光回線

【so-net光プラスの評判】速度からキャンペーンまで徹底解説

光回線ユーザーの中で「料金の安さが反則級」と評判のso-net光プラス。

光コラボレーションの中でもその安さは際立っており、多くのユーザーを取り込んでいます。
そこで今回はso-net光プラスの評判や速度についてご紹介。
あわせて、キャンペーン情報や他社料金比較などについて解説します。

so-net光プラスのおススメポイントは?

so-net光プラスは通信コストを抑えたいユーザーにはとてもおすすめできる光回線サービスです。
料金プランはマンションタイプで月額2,080円から。

しかも工事費も込みでこの料金であるため、他社と比較した際の安さが目を惹きます。

光回線を使いたいユーザーにとって、通信コストの安さは重要ポイント。
自宅に無線回線しかなく通信クオリティに満足できないユーザーや、在宅勤務等で利用する方なら、料金の安さが魅力のso-net光プラスは選択肢の一つとして有力です。

参考在宅勤務のwifi

so-net光プラスのおすすめポイントは以下の通り。

1、圧倒的なコストパフォーマンス

光回線であるにもかかわらずマンションタイプで月額料金2,080円から利用できるサービスは他に見当たりません。
この安さこそがso-net光プラスの最大のメリットです。

2、IPv6対応

高速データ通信を実現するIPv6に対応しています。
あわせて、IPv6対応の無線LANルーターも無料レンタルできるキャンペーンも行っているため、初期費用がほとんどかかりません。

3、IT大手企業のサービス

so-net光プラスを提供しているのはソニーグループのソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社です。
1990年代から通信業界に参入しており、長年の実績を誇る大手のサービスであるため安心して契約することができます。

4、auスマートバリュー対象

携帯電話をauで契約しているユーザーにメリットがあるauスマートバリューの対象サービスです。
so-net光プラス契約者はauのパケット定額サービスが500円~1,000円/月割引となるため、通信コストを大きく削減できます。

so-net光プラスの評判は実際どうなのか徹底リサーチ

so-net光プラスは利用しているユーザーの評判もかなり高いです。

このように、so-net光プラスはその安さ、速度に対する評判が良く、満足度もかなり高いようです。
ただし、その一方でこのようなネガティブな評判も散見されます。

so-net光プラスのサポート体制に対する不満の評判がかなりあります。
また、工事が進まない、申し込みが正常に受け付けられない等、事務作業関連について悪い評判があります。

SNSの評判を総合すると、料金や速度は及第点をクリアしているものの、運営サイドのサービスレベルに不満があるといったところでしょうか。

so-net光プラスとはどのようなサービスなのか

ここで、so-net光プラスのサービス内容について簡単にご説明します。

so-net光プラス

so-net光プラス公式サイト

so-net光プラスは光コラボレーションになります。

光コラボレーションとはNTTのフレッツ光回線網を借り上げて提供するサービスで、物理的な光ファイバーはフレッツ光と同一のものです。
1本の光ファイバーを複数サービスでシェアする、いわゆる”複数社相乗り”型の光回線になります。

光コラボレーションサービス全体に言えることですが、同時利用するユーザー数が増えれば増えるほど回線は混雑しパフォーマンスが低下します。

とはいえ、こういったネガティブな面をカバーする「価格の安さ」や「付加サービスの充実」が一番の魅力です。
特に価格面はフレッツ光よりも安いことが多く、通信コスト削減には大きな効果を発揮します。

so-net光プラスに向いているのはどんな人か?

so-net光プラスに加入することで幸せになれるのは以下のようなユーザーの方です。

  1. 不安定な無線から安定して通信できる固定光回線に乗り換えたい
  2.  毎月の通信コスト削減したい
  3. auの携帯電話を契約している
  4. 回線の通信速度よりも安定性重視

これらの条件にひとつでも当てはまれば、so-net光プラスはベストな選択になりうることでしょう。
なお、速度を中心に考えるのなら、ダークファイバーを使った光回線を検討するのがおすすめです。

参考ダークファイバー

so-net光プラスとドコモ光を徹底比較

最後に、so-net光プラスと同じ光コラボレーションであるドコモ光と料金比較を行ってみましょう。

戸建て向け、マンション向け両方で新規導入した場合のプロバイダ料まで含めた金額で比較しています。
※ドコモ光はGMOとくとくBBで申し込みを行った場合の料金です

◆戸建て向け(新規申し込みの場合)

So-net光プラスドコモ光
プラン名戸建てプラン1ギガ タイプA
初期費用3,000円3,000円
工事費 24,000円18,000円
月額費用5,580円5,200円
契約縛り3年間2年間
解約違約金20,000円13,000円
キャンペーン
(2020年7月時点)
月額割引工事費無料
20,000円キャッシュバック
5000ポイント(dポイント)
キャンペーン反映後の実質月額1~24か月目 3,076円
25~36か月目 5,580円
4,283円
3年間のトータルコスト143,784円157,188円

◆マンション向け(新規申し込みの場合)

So-net光プラスドコモ光
プラン名マンションプラン1ギガ タイプA
初期費用3,000円3,000円
工事費 24,000円15,000円
月額費用4,480円4,000円
契約縛り3年間2年間
解約違約金20,000円8,000円
キャンペーン
(2020年7月時点)
月額割引工事費無料
20,000円キャッシュバック
5000ポイント(dポイント)
キャンペーン反映後の実質月額1~24か月目 2,080円
25~36か月目 4,480円
3,083円
3年間のトータルコスト106,680円113,988円

戸建タイプ及びマンションタイプ共にso-net光プラスの安さが目立ちます。
特にマンションタイプの月額2,080円という料金設定は驚きです。

注意が必要なのは、3年間という契約の縛りがある中で割引になるのは2年間だけということ。
残りの1年間はドコモ光よりも料金が割高になります。

また、so-net光プラスの契約を更新し4年目以降も利用する場合、割引が適用されません。
したがって、戸建てタイプは5,580円、マンションタイプは4,480円が毎月かかることになります。

これはかなり割高な料金となるため、so-net光プラスの契約は3年間限定、3年後には他のサービスに乗り換えることを前提にするべきです。

まとめ

so-net光プラスは料金の安さが最大の魅力。
キャンペーン適用によりかなりコストパフォーマンスが高い光回線サービスとなります。

しかし、3年の契約が終わった後には割高になるので乗り換えは必須と言えそうです。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-光回線

Copyright© ネット回線の学校 , 2020 All Rights Reserved.

テレワーク急増でポケットWiFi在庫不足が発生中
在庫チェック