実機・サービスのレビュー ポケットWiFiのプロバイダ比較

【THE WiFiの評判】使用レビュー&口コミまとめ・他社比較

THE WiFiが格安キャンペーンで評判になっています。
そこで今回はTHE WiFiを実際に使ったレビューと知っておくべき重要ポイント、ネットの評判を徹底解説します。

実際に使ったレビューや口コミ・評判を総合するとTHE WiFiはおすすめです。
では、「THE WiFiはなぜおすすめできるのか」を以下解説していきます。

THE WiFiの月額料金がキャンペーン中で破格!

THE WiFiの月額料金が期間限定でかなり安くなっています。

【THE WiFi月額料金プラン】

月額実質(税込)オプション
THE WiFi
100GB
3659円15万ヶ所のWiFiスポット対応
THE WiFi
100GBライト
3327円なし
THE WiFi
40GB
3763円 15万ヶ所のWiFiスポット対応
THE WiFi
40GBライト
3278円なし

※初月登録事務手数料3,300円の実質料金

参考THE WiFi公式サイト

特筆すべきは大容量100GBのライトプランで月額実質3327円(税込)最安級です。
最初の4か月が0円になる上に、30日間のお試し期間もあります。

通常の「THE WiFiプラン」と「ライトプラン」の違いはオプションのWiFiスポットが利用可能かどうかです。
後述しますが、WiFiスポットオプションは魅力に乏しいので当サイトは「ライトプラン」をおすすめしています。
※キャンペーンは終了の可能性あり

THE WiFiレビューと口コミの評判

THE WiFiを100GBのライトプランで契約してみた評価です。
SNSでの評判も掲載しましたので参考にしてみてください。

THE WiFiを実際に使ってみた評判レビュー!

前から評判が気になっていたTHE WiFi。
ついに注文してみました。

私の選んだのはライトプランです。
後述しますが、THE WiFiはライトプランがベストな選択だと考えています。

夕方5時ごろに申し込んで翌々日に佐川急便で届きました。
同梱物は以下の通り。

きれいな黒い箱にモバイルルーター(U2s)が入っていて驚きました。
新品はやはり気持ち良いです。

ネット接続は簡単です。

1、スイッチを入れる

2、WiFiランプの点滅が点灯に変わるまで数秒待つ

3、デバイスのWiFi設定にSSIDが現れているのを確認
(SSIDとパスワードはポケットWiFiの裏面にシールで貼ってある)

4、THE WiFiのSSIDを選択しパスワード入力で接続完了

THE WiFiの速度をノートパソコンで実測

早速ノートパソコンに繋いでTHE WiFiの速度を実測してみました。

結果は、9.8Mbps
優秀と言えると思います。

THE WiFiは最速150Mbpsをうたっているので、150Mbpsを期待すると「遅い」という事になると思います。
どこのプロバイダもそうですが、最高速度は「盛りすぎ」です。
ちなみにZoomに必要な速度はギャラリービュー(一画面に多人数表示)で1.2Mbps。
ネットフリックスのHD画質に必要な速度は5Mbps。

参考NETFLIXはポケットWiFiで視聴可能?

余裕をもってクリアしているのが分かります。

ポケットWiFi全般の特徴は、速度が環境によって大きく左右される事です。
場所、時間帯、高さなども速度に影響するので、最速はまず出ません。

パソコンに繋げてアマゾンプライムビデオを視聴した結果

さっそくアマゾンプライムで「孤高のグルメ」を最高画質で視聴してみました。

カクツキ等も一切なく問題なく視聴できます。

【アマゾンプライムビデオの1時間当たりのギガ数】※目安

  • 最高画質ー1時間に6.84GB消費
  • 高画質ー1時間に1.40GB消費
  • 標準画質ー1時間に0.38GB消費

最高画質で視聴はできますが、ギガ消費が激しいので現実的ではありません。
(下で検証していますが、実際に最高画質で視聴したところ3時間半見られました

ノートパソコン等で見るなら標準画質でも十分きれいないので標準画質がおすすめです。

THE WiFiの使用データ量はブラウザ上で見る

今までの消費データ量はレンタルした端末(U2s)でWEBに接続すれば見られます。
「192.168.43.1」とブラウザに入力すると、以下のような画面になります。

この場合は今までに2.9GB消費したという意味です。

THE WiFiの低速化した世界はこんな感じ!

