の途中でなくなったらギガの追加購入もできます。

参考【THE WiFiレビュー】評判はどう?本当に安い?全注意点を徹底解説

3、カシモWiMAX

WiMAXは通信量が無制限な上に高速なのでオンライン英会話にピッタリ。
5G対応で最高速度は2.2Gbpsと光回線(1~2Gbps)をしのぐ速度が魅力。更にWiMAXは4Gでも高速です。
WiMAXのプロバイダの中でもシンプルな安さで人気なのがカシモWiMAX。5GポケットWiFi端末代も無料。
無制限、5G対応なだけあって3年契約で4743円とクラウドSIMのポケットWiFiよりは少し高いですが、スペックの高さは大きな魅力。

カシモWiMAX公式サイト

相手がいるオンライン英会話の場合、通信の品質はとても重要です。5G対応、高品質なWiMAX回線なら相手に迷惑をかける事もありません。

あわせて読みたい
【比較】無制限ポケットWiFiで最もおすすめなのはこれだ!【2021年版】

無制限ポケットWiFiはテレワークや動画視聴、更にはオンラインゲームなどには必須です。 今回は人気ポケットWiFiを徹底比較し、おすすめ無制限TOP3をピックアップします。 最後まで読めば無制限ポケッ ...

続きを見る

スマホのテザリングではダメなのか?

スマホでのテザリングは各キャリアにより上限が異なります。

テザリングテザリング料金
ドコモ5Gギガホプレミア無制限無料
ギガホ プレミア60GB無料
au使い放題MAX 5G30GB無料
使い放題MAX 4G30GB無料
ソフトバンクメリハリ無制限30GB

ドコモの5Gギガホプレミアのみテザリングを無制限で使えるので、オンライン英会話の回線として有力です。

参考料金プランについて(ドコモ公式サイト)

au、ソフトバンクは大容量プランでもテザリングの上限が30GBと決まっているのでギガを大量消費するオンライン英会話には心もとないです。
テザリングについてはお使いのキャリア回線の公式サイトで使える上限を必ずチェックしましょう。

【そもそも論】主要オンライン英会話サービスを徹底分析

オンライン英会話とは、講師と受講生がオンラインで1対1でつながり、英語で会話することでコミュニケーションを図り語学力のアップを目指すというものです。

オンラインで使うツールとしてはスカイプやZoomが用いられることが多く、パソコンのカメラとマイクをONにしてお互いの顔や表情を観ながらレッスンします。講師は東南アジア系をはじめとして英語のネイティブスピーカーが多く、時差を利用して24時間いつでも受講できるというメリットがあります。

DMM英会話

参考:DMM英会話

料金は事業者によって異なりますが、大手のDMM英会話を例に挙げると以下のように6種類の料金プランがあります。

【DMM英会話の料金】

コース名受講回数月額料金(税込)
スタンダードプラン1回/日6480円
2回/日10780円
3回/日15180円
プラスネイティブプラン1回/日15800円
2回/日31200円
3回/日45100円

※1回あたりのレッスン時間は25分

ジオスオンライン

ジオスオンラインは英会話スクールらしく「空いた時間を活用できる」というメリットを強調しており、曜日を決めずに好きな日に好きなだけ授業が受けられるプランが人気です。

ココナラ

参考:ココナラ

個人講師によるマンツーマン指導も人気です。
ココナラのようなスキルシェアサービスを使って個人でオンライン英会話レッスンを開催している講師の場合、1回(あるいは複数回パック)あたりの料金設定でレッスンを受けることができます。

いずれの講座もオンラインで双方向リアルタイム通信となるためネット環境に求められるスペックもやや高めであり、また副教材テキストを見ながらのレッスンもあるためスマートフォンでは厳しいこともあります。

必然的にパソコンでの受講となりますが、その場合も接続に使うポケットWiFiはどれでもいいというわけにはいきません。

オンライン英会話に最適なポケットWiFiまとめ

オンライン英会話の為のポケットWiFi選びで最も重要なのは月に使えるギガ数です。
対面のリアルタイム方式だと自身の映像の送信と、講師の映像の受信を同時に行うためギガをかなり消費します。
事前にダウンロードする形式であってもやはり相当のギガを消費します。
ポケットWiFiは100GB~無制限の大容量プランがおすすめ。

速度についは最新のポケットWiFiならばまず問題はありません。
月額料金はキャンペーンを加味して実質料金で比較した上で選びましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

元外資系ITキャリア勤務。PtoP高速データ通信事業の事業戦略を担当。その後某格安SIMのセールスエンジニア、某光回線のサポートセンターオペレーターとして勤務。無線通信回線、固定回線共に精通。 2015年からフリーランス。テレワークで仕事をしていることもあり、ポケットWiFiは手放せない存在です。

-オンライン授業・学習, オンライン授業の口コミ体験談

© 2021 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校