Speed Wi-Fi NEXT W05の特徴

スマートでかっこいい「Speed Wi-Fi NEXT W05」

2018年1月、最新鋭のモバイルルーター(当サイトではポケットwifiと表記)となる「Speed Wi-Fi NEXT W05」がリリースされ、wimaxプロバイダ各社での取り扱いが開始されました。

この「Speed Wi-Fi NEXT W05」ですが、まず目を惹くのはそのすっきりとしたシャープなデザイン。

前モデルとなるSpeed Wi-Fi NEXT W04や同WX04がやや丸みを帯びた形状であったのに対し、W05はエッジを強調し、サイズもかなりスリムになっています。

縦型であったW04を横型にし、さらに薄くした感じ。実際のサイズを図ってみるとそこまで大きな差はないのですが、見た目的にはかなりスラっとした印象を受けます。

液晶画面の表示も改善され、バックライトの輝度を調整したことで明るい場所でもより見やすくなっています。

では、「Speed Wi-Fi NEXT W05」の具体的なスペックを見ていきましょう。

MAX708Mbpsを誇る通信速度

「Speed Wi-Fi NEXT W05」の特徴のひとつに、旧機種から大幅に性能アップされた通信速度の向上が挙げられます。

理論上の通信速度は下り最大708Mbps(※ハイスピードプラスエリアモード設定時)。
ほぼすべての大容量コンテンツをストレスなく楽しめる環境を実現しています。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードについては対応エリアが限られています。

2018年1月現在では東名阪の一部のエリアのみとなっているため、これらのエリア以外で利用する場合はご注意ください。
また、ハイスピードプラスエリアモードは有料オプションであるため、利用には別途申し込みが必要です。

au 4G LTEにも対応

通信可能エリアも順次拡大しているwimax。
大都市圏内ではほぼ問題なく通信可能ではありますが、地方へ行くとエリア外になることもあります。

出張の多いビジネスマンなどはこの点を嫌いwimaxの契約を躊躇している方も多いでしょう。

しかし、「Speed Wi-Fi NEXT W05」の利用に際してはそんな心配は無用です。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」は、高速通信を実現する「WiMAX 2+」の通信エリアの他に、国内人口カバー率98%超と通信エリアの広い「au 4G LTE」に対応しています。

wimax2+のエリア外でもau 4G LTEモードで通信が可能。
au 4G LTEは下り最大150Mbpsであるため、実際の利用においては、さほど支障をきたすことは無いのではないでしょうか。

乗り換えに便利なWi-Fiお引越し機能

wimax利用者の多くが「めんどくさい」と思うのが、ルータ乗り換えに伴う設定ではないでしょうか。

その点、今回発売された「Speed Wi-Fi NEXT W05」にはWi-Fiお引越し機能が備わっており、乗り換えユーザに対する配慮がなされています。
このWi-Fiお引越し機能は、以前の機種で利用していたSSIDと暗号化キーを簡単な操作でそのまま利用できるというもの。

これにより、スマートフォンやタブレットなど接続対象デバイスの設定をイチイチ変更せずに利用することが可能となります。
利用デバイスが多いユーザにとって嬉しい機能です。

製造元はHuawei社

「Speed Wi-Fi NEXT W05」の製造を行っているのは、スマートフォン分野で急成長を見せたHuawei社です。

もともと携帯基地局インフラなどを手掛けている同社は、モバイル関連テクノロジーを武器に世界的大企業へと躍進したグローバル企業。
旧モデルであるSpeed Wi-Fi NEXT W04に引き続き高性能な端末を世に生み出しました。
冒頭で述べた優れたデザイン性もHuawei社だからこそ実現できたといっても過言ではありません。

ただしクレードルは別売り!

「Speed Wi-Fi NEXT W05」の購入の際、注意すべきポイントとしてクレードルが別売りである点が挙げられます。

ただし、別売りとはいえ利便性を考えると同時購入は必須です。

自動でハイパフォーマンスモードになるなどクレードル利用のメリットも多く、自宅設置によるホームゲートウェイ化も可能であるため、よほどのことが無い限り同時購入しておくのが良いでしょう。

旧機種とのスペック比較

Speed Wi-Fi NEXT WX04

「Speed Wi-Fi NEXT W05」がどの程度進化したかを図るには、旧機種と比較するのが最もわかりやすいでしょう。

以下、旧機種である「Speed Wi-Fi NEXT W04」「Speed Wi-Fi NEXT WX04」と主要スペックを比較してみました。

【スペック比較】

  Speed Wi-Fi NEXT W05 Speed Wi-Fi NEXT W04 Speed Wi-Fi NEXT WX04
サイズ 約130mm×55mm×12.6mm 約130mm×53mm×
14.2mm
約111mm×62mm×13.3mm
ディスプレイ 2.4インチカラー 2.4インチカラー 2.4インチカラー
重さ 約131g 約140g 約128g
接続可能台数 最大10台 最大10台 最大10台
通信速度 ハイスピードモード(WiMAX2+)
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、LTE)
下り最大708Mbps
上り最大75Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
※ハイスピードプラスエリアモード(下り最大708Mbps、上りは変わらず)あり
下り最大440Mbps
※条件付きで590Mbps
上り最大50Mbps
カラーバリエーション ブラックライム/ホワイトシルバー グリーン/ホワイト クリアホワイト/アクアブルー

最も大きな違いは通信速度です。

やはり下り最大708Mbpsというのは圧倒的。
W04でもハイスピードプラスエリアモードはありますが、適用されるのは下りのみ。
上りも重視したいという場合にはW05一択です。
SNSや動画サイトへの投稿やライブ配信などを頻繁に行う方はW05を選んでおいた方が良いでしょう。

ただし、バッテリーの持ちはWX04に軍配が上がります。
電源のない場所で長時間使用するというユーザは、速度を犠牲にしてWX04を選択するということもありえます。

「Speed Wi-Fi NEXT W05」が買えるプロバイダはココ!

最後に、「Speed Wi-Fi NEXT W05」を入手することができるwimaxプロバイダをご案内します。
料金プランや契約条件などはそれぞれのプロバイダのwebサイトを参照してください。

  • GMOとくとくBB
  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • so-net WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX

「Speed Wi-Fi NEXT W05」は新機種のため取り扱っているプロバイダはまだ少ないようです。

ただし、需要次第では今後多くのプロバイダが扱うようになると思われますので、各社の料金やキャッシュバックなどを比較検討した上で購入先を絞ってみるのも良いでしょう。

まとめ

「Speed Wi-Fi NEXT W05」は、これまでにないスペックを持ちハイスピードでの通信を実現した高性能ルーター。
デザイン性も優れており、持ち運びも便利。非常に魅力あふれる機種であるため、これからのwimaxルータのスタンダードとなる可能性を秘めています。

新たにwimaxを契約しようと思っている方はもちろん、既に契約している方の機種変更の対象としても検討してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。