Pocket WiFi 603HWの特徴

史上最速下り最大612Mbpsの高速通信を実現した603HW

2017年2月に発売開始されたモバイルwifiルーター「Pocket WiFi 603HW」。
史上最速612Mbpsの速度を誇り、そのシンプルで持ち運びしやすいデザイン性を相まって瞬く間に人気機種となりました。

発売当時はwimaxの速度をもしのぐ高速モバイルルーターとして脚光を浴び、特に大容量データのやり取りを頻繁に行うビジネスユーザーからの問い合わせが多かったようです。

なお、現在ではwimaxがさらに上回る速度を実現しています。
しかし、未だにハイスペック端末であることは間違いありません。

発売開始から1年以上経過した現在でも「実用的かつ高性能」なモバイルwifiルーターであり、新規で契約するユーザーは多いようです。

この端末を製造しているのは格安スマホ市場で躍進するHuawei社
端末型番の603HWですが、末尾のHWはHuaweiを意味しています。

スマートフォンや基地局インフラなどモバイル通信技術で世界をリードするHuawei社が手掛けたモバイルwifiルーターが一体どのような性能を誇り、どれくらいの料金で利用できるのか、今回はこの「Pocket WiFi 603HW」の特徴について解説いたします。

モバイルwifiルーターの中でもかなりのハイスペック

■ヤフーwifi公式サイト

「Pocket WiFi 603HW」の特徴は何といっても通信クオリティの高さ

通信速度、通信可能エリア、そして対応周波数の多さなど、モバイルデータ通信に必要不可欠な要素をハイレベルで実現しています。

それぞれのスペックについて詳しく見ていきましょう。

下り最大612Mbpsの高速通信

「4×4 MIMO」と呼ばれる送信用と受信用にアンテナを4本使用し複数のデータを同時通信できる技術の採用により、他のルーターよりも高速で通信することが可能となっています。

MIMOとはMulti-Input Multi-Output(マルチインプット マルチアウトプット)の略。
つまり複数のアンテナ同士でデータをやり取りする技術のことです。

「Pocket WiFi 603HW」の場合、本体内に4本のアンテナを装備しているため、「4×4MINO」となるのです。

通信可能エリアの広さ

Y!mobileは大手キャリアソフトバンクの通信インフラを利用しているため、通信可能エリアはソフトバンクと同一です。
ソフトバンクは人口カバー率98%を超えるエリアカバーを誇っているため、日本全国どこでも利用可能と言っても過言ではありません。

対応周波数の多さ

1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz・900MHzといった現在データ通信で利用されている周波数はもちろんのこと、今後LTE化される1.5GHz帯、及び3.5GHZ帯といった周波数にも対応しています。

周波数についての説明は難しくなるのでここでは省略いたしますが、簡単に説明すると900MHzは「プラチナバンド」と言われるつながりやすさ重視の周波数帯、2.1GHzは広い範囲をサポートする特徴があります。

複数の周波数を利用できるということは、それだけつながりやすく高速で通信ができるということになります。

Pocket WiFi 603HWのメインターゲットはビジネスユース

これらのスペックを見てみると、この「Pocket WiFi 603HW」はビジネスユースを強く想定していることが伺えます。
日本国内どこにいても高速通信ができるというスペックは、出張で各地を飛び回るビジネスマンにピッタリ。

フリーwifiはセキュリティの面で不安があるためビジネス利用はおすすめできません。
従って、「Pocket WiFi 603HW」のようなハイスペック&ワイドエリアなモバイルwifiルーターが必要となってくるのです。

もちろん、プライベートユースでも「Pocket WiFi 603HW」を利用するユーザーもいるでしょう。
スマートフォンやゲーム機と組み合わせて、全国を旅しながら各地で通信対戦をするといった使い方もできますね。

購入できるのは現在のところヤフーwifiとY!mobileだけ

さて、この「Pocket WiFi 603HW」は現在ヤフーwifiとY!mobileの独占販売となっています。

>>ヤフーwifi公式サイト

他のキャリア及びMVNOでの販売はありません。

Amazonなどの通販サイト、及び量販店店頭でも単体購入はできません。
つまり、ヤフーwifiかY!mobileのデータ通信プランとセットで購入するしか入手方法は無いということです。

ソフトバンクの601HWとは何が違うの?

