WiMAX系モバイルルーターの新製品、「Speed Wi-Fi NEXT W06」が発売開始

2019年1月25日に発売開始された「Speed Wi-Fi NEXT W06」。WiMAX系初のギガビット級モバイルルーターとして大きな注目を集めています。

前モデルの「Speed Wi-Fi NEXT W05」が角ばったデザインであるのに対し、「Speed Wi-Fi NEXT W06」は丸みを帯びたかわいらしいデザインになっており、持ちやすさやボタン配置など、よりスマートフォンの造形に近くなっています。

大人気機種である前モデルの後継機ということもあり、早速量販店の店頭やプロバイダのホームページなどで大々的なキャンペーンが繰り広げられているようです。
そこで今回は、この「Speed Wi-Fi NEXT W06」のスペックや特徴、前モデル及び競合モデルとの性能比較などについて解説いたします。

参考:「Speed Wi-Fi NEXT W06」を契約するならこのプロバイダがおススメ!

ついに1G超え! 「Speed Wi-Fi NEXT W06」は下り最速1237Mbps!

「Speed Wi-Fi NEXT W06」の最大の特徴は、WiMAX系モバイルルーターとして初めて1Gbpsを超えた超高速のデータ通信が行えることです。

その条件ですが、有料オプションのハイスピードプラスエリアモードを選択し、通信モードをハイパフォーマンスモードに設定、かつ4×4MIMO設定をオンにした状態で利用すること。

この3つの条件を満たせば、下り最大1237Mbpsという超高速通信が可能です。

なお、「Speed Wi-Fi NEXT W06」で下り最大1237Mbpsが実現できるエリアは、現在では東京都と埼玉県の一部エリアに限定されています。

UQコミュニケーションズのエリアマップを見てもその一部エリアがどこなのか明示されていないため不明ですが、いずれにせよとうとうポケットWiFiも1G超えが当たり前になる時代に突入したことを実感します。

ただし、1G超えというのはあくまでも「Speed Wi-Fi NEXT W06」端末~基地局間のデータ通信速度です。
スマートフォンなどLAN側をwi-fi接続した場合は、wi-fiの仕様上最大でも867Mbpsとなるのでご注意ください。

「Speed Wi-Fi NEXT W06」はHuawei(ファーウェイ)製

「Speed Wi-Fi NEXT W06」は前モデルの「Speed Wi-Fi NEXT W05」と同じくファーウェイ製です。

昨年終盤以降何かと話題のファーウェイですが、ポケットWiFi市場において欠かすことのできないプレイヤーであることは事実。
性能も他社モデルと比較して優れている点が多く、「Speed Wi-Fi NEXT W06」も今後契約数をどんどん伸ばしていくことは間違いないでしょう。

「Speed Wi-Fi NEXT W06」と「Speed Wi-Fi NEXT W05」の違い

■Speed Wi-Fi NEXT W05

大人気の旧モデル「Speed Wi-Fi NEXT W05」と新発売の「Speed Wi-Fi NEXT W06」には、いくつかの相違点(変更点)があります。主な違いを以下ピックアップしてみます。

1、クレードルが無い

「Speed Wi-Fi NEXT W05」にはあったクレードルが「Speed Wi-Fi NEXT W06」には付属していません。
無線LAN非搭載のデスクトップパソコンなどと接続する場合、LANポートのあるクレードルを使えないため別途ルーターをブリッジモードで間に介すか、もしくは無線LAN受信機を購入する必要があります。

2、WiMAX2+の電波受信速度が約20%アップ

高性能ハイモードアンテナを搭載することにより感度が上昇し、室内の奥まった部屋など電波が届きにくい場所における利用時の通信クオリティが少し改善されています。

3、ビームフォーミング対応

「Speed Wi-Fi NEXT W06」と接続するデバイス間のwi-fi環境において、より指向性の強い通信を行うビームフォーミングに対応しています。
これにより、「Speed Wi-Fi NEXT W05」と比較して20%程度通信速度が向上しています。

4、 手持ちのスマートフォンで電波状態が見える

「Speed Wi-Fi NEXT W06」の電波状態などを、スマートフォンアプリHiLinkを使ってみることができます。なお、HiLinkでは電波状況の他にも使用データ量やSSID、アカウント情報などを確認することが可能です。

「Speed Wi-Fi NEXT W06」の主要スペックと競合端末との比較

では「Speed Wi-Fi NEXT W06」のスペックについて、前モデルの「Speed Wi-Fi NEXT W05」及び競合となる「Speed Wi-Fi NEXT WX05」との違いをみてみましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi NEXT W05
本体サイズ(約) 128×64×11.9mm 111×62×13.3mm 130×55×12.6mm
重量 125g 128g 131g
SIMカードサイズ Nano SIM Nano SIM Nano SIM
バッテリー 3000mAh 3200mAh 2750mAh
液晶ディスプレイ 2.4インチTFTタッ チ液晶 (320 x 240) 2.4インチ(320×240ドット)カラーLCD 2.4インチTFTタッ チ液晶 (320 x 240)
製造会社 Huawei NECプラットフォームズ Huawei
カラーバリエーション ブラック×ブルー
ホワイト×シルバー
ソニックレッド
ピュアホワイト
ブラック×ライム
ホワイト×シルバー

「Speed Wi-Fi NEXT W06」のサイズは「Speed Wi-Fi NEXT WX05」よりも少しだけ大きいですが、薄さと軽さは「Speed Wi-Fi NEXT W06」に軍配が上がります。

重さは「Speed Wi-Fi NEXT W05」より軽くなっているにもかかわらずバッテリー容量は増加しており、より長時間の利用が可能となっています。

外見においてはこれ以外に大きな進化はありませんが、液晶画面のUIがより直感的に操作できるよう変更されています。

まとめ

先日NTTdocomoから発表された「Wi-Fi STATION HW-01L」に続き、WiMAX系の「Speed Wi-Fi NEXT W06」も最大通信速度1G超えを実現したモバイルルーターとなります。
モードやエリアなどの制限はありますが、それでも1G超えは夢があるといってよいでしょう。

中でもモバイルルーターユーザーの多いWiMAX系であるというのは大きな魅力です。

電波を捕まえやすいという特性もあるため、今後多くのユーザーが「Speed Wi-Fi NEXT W06」の契約を考えるのではないでしょうか。

次回の記事では、「Speed Wi-Fi NEXT W06」を契約できるプロバイダやそれぞれのキャンペーン情報などをピックアップしてみます。

The following two tabs change content below.
ポケットwifi比較まとめ編集部

ポケットwifi比較まとめ編集部

ポケットwifiを深く知るための情報を提供しています。