ポケットWiFiのプロバイダ比較

【どすごいWiFiの評判】THE WiFiを使って分かった9つの注意点

「どすごいWiFi」という愛称で親しまれている「THE WiFi」が評判になっています。

そこで今回は通称どすごいWiFiを実際に使ったレビューと知っておくべき重要ポイント、ネットの評判を徹底解説します。

どすごいWiFiの新プランのキャンペーンについて

どすごいWiFiのレビューの前に告知があります。
今までは1日4GB上限でしたが、12月から新プランに変更になります。
1日のギガ数の制限を設けたのが評判が悪かったのでしょう。

新プランは以下の通り。

【どすごいWiFi新プラン】

月額 オプション
THE WiFi
100GB
1~3ヵ月 3480円
4ヵ月目以降 3842円
※月実質 3796円
15万ヶ所のWiFiスポット対応
THE WiFi
100GBライト
3480円 なし
THE WiFi
40GB
1~3ヵ月 2980円
4ヵ月目以降 3342円
※月実質 3296円
15万ヶ所のWiFiスポット対応
THE WiFi
40GBライト
2980円 なし

2021年1月4日までキャンペーン中で、1年間毎月10GBが上乗せになります。
ライトユーザーの方に40GBプランはかなりおすすめです。
月3000円台を割るのは非常にリーズナブル。

どすごいWiFiを実際に使ってみた評判レビュー

前から評判が気になっていた「どすごいWiFi」。
ついに注文してみました。

私の選んだのはライトプランです。
後述しますが、どすごいWiFiはライトプランがベストな選択だと考えています。

参考どすごいWiFi公式サイト

夕方5時ごろに申し込んで翌々日に佐川急便で届きました。

同梱物は以下の通り。

きれいな黒い箱にモバイルルーター(U2s)が入っていて驚きました。
新品はやはり気持ち良いです。
ちなみに、ライバルのどこよりもWiFiも同じU2sが送られてきましたが、箱に入っていませんでした。どこよりもWiFiのものは新古品だったのかも知れません。

ネット接続は簡単です。

1、スイッチを入れる

2、WiFiランプの点滅が点灯に変わるまで数秒待つ

3、デバイスのWiFi設定にSSIDが現れているのを確認
(SSIDとパスワードはポケットWiFiの裏面にシールで貼ってある)

4、どすごいWiFiのSSIDを選択しパスワード入力で接続完了

どすごいWiFiの速度を実測した結果が意外すぎた

THE WiFiのプランは以下の通りです。

【THE WiFiの2つのプラン】

THE WiFi THE WiFライト
WiFiスポット 使用可能 使用不可
月額料金 1~3ヵ月目4280円
4ヵ月目~ 4642円
4280円
端末

U2s

無料レンタル

使用回線 ソフトバンク、au、ドコモ、その他4GLTE
データ上限 1日4G
契約期間 2年

「THE WiFi ライト」は契約期間中の料金変動がなく一律4280円、一方の「THE WiFi」は3か月目までが4280円、4か月目以降が4642円となります。
つまり、値上がり分の362円で街中のWiFiスポットを使える権利が付いてくるという事。

個人的にはライトプランで十分だと思いますがいかがでしょうか?

どすごいWiFiの速度をノートパソコンで実測

早速ノートパソコンに繋いでどすごいWiFiの速度を実測してみました。

結果は、9.8Mbps
優秀ですね。

どすごいWiFiは最速150Mbpsをうたっているので、150Mbpsを期待すると「遅い」という事になると思います。
ポケットWiFi全般の特徴は、速度が環境によって大きく左右される事です。
場所、時間帯、高さなども速度に影響するので、最速はまず出ません。

パソコンに繋げてアマゾンプライムビデオを視聴した結果

さっそくアマゾンプライムで「孤高のグルメ」を最高画質で視聴してみました。

カクツキ等も一切なく問題なく視聴できます。

【アマゾンプライムビデオの1時間当たりのギガ数】※目安

  • 最高画質ー1時間に6.84GB消費
  • 高画質ー1時間に1.40GB消費
  • 標準画質ー1時間に0.38GB消費

目安ではありますが、最高画質では1時間見る事は不可能なはずです。
(下で検証していますが、実際に最高画質で視聴したところ3時間半見られました!

