ポケットWiFiのプロバイダ比較

【緊急】ワイモバイルが解約できない!?具体的な方法を徹底解説

ワイモバイルをはじめ、ソフトバンクグループのサービスは「加入しやすいが解約時に裏切られる」との評判が多いようです。

今回、ワイモバイルの解約手続きでそのことを実感しました。
注意喚起も含め実際の解約手続きと解約できなかった現象について詳しく解説いたします。

新型コロナウイルスの影響でワイモバイルが解約できない

私のワイモバイルの契約の現状を説明しておきます。

Pocket WiFi 803ZT

2020年5月いっぱいで手持ちのワイモバイルのモバイルルーター「Pocket WiFi 803ZT」を解約しようとゴールデンウィーク中に手続きを開始したのですが、5月28日時点においてもまだ解約できていません。

ワイモバイルの解約手続きは、

  • ユーザーが最寄りのショップへ訪店する
  • カスタマーセンターへ連絡する

これらどちらかの対応が必要となります。

しかし4月の緊急事態宣言以降、ワイモバイルは業務負荷軽減のため解約受付を停止し、カスタマーセンターでの受付のみとなりました。そのカスタマーセンターも電話が全くつながらない状態となっており、いまだに解約手続きを進めることが出来ていない状態です。

「新型コロナウイルスの影響ならば仕方がない」と割り切ることもできますが、ワイモバイルの解約制度を見ていくと、実はそうとも言い切れない部分があるのも事実です。

以下、ワイモバイルの解約手続きにおける乗り越えるべきハードルについて詳しくご説明しましょう。

ワイモバイルはそもそもオンラインで解約手続きが出来ない!

ワイモバイル契約者は、専用のユーザーページにログインして各種手続きを行うことが出来ます。
マイワイモバイルと呼ばれるこのサイトでは、料金の確認やデータ通信量の管理・契約内容の変更などをオンラインで行うことができます。

マイワイモバイルTOPページ

料金プランの変更や住所変更といった手続きをわざわざ店頭やカスタマーセンターなどを経なくともできるため非常に便利です。

しかし、解約に関してはこのマイワイモバイルではできないのです。
「回線停止・解除」という項目がありますが、これは端末紛失時の緊急対応であり、回線契約の解約ではありません。

ドコモであれば「My docomo」、WiMAX(GMOとくとくBB)であれば「BB navi」といった会員専用サイトで解約手続きを行うことが出来ますが、ワイモバイルはオンラインでの解約手続きは不可。

参考ドコモのポケットWiFiの口コミ体験談

店頭かカスタマーセンターでの手続きとなる点が一つ目のハードルとなります。

ワイモバイルの解約手続きは「店頭」か「カスタマーセンター」の二択

イメージ

解約手続きを行える店頭は、新型コロナウイルスの影響でサービス内容を限定しており、機種変更や新規契約などに絞って営業していました。(5月23日より一部の地域で通常業務に戻っています)

必然的にワイモバイルのカスタマーセンターへ電話し、解約書類一式を送ってもらうという流れになります。

カスタマーセンターへ電話をしてもなかなか繋がらない

さっそく解約の為にワイモバイルのカスタマーセンターへ電話しました。

カスタマーセンター:0570-039-151

電話番号は契約書にも明記されているのですが、フリーダイヤルではなくナビダイヤルです。

ワイモバイルのナビダイヤルは携帯電話からだと22.5秒毎に10円の通話料かかる上、カケホーダイ対象外です。
固定電話からでも60秒ごとに10円の料金が発生します。
なお、スカイプなどのIP電話からはつなげることが出来ません。

このワイモバイル・カスタマーセンターですが、全くつながりません。
軽快な音楽と「ただいま電話が大変込み合っており……」アナウンスが延々と流れるのみで、1時間待ってもオペレーターに繋がることはありませんでした。

後日かけなおしたのですが、待機中に切断されてしまい通話料を損した形になっています。

他にも同様のことを体験したユーザーがおり、SNS上には多くの意見が上がっています。

ワイモバイルのカスタマーズセンターのSNSの評判

緊急事態宣言下、ワイモバイル・カスタマーセンターのオペレーターさんも数が減っていることは想定できます。
おそらく少ない人数で多くの問い合わせを対応しているのでしょう。

ならばワイモバイルもオンラインで解約手続きできるようにすればいいのにと思ってしまいました。

最善案は混雑していない時間帯での店頭解約だが…

この記事を書いている2020年5月28日時点でも、まだワイモバイルを解約できていません。

契約しているワイモバイルのプランは「Pocket WiFi プラン2ベーシック」であるため期間縛りが無く違約金もありませんが、次月になるとさらに1か月分の料金がかかります。

では「解約するにはどうするか」と考えたところ、やはり最善の策は店頭での解約手続きになります。
ただし、ここで3つ目のハードルが現れます。

ワイモバイル及びソフトバンクショップは現在混雑緩和のため事前窓口予約での来店を促しています。
いわゆる「飛び込み」での来店は遠慮してほしいとの呼びかけです。

ただし、ショップによってはこの予約が全く取れない状況です。
予約時にはweb予約を行わなければならないのですが、特に月末は空き時間が少なく、希望の時間に訪問できないこともあるでしょう。

店頭の解約手続きもなかなか大変

イメージ

ワイモバイルの店頭での解約手続きですが、それほどスムーズとは言い難いのが現状です。
街中のショップは混雑しているのが当たり前で、予約していたとしてもかなり待たされることになります。

5月29日に実際に解約手続きを予約して訪問したところ、訪問から解約完了まで60分以上かかりました。
また、当然ですがショップでは解約引き止めやスマートフォン・光回線の営業も受けることになります。
それらをうまくかわしてもこれだけ時間がかかります。

さらにワイモバイル店頭での解約手続きの最大のデメリットは、手続きを完了した瞬間からモバイルルーターが使えなくなるということ。
月の途中でもその瞬間から使えなくなるのです。

カスタマーセンターでの手続きであれば「月末まで使って解約」が可能です。
従って、月末ギリギリまで使って契約を終了することもできるのですが、店頭ではそれができません。

そして前述の通り月末はオンライン予約が取れません。月末までワイモバイルを使って解約しようと考えるユーザーはかなり苦労することになるでしょう。

緊急事態でもスムーズな解約ができるのはWiMAX

新型コロナウイルスの影響といういわゆる緊急事態であるため、通常のサービスが提供できないという点に関しては仕方ないと思います。
しかし、それによりユーザーに本来発生しない金銭的負担を強いるのは大きな不満となって残るでしょう。

ワイモバイルはモバイルルーター端末のスペックも高く使い勝手も良いのですが、オンラインで解約できないという点で相当なストレスがたまることを覚悟した方がよさそうです。
それに比べてWiMAXはオンラインですべての手続きが完結できるため、今回のような緊急事態には非常に便利という評価になります。

WiMAXプロバイダ大手のGMOとくとくBBであれば、ユーザー向け会員サイト「BB navi」上でプラン変更や住所変更はもちろん、解約手続きまでスムーズに行うことが可能です。引き止めされて無駄な時間を費やすこともありません。

高速で使い勝手の良いモバイルルーターを考えているならば、解約手続きのことも踏まえてGMOとくとくBBのWiMAXを選択するのも一手ではないでしょうか。

参考ワイモバイルとWiMAXと徹底比較してみた

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-ポケットWiFiのプロバイダ比較

Copyright© ネット回線の学校 , 2020 All Rights Reserved.

テレワーク急増でポケットWiFi在庫不足が発生中
在庫チェック