光回線

povo(ポヴォ)に1番おすすめの光回線はココ!auひかりはNG?後悔しない全知識

シンタ
povoに乗り換えたいけど光回線のセット割はどうなるのかな?
povoは光回線のセット割の対象外。割引がなくてもシンプルに安い回線を選ぶのがコツよ
さとう

povoと併用する光回線選びで迷っている方が多いのではないでしょうか。
povoはauひかりのスマホセット割の対象外です。
auユーザーならセット割対象のauひかりを選べば最大1100円スマホ料金が安くなるのですがpovoは割引になりません。
今回はpovoに最適な光回線を選ぶ方法、月額料金の比較、更にはおすすめ光回線などを徹底解説します。

【povoに最適】シンプルに安い光回線を徹底比較!

povoに最適なのは月額料金がシンプルに安い光回線です。

【光回線の月額料金比較】

戸建て集合住宅契約年数
GMOとくとくBB光4928円3883円2年
NURO光(3年)5200円5200円3年
OCN光5610円3960円2年
NURO光(2年)5700円5700円2年
ドコモ光5720円4400円2年
auひかり5940円~4180円~戸建て:3年
集合住宅:2年
ソフトバンク光5720円4180円2年
ニフティ光5720円4378円2年
So-net光プラス6138円4928円3年

※月額は目安。全て工事費実質無料、又は無料。プロバイダ代も込み。

戸建て、集合住宅ともにGMOとくとくBB光が安くてpovoユーザーに最もおすすめです。


WiFiルーターも無料でレンタルしてくれるだけでなく、光回線の開通までの期間もWiFiルーターを貸してくれます。

シンタ
GMOとくとくBB光が一番おすすめなんだね
月額料金の安さが魅力よ。GMOとくとくBB光はセット割がないけどpovoのような対象外のスマホにはピッタリなの
さとう
シンタ
ほかに選択肢はないの?

それ以外から選ぶとしたら以下の通りになります。

戸建てではNURO光も安いです。
NURO光は、安いだけでなく通信速度が2Gbps(通常の光回線は1Gbps)と高速なので魅力的。ただし、集合住宅のお住まいの場合は相場より高めになります。
さらにOCN光も安いです。後述しますが、NURO光には対応エリアがあるので、戸建ての方でNURO光エリア外ならOCN光も検討しましょう。

集合住宅ではOCN光が安いです。NTTコミュニケーションズ運営なので信頼性の高さでも選ばれています。

povoと光回線のセット割のルールを知っておく!

povoに最適な光回線を比較する前提として最低限の基本情報をチェックしておきましょう。

基本料0円
データトッピング使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2700円
60GB(90日間):6490円
150GB(180日間):12980円
通話トッピング5分以内かけ放題:500円
通話し放題:1650円
コンテンツトッピングDAZN使い放題(7日間):760円
smash.使い放題(24時間):220円
各種割引スマートバリュー:対象外
家族割プラス:対象外(メンバーとしてカウント)
対応回線5G/4G
テザリング無料
各種割引なし
公式サイトpovo公式サイト

povoはpovo2.0が現在の正式名称。最低料金0円で契約でき、使いたいトッピングを足していく形式です。
「各種割引」の項目が重要です。

【auスマホの割引のルールの基本】

  1. スマートバリュー=対象光回線を契約するとスマホ料金が毎月最大1100円割引。家族にも適応されるため最大1100円×人数分
  2. 家族割プラス=家族3人以上がauスマホなら毎月1100円割引、2人以上なら毎月500円割引

povoとのauの割引との関係は以下の通りです。

【povoとau割引の関係】

  1. スマートバリュー=対象外
  2. 家族割プラス=povoユーザー自身は割引にならないが家族のメンバーとしてカウントされる

スマートバリュー、家族割プラスどちらも割引対象外。ただし家族割プラスのみメンバーとしてカウントされ他の家族の割引に貢献します。
家族割プラスのメンバーとしてカウントされる以外はメリットがなく、セット割を気にする必要はほぼ無いと言えます。

povoにはセット割がなくてもシンプルに月額料金が安い光回線が最適なのです。

povoにおすすめの光回線3選

povoに最適な光回線はケース別に3つに絞られます。ご自身に合ったものを選びましょう。

1、GMOとくとくBB光

【戸建て、集合住宅どちらpovoユーザーにも最適】

GMOとくとくBB光基本情報
月額料金戸建て:4928円
集合住宅:3960円
回線工事費月額に含まれている
プロバイダ料月額に含まれている
契約年数契約縛り実質なし