ノートパソコン等で見るなら標準画質でも十分きれいないので標準画質がおすすめです。

どすごいWiFiの使用データ量はブラウザ上で見る

今までの消費データ量はレンタルした端末(U2s)でWEBに接続すれば見られます。
「192.168.43.1」とブラウザに入力すると、以下のような画面になります。

この場合は今までに2.9GB消費したという意味です。

動画を見続けて1日4GBの速度制限になるとどうなるか実験

どすごいWiFiには1日4GBを使うと速度制限にかかります。

1日のデータ通信量が4GBを超えた場合、超過時点から最初に到来する午前9時までの間送受信速度が最大128kbpsになります。

参考THE WiFi(どすごいWiFi公式サイト)

128Kbpsの低速状態を経験すべく、素早く4GBに達するようアマゾンプライムの最高画質で様々な動画を視聴しました。
結果はなかなか4GBに達せず苦戦しました。

アマゾン公式は最高画質で1時間に6.84GB消費としているが…

アマゾンの公式によると最高画質で視聴すると、1時間に6.84GB消費と書いてあります。

1時間に満たない時点で4GBの制限に達するはずです。

しかし、実際は、
翔んで埼玉:1時間46分
記憶にございません:2時間6分
を視聴しても、4GBに達せず、
テルマエ・ロマエ2が1時間34分になった頃に4GBになりました。

4GBなら最高画質で5時間以上視聴が可能!

4GBで5時間30分程度、アマゾンの最高画質で視聴可能でした。
これは嬉しい誤算です。
単純計算だと標準画質(1時間に0.38GB。これで十分きれいです)ならこの18倍近い時間みる事が可能なはずです。
つまり標準画質なら、24時間視聴しても4GBに達しない可能性があるのです。

どすごいWiFiの低速化した世界はこんな感じ!

さて4GBに達すると128Kbpsの低速状態にはいります。
実測してみた結果63Kbps

この数字になると速度を測るためにウェブページにアクセスするのにも時間がかかります。
メールを出すならサイトを開く必要があるウェブメールではなく、アプリのメールでないとキツいでしょう。

ちなみにWiMAXの場合、低速化後は1Mbps
メール程度は送る事が可能です。
どすごいWiFiの低速化の方が厳しいと言えます。

低速化は翌朝には戻る

どすごいWiFiが低速化するとネットの評判の通り全く使いものにならなくなります。
しかし、低速化は翌日の午前9時には解除されるのでそれ程ストレスになりません。

翌日には0MBにリセットされる

【結論】どすごいWiFiは安心して使えるプロバイダ

一日4GBと制限があるのはネックに見えますが、実のところ、数値化してあるだけ良心的と評価すべきだと思います。
ネットの評判を見ていると、具体的な数値が明かされていない為に、突然低速化されて困っている方を見かけます。

今回の検証で分かったのは、

  1. 1日4GBを使うのはかなり大変
  2. 速度制限にかかったら全く使いものにならない
  3. 速度制限は翌日には解除される

の3点です。
特にライトプランは料金もリーズナブルなのでおすすめのクラウドSIMサービスです。

【どすごいWiFiの2つのプラン】どちらを選んだ方がお得か?

どすごいWiFiの料金プランは2つあります。

国内15万ヶ所のWiFiスポットが無料で使えるのがTHE WiFiプラン。
WiFiスポットが使えないが格安なのがTHE WiFiライトです。

WiFiスポットのオプションはつけるべきか?

どすごいWiFiは1日の上限が4GBです。

この上限4GBに達してしまうとほぼ1日低速化します。
ちなみにこの4Gの目安は以下の通りです。

【4GBのデータ量の目安】

ユーチューブ 高画質 約5時間
標準画質 約20時間
NETFLIX 低画質 約13時間
標準画質 約5時間
⾼画質 約1時間

1日4GBで十分な方が大多数ではないでしょうか?