月の上限ギガに達すると128Kbpsの低速状態にはいります。
実測してみた結果63Kbps

この数字になると速度を測るためにウェブページにアクセスするのにも時間がかかります。
メールを出すならサイトを開く必要があるウェブメールではなく、アプリのメールでないとキツいでしょう。

ちなみにWiMAXの場合、低速化後は1Mbps
メール程度は送る事が可能です。
THE WiFiの低速化の方が厳しいと言えます。

あわせて読みたい
ポケットWiFiを比較!おすすめネット回線で1番安いのはこれだ

ポケットWiFをエリア・料金・通信制限・通信速度、端末性能重要5ポイントで比較! ポケットWiFiは現在50社以上がひしめき、月額料金も、通信容量も多種多様です。 そこでこのページでは、5つの重要点を ...

続きを見る

THE WiFiの評判!生の声をチェック

ここからはTHE WiFiのSNSでの評判と当サイトのアンケートによる評判をチェックします!

THE WiFiのSNSの評判

9.6Mbpsならそこそこのスピードが出ています。
動画等を視聴してもストレスはほとんどないでしょう。

THE WiFiはベストエフォートで150Mbps
1.4Mbpsは100分の1ですからこれでは解約を検討した方がいいレベルです。
速度制限にかかった場合は、128kbpsですから速度制限でもなさそうです。

こちらは無制限だったTHE WiFiが、1日4GBの制限をかけた事についての評判です。
別の会社ではヘビーユーザーに上限を設けた例があったので、THE WiFiも同じようにしたのかという推測のツイートです。

THE WiFiの口コミ評価(当サイト調べ)

当サイト主催のポケットWiFiユーザーへのアンケートからTHE WiFi利用者の口コミピックアップしました。
こちらはSNSの評判と少し異なります。


まさゆき(男性)

●使用機種
U2s

●THE WiFiをどんな用途で使っていますか?

在宅勤務となった為、サブ回線として新規契約いたしました。
メイン回線は有線のjcomを使用していますが、通信が安定しない時が多々あり、業務への支障がきたすシーンがあったのでしょうがなく契約しました。

主な用途としては、リモート作業やカフェなどで作業際の回線として使っています。

あわせて読みたい
テレワークのポケットWiFiおすすめ3選&重要5条件【レンタル有】

テレワークにポケットWiFiの導入を考えている方が打ち当たるのがその種類の多さです。 そこで今回はテレワークに最適なポケットWiFiの5条件とケース別のおすすめを解説します。 この記事の内容 テレワー ...

続きを見る

●THE WiFiにしてよかった事、または不満

サブ回線があることで、メイン回線が調子悪くてもポケットWiFiに接続すれば支障なく業務ができるのは契約してよかったです。
その他にも、スマホは格安SIMのデータ量の小さいプランで契約し、ポケットWiFiを併用することで以前よりも携帯料金を安くできました。

不満点としてはバッテリーの持ちが悪い点です。
その他、接続するのにタイムラグが長い事、液晶がないので通信可否やバッテリーの残量がわかりにくいのが不満です。


うーとも(男性)

●使用機種
U2s

●THE WiFiをどんな用途で使っていますか?

自宅と出先での共用回線として使用。
自宅では、固定回線の代替としての利用、出先では、スマートフォンを格安Simに変更しポケットWiFiに接続しています。

また、出張が多いため新幹線での移動中や出張先での仕事にも利用しています。
用途としては、YoutubeやAmazonPrimeなどの動画視聴、ネットサーフィン、メール、SNS、オンラインゲームなどです。
出先では、スマートフォンでのネットサーフィン、SNS、ゲームなどに利用しています。

●THE WiFiにしてよかった事、または不満

スマートフォンは格安Sim、ネット接続はTHE WiFiにした事で、以前と比較して月額の通信料金が大幅に安くすることに成功しています。

出張が多いため、出先でも使える点は大いに満足しています(利用エリアが広いためどこでも利用できます)。
通信容量無制限なので動画視聴・ゲームにも安心して利用できています。

以前利用していたWimaxと比べて地下や新幹線での移動中でも通信に問題なく、通信品質・利用可能エリアにも満足しています。
通信速度に関しても、高画質での動画視聴や、オンラインゲームでも特に速度低下を感じたことはありません。

導入に際しても工事が不要なので、工事費がかからない(事務手数料は必要です)。
端末が到着したらすぐに使用できる点もメリットです。

他社回線との比較した結果THE WiFiのおすすめプランはこれだ!

THE WiFiには4つのプランがあります。
他社と比較した上でどのプランが最適かおすすめプランを決定します!

