Speed Wi-Fi HOME L01/L01sの特徴

光回線をひかなくても自宅で高速インターネットが楽しめる「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」

モバイルwifiルーターは購入してすぐにネット接続が可能であることから、新生活開始に欠かせないツールのひとつにでもあります。
そのモバイルwifiルーターの中で、自宅回線用として絶大な人気を誇るのが今回ご紹介するwimax系の「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」です。

この「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」はシンプルなデザイン性もさることながら、「工事不要の高速自宅インターネット回線」という宣伝文句を持つかなりハイスペックなwifiルーターです。

現行モデルとしては2017年2月に発売された「Speed Wi-Fi HOME L01」と2018年1月にマイナーチェンジ(?)された「Speed Wi-Fi HOME L01s」との2種類ありますが、スペックにほとんど違いはありません。(どこが違うかについては後述します)

今回は2種類の機種をひとまとめにして、「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」両方の特徴や優れているポイント、そして幅広い用途について解説いたします。

「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」のメリット・デメリットは?

「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」の優れているポイントは何といってもその手軽さでしょう。

自宅に高速インターネット回線を引くとしたら、フレッツ光などに代表される光回線が選択肢の一つになると思います。
ただ、光回線の場合は工事が必要であること、そして申し込みから開通までに時間がかかることが大きなデメリットです。
また既にインターネット設備が導入されているマンションならまだしも、一軒家の場合は比較的大掛かりな工事が必要となるケースもあります。

一方、「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」の場合はwimax2+の電波を利用するということもあり、契約してすぐに利用可能という手軽さが売り。

特に工事なども必要なく、最低限の設定を行うだけで自宅高速インターネット環境を実現することができるのです。
従って、「引っ越してすぐにインターネット回線を利用したい」と考える方にとって非常にありがたい機種となりますね。

その他の優れているポイントを以下簡単に記します。

下り最大440Mbpsの高速通信

光回線に劣らない下り最大440Mbpsの高速通信が可能です。
「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」は他のwimax系モバイルwi-fiルーターと同様に4x4MIMO CA通信に対応しているため、エリア内であれば非常に高いパフォーマンスを発揮します。

高いデザイン性

「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」のラウンドフォルムはIT機器とは思えない程洗練されており、インテリアに馴染みやすいと思います。
市販の無線LANルーターなどはどれも黒の武骨なデザインが多いため見えないところに隠して置きたいですが、これはむしろ目立つところに置きたいと考えてしまいます。

無線LANルーターとしても利用可能でwifiカバーエリアが広い

光回線の場合、家中を無線LAN環境にしようと思った場合宅内にはONU(光終端装置)の他に無線LANルーターが必要となります。どちらも小さな弁当箱程度の大きさとなり、置き場所に苦心します。

しかし「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」の場合は無線LANルーター機能も備わっているためこれ1台でOK。手間もスペースも削減できます。

またwimaxルーターのなかでは出力が大きい方であるため、広範囲に電波が届くのもメリットのひとつ。
設置場所から離れた部屋でもwi-fi電波を拾うことができます。

最大接続台数42台

「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」1台で端末を42台まで接続可能です。
これはwimax系ルーターとしては最も多い台数。

最近は白物家電でもwifi機能を持ち外出先からコントロールできるものが増えてきていますので、そういった無線LAN対応機器をすべてこちらにつなげておくと生活が捗ります。

またLANポートもあるので、デスクトップPCを有線LAN接続するという使い方も可能です。

逆に「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」のデメリットはどういうところにあるでしょうか。利用に際し想定されるデメリットをいくつかピックアップしてみました。

持ち運びできない

※イメージ(コンセントプラグは同機種のものと異なります)

この「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」はコンセントから電源を供給して使用するタイプです。
移動中や出張先などに持ち運んで使用することは想定していません。
外出が多い場合はさらにもう一つモバイルwi-fiルーターが必要となるでしょう。

上り速度が遅い

「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」は下り速度こそ最大440Mbpsですが上りは30Mbpsとやや遅い部類になります。

回線の場合は上下の速度パフォーマンスに変わりはないため、上り速度重視の方にとってやや不満が残るスペックとなるでしょう。

「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」は飲食店やコワーキングスペースなど法人向けとしても使用可能