GMOとくとくBB光公式サイト

GMOとくとくBB光は月額のシンプルな安さで人気の光回線。戸建ては4928円、集合住宅は3960円と非常にリーズナブルです。

【povo+GMOとくとくBB光の試算】

戸建て集合住宅
povo(20GB)2700円
GMOとくとくBB光4928円3960円
通信費合計7628円6660円

povoのトッピングが20GBの場合の試算。トッピングを変えたら更に月額を安くできるでしょう。

さとう
3GBのトッピングなら30日990円だからもっと安くなるよ!
GMOとくとくBB光は安すぎて逆に心配。デメリットはないの?
シンタ
さとう
GMOとくとくBB光にはキャッシュバックがないの。キャッシュバックのある光回線は一見安く見えるけど注意が必要ね

キャッシュバックとは契約して一定期間が経ったらお金を返してくれるシステムのこと。光回線業界の商習慣としてキャッシュバックはよく行われますが注意が必要です。


例えば、3年契約で30000円のキャッシュバックだと毎月の割引は30000円÷36ヵ月で約833円です。この実質割引を適応することで月の実質料金が安くなりますが、3年契約を更新した後はこの実質割引はなくなり月額料金は高くなります。

さとう
キャッシュバックは一見安いけど、何年契約するかによってお得の度合いが変わるよ。キャッシュバックなしでも月額料金が安いGMOとくとくBB光のような光回線がシンプルで基本的におすすめね

例えば6年契約すると6年=72ヵ月でキャッシュバック額を割る事になるから実質値引き額は減ってしまうね。仮に30000円キャッシュバックなら72ヵ月で割ると416円/月の値引きか。ずいぶん減るね
シンタ
さとう
キャッシュバックはメリットもあるけど受け取り手続きが煩雑だし忘れる事もあるの。そもそもの基本料金が安いGMOとくとくBB光が一番おすすめ。何より煩雑な手続きなしに安いのがいいよね

GMOとくとくBB光公式サイト

ここから下はキャッシュバックのある光回線も紹介します。もちろんキャッシュバックも上手に活用すればお得になるケースもあります。

2、NURO光

【戸建ての方ならGMOとくとくBB光の次におすすめ】

NURO光は特に戸建てのpovoユーザーにおすすめ。最高速度は2Gbpsと通常の光回線の2倍です。速度を求める方にも最適。新規でも乗り換えでも申し込み可能。光電話やひかりテレビ等のオプションも充実しています。

NURO光基本情報
月額料金5200円
回線工事費無料
プロバイダ料月額に含まれている
契約年数3年

NURO光公式サイト

NURO光は戸建てとマンション共通で月額5200円。
45000円のキャッシュバックキャンペーンがあり、実質的な月額料金は更に安くなります。

高速で安いNURO光ですが、最大のネックは対応エリアの狭さです。対応エリア内なら非常におすすめの光回線です。

【北海道】 北海道
【関東】 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
【東海】 愛知、静岡、岐阜、三重
【関西】 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
【中国】 広島、岡山
【九州】 福岡、佐賀

対応エリア外なら次に紹介するビッグローブ光が安くておすすめです。

【povo+NURO光の試算】

戸建て、集合住宅共通
povo(20GB)2700円
NURO光5200円
通信費合計7900円

povo(20GB):2700円+NURO光:5200円で通信量は7900円。通信費全体で8000円を切るので優秀。
povoのトッピングを減らせば更に通信費は安くなります。

さとう
NURO光は高速でpovoユーザーにも最適だけど通信エリアが限られるのが欠点ね
エリア内で戸建てに住んでるなら検討の価値ありだよ。キャッシュバックもあるし、そもそもの月額料金も安くて高速だし
シンタ

3、OCN光

【集合住宅も戸建ても安い】

OCN光はNTTコミュニケーションズ運営で光回線の定番です。新規、乗り換えどちらでも申し込み可能。光電話やひかりテレビもあります。信頼性と安さで選ぶならココです。15年連続光回線の契約数ナンバーワンの大人気回線。

OCN光基本情報
月額料金戸建て:5610円
集合住宅:3960円
回線工事費無料
プロバイダ料月額に含まれている
契約年数2年

OCN光公式サイト

【povo+OCN光の試算】

戸建て集合住宅
povo(20GB)2700円
OCN光5610円3960円
通信費合計8310円6660円

povoのトッピングが20GBの場合の試算です。

さとう
月額料金もGMOとくとくBB光ほどではないけどそこそこ安いよ。信頼性でを選ぶならここね。
NTTが運営なら安心感もあるね
シンタ

au+光回線とpovo+光回線ではどっちがお得か?

