オンラインゲーム

SwitchをポケットWiFiで遊ぶ!有線回線との比較と速度制限を解説

発売から3年以上経過したにもかかわらず、根強い人気を誇るNintendo Switch。

「あつまれどうぶつの森」や「マリオカート」など人気タイトルも目白押しで、遊んだことがあるユーザーの方も多いでしょう。

今回はSwitchで遊ぶ際に最適なポケットWiFiの選び方、更には光回線との比較について詳しくご説明します。

【基本】Switchには2つの通信機能がある!

知り合いや遠方のプレイヤーと通信対戦ができるSwitch。
Switchの通信機能には2種類の通信方式があります。

1,ローカル通信

本体に内蔵されたBluetooth機能を使い、近距離同士で通信する方式です。
Switchを持っている人同士が友人の家に集まってプレイする時に使います。
例えば「スプラトゥーン2」では最大8人(8台)の Switchをローカル通信でつなぎ、4対4で対戦プレイができます。

2、Switch Online

対戦プレイやゲームコンテンツのダウンロードの事で、ポケットWiFi等でネット接続して楽しむ方式です。

インターネット回線を利用するため、国内だけでなく世界中のプレイヤーと対戦できるのもNintendo Switch Onlineの魅力。
なお、Nintendo Switch Onlineは有料プランです。インターネット接続とは別に費用が必要です。

このようにSwitchには2種類の通信方式があります。

特にNintendo Switch Onlineはユーザーの多くが利用しています。
Nintendo Switch Onlineはネット接続が前提なので、ポケットWiFIや光回線が必要になります。

Switchで遊ぶならポケットWiFiと光回線どっちがいいの?

では、 Switchを遊ぶならポケットWiFiと光回線のどちらが向いているのでしょうか。
この2つの通信方式の違いを踏まえて、それぞれに向いているプレイスタイルをご紹介します。

ポケットWiFiが向いているSwitchユーザーは?

様々なポケットWiFi

ポケットWiFiは自宅はもちろん、外出先でも使えるのが魅力

通信エリアはかなり広く、日本国内の主要な市町村であればまず利用できます。

建物の陰やビルの高層階でも使えることが多く、地下鉄やトンネルの中でも途切れないことが多いため、場所を問わず利用できる通信手段です。
ポケットWiFiは電車での移動や仕事の休憩時間など、ちょっとした空き時間にプレイしたいというユーザーに向いています。
また、家族でのドライブの際、子供たちにSwitchで遊ばせる事もポケットWiFiなら可能です。

光回線が向いているSwitchユーザーは?

イメージ

光回線は自宅で利用する高速回線です。
ポケットWiFiのように外出先で使えない為利便性は劣りますが、ポケットWiFiよりも高速大容量のデータ通信が可能です。

自宅でのゲームダウンロードやアップデート、あるいは長時間の通信対戦といった使い方に適しています。
特にゲームのダウンロードはデータ量も多いため光回線でないと厳しいです。

ポケットWiFi・光回線それぞれに向いているゲームは?

ポケットWiFiは場所を問わず遊べるというのがメリット。
「あつまれどうぶつの森」のようなSwitchのゲームを外出先で楽しむにはもってこいです。
通信が多少遅延しても問題なく遊べます。

一方、速度の速い光回線が適しているのは「スプラトゥーン」や「フォートナイト」といった対戦シューティング系です。
ただし、ポケットWiFiでもSwitchの対戦シューティングゲームのプレイが可能です。

この後ご紹介するポケットWiFiならSwitchの対戦シューティングゲームも問題なく遊べるでしょう。

【ポケットWiFiと光回線の比較】

ポケットWiFi 光回線
通信速度 光回線ほどではないが高速通信可能 安定して高速通信可能
データ上限 上限無しプランもある 無し
速度制限 制限なしのプランもある 無し
通信の安定性 4Gエリア内であれば安定 基本的に安定しているが、ユーザーの数によっては不安定になることもあり
利用場所 4Gエリア内であれば利用可能 固定
サービス提供エリア外あり
向いているSwitchのゲーム あつまれどうぶつの森やマインクラフトのようなまったり系
桃太郎電鉄シリーズのようなボードゲーム系
麻雀や囲碁など素早さをあまり要求されない対戦系
パワフルプロ野球のようなシンプル操作のスポーツ系
ゲームコンテンツのダウンロード
ゲームコンテンツのアップデート
フォートナイトやDOOMのような対戦シューティング系
スーパーマリオやスマッシュブラザーズなどの機敏な操作が求められるアクション系
ファイナルファンタジーやドラゴンクエストのような大容量RPG系

参考ポケットWiFiを比較!

Switchの人気ゲームタイトルは対戦で遊ぶソフトが多い

Switchの魅力はやはり通信対戦にあります。
知らない人とのチームプレイや対戦は刺激にあふれています。

場所を問わずプレイできるポケットWiFiがあるとちょっとした空き時間でもプレイできます。
Nintendo SwitchとポケットWiFiを組み合わせることで、常にオンライン対戦できる体制になるためレベルアップも早いでしょう。

Switchのプレイ中はポケットWiFiの通信制限に注意!

