■Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT W04は、2017年2月に発売されたポケットWiFiです。
ハイスピードな通信が可能で、持ち運びもしやすい機種なので、非常に人気を集めました。

今でも利用している人が多い機種なので、続々と後継機が出ている昨今でも使える機種なのか気になっている方は多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、Speed Wi-Fi NEXT W04の良い点・悪い点などの特徴と、後継機と比べて使い勝手がどうなのかを紹介します。

  • Speed Wi-Fi NEXT W04の購入を検討している
  • 後継機との比較を知りたい
  • 型落ち商品でも問題なく使えるのか気になる

という方は、ぜひ記事をご覧ください。

Speed Wi-Fi NEXT W04の特徴とは。3つの良い点を解説!

Speed Wi-Fi NEXT W04は、非常にハイスペックなポケットWiFiとして発売されました。
ではそんなSpeed Wi-Fi NEXT W04にどのような特徴があるのか、本項では3つの良い点を解説します。

  • 高速通信が可能
  • 通信パフォーマンスを設定可能
  • 契約終了後もSIMフリーで利用できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【良い点その1】下り最大758Mbps・上り最大30Mbpsの高速通信が可能

■Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT W04では、下り最大758Mbps・上り最大30Mbpsという高速通信が可能です。
(下りはハイスピードプラスエリアモードという有料プランに入る必要あり。通常時の最大は440Mbps)

758Mbpsという速度は、後継機のSpeed Wi-Fi NEXT W05と同じです。
継機だから速くなっているというわけではありませんのでご注意ください。

ちなみにW05の後継機のSpeed Wi-Fi NEXT W06は下り最大1.2Gbpsと、さらなる高速化が実現されていますが、日常で使うだけならSpeed Wi-Fi NEXT W04でも問題ありません。

高速通信を使って、インターネットや動画視聴をサクサク楽しみたい方にはうってつけの機種と言えるでしょう。

【良い点その2】通信パフォーマンスを3段階から設定可能

Speed Wi-Fi NEXT W04は、通信パフォーマンスを3段階から設定できます。

  • ハイパフォーマンス
  • デフォルト
  • バッテリーセーブ

の3種類です。

より強い電波を受信して、快適に動画などを視聴したい場合はハイパフォーマンス、外出先でメールやLINEなどを長時間楽しみたい場合はバッテリーセーブなど、いろいろな用途で使えます。

せっかく購入したポケットWiFiでも、思うようにネットにつながらなかったり、すぐに電池が切れてしまったりすると意味がないですよね。

3段階で調整ができるSpeed Wi-Fi NEXT W04なら、用途に合わせた使い方ができます。

【良い点その3】SIMフリーなので、契約終了後も格安SIMで安く利用できる

■イメージ

Speed Wi-Fi NEXT W04はSIMフリー機種なので、契約終了後もSIMを差し替えれば利用できます。
ポケットWiFi業者のSIMだけでなく、他社の格安SIMも使えるので、月額数百円からポケットWiFiを利用可能です。

中古品を購入した場合でも自分の好きな通信会社を選べるので、使い勝手に優れています。

Speed Wi-Fi NEXT W04の2つの悪い点とは

Speed Wi-Fi NEXT W04は高速通信ができて使いやすいポケットWiFiですが、デメリットも少なからず存在します。

そこで本項では、Speed Wi-Fi NEXT W04の悪い点を2つ紹介します。

  • バッテリー容量が少ない
  • 操作性がいい分、重量が少し重くなっている

悪い箇所もしっかりと把握したうえで、利用を検討しましょう。

【悪い点その1】バッテリー容量が少ない

Speed Wi-Fi NEXT W04は過去の機種に比べて、バッテリーの容量が少ないです。

前機種のW03だと連続通信時間が10時間だったのですが、Speed Wi-Fi NEXT W04は9時間に減少しています。
長時間の利用が前提の方からすると、不便に感じるかもしれません。
ただしバッテリーセーブ機能を使えば、通信パフォーマンスは少し落ちるものの、長時間利用できるようになります。

バッテリーが少なくなってしまったのはデメリットなので、バッテリーセーブ機能やモバイルバッテリーとの併用で回避しましょう。

【悪い点その2】重量が少し重い

Speed Wi-Fi NEXT W04は他の機種に比べても、重量が少し重くなっています。

W03 W04 W05 W06
約127g 約140g 約131g 約125g

他の機種よりも重い理由は、スマートフォン型と呼ばれる形状だからです。
Speed Wi-Fi NEXT W04は縦長でスマートフォンに近い形をしており、他の機種よりも少し大きめに作られています。

軽量で持ち運びがしやすい機種がいいなら、W06などの最新機種を使ったほうがよいでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT W04は今も使える?後継機との比較

2017年に登場したSpeed Wi-Fi NEXT W04が、今後も使えるのかを後継機との比較を用いて紹介します。

結論から言うと、料金などのコストパフォーマンスを考えるとまだまだ利用価値は高いです。

以下はSpeed Wi-Fi NEXT W04の後継機種であるW05・W06との比較表です。

W04 W05 W06
発売日 2017年2月 2018年1月 2018年1月
速度 下り最大758Mbps
上り最大30Mbps
下り最大758Mbps
上り最大75Mbps
下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
サイズ 横:約53 mm
縦:約130 mm
厚さ:約14.2 mm
横:約130 mm
縦:約55 mm
厚さ:約12.6 mm
横:約128 mm
縦:約64 mm
厚さ:約11.9 mm
重量 約140g 約131g 約125g
最大通信時間
(デフォルトモード)
約540分 約540分 約540分
最大接続数 10台 10台 16台

2019年の最新機種であるW06に比べるとスペック面で劣りますが、W05と比べても性能は変わりません。

W05も高速通信機種として人気な商品なので、似たようなスペックをしているSpeed Wi-Fi NEXT W04も問題なく利用できると考えられます。

また最新機種が出ると、古い製品は安くなるので、本体だけなら数千円で購入できるでしょう。
ただし数年前の機種ということでバッテリーが弱っている可能性があるので、モバイルバッテリーなどと併用する必要があります。

機能面を重視するなら最新のW06がオススメですが、値段重視で考えるならSpeed Wi-Fi NEXT W04でも利用価値は高いです。

まとめ:Speed Wi-Fi NEXT W04は後継機がでた今でも使いやすい

Speed Wi-Fi NEXT W04はW05・W06と後継機が出ている中でも、まだまだ現役で使いやすい機種です。

通信能力は最大758Mbpsと遜色が無く、長く使えるスペック性能を誇っていますし、型落ち機種なので料金も安く手に入ります。
ただし古い機種な分、バッテリーが消耗している可能性が高いので、バッテリー交換やモバイルバッテリーの併用が必要です。

スペックや料金面を考え、最もコストパフォーマンスの良い機種でインターネットを楽しみましょう!

The following two tabs change content below.
ワカジツ

ワカジツ

関西在住のフリーライター。商社で5年間勤務した後、Webライターへ転身。ガジェットレビューなど幅広い記事を執筆。