■Speed Wi-Fi NEXT WX03

2016年に発売したSpeed Wi-Fi NEXT WX03は、当時のハイスペック機種として人気を集めました。
使い勝手が良い機種なので、後継機が出た2019年現在でも利用価値があるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、Speed Wi-Fi NEXT WX03の特徴と、後継機と比べてどれくらい使えるのかを紹介します。

  •  ポケットWiFiの購入を検討している
  • Speed Wi-Fi NEXT WX03と後継機の比較を知りたい

という方はぜひご覧ください。

Speed Wi-Fi NEXT WX03の3つの特徴を徹底解説!

Speed Wi-Fi NEXT WX03は、下り最大440Mbpsという当時最大の高速通信を実現した機種です。
ではそんなSpeed Wi-Fi NEXT WX03にどのような特徴があるのか、本項で解説します。

  •  軽くてコンパクトなデザイン
  •  大容量のバッテリー
  •  独自のクレードル装着で更なる電波改善

それぞれ詳しく確認しましょう。

軽くてコンパクトなデザイン

■Speed Wi-Fi NEXT WX03

Speed Wi-Fi NEXT WX03は幅99mm 高さ62mm、重さ約110gと非常にコンパクトなデザインです。

特に重量はSpeed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi NEXT W05などの後継機にも負けておらず、持ち運び性に優れています。

ポケットWiFiは外出時に利用することが大半なので、ポケットやカバンの中で邪魔にならずに使えるのは大きなメリットと言えるでしょう。

大容量のバッテリー

Speed Wi-Fi NEXT WX03のバッテリーは2,890mAhと大容量で、稼働時間がかなり長持ちします。

  • ハイパフォーマンスモード:約7時間20分
  • エコモード:約12時間20分
  • ノーマルモード:約10時間

エコモードであれば常時稼働していても半日持つので、旅行や出張にうってつけです。
ただしエコモードを使うと、通信速度が遅くなります。動画を視聴しているときはハイパフォーマンス、メールやLINEをしているときはエコモードと使い分けて利用するようにしましょう。

独自のクレードル装着で更なる電波改善が可能

■クレードル装着時

Speed Wi-Fi NEXT WX03にはクレードルという付属品が別売で用意されています。
クレードルを使えば電波が最大40%アップされるため、より快適なインターネット通信が可能です。

室内だと通信環境が悪くなりがちなWiMAXですが、クレードルを利用することで改善が望めます。

据え置き用の充電器としても利用できるため、利用価値は高いでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX03のデメリットは、4G LTE回線が使えないこと

Speed Wi-Fi NEXT WX03は使い勝手の良い機種ですが、唯一のデメリットとして4G LTE回線が利用できないという点が挙げられます。

LTEはWiMAXに比べてエリアがかなり広く、あるか無いかで使い勝手が大きく変わるため、対応していないのはデメリットです。

ちなみに後継機は、ほぼすべての機種がLTE回線に対応しています。

WiMAXのエリア内である決まった場所でしか使わないのであれば問題ありませんが、旅行や出張などで見知らぬ場所へ行くことが多い人は、LTE対応の後継機を購入したほうがいいでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX03は後継機と比べてどう?機種や使い勝手の比較

こちらでは、Speed Wi-Fi NEXT WX03が後継機と比べてまだ利用価値があるのかを紹介します。

結論から言うと、いまポケットWiFiの購入を検討しているなら、Speed Wi-Fi NEXT WX03ではなく後継機を選んだほうがよいでしょう。

以下の表は、Speed Wi-Fi NEXT WX03と後継機との比較です。

WX03 WX05 W06
発売日 2016年12月 2018年11月 2019年1月
速度 下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
サイズ 横:約99 mm
縦:約62 mm
厚さ:約13.2 mm
横:約111 mm
縦:約62 mm
厚さ:約13.3 mm
横:約128 mm
縦:約64 mm
厚さ:約11.9 mm
重量 約110g 約128g 約125g
最大通信時間
(デフォルトモード)
約600分 約690分 約540分
最大接続数 10台 10台 16台
4G LTE回線 ×

比較すると、最大通信時間はSpeed Wi-Fi NEXT WX05が長く、最大通信速度はSpeed Wi-Fi NEXT W06に3倍近い差をつけられています。

■Speed Wi-Fi NEXT W06

サイズの小ささと重量の軽さはSpeed Wi-Fi NEXT WX03が最も優れていますが、持ち運びやすいという点においてはWX05もW06も問題ありません。

4G LTE回線の対応など、最新機種のほうが快適に利用できるため、いまから購入するのであれば最新機種のWX05もしくはW06を検討しましょう。

まとめ:いまはSpeed Wi-Fi NEXT WX03よりも、後継機を選ぼう

今回はSpeed Wi-Fi NEXT WX03について紹介しました。

発売当時はポケットWiFiの中で最高速度を誇っていた機種ですが、後継機が続々登場している中では少し力不足です。
特に4G LTE回線が利用できないのはかなりのマイナスポイントと言えるでしょう。

「とにかく軽い機種がいい」という方でなければ、最新機種の購入を検討してみてください。

The following two tabs change content below.
ワカジツ

ワカジツ

関西在住のフリーライター。商社で5年間勤務した後、Webライターへ転身。ガジェットレビューなど幅広い記事を執筆。