ライバルのクラウドSIMポケットWiFiを比較

THE WiFiのライバルは、同じクラウドSIMを使うポケットWiFiサービスです。
主要サービスを表にして比較してみましょう。

【THE WiFiとライバル比較表】

会社名月額実質料金
(税込)
上限ギガ数解約金
(税込)
THE WiFi
(ライトプラン)
3327円100GB10780円
クラウドWiFi東京3718円100GB無し
ゼウスWiFi3759100GB10780円

【THE WiFi】
上限ギガ数は100G。キャンペーン中は3327円(税込)と最も安価です。
解約月以外にやめると解約金が発生します。

【クラウドWiFi東京】
契約縛りのないポケットWiFi
として人気。いつやめてもOKなのに税込でこの月額料金はリーズナブル。解約金は当然ありません。

【ゼウスWiFi】
他社と同様に2年契約。ギガを使い果たしたら追加で購入できるのが魅力です。

【THE WiFiの4つのプラン】どれを選んだ方がお得か?

THE WiFiの料金プランは以下の通りです。

国内15万ヶ所のWiFiスポットが無料で使えるのがTHE WiFiプラン。
WiFiスポットが使えないが格安なのがTHE WiFiライトです。

更に月40GB上限か100GB上限かが選べます。

WiFiスポットのオプションはつけるべきか?

THE WiFiは月の上限があります。
上限は40GB、100GBの二つがありますが、この上限に達すると月末まで低速化します。

【THE WiFiのデータ量目安】

100GBプラン40GBプラン
ユーチューブ
標準画質(約540MB/h)
月185時間
6時間/日
月74時間
2.4時間/日
LINEビデオ
(約300MB/h)
月330時間
11時間/日
月132時間
4.4時間/日
ZOOM
(約600MB/h)
月165時間
5.5時間/日
月66時間
2.2時間/日
スカイプ
(約120MB/h)
月830時間
27時間/日
月332時間
11時間/日
NETFLIX
標準画質(約700MB/h)
月140時間
4.6時間/日
月56時間
1.8時間/日

※あくまで目安

特にデータ消費がシビアなのは、Zoomとネットフリックス等の動画なのが分かります。
これらを頻繁に使うのなら100GBプラン一択です。

WiFiスポットのオプションがあれば、データ量を超過し、速度制限にかかった際も高速なネット接続が可能になりますがアプリの評判がイマイチ。アプリの詳細は以下の通りです。

WiFiスポットはスマホにアプリ「エコネクトWi-Fi」を使う

THE WiFiのWiFiスポットを利用するには、スマホアプリ「エコネクトWi-Fi」インストールする必要があります。
このアプリの評判は良いとは言い難いです。
アプリの評価には自動的に接続するとあるのに、自動接続しないという評判や、繋がらないという評判が沢山あります。


こういった評判があふれて、星が1.9(2020.12現在)です。

ちなみこのアプリは、無料WiFiスポット4万ヶ所、有料WiFiスポット11万ヶ所が利用可能。
合計で15万か所です。
設定すると自動的に近くのWiFiスポットに接続される仕組みです。
エコネクトWi-Fiのスポットを実際に見てみましょう。

大都市圏は対応のWiFiスポットが充実、地方都市はそこそこといった所です。
対応スポットは以下で検索できます。

参考エコネクト、スポット検索

WiFiスポットを付けると、THE WiFiは月316円高くなります。
しかし、このWiFiアプリは月398円で単独で申し込む事ができるのです。

2年契約を強いられた上に、月82円程度し安くなりませんから、WiFiスポットありのプランはおすすめできません。
評判が全てとは言いませんが、それ程のメリットもなく、評判も芳しくないのなら契約するメリットは少ないのではないでしょうか。

評判がイマイチな上にWiFiスポットは単独でも契約も可能なのでWiFi無しのライトプランの方がリーズナブルでおすすめです。

参考THE WiFi公式サイト

THE WiFiを契約してから失敗しない為の必須知識!

THE WiFiを選ぶべき人と、他社を選んだ方が良い人がいます。
以下その特長を見て行きましょう。

1、クラウドSIMで対応エリアは広い

THE WiFiはクラウドSIMを使っており、対応エリアが広いのが魅力です。

NTTドコモ、au、ソフトバンクの回線の中からユーザーに最適な回線を選んで接続します。

キャリアの回線を使うので通信クオリティが高く安定して繋がります。
田舎の方や電波のつかまえにくい場所に行く方も快適にネットができるので、地方在住の方にもおすすめです。

参考田舎に強いポケットWiFi

2、一ヵ月の使用量が40GB、100GBと制限がある

前述のとおり、THE WiFiはプランによって月40GB、100GBを超えると速度制限があります。
上限に達すると次の月まで128Kbpsと一時的に低速化されます。

