光回線

光回線が引けない?工事できない場合にネット回線を利用する4つの方法

光回線が引けないと言われて途方に暮れる経験をした方は多いです。特に引越し先などで工事できないと快適なネット環境が整わないのではないか?と心配になります。

今回は光回線が引けない場合の解決策をおすすめ順に紹介。更に工事ができない具体的な理由を徹底解説します。

【結論】光回線が引けない場合の4つの解決方法

工事ができないなどの理由で光回線を引けないなら以下の4つを順番に検討してみましょう。

1、別の光回線を引く

光回線にはフレッツ光網を使ったものと独自回線の二つの種類があります。
独自回線の場合は、フレッツ光網(光コラボレーションと言います)の光回線を検討するのがおすすめです。

独自回線フレッツ光網
対応エリア狭い広い
通信速度高速普通

独自回線は対応エリアが狭い代わりに高速なのがメリット。フレッツ光網は対応エリアが広いのですが通信速度はごく普通です。
つまり検討している光回線が独自回線で工事できないと言われても、フレッツ光網なら引けるケースがあるという事です。

独自回線auひかり、NURO光、コミュファ光、ピカラ光、BBIQ、eo光など
フレッツ光網フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、so-net光、nifty光、楽天ひかり、OCN光、ぷらら光、@TCOMひかり、BB.excite光など

独自回線で対応エリア外のために工事ができない場合はフレッツ光網を検討してみましょう。

あわせて読みたい
【光回線の料金比較】ケース別おすすめで最適な回線が今すぐ分かる!

光回線を安く契約するなら単純な料金比較ではNGです。 初心者でも簡単でお得な選び方があるのをご存じでしょうか? 今回はもっとも安い光回線を選ぶシンプルな方法を分かりやすく解説します。 光回線は契約して ...

続きを見る

2、ホームルーター

他の光回線を検討しても引けない場合は、工事不要のホームルーターがおすすめです。
工事なしでコンセントに差すだけでOK。更にスマホとのセット割もあるのでお得です。

置くだけWiFiも光回線と同様にスマホとのセット割がある所を選ぶのが基本です。

おすすめ置くだけWiFi月額実質
ドコモユーザードコモhome 5G4950円
auユーザーWiMAX 5G
※GMOとくとくBB
4950円
ソフトバンクスマホユーザーモバレコエアー
※ソフトバンクエアー
3553円
格安スマホユーザードコモhome 5G4950円

ドコモユーザーはドコモhome 5Gを契約するとドコモスマホが毎月最大1100円割引になります。
auユーザーは同じKDDIグループのWiMAXの置くだけWiFiを契約するとスマホ料金が毎月最大1100円割引になります。
WiMAXはプロバイダのGMOとくとくBBが安いです。
ソフトバンクユーザーはソフトバンクエアーを契約するとスマホ料金が毎月最大1100円割引になります。
ただしソフトバンクエアーよりも代理店とソフトバンクのタイアップである「モバレコエアー」の方が大幅に安いのでこちらがおすすめ。

格安スマホや格安プランのユーザーはセット割がないためこれらの中から自由に選べます。
速度重視ならhome 5G、料金重視ならソフトバンクエアーが良いでしょう。

参考置くだけWiFiのおすすめはコレ!安さ・容量・速度で徹底比較

光回線を引けない方にホームルーター人気の理由

光回線を引けない方にホームルーターは特に人気です。

置くだけWiFiは電波をキャッチして自宅をWiFi環境にできる装置です。
有線ではないので工事不要なのが魅力。引っ越しの際も工事する必要がなく、簡単な手続きだけという手軽さです。
コンセントを差すだけで特別な設定は不要。
ただし速度面では光回線には及びません。

主要置くだけWiFi(ホームルーター)と光回線の実際の速度を比較してみます。

実測平均
ドコモhome 5G167.23Mbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
(WiMAX)
47.95Mbps
ソフトバンクエアー45.59Mbps
フレッツ光ネクスト(参考)270.23Mbps

どの置くだけWiFiも光回線に及びませんが十分に高速です。
特に置くだけWiFiを通信速度で選ぶならhome 5Gです。ネットの口コミを見ても高速だという声が多いです。

参考【home 5Gの評判】速度はどう?コスパは?

ネットの通信速度が必要になるのは重い動画です。
NETFLIXの高画質に必要な速度が5Mbpsですからこの中で最も遅いソフトバンクエアーでも余裕でクリアしているのが分かります。
反応速度がシビアに求められるオンラインゲーム(FPSなど)以外は置くだけWiFiで十分と言えます。

3、ポケットWiFi

光回線が引けない方で外出先でもネット回線を使うならホームルーターよりもポケットWiFiがおすすめです。
ホームルーターとポケットWiFiの違いをまとめてみました。

使える場所WiFiの範囲同時接続台数
ホームルーター自宅のみ広い多い
ポケットWiFi外出先でもOK狭い少ない

ホームルーターは電源がコンセントなのにポケットWiFiはバッテリーなので外出先でも使えます。
その代わりはWiFiの届く範囲が狭くポケットWiFi端末とデバイスの距離を近づける必要があります。
また同時接続可能な台数もホームルーターと比較すると少なめです。

ポケットWiFiは家族で回線を共有しない一人暮らしの方に特におすすめです。
ポケットWiFiの中でも無制限で使えるWiMAXが光回線の引けない方に最適でしょう。

WiMAXは無制限なだけでなく他の通信方式のポケットWiFiよりも高速でリーズナブルなのが魅力です。

実測平均回線種別
WiMAX44.54Mbpsau4GLTE
au5GLTE
WiMAX
AiR-WiFi28.29MbpsクラウドSIM
Rakuten WiFi Pocket19.64Mbps楽天モバイル4G
楽天モバイル5G
au4G
どこよりもWiFi16.67Mbpsドコモ格安SIM
THE WiFi13.86MbpsクラウドSIM

