■Pocket WiFi 504HW

Pocket WiFi 504HWは、2016年3月17日にY!mobileから発売された機種です。
当時はY!mobileで最もハイスペックな機種ということもあり注目を集めていました。

人気機種だったので、2019年になった今でも使えるのかどうか知りたい方も多いのではないでしょうか?
結論から言うと、Pocket WiFi 504HWは2019年現在では使い勝手が悪く、現行機種を購入したほうが無難です。

なぜそう言えるのか、本記事ではそのスペックと、現行機種に劣る点を紹介します。

いまオススメのポケットWiFiについても紹介しているので、今後ポケットWiFiを利用したい方はぜひ参考にしてみてください。

Pocket WiFi 504HWのスペックを30秒でチェック!

Pocket WiFi 504HWの主要なスペックは、以下の通りです。

発売日 2016年3月
通信速度 下り最大261Mbps
上り最大37.5Mbps
サイズ 横:約106mm
縦:約64mm
厚さ:約17.9mm
重量 約157g
最大通信時間
約9時間
最大同時接続数 10台

下り速度が発売当時のトップクラスである261Mbpsを記録していましたが、後継機種が続々と登場している今となってはそこまで速くありません。

またバッテリー容量を大きくした分、ポケットWiFiの中ではかなり重いです。
実際に使っているとずっしりとした印象を持つでしょう。

Pocket WiFi 504HWは使えない?現行機種に劣る3つのポイント

Pocket WiFi 504HWは当時のハイスペック機種ですが、現行機種と比べるとどうしても劣る点が出てしまいます。

通信速度が遅い

Pocket WiFi 504HWは下り最大速度261Mbps ・上り最大37.5Mbpsというスペックですが、この数値は今となっては遅い部類です。
ポケットWiFiで最も重要だと言えるスピードが劣るのは良くないですよね。

同じY!mobile端末の最新機種であるPocket WiFi 801HWだと下り最大972Mbps、wimax端末のSpeed Wi-Fi NEXT W06下り最大1.2Gbpsとなり、Pocket WiFi 504HWの3倍以上の数値差です。

■Pocket WiFi 801HW

速度面から見ると、Pocket WiFi 504HWはかなり劣っていると言えるでしょう。

サイズが大きく、重量が重い

Pocket WiFi 504HWはサイズが大きく、その分重量が157gと重くなっています。

最新機種の801Wは約145g、W06は125gと非常に軽いです。
たかが10~20gと感じるかもしれませんが、実際に使ってみると、体感の重量は大きく変わります。

ちなみに重量が重い理由の1つに「バッテリー容量」があげられるのですが、連続使用時間は最新機種とほとんど変わりません。
利用時間に違いが無いなら、わざわざ重たい商品を買う必要がありませんよね。

よってサイズが大きいのはデメリットと言えるでしょう。

生産中止により、中古で買うしかない

■Pocket WiFi 504HW

Pocket WiFi 504HWは発売されてから期間が経っており、すでに生産が終了しています。
よって504HWを手に入れるには、中古品を買うしかありません。

中古品は機種を安くで購入できるというメリットがありますが、バッテリーの消耗やキズなどが目立つ恐れがあります。結局メンテナンスでさらにお金がかかるという可能性も多いです。

また、ポケットWiFiは最新機種であっても、3年契約を条件に本体料金を完全無料にしている業者はたくさんいます。
長期的に利用したいのであれば、中古品を買うよりも最新機種を買ったほうが安いのです。

よって中古品しか買えないPocket WiFi 504HWは、最新機種に比べて劣っていると考えていいでしょう。

Pocket WiFi 504HWよりもオススメなのは、wimaxのW06!

Pocket WiFi 504HWはスペック面を考えてもいま買うには適していません。
これからポケットWiFiを使っていきたいなら、wimax端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W06をオススメします。

■Speed Wi-Fi W06

W06は現行機種で最もハイスペックであり、使い勝手のよいポケットWiFiです。

発売日 2019年1月
通信速度 下り最大1.2Gbps
上り最大75Mbps
サイズ 横:約128 mm
縦:約64 mm
厚さ:約11.9 mm
重量 約157g
最大通信時間
約9時間
最大同時接続数 16台

Pocket WiFi 504HWと比べてもかなりのハイスペックです。

契約するプロパイダによっては、3年契約を利用すれば本体料金が完全無料になります。
wimaxはキャッシュバックも充実しており、例えばGMOとくとくBBというプロパイダを利用すると、30,000円のキャッシュバックを受け取れます。(2019年6月現在)

使い勝手もよく、キャッシュバックによってより安く利用できるSpeed Wi-Fi W06をぜひ検討してみてください。

The following two tabs change content below.
ワカジツ

ワカジツ

関西在住のフリーライター。商社で5年間勤務した後、Webライターへ転身。ガジェットレビューなど幅広い記事を執筆。