■Aterm MR05LN

いろいろなプロパイダのSIMカードが利用できる、SIMフリーのポケットWiFi。
2016年に発売されたAterm MR05LNも、SIMフリーで人気機種の1つなので、情報を調べているという方も多いのではないでしょうか?

本記事では、Aterm MR05LNのスペックや特徴を詳しく紹介します。

Aterm MR05LNのスペックや3つの特徴を紹介

こちらでは、Aterm MR05LNのスペックと3つの特徴について紹介します。

発売元 NECプラットフォームズ株式会社
発売日 2016年9月1日
値段 約25,000円
通信速度 下り最大337.5Mbps
上り最大50Mbps
サイズ 横:約63mm
縦:約115mm
厚さ:約11mm
重量 約115g
最大通信時間 約14時間(WiFi時)
約30時間(Bluetooth時)
最大同時接続数 10台

3年前に発売された機種ですが、いまだに取り扱っている格安SIM業者は多く、人気を集めています。

そんなAterm MR05LNの特徴をまとめました。

【Aterm MR05LNの特徴1】バッテリー持ちが良い

Aterm MR05LNは、バッテリー持ちが非常に良く作られています。

WiFi接続時で14時間と、半日以上続けて利用可能です。
速度は落ちてしまいますが、Bluetooth接続であれば30時間も利用できるので、充電ができないような状況でも長く利用できます。

長期間の電車移動や、見知らぬ旅行先などでは、充電ができないケースも多いです。
そんなときに長持ちするポケットWiFiを持っていると安心ですよね。

バッテリー持ちが優れている点は、Aterm MR05LNのメリットと言えます。

【Aterm MR05LNの特徴2】デュアルSIMで切り替えが可能

Aterm MR05LNは、デュアルSIM機能を搭載しています。
つまりSIMカードを2枚差し込んで、使い方に応じて変更が可能です。

変更も設定画面から10秒ほどでできるので、手間取るということもありません。

  • プライベート用と仕事用でカードを分ける
  • プリペイドSIMを入れてデータ容量を追加する
  • 場所に応じてつながりやすい回線に変える

など、自分にあったカスタマイズができます。

うまく使えば利便性を一気にあげられるデュアルSIMは、Aterm MR05LNの大きな特徴です。

【Aterm MR05LNの特徴3】クレードルを使えば有線接続も可能

■Aterm MR05LN クレードル

Aterm MR05LNには専用のクレードルが用意されており、そこに有線LANを差し込めばルーターとして活躍します。

光回線(1Gbps)に対応しているため、自宅にある回線を接続して、無線でパソコンやスマートフォンに飛ばすことが可能です。

光回線を使えば通信制限にかかることもないため、自宅では光回線、外ではSIMカードと使い分けることで、いっそう利便性があがります。

Aterm MR05LNを購入するなら、BIGLOBEやLINEモバイルがおすすめ

Aterm MR05LNを購入するなら、BIGLOBEやLINEモバイルなどの格安SIM業者がおすすめです。

Aterm MR05LNで利用できるSIMカードを一緒に契約できるだけでなく、分割払いで端末を購入できるので、月々の負担がぐっと下がります。

たとえばLINEモバイルだと、以下のような料金イメージです。

端末代 1,080円(24回払い)
SIMカード・5GB分
(コミュニケーションフリープラン)
1,640円
合計 2,720円

※税別

5GBも使えるプランで3,000円を切ると考えると、非常に安いですよね。

端末を一括で買うと2万5,000円の請求が一気にきてしまうので、格安SIMを契約しつつ分割で購入する方法を検討してみてください。

参考:無制限の格安SIM会社でポケットWiFiを使うならココがおすすめ

The following two tabs change content below.
ワカジツ

ワカジツ

関西在住のフリーライター。商社で5年間勤務した後、Webライターへ転身。ガジェットレビューなど幅広い記事を執筆。