光回線

GMO光アクセスの評判がヤバい!全デメリットとメリットを徹底解説

GMO光アクセスは月額通常料金が安いと評判の光回線です。
今回はGMO光アクセスのメリット、デメリット、更に実際の評判を徹底的に分析。
結論を先に書くと、人を選ぶ光回線サービスだという事が分かります。GMO光アクセスを契約するメリットが大きい方とデメリットが大きい方が存在するのです。
以下、契約してから損をしないように徹底解説します!

GMO光アクセスの基本情報

GMO光アクセス
月額料金戸建て:4928円
集合住宅:3960円
工事費月額に含む
プロバイダ料月額に含む
契約期間なし
公式サイトGMO光アクセス公式サイト

最大の特徴はキャンペーンなどがない代わりに通常料金が安い事です。
長く続ければ続けるほどお得になる光回線と言えます。
さらに契約期間がないため短期利用にも最適。

しかし5点ほど重大なデメリットがあるので必ずチェックしておきましょう。

【注意】GMO光アクセスの重大なデメリット5つ

1、現在の光回線からの転用や事業者変更はできない

現在利用中の光回線がある方は、GMO光アクセスの申し込みはできません。
転用や事業者変更での申し込みができないのはデメリットです。
新規契約の方のみ申し込み可能です。

ポイント

【転用、事業者変更とは?】

光回線には独自回線とフレッツ光網を利用したコラボ回線の2種類があります。
独自回線の例はNURO光やau光、コラボ回線はドコモ光、ソフトバンク光、So-net光プラスなど1000社以上存在します。
独自回線の場合は必ず工事が必要ですが、フレッツ光網を利用するコラボ回線同士の乗り換えには工事が不要
事業者変更という手続きだけで光回線の乗り換えができます。
GMO光アクセスは転用、事業者変更に未対応です。

2、キャンペーンが無い

GMO光アクセスはキャッシュバックなどのキャンペーンがありません。
キャッシュバック手続きの煩雑さがない代わりにシンプルに月額が安いのが大きな魅力です。
光回線は一度目の契約更新までは安くて、契約更新してから割高になるのがほとんどです。

多くの光回線は最初だけ安くて後から割高になるのですが、GMO光アクセスは通常料金そのものが安いのです。
長く使えば使う程お得になる光回線です。

3、光でんわ、光テレビ等のオプションがない

GMO光アクセスは月額の安さに振り切った光回線のため、オプションが充実していません。
光電話や光テレビなどのオプションがないので、利用したい方は他社回線を選びましょう。

4、契約縛りはないが工事の残債がある

GMO光アクセスの工事費は実質無料です。
毎月の分割をGMO側で代わりに払っている形になります。

【工事費】

  • 戸建て:毎月330円×60ヵ月=19800円
  • マンション:毎月275×60ヵ月=16500円

この分割料金をGMO側で代わりに支払う仕組みですが、途中解約すると残債を一度に支払う必要があります。

【GMO光アクセスの工事費シュミレーション】

戸建てマンション
1年でやめた場合15840円13200円
2年でやめた場合11880円9900円
3年でやめた場合7920円6,600円
4年でやめた場合3,960円3,300円
60ヵ月(5年)利用残債なし

分割支払いの途中解約の場合、工事費を請求されます。
GMO光アクセスは長期で使うほどお得な光回線なので引越しが多い方には不向きと言えます。

5、GMO光アクセスにはスマホの割引がない!

GMO光アクセスにはスマホのセット割が無いため、大手キャリアをお使いの方にはおすすめできません。

光回線はスマホとのセット割引を基本に選ぶのが基本です。
セット割とは、特定の光回線を契約するとスマホ料金が割引される事。
例えば、お使いのスマホがドコモの場合、ドコモ光を契約するとスマホ料金が割引になります。
この割引額が各社とも毎月最大1100円とかなりの額です。

セット割は家族も対象になる(例:3人家族なら最大3300円)ので三大キャリアを利用している方はセット割対象の光回線を選ぶのが基本です。

使用スマホセット割があるおすすめ回線
ドコモドコモ光
auauひかり
ソフトバンクソフトバンク光

ただし、セット割は家族が少ない方にはメリットが限られます。家族が少ない方にはセット割がなくてもシンプルに安いGMO光アクセスも検討しましょう。

更に格安SIMやahamo、povo、LINEMO等をお使いならセット割が存在しないので単純に安いGMO光アクセスがおすすめです。

【GMO光アクセスを各キャリア格安プランで契約した場合】

スマホ料金GMO光アクセス通信費合計
ahamo2970円戸建て:4928円
集合住宅:3960円
戸建て:7898円
集合住宅:6930円
povo2728円戸建て:7656円
集合住宅:6688円
LINEMOミニプラン:990円
スマホプラン:2728円
【ミニプラン】
戸建て:5918円
集合住宅:4950円
【スマホプラン】
戸建て:7656円
集合住宅:6688円