■Pocket WiFi 601HW

ところで、Y!mobileと同じグループであるソフトバンクでは、「Pocket WiFi 601HW」という機種を扱っています。

型番が古いため603HWの旧モデルかと思ってみたのですが、色も形もそっくりであり、スペックまでまったく同じです。
発売日こそ微妙に異なりますが、サイト内の説明文もまったく同じなのです。

推測ですが、ソフトバンクの「Pocket WiFi 601HW」とY!mobileの「Pocket WiFi 603HW」は同一機種ではないかと思われます。

従って、現在ソフトバンクのスマートフォンを利用しているユーザーであれば、家族割などを使えば「Pocket WiFi 601HW」の方を安く利用できるかもしれません。

利用可能な料金プランは1種類

「Pocket WiFi 603HW」を契約するなら、今のところ1つしか選択肢はありません。なお端末代は別途発生します。

Pocket WiFiプラン2

月間利用データ量が7GB、月額5,696円のプランです。
3年縛りのプランにすると、料金が割引され3,696円とかなりリーズナブル。ただし、3日間で約10GB以上使用すると通信速度を制限されます。
なお、月額684円のオプションで「アドバンスモード」にすると7GBを超えても速度制限がかかりません。

アドバンスエリア内では無制限でポケットwifiを使う事が可能です。

他機種とのスペック比較

最後に、「Pocket WiFi 603HW」をライバル機種と比較してみましょう。比較対象としたのは、同じY!mobileで発売されているカジュアルルーター「Pocket WiFi 601ZT」とハイスペック旧モデル「Pocket WiFi 504HW」です。

【スペック比較】

  Pocket WiFi 603HW Pocket WiFi 504HW Pocket WiFi 601ZT
サイズ 約109.9mm×65.1mm×15.5mm 約106mm×64mm×17.9mm 約71mm×71mm×14.2mm
ディスプレイ 2.4インチカラー 2.4インチ無色 1.2インチ単色
重さ 約135g 約157g 約128g
バッテリー容量 2,400mAh 3,000mAh 2,000mAh
接続可能台数 最大14台 最大10台 最大10台
通信速度 [FDD-LTE]下り最大350Mbps / 上り最大37.5Mbps
[AXGP+TDD-LTE]下り最大612Mbps / 上り最大13Mbps
[FDD-LTE]下り最大187.5Mbps / 上り最大37.5Mbps
[AXGP]下り最大261Mbps / 上り最大10Mbps
[FDD-LTE]下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbps
[AXGP]下り最大110Mbps/上り最大10Mbps
※無線LAN接続時は下り最大67Mbps程度
カラーバリエーション ブラック/ホワイト レッド ホワイト/ブルー/ピンク

表の通り、通信速度で見ると「Pocket WiFi 603HW」の圧勝です。

下りはもちろん、上りでも他の2機種に比べてアドバンテージがありますね。最大接続台数も14台と、より多くの端末を接続することができるため便利です。

ただ、バッテリーの持ちは旧機種のPocket WiFi 504HWの方が良いようです。長時間の利用が想定される場合には注意したほうが良いでしょう。

持ち運びという点ではPocket WiFi 601ZTが最も優れています。
やはり小さくて軽いというのは大きな武器です。

このように、3者3様の特徴があり、ユーザーの利用シーンに合わせて最適なモバイルwifiルーターを選ぶのが賢明と言えます。

まとめ

「Pocket WiFi 603HW」は他に類を見ないハイスペックwifiルーターです。エリアの広さや通信クオリティも申し分ありません。

スペックや通信クオリティにこだわるユーザーにとっては現行機種の中ではベストバイと言えるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。