無制限にするとどうしても非常識なほどのデータ通信をする人がでてきます。
その為の処置ですが、無制限ではないのは残念です。

無制限で使いたいのならWiMAXのモバイルーターが選択肢に入ってきます。

しかしWiMAXも完全な無制限ではないのです。

【THE WiFiとWiMAXの速度制限比較】

THE WiFiWiMAX
速度制限月40GB、100GB3日10GB
速度制限の期間超過した時から月末まで超過した翌日の18時頃~翌2時頃

WiMAXは3日で10GBの速度制限があります。
制限後の速度は1Mbpsと比較的ゆるいのが特徴です。
THE WiFiには月の上限に達すると128kbpsになります。
THE WiFiは3日で10GBといった制限がないので、短期間に集中して使う事が可能です。

あわせて読みたい
【比較】無制限ポケットWiFiで最もおすすめなのはこれだ!【2021年版】

無制限ポケットWiFiはテレワークや動画視聴、更にはオンラインゲームなどには必須です。 今回は人気ポケットWiFiを徹底比較し、おすすめ無制限TOP3をピックアップします。 最後まで読めば無制限ポケッ ...

続きを見る

3、THE WiFiの通信速度は速くて安定

モバイルルーターはクラウドSIM対応のU2sを使います。

【U2sのスペック表】

最大通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
同時接続台数5台
大きさ、重さ127 x 65.7 x 14.2 mm
151g
連続使用時間12時間

メーカーはグローカルネットという会社でクラウドSIM系のポケットWiFiの主要メーカーです。

速度についてはスマホのネット回線と同じと考えて良いでしょう。
キャリア回線を使うので、繋がりやすさとエリアの広さ、さらに安定性が魅力です。

THE WiFiでレンタルされるU2sには液晶画面がありません。
インターフェイスは、上部にあります。

電源を入れると、一番左のWiFiランプが点滅します。
WiFiランプが点灯したらWiFi接続の準備OKのサイン。
点灯までは3分程度かかります。

U2sの充電残量と、電波状態の見方

電源ONの状態でサイドの電源ボタンを押すと、

電池残量の表示

※下の4つのランプ全点灯で満充電

更に、電波状態の表示

※4つのランプ全点灯で電波状態最良

と変遷します。

THE WiFiの電波が遅い、繋がらない時の対処法

WiFi電波が遅かったり繋がらない時は、2つの方法で改善する場合があります。

1、再起動

電源ボタンを18秒おすと再起動され、電波状況が改善される可能性ありです。

2、初期化

それでもダメなら初期化(工場出荷状態に戻す)です。

電源ボタンの上のリセットボタンをピンなどで5秒押します。

4、海外でも利用可能だが長期旅行では割高になる

THE WiFiは海外旅行に持っていけば、海外でもそのまま利用可能です。

地域料金
アジアの一部の地域
(韓国、台湾、香港等)
1G当たり850円(上限1日3G)
その他の地域1G当たり1250円(上限1日3G)

高くはありませんが、決して安い料金とは言えません。
数日の海外旅行ならレンタルを別に借りる手間が省けるので魅力的です。
長期の旅行なら専門のレンタル業者から借りた方が安そうです。

5、解約事務手数料が安い

通信会社は3年契約の所が多いですが、THE WiFiは2年契約。
2年途中でやめると違約金が発生します。
THE WiFiの場合、万が一、途中でやめた際の解約事務手数料(違約金)が安いのも大きな魅力です。
WiMAX系で最安級のGMOとくとくBBと比較してみましょう。

【解約事務手数料の比較表】

THE WiFiWiMAX(GMOとくとくBB)
契約期間2年3年
解約手数料(税込)10780円1年目で解約:20900円
2年目で解約:15400円
3年目で解約:10450円

10780円という違約金が発生するので気軽にやめるとまではいきませんが、負担になるほど高くもない点は良心的です。

【解約の手順】知っておかないと損する重要点

THE WiFiの解約はマイページで簡単にできます。
分からな事があったらサポートに連絡しましょう。
電話でのサポートがある事はTHE WiFiの評判に強く影響してると思います。

具体的な手順は後述しますが、最も重要なのは返却するのがポケットWiFi本体だけではないという事です。

取扱説明書や化粧箱も返却が必要なので大切に保管!