スマホと光回線を足しても8000円を割り込む安さです。

GMO光アクセスの評判を徹底解析した結果

GMO光アクセスの実際の評判を調べると好意的なものが多いのが分かります。
契約した方の満足度は総じて高いと言えそうです。

通信速度に関する評判

GMO光アクセスの通信速度の評判は良いです。

GMO光アクセスはv6プラスを採用しています。
v6プラスとは回線が遅くなる原因、混雑ポイントを避けて接続する技術。
v6プラスに設定済のルーターを貸してくれます。

速度に関する評判はポジティブなものが目立ちます。

月額料金に関する評判

 

格安スマホユーザーの方。大手キャリア回線を利用しているならセット割がある光回線の方がお得になるでしょう。

工事に関する評判

GMO光アクセスの工事ができないという評判もあります。光回線の工事ができない場合は5G対応のホームルーター(置くだけWiFi)を検討してみましょう。

参考置くだけWiFiのおすすめはコレ!安さ・容量・速度で徹底比較

GMO光アクセスの評判まとめ

積極的に宣伝していないせいか全体的に口コミ評判がまだ少ないです。
通信速度の評判は良好でした。月額料金やプランに関する評判はまだ少ないです。

GMO光アクセスの5大メリット!こんな方におすすめ

1、シンプルに安い

携帯電話会社とのコラボは無いですが、月額料金は最安級です。
他社との比較表は以下の通り。

戸建てマンション契約年数
GMO光アクセス4928円3883円2年
NURO光(3年)5200円5200円3年
楽天ひかり5280円4180円3年
OCN光5610円3960円2年
NURO光(2年)5700円5700円2年
ドコモ光5720円4400円2年
auひかり(3年)5940円プランなし2年
auひかり(2年)6270円4730円2年
ソフトバンク光5720円4180円2年
So-net 光プラス6138円4480円2年

スマホがキャリア回線でない方、格安スマホの方にまずはおすすめ。
更にスマホ割等の手続けが面倒な方にも何もしなくても安いですからおすすめです。
NURO光も安いですが、対応エリアが限られるのが残念なところです。

2、月額料金が途中から高くならない

ほとんどの光回線はキャッシュバックによる実質値引きで最初の数年の実質月額料金が安く、後に高めになります。
多額のキャッシュバックで有名なSo-net 光プラスを例にとります。

参考so-net光プラス公式サイト

3.年目まで3年目以降
So-net 光プラス戸建て:4471円
マンション:3261円
戸建て:6138円
マンション:4928円
GMO光アクセス戸建て:4928円
集合住宅:3883円

So-net 光プラスは60000円のキャッシュバック(変更の可能性あり)による実質値引きで、最初の3年は安いのが分かります。
しかし、3年目以降は高くなってしまいます。
3年間だけキャンペーン価格で利用して他社に乗り換えるならSo-net 光プラスでも良いですが、3年以上継続して使うならGMO光アクセスがおすすめです。

3、通信速度が速い

GMO光アクセスには通信速度の速い、快適などの評判が多いです。

公式サイトでも高速さを売りにしています。

高速の理由にはネットの混雑ポイントを避けるv6プラスという技術に対応している事が挙げられます。


それだけでは、他社もほとんど対応しているのですが、GMO光アクセスの場合、面倒な設定なしで対応している点が大きいです。
レンタルされるルーターがすでにv6プラスに設定済みなので手間が不要。
誰もがv6プラスの恩恵を受けているため速度に対する不満の評判がたちにくいのでしょう。

【GMO光アクセスと他社の実測比較】

実測平均
GMO光アクセス262.69Mbps
フレッツ光ネクスト267.44Mbps
ドコモ光260.18Mbps
auひかり395.56Mbps
ソフトバンク光305.44Mbps
NURO光499.55Mbps

みんそく調べ

この実測はあくまで目安ですがそこまで速くはないと思います。
NURO光とauひかりは独自回線ですから別次元。
GMO光アクセスは十分な速度が出ていますが、ずば抜けて速いという程ではありません。

4、解約金がない

GMO光アクセスは現在キャンペーンで解約金がありません。
他社の場合途中解約で15000円前後必要なところもあります。解約金がないため短期利用から中長期の利用まで幅広いケースにおすすめです。

5、信頼のおける運営会社

運営元のGMOインターネットは社員600人を超える東証一部上場企業です。
企業体としての信頼性の高さは折り紙付きです。
更にGMOとくとくBBはオリコン顧客満足度2年連続一位という実績があります。

満足度の高い低料金サービスで定評があります。

スマホが三大キャリアならこちらの光回線がおすすめ!

