田舎住まいでもポケットWiFiを何としても持つ方法

以前は、田舎住まいの人の場合、ポケットwifiが圏外で使えないことがありました。

しかし、近年は、ポケットwifiの対応エリアも広がっており、田舎でも通信可能なところが増えています。
ポケットwifiの速度もますます上がってきており、それに伴って高速エリアも順次拡大中です。

もう一つ重要なのは、各社ともポケットWiFiの対応エリアがバラバラだという事です。
ある社では圏外なのに、他社では圏内、なんて事はザラです。

「田舎だから」と諦めていた方も、まずは住んでいる地域がポケットwifiのエリア内なのかを確認してみましょう。

以下はエリア確認の際のちょっとしたコツです。

WiMAX2+の対応エリア確認方法

ポケットwifi(モバイルwifiルーター)の通信システムのうち、WiMAX2+のみを利用すれば、月間容量無制限で通信が楽しめます。

エリア内であるかを確認する必要がありますが、ひとつ注意が必要。
それは、ピンポイントエリア判定を使うことです。

以下、人気のとくとくBBで解説します。

参考サイト:GMOとくとくBB wimax2+公式サイト

ページを下にスクロールするとエリアチェックの地図が出てきます。

ここで、右の「ピンポイントエリア判定」というタブをクリックすると、以下の画面に切り替わります。

この画面で住所を入れて判定します。

サービスエリアマップからはわからない、ピンポイントの通信状況がわかります。

〇がでれば通信状況はOKです。
△や×の場合は通信状況がいまいちなので、やめた方がよいでしょう。

また、とくとくBBの場合、〇が出ていれば、20日以内なら違約金無しで解約できます。

ピンポイント判定で△や×が出たら?

月額2760円(消費税抜)~というネクストモバイルという手があります。

ネクストモバイルはソフトバンク回線を利用しているのでカバー率が広いのが特色。
月30GBまで制限がかからないのでヘビーユーザーでも安心です。
下り最大速度150Mbps。

SoftBank 4G またはSoftBank 4G LTEエリアなら利用可能なので、ポケットwifiが利用できるか、エリアを確認してみましょう。

参考サイト:ネクストモバイル公式サイト

ネクストモバイルの「エリアを詳しく見る」から対応エリアがチェックできます。

ソフトバンク系で駄目ならワイモバイル系を試す

ワイモバイル(旧イーモバイル)系も田舎の方にもエリアが広がっています。

ワイモバイル系だと、ヤフーが運営するYahoo! Wi-Fiは実質月額2775円(ヤフープレミアム会費込)と格安。
月間5GBの制限がありますが、500Mbpsあたり500円で制限解除も簡単です。
登録には無料のヤフーIDが必要です

では以下でチェックしてみましょう。

参考サイト:Yahoo! Wi-Fi公式サイト

公式サイトをスクロール。
下の方にある「エリア詳細」をクリックして対応エリア内かをチェックです。

ポケットWiFiの対応エリアは、各社とも拡大競争をしているので凄い勢いで増えています。

この他にもドコモのXiR(クロッシィ)系などもありますので、様々な会社の対応エリアをこまめにチェックする事をおすすめします。

このページの先頭へ