光回線のセット割がない分、月額料金が安いpovo。セット割があるが割高なau。
どちらがお得でしょうか?auひかりを例に試算し、比較してみました。

【povo+auひかりとau+auひかりの比較】

povo+auひかりau+auひかり
スマホ月額
2700円使い放題MAX5G
7238円
auひかり月額戸建て:6270円
集合住宅:4730円
※プロバイダはGMO、集合住宅は「マンションギガ」で試算
スマホ料金割引
なし一人最大1100円
月額合計戸建て:8970円
集合住宅:7430円
戸建て:12408円
集合住宅:10868円

※povo2.0は0円、データ量0GBからですが最もベーシックな20GBトッピングで試算。
※au側はpovoと同じく20GB以上使える「使い放題MAX5G 」で試算。ご自身のプランを当てはめて計算してみてください。
※au側はスマホ割を一名分(1100円)だけ適応した試算です。

単純な合計ではpovo+auひかりの方が圧倒的に安いです。
au+auひかりの場合は一人だけのセット割適応ではpovo+auひかりに及びません。ただしauには家族割があります。
家族が2人なら550円、3人以上なら1100円割引になります。

さとう
auひかりはセット割を前提とした光回線と言えるの。セット割がないpovoでは割高ね
povoに変えだけでも十分に安いけど光回線の見直しもしたら更に安くなるんだね
シンタ
さとう
例えば、GMOとくとくBB光なら戸建て4928円、集合住宅3960円と格安でおすすめよ。povo(20GBトッピング)と光回線を合計しても戸建て:7628円、集合住宅:6660円まで安くなるよ
セット割の適応外ならauひかりに固執する理由はないね
シンタ

GMOとくとくBB光公式サイト

【徹底調査】povoの光回線に対する評判はどうなのか?

povoの光回線をどうするか?は様々な意見があります。代表的なものをとりあげました。

現在使っている光回線がスマホのセット割の対象であった場合、povoは割引から外れてしまいます。
スマートバリューで家族のスマホも割引になっていると、家族の割引までなくなるのですが、povoの安さが半端ないので乗り換えた方がお得になるケースが多いです。

povoと光回線併用の方です。スマホで使う分には20GB上限で十分、あとは家の光回線でまかなう方が多いです。

こちらはauのセット割や各種割引の恩恵を受けられている方。家族の多い方や様々な割引を賢く適応している方ならauからpovoへ乗り換える必要がないケースもあります。

povoと光回線に関するよくある質問集

povoにはauひかりなどの光回線セット割はある?

povoはauのスマートバリュー(光回線のセット割)の対象外です。
また家族割も対象外です。

auユーザーがpovoに乗り換えるとauひかりはどうなる?

auひかりのセット割がなくなります。auひかりの割引がなくなるためシンプルに安い光回線に乗り換えるのがおすすめです。

povoにおすすめの光回線はどれ?

povoには光回線のセット割がないため月額料金がシンプルに安い光回線がおすすめです。
セット割がある光回線は割引がない状態だと割高になるケースがほとんどなので乗り換えが最適です。
月額料金の安いGMOとくとくBB光、NURO光などがおすすめです。

povoへ乗り換えるとauスマートバリュー対象の光回線の料金は変わる?

povoへ乗り換えるとauひかり、ビッグローブ光、DTI光、So-net 光プラス、AsahiNet光などはスマートバリューが効かなくなり550円~1100円/月高くなります。

【結論】povoに最適な光回線まとめ

povoにはauスマホとは違いスマートバリューによる割引がありません。
すべての光回線の中から安い光回線を選ぶのが最善。おすすめの光回線は戸建てと集合住宅では異なります。

povoには戸建て、集合住宅ともに安いGMOとくとくBB光が最もおすすめ。
povoに最適な光回線と言えます。

それ以外から選ぶとしたら以下の通りです。

戸建てならNURO光が第一におすすめ。対応エリアが狭いですが安くて高速です。
NURO光がエリア外ならOCN光が安いです。

集合住宅ならOCN光がおすすめ。OCN光は安いだけでなく光回線契約数15年連続ナンバーワンの安心感も魅力です。

povoの上限ギガ数は限られているため動画など視聴するとすぐに制限にかかります。
外出先ではpovoのau回線、自宅では光回線と使い分ける事で快適なインターネット環境が構築できます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・水原裕一

ガジェット&光回線マニアで実際に契約して検証が信条。 光回線の他にWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。更にお得なSIM情報にも詳しい。 光回線・格安スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信する専門ライター。元ビジネス書出版社WEB担当。

-光回線

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校