みんそく調べ

WiMAXはWiMAX回線の他にグループ会社であるau回線も使えるため通信エリアが広いのもメリット。
楽天モバイルの「Rakuten WiFi Pocket」は対応エリアが狭いのがネック。楽天モバイルエリア内なら無制限ですが、エリア外だと提携しているau回線に接続し月5GBまでしか使えません。

WiMAXのポケットWiFiなら前述のGMOとくとくBBがキャッシュバックによる実質値引きで安くておすすめです。

GMOとくとくBB WiMAX公式サイト

4、ケーブルテレビ

光回線が引けない場合でもケーブルテレビなら引けるケースもあります。
ケーブルテレビは光回線と同様に有線回線ですから通信も安定しているのが魅力。放送用のケーブルをネット回線用に流用するような形なので光回線ほどは高速ではありませんが、十分高速です。

実測平均
J:COM
(ケーブルテレビ)
182.39Mbps
ドコモhome 5G
(ホームルーター)
167.23Mbps
WiMAX
(ポケットWiFi)
44.54Mbps
フレッツ光ネクスト
(光回線)
270.23Mbps

みんそく調べ

速度面では他の代案と比較しても光回線に迫る速度が出る事が分かります。
ネットのみで5400円程度とやや高めですが、光回線が引けないのならケーブルテレビは十分な代用になります。

オプションでケーブルテレビの様々なプランを追加する事が可能。プロバイダと契約する必要がないのも魅力です。

参考ケーブルテレビJ:COM公式サイト

J:COMは工事費が実質無料のキャンペーンがあるので利用してみましょう。

光回線が引けない7つの理由!解決策は?

光回線が引けない、工事ができない場合、様々な理由があります。ご自身の状況をどれに当たるか知っておきましょう。

光回線が対応エリア外

光回線の対応エリア外だとひく事ができません。特にNURO光やauひかりなどの独自回線の場合、対応エリアが非常に限られてしまいます。
独自回線と比較して対応エリアが広いのはフレッツ光網を使う光コラボレーション。NTTの回線なので全国津々浦々まで対応しています。
独自回線が引けない方は、光コラボレーション回線を検討してみましょう。

稀にフレッツ光網でも対応エリア外の場所’(離島など)もあり、その場合はホームルーター、CATVなどを検討する事になります。

建物の所有者の許可が下りない

ご自身所有の建物なら問題ないのですが、所有者が別にいる集合住宅や貸家の場合、設備工事のための許可が必要になります。

光回線を引くには建物に穴をあける必要が出てくる場合もあります。
エアコンダクトや電話の配管を利用して建物に穴をあけるのを避ける事も可能ですが、そもそも金具などを付ける事を嫌がる所有者もいます。
こういった場合は建物の所有者の方と話し合いを持つ必要があります。

建物に光回線のケーブルをひきこめない

3階建て程度までなら電柱からケーブルを引き込むことが可能ですが、それ以上になると建物の内部に光回線を通すことになります。
特に高層のマンションなどの場合、内部に光回線のケーブルを通します。
その際、外壁や配管などの工事が必要になり、建物によっては工事が大規模になる可能性もあります。
大規模工事になると、光回線の業者側も採算が見込めない為に光回線を引けないと判断するケースもあります。

使用できる光回線が決まっている

マンション全体で光回線を契約しているケースもあります。
この場合は、使用できる光回線が決まっているのでご自身だけ別の会社の光回線を契約するのは困難です。

集合装置が埋まっている

集合住宅のインターネット回線で重要なのが集合装置です。多くの場合MDF室という所にあります。
集合装置とは外部からひいた光回線をマンション内の各家庭に分配する装置。通称「ラック」。
このポートがすべて埋まっている場合、ポートを増やしてもらう必要があります。
ポートの増設には時間がかかりますから、断られてしまうケースもあるようです。

配管が老朽化していて使えない

配管が古く老朽化していると光回線を引けない場合があります。
特に古いマンションやアパートに多いトラブルです。配管が詰まっていたり破損していたりすると光ファイバーケーブルを通す事が困難です。

7、隣の家、川、道路などをケーブルが横切る

これらはそれぞれ許可が必要になります。
隣の家を横切りなら隣の家の方の許可、川なら道路なら国の許可が必要になる場合があります。
川や道路の場合許可が下りる可能性は高いですが、危険だと判断されると許可がおりず光回線を引けないケースもあります。

光回線を引けない場合の対処法まとめ

光回線の工事ができないため引けない場合の対処法を見てきました。
現在検討している光回線が独自回線の場合は、フレッツ光網の光回線を検討してみましょう。
フレッツ光網でもエリア外だった場合や工事ができない場合は、ホームルーターを検討してみるのがおすすめです。
ホームルーターは工事不要で設置するだけですぐネット環境が整います。
一人暮らしの方ならホームルーターでなくポケットWiFiでも十分でしょう。

参考一人暮らしにおすすめの光回線は?3つのネット回線を比較

ケーブルテレビはやや高くなりますが十分光回線の代わりになります。
光回線が引けなくても様々な選択肢があるのでご自身に合ったものを選びましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・水原裕一

ガジェット&光回線マニアで実際に契約して検証が信条。 光回線の他にWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。更にお得なSIM情報にも詳しい。 光回線・格安スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信する専門ライター。元ビジネス書出版社WEB担当。

-光回線

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校