このようにさまざまな特徴を持つ「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」ですが、自宅用回線としてはややオーバースペックな感も無きにしもあらずといったところ。
最大接続台数の一般ユースでここまで多く接続するシーンが浮かびませんし、wifiカバーエリアも日本の狭い家にはここまでのスペックが必要なのか疑問を感じます。

ただし、法人ユースなどのシーンを想定するとこれ以上素晴らしい端末は無いということが分かります。

例えば飲食店やコワーキングスペースのように、不特定多数の利用が想定されるスペース。

今やカフェなどは無料でネットが利用できるか否かが集客の大きな要素を占めています。そこで「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」を店頭に置き、「お客様向け無料ネット回線」とすることでサービス向上と集客力アップが図れます。

この「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」にはゲストSSID機能というのが実装されています。
ゲストSSIDとは来客などの一時利用を想定し、同じ端末に接続された他の機器や「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」の設定機能などへのアクセスを制限するというもの。セキュリティを保ちつつ不特定多数が利用する環境に最適です。

同様に以下のような方も「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」の導入によるメリットを享受できるでしょう。

  1. 光回線を引かずにアパート全体をインターネット対応にして入居者を増やしたい不動産オーナー
  2. シェアハウスやコワーキングスペースなど多くの利用者が想定されるコミュニティスペースのオーナー
  3. 3期間限定で出店する店舗のオーナー

仮にwimaxのサービスエリア内に位置している方で、上記に当てはまる場合は「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」のメリットを最大限享受できるでしょう。

旧機種「Speed Wi-Fi HOME L01」と新機種「Speed Wi-Fi HOME L01s」との違い

さて、ここで旧機種「Speed Wi-Fi HOME L01」と新機種「Speed Wi-Fi HOME L01s」との違いについて解説しましょう。
冒頭でこの2機種にほとんど違いは無いと述べましたが、実際スペックはほぼ同等であり違いは以下4か所しかありません。

Speed Wi-Fi HOME L01 Speed Wi-Fi HOME L01s
重量 493g 450g
SIMカードサイズ Micro SIM Nano SIM
対応OS v10.5/v10.6/v10.7/
v10.8/v10.9/v10.10/
v10.11/v10.12
※windowsOSの対応は同じ
v10.6/v10.7/v10.8/
v10.9/v10.10/v10.11/
v10.12/v10.13
※windowsOSの対応は同じ
デザイン 全面白 背面の一部がグレー

このようにわずかな違いしかなく、新旧と分けるのも躊躇してしまうような感じです。
対応OSも今後のファームウェアアップデートで修正対応すると思われるため、ますます差が無くなります。

結論として、どちらの機種を選んでも一緒と言えるでしょう。

「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」で加入できる料金プランは2種類

最後に「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」の契約に関して、wimaxプロバイダ大手GMOとくとくBBを例に挙げてご説明しておきます。

参考:GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBBの場合、「Speed Wi-Fi HOME L01s」が現在ラインナップに加わっています。

契約プランは「ギガ放題プラン(月間データ容量の上限なし)」と「通常プラン(月間データ容量が7GB)」の2種類。
ユーザーの利用状況に応じて月ごとにプラン変更も可能です。

回線工事なども不要であるため、光回線と比較すると大幅な通信コスト削減が期待できます。参考までにNTTフレッツ光ファミリータイプとの料金比較をしてみました。

Speed Wi-Fi HOME L01/L01s フレッツ光
加入プラン ギガ放題プラン(2年) 光ネクスト ギガファミリー(2年)
初期費用(契約手数料) 3,000円 800円
工事費 0円 18,000円
端末代 0円 HGWは月額に込み
月額料金 1~2か月目 3,609円
3か月目以降 4,263円
5,100円

GMOとくとくBBで「Speed Wi-Fi HOME L01s」を契約したほうが圧倒的に安く済むということが分かります。
他のwimaxプロバイダでも取り扱いがありますので、契約の際は比較検討してみるとよいでしょう。

まとめ

「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」は自宅での利用を想定したwimax系wi-fiルーターであり、非常にコストパフォーマンスが高い機種であるといえます。
また自宅利用だけでなく来客の多い施設などでの利用にも適しています。

持ち運びできないなどの不便な点はありますが、固定回線としての手軽さや安さといった魅力があるため、光回線の代替手段として非常に優れていると断言できます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。