THE WiFi解約ページより

返却が必要なのは、以下の4点です。

  1. ポケットWiFi本体(U2s)
  2. USBケーブル
  3. 取扱説明書
  4. 化粧箱

本体は良いとして、USBケーブルや、取説、化粧箱も返却が必要で、2~3が返却されない場合、別途2900円支払う必要があります(ユーザーサポートに確認済)。
契約した方は、特になくしやすい取扱説明書や化粧箱は大切に保管しておきましょう。

THE WiFi解約の全手順

1、マイページにログインし、「契約情報」をタップ

2、「契約情報」画面の「契約番号」をタップ

3、「契約情報詳細」を下にスクロールして「解約申請」をタップ

4、「回線解約受付申請」画面

5、手順に従い解約手続きをすすめる

6、THE WiFiに宅急便で返送する

返送は宅急便でも郵便でもOKです。
返送する時の梱包用にTHE WiFiが送られて来た時の梱包材をとっておくと良いです。
私は別の会社から送られてきた梱包材を使って返送しました。

返送先は以下。

郵便番号:132-0025
住所:東京都江戸川区松江4-4-1
宛名:スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社 モバイルWiFiレンタル機器返却窓口
電話番号:0570-783-633

神奈川からで宅配料金は830円でした。
途中解約なので解約金が9,800円かかります。
解約にかかった総計は宅配金混みで10630円です。
2年契約を満了すればもちろん解約金はゼロです。

6、5Gアップグレードプログラムに期待しすぎはNG

THE WiFiは「5Gアップグレードプログラム」に対応予定です。
対応してるのではなく、予定ですからあまり期待しない方が良いしょう。
5Gアップグレードプログラムについては、公式サイトに以下のような記述があります。

5G対応の環境が整い次第、THE WiFiを24か月以上ご利用のお客様を対象に、5G対応端末への機種変更時の切り替え手数料の3,000円(税抜)を免除

つまり、

  1. 対象は2年以上使っているユーザー
  2. 5G環境が整い次第なのでいつかは不明
  3. 機種変更の手数料3000円を免除

という事です。
とりあえず2年は契約し続けないと恩恵は得られないのですから、無いよりはあった方がマシ程度に考えておきましょう。

ちなみにキャリア回線の5Gの対応状況はまだまだというのが現状です。

参考5G対応ポケットWiFiを実際に利用!おすすめできない理由

7、THE WiFiの運営会社はスマートモバイルコミュニケーションズ

THE WiFiの運営会社はスマートモバイルコミュニケーションズです。
格安SIMで有名なスマモバを運営しており、通信事業には実績が豊富な会社です。

また、「スマートモバイルコミュニケーションズ」の株主は「株式会社アプリックス」で、こちらは東証マザーズに上場しています。
大規模なCM展開ができる資金力、更に通信事業の実績を鑑みると信頼できる運営会社と言えます。

8、クレジットカード決済しかできない

THE WiFiの支払いはクレジットカードのみです。
口座振替には対応していないので、支払いがネックになる方もおられるでしょう。
口座振替に対応しているポケットWiFiサービスは以下のページを参考にしてください。

参考【口座振替可のポケットWiFi】安くておすすめの無制限プランはこれだ

9、端末の保障プランには入会しておくべき

THE WiFiの端末(U2s)はレンタルですから契約が終わったら返却する必要があります。

イザと言う時のため、端末の保障サービスには入会しておくのが安心です。

【端末保障サービス】

保証プラン月額(税込)保証内容
安心サポート330円正しい利用をしているのに故障した場合、修理代金無料
安心サポートワイド550円正しい利用をしているのに故障、水没による故障の場合、修理代金無料

2つありますが、550円の「安心サポートワイド」は水没も無料で修理してくれます。
そもそも、THE WiFiの月額料金は安いので、補償プランに入っても負担にならないでしょう。
なお、2つとも盗難や紛失には対応していませんん。

【結論】THE WiFiがおすすめできる理由とは?

THE WiFiの魅力は

  1. 料金が安い上にお試し期間がある
  2. 大手通信会社が運営なのでサポートが充実している
  3. 万が一契約解除したくなっても解除手数料が安い
  4. キャリア回線を使うので通信が安定
  5. 海外にそのまま持っていって使える

の5点です。
おすすめは100GBのライトプランです。
WiFiスポット付のプランは割高な上に、実用性が高いとは言い難いです。

キャンペーン期間中はクラウドSIM方式の中でも最安級です!

参考THE WiFi公式サイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・ゆういち

元ビジネス書出版社のWEB担当。徹底検証がモットー。 検証のためにWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。 ネット回線・スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信。

-実機・サービスのレビュー, ポケットWiFiのプロバイダ比較

© 2021 ネット回線の学校