お使いのスマホがドコモ、au、ソフトバンクならGMO光アクセスはおすすめではありません。
前述の通り、三大キャリアには光回線のセット割があるからです。
セット割でスマホ料金が月額最大1100円割引になり、更に家族のスマホ料金も同様に安くなります。
スマホと光回線のセット割は、通信料金トータルで安くなるので積極活用しましょう。

1、ドコモユーザーならドコモ光


ドコモユーザーならドコモ光がセット割対象です。
毎月のスマホ料金から最大1100円、更に家族のスマホ料金も一人頭1100円づつ安くなります。

ドコモ光のキャンペーンサイト

2、auユーザーならドコモ光


auユーザーならauひかりが最適。スマートバリューが適応され毎月のスマホ料金が最大1100円安くなります。
もちろん家族のauユーザーも割引対象なので家族の多い方にもメリットが大きいです。

auひかりのキャンペーンサイト

3、ソフトバンクユーザーならソフトバンク光

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がセット割対象です。
ソフトバンク光を契約するとおうち割が適応され、毎月のスマホ代が最大1100円安くなります。
家族のソフトバンクユーザーもおうち割の対象です。

ソフトバンク光キャンペーンサイト


キャリア回線の格安プラン(ahamo、povo2.0、LINEMO)や格安スマホはセット割の対象外なのでGMO光アクセスがおすすめです。

GMO光アクセスを申し込む全手順

1、GMO光アクセス公式サイトへアクセス

まずはGMO光アクセス公式サイトにアクセスします。
公式ページだと限定特典が3つあるのでお得です。

  1. 工事費実質0円
  2. WiFiルーター無料レンタル
  3. 解約違約金なし

特に解約違約金が無いのはメリットが大きいです。

2、ご自身の申し込みのタイプを選ぶ

現在利用している光回線がある場合、GMO光アクセスを申し込めません。
ただし、現在利用の光回線がauひかり、NURO光、ADSLなら申し込み可能です。
auひかり、NURO光は独自回線のためフレッツ光網を使うGMO光アクセスとは別ものなので新規申し込み扱いになります。

3、必要項目の入力

建物のタイプ(戸建or マンション・集合住宅)や自身の個人情報を入力します。
工事日についてはご自身の都合にあったものを選びましょう。

工事には立ち合いが必要です。土休日の工事を希望する場合は工事費が3300円増額になるので要注意です。

4、GMO光アクセスから電話がくる

申し込み数日でGMO光アクセスから電話がきます。
ここで工事日を具体的に決める事になります。工事には立ち合いが必要です。
工事時間の目安は一時間程度ですが配線などにより前後する事があります。
余裕をもって時間を空けておきましょう。

5、開通工事

開通工事に立ち会います。一時間程度ですが状況により長引く事もあります。
ちなみに光回線に対応しているマンション(光コンセントがある)の場合は立ち合いは不要です。

6. インターネットの開通

無事に光回線が開通したらWiFiルーターを接続して30分待つだけで完了です。
GMO光アクセスから無料でレンタルされるWiFiルーターは特別な設定は不要です。

【まとめ】GMO光アクセスは安くて高速な光回線

GMO光アクセスはスマホとのコラボ割がない格安SIMや、ahamoなどの格安プランの方におすすめです。
月額料金が途中から高くならなず、長く使えば使う程、月額料金がお得になります。

通信速度はv6プラスに対応しているだけでなく、設定の必要もありません。

実測値も高速なので、テレワークやオンライン授業用途にもピッタリの光回線と言えます。
また顧客満足度が高いのも魅力です。

参考GMO光アクセス公式サイト

あわせて読みたい
【光回線の料金比較】ケース別おすすめで最適な回線が今すぐ分かる!

光回線を安く契約するなら単純な料金比較ではNGです。 初心者でも簡単でお得な選び方があるのをご存じでしょうか? 今回はもっとも安い光回線を選ぶシンプルな方法を分かりやすく解説します。 光回線は契約して ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・水原裕一

ガジェット&光回線マニアで実際に契約して検証が信条。 光回線の他にWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。更にお得なSIM情報にも詳しい。 光回線・格安スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信する専門ライター。元ビジネス書出版社WEB担当。

-光回線

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校