光回線

【ドコモ光のプロバイダ】徹底比較で分かったおすすめ3選

光コラボレーションでありながら「通信速度が速い」「料金が安い」と評判のドコモ光。

エリアを問わず申し込めるためユーザー数も多いのが特徴です。
また、ドコモのスマホ料金の割引もあるのでスマホと一緒に契約する方も多いです。

そこで今回はドコモ光のプロバイダの選び方ののポイントやおすすめプロバイダを徹底解説いたします。

ドコモ光のプロバイダを選ぶポイントは3つ!

ドコモ光は光コラボレーションの中でも人気が高くクオリティも高い光回線。
しかし、そのクオリティを生かすも殺すもプロバイダ次第です。

というのも、ドコモ光のクオリティを十分に生かせないプロバイダがあるのです。
ドコモ光の高クオリティを生かせるプロバイダとは以下の3つのポイントを満たしている事です。

1、IPv6に対応しているか?

IPv6とはインターネット高速化技術の一つ。
旧来型の通信方式(IPv4)と異なり、IPoE方式を採用することでIPアドレス不足に起因する回線混雑や通信速度の遅延を解消できるため、新世代の通信方式として徐々に広まっています。

このIPv6に対応していることがドコモ光のプロバイダ選びの基本です。
IPv6対応であれば、ドコモ光の通信速度を低下させることなく快適なインターネットライフを楽しめるでしょう。

2、無線LANルーターレンタルがあるか?

今や家庭内でも無線LAN環境の構築は必須です。
スマートフォンや家庭用ゲーム機、スマート家電といった多種多様なアイテムが無線LAN経由でインターネットに接続される時代です。

参考【オンラインゲームのネット回線】光回線がおすすめなこれだけの理由

そんなインターネット環境を実現できる無線LANルーターを無料でレンタルしてくれるプロバイダを選ぶのが賢明でしょう。
IPv6の設定は素人には難しく、あらかじめ対応済みのルーターを無料でレンタルできるなら時間もコストも大きく節約できます。

3、キャッシュバックなどの特典はあるか?

今やどのプロバイダでも新規顧客獲得のためのキャンペーンを行っています。
内容はさまざまですが、特に加入時に一定の条件を満たせば高額キャッシュバックが適用されるキャンペーンは最強。
プロバイダ費用だけでなく回線費用の一部もキャッシュバック分で補えることもあり、利用しない手はありません。

ドコモ光のプロバイダはこんなにある!一覧にしてみた

では、2020年10月現在のドコモ光のプロバイダを一覧でご紹介します。
上述の3つのポイントを満たしているかも記載しています。
※キャンペーン等については各社のホームページ上で確認できるものに限定しています。

タイプAとタイプBに分けてありますが、この点は後述します。

【ドコモ光プロバイダ(タイプA)】

プロバイダ名 IPv6対応 無線LANルーター キャンペーン
ドコモnet × ×
ぷらら
GMOとくとくBB
@nifty
DTI
ANDLINE ×
BIGLOBE
SIS ×
hi-ho × ×
ic-net ×
Tigers-net ×
エディオンネット × × ×
シナプス
(別途申込要)
× ×
BBexcite ×
楽天ブロードバンド × ×
TikiTiki ×
@ネスク ホームページ無しのため不明
コアラ × ×

【ドコモ光プロバイダ(タイプB)】

プロバイダ名 IPv6対応 無線LANルーター キャンペーン
OCN
@TCOM × ×
TNC ホームページ無しのため不明
ちゃんぷるネット ×
ASAHIネット × × ×
WAKWAK × ×

このように各プロバイダそれぞれ特徴があります。
特にキャンペーンについては高額キャッシュバックを実施しているプロバイダもあれば何も特典が無いプロバイダもあります。

申込時にはできるだけ特典ありのプロバイダを選んだ方がメリットが大きいのは言うまでもありません。

ドコモ光のプロバイダのタイプAとタイプBは何が違う?

ドコモ光のプロバイダにはタイプAとタイプBという2つの区分があります。
両者の違いは価格だけと言ってもよいでしょう。

タイプAの方がタイプBよりも月額200円安くなります。

イメージ

例えばマンション1ギガタイプなら、タイプAのプロバイダを選ぶと4,000円/月なのに対し、タイプBのプロバイダを選ぶと4,200円/月となります。
つまり、単に価格面だけを見るならばタイプBを積極的に選ぶ理由はありません。
わずか200円とはいえ、2年や3年継続して利用することを考えるとこの差が大きな違いとなってきます。

サービス内容やオプションに差が無いのであれば、タイプA群の中から選ぶのが自然な選択となります。

ドコモ光のおすすめプロバイダ3選

では、早速、お得でおすすめのプロバイダをご紹介しましょう。
ドコモ光で「使える」おすすめのプロバイダは以下5つあります。
いずれもIPv6対応・無線ルーターレンタル・お得な特典という条件をすべて満たしているプロバイダです。

特にキャンペーンは他のプロバイダを圧倒する内容となっています。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの魅力は何といっても高額キャッシュバックにあります。
ドコモ光全プロバイダの中で最高レベルの20,000円のキャッシュバック。さらにdポイント2000ptが付与されます。

GMOとくとくBBドコモ光公式サイト

工事費無料で無料ルーターレンタル。
大切なパソコンを守るセキュリティソフトも1年間無料です。
コストパフォーマンスでみればGMOとくとくBBを超えるプロバイダないでしょう。
ドコモ光のプロバイダ選びでコストを重要視するならここがおすすめです。

@nifty

老舗プロバイダの@nifty。
注目すべきはその特典の多さ。最大20,000円のキャッシュバックに加え、ルーター無料レンタル、dポイント2000pt、ノジマ店頭商品8%オフ、ウイルスバスター無料、リモートサポート1回無料など、非常に手厚い特典が満載です。
それぞれに細かな条件が設定されていますが、すべて満たせばかなりお得になります。

@nifty with ドコモ光公式サイト

ドコモ光だけでなくauひかりやeo光など、高速といわれている光回線のプロバイダを扱っている事からももその実力をうかがい知ることが出来ます。

OCN

タイプBのため月額通信費はやや割高になりますが、OCNもドコモ光におすすめのプロバイダです。
OCNはNTTグループのNTTコミュニケーションズが運営しているため、既にNTTと取引があるユーザーに対する特典が段違いで充実しています。

特にNTTドコモのスマートフォン契約者であれば20,000円のキャッシュバック、ルーター無料レンタル、dポイント2000ptとGMOとくとくBB並みの特典を受けることが出来ます。
また、NTTグループのクレジットカード「dカード」「dカードゴールド」の同時申し込みで8000~13000ptが付与されるなど特典が満載です。

まとめ

ドコモ光のプロバイダ選びは、IPv6対応・無線ルーターレンタル・お得な特典という3つのポイントで判断すべきです。

ドコモ光対応のプロバイダは数多くありますが、これら3つのポイントを高いレベルでクリアしているプロバイダは限られています。
どのプロバイダを選ぶかでサービスや価格が大きく異なってくるため、慎重に選びましょう。

今回ご紹介した3つのプロバイダであれば、3つのポイントをすべてクリアしているため満足度の高いサービスが期待できます。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-光回線

Copyright© ネット回線の学校 , 2020 All Rights Reserved.

テレワーク急増でポケットWiFi在庫不足が発生中
在庫チェック