ポケットWiFiの最大のデメリットは、光回線とは違い通信制限がある事です。
通信制限とはポケットWiFiのデータ量の上限を超えた場合、通信速度が大きく制限されることを言います。

例えばWIMAXのポケットWiFiの場合、連続した3日間で10GBを超えると通信速度が1Mbpsに制限され、ゲームプレイが難しくなります。

また7GB/月や20GB/月といったように、毎月のデータ通信量上限が決まっている契約の場合、上限に達すると以降通信速度が128kbpsになる場合もあります。

128kbpsとはテキストメールの送受信がかろうじて行える程度の低速通信であり、Switchのゲームプレイはまず無理です。
当然ゲームデータのダウンロードもできず、制限中はまともに遊ぶことができなくなります。

したがって、Switchに接続するポケットWiFiはデータ無制限のプランを選ぶのが正解です。

Switchをプレイする際の通信速度はどれくらい必要か?

Switchを快適に遊ぶには、どの程度の通信速度が必要なのでしょうか?

必要な速度はゲームソフトによって変わってくるため、参考までにSwitchのソフト「バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン」のスペックを見てみます。

公式サイトで調べてみると、

「バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン」のプレイには常時4~8Mbps以上が必要と記載されています。

美麗なグラフィックスが特徴のゲームだけに要求されるスペックも高く、仮に遅延やラグがあると興ざめしてしまう可能性もあります。
したがって、高速な通信回線が必須です。

また、「フォートナイト」のようなSwitchのシューティングゲームは応答速度も重要です。

プレイヤーの操作にコンマ何秒かで対応する通信クオリティが求められるため、ポケットWiFi・光回線ともに通信速度重視で選ぶべきです。

ただしSwitchの人気ソフトであるあつまれどうぶつの森のようなまったり系なら、遅い回線でもある程度プレイできます。

Switchに最適なポケットWiFi選びの2つのポイント

Nintendo SwitchをポケットWiFiで遊ぶときに必要となる条件は以下の2点です。

1、無制限データプランで利用できること

Switchはオンライン対戦で楽しむことが多く、ゲームのダウンロードやアップデートもあわせるとかなり大きなデータ通信量を消費します。
データ上限ありのポケットWiFiの場合、月の途中で上限に達してしまうことも考えられます。

ストレスなく対戦ゲームを楽しむには、ポケットWiFiはデータ無制限のものを選ぶのがおすすめです。

参考オンラインゲームをポケットWiFiでプレイして徹底検証

2、通信速度が速く複数の回線を利用できること

Switchでのゲームプレイは4Mbps以上の速度を求められるソフトもあります。
WIMAXポケットWiFiであればほぼクリアしますし、クラウドSIMを使ったポケットWiFiでも大丈夫です。

とはいえ、単一キャリアしか利用できないポケットWiFiは不安です。
複数のキャリアの回線を利用できるポケットWiFiを選び、より速い回線を選択できるようなサービスを利用するのが良いでしょう。

Switchのプレイに最適なポケットWiFi2選

1、GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは無制限プランが月額実質3000円台と安いのが魅力。
月間のデータ通信量を気にせず、好きなだけNintendo Switchでプレイできるのでおすすめです。

GMOとくとくBB公式サイト

高額キャッシュバックも用意されているため、ランニングコストを抑えることも可能。
WiMAX回線は無制限。
auの4GLTE回線も月7GBを上限に使う事ができます。

2、どこよりもWiFi

どこよりもWiFiにはデータ上限100GBの大容量プランが月額3,180円と非常に安いので人気のサービスです。
クラウドSIM方式で大手キャリア回線(ソフトバンク、au、ドコモ)の中から最適な回線を選んで接続。
エリアが広いので地方の方にもおすすめのポケットWiFiです。

どこよりもWiFi公式サイト

様々なプランがありますが、2年契約(2年縛り)の100GBの大容量プランがNintendo Switchには最適。
契約縛りの無いプランもありますが、上限が50GBなのでゲームのプレイには物足りないでしょう。

Switchを光回線で遊ぶならNURO光が高速でおすすめ

自宅用の光回線は速度重視で選びましょう。
NURO光はダークファイバーを利用した下り最大2Gbpsの超高速プランをラインナップ。
シューティングゲームなど速度や応答性を要求されるゲームでも全く問題なくプレイできるでしょう。

NURO光公式サイト

また、プロバイダ一体型サービスなので月額費用も安く、キャッシュバック特典も充実。
運営会社はso-netで有名なソニーネットワークコミュニケーションズなので安心感も抜群です。

まとめ

Nintendo SwitchをポケットWiFiで遊ぶ場合、データ通信量上限と通信速度には十分注意してポケットWiFiを選びましょう。
また、ゲームダウンロードはかなりの通信量を消費するので、不安な方は自宅光回線も並行して利用するのがおすすめです。

関連【PS4とポケットWiFi】おすすめ無制限プロバイダ3選

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-オンラインゲーム

Copyright© ネット回線の学校 , 2020 All Rights Reserved.

テレワーク急増でポケットWiFi在庫不足が発生中
在庫チェック