WiFiスポットのオプションがあれば、データ量を超過し、速度制限にかかった際も高速なネット接続が可能になります。
しかし、WiFiスポットのネックは、

  1. 使うにはWiFiスポットまで行く必要がある
  2. 速度が安定して速いとは限らない

と問題点が多くメリットが多いとは言えません。

どすごいWiFiのプランなら、月額3480円のライトプランを選ぶのがおすすめです。

どすごいWiFi公式サイト

どすごいWiFiが無制限プランから大容量プランに変わった理由

どすごいWiFiには以前、無制限で利用可能でした。

クラウドSIMというシステムを使いドコモ、au、ソフトバンク回線を無制限で利用できたのです。
それが、どすごいWiFiと同様にクラウドSIMを使う「どんなときもWiFi」が総務省より行政指導を受けた事により風向きが変わります。

総務省|MVNOサービス「どんなときもWiFi」の利用者へのサービス提供に係る株式会社グッド・ラックに対する指導等
総務省|MVNOサービス「どんなときもWiFi」の利用者へのサービス提供に係る株式会社グッド・ラックに対する指導等

www.soumu.go.jp

これにより無制限と表示するクラウドSIM系ポケットWiFiは無くなりました。
どすごいWiFiも無制限プランをやめ、現在は大容量(1日4GB)利用可能のポケットWiFiになりました。

無制限ではなく、1日4GB使うと低速になるポケットWiFiはアリかナシか?
以降、丁寧に検証していきましょう。

どすごいWiFiの正しい評価の為の9つの注意点

どすごいWiFiを選ぶべき人と、他社を選んだ方が良い人がいます。
以下その特長を見て行きましょう。

1、クラウドSIMで対応エリアは広い

どすごいWiFiはクラウドSIMを使っており、対応エリアが広いのが魅力です。

NTTドコモ、au、ソフトバンクの回線の中からユーザーに最適な回線を選んで接続します。

キャリアの回線を使うので通信クオリティが高く安定して繋がります。
田舎の方や電波のつかまえにくい場所に行く方も快適にネットができるので、地方在住の方にもおすすめです。

参考田舎に強いポケットWiFi

2、一日の使用量が4GBと制限がある

前述のとおり、どすごいWiFiには1日4GBの速度制限があります。
4GBを超過すると、次の午前9時までの間128Kbpsと一時的に低速化されます。

無制限にするとどうしても非常識なほどのデータ通信をする人がでてきます。
その為の処置ですが、無制限ではないのは残念です。

無制限で使いたいのならWiMAXのモバイルーターが選択肢に入ってきます。

しかしWiMAXも完全な無制限ではないのです。

【どすごいWiFiとWiMAXの速度制限比較】

どすごいWiFi WiMAX
速度制限 1日4GB

3日10GB

速度制限の期間 超過時点から次の午前9時まで 超過した翌日の18時頃~翌2時頃

WiMAXは3日で10GB。
どすごいWiFiは3日で最大12GB以下なら速度制限がかからないので一見リーズナブルに見えます。
しかし、WiMAXの場合、1日で10GBまで使ってもOKなのです。

突出してヘビーに使う日があるのならWiMAXの方がおすすめです。

参考GMOとくとくBBは最安値級のWiMAXプロバイダ

3、どすごいWiFiの通信速度は速くて安定

モバイルルーターはクラウドSIM対応のU2sを使います。

【U2sのスペック表】

最大通信速度 下り150Mbps
上り50Mbps
同時接続台数 5台
大きさ、重さ 127 x 65.7 x 14.2 mm
151g
連続使用時間 12時間

メーカーはグローカルネットという会社でクラウドSIM系のポケットWiFiの主要メーカーです。

速度についてはスマホのネット回線と同じと考えて良いでしょう。
キャリア回線を使うので、繋がりやすさとエリアの広さ、さらに安定性が魅力です。

4、海外でも利用可能だが長期旅行では割高になる

どすごいWiFiは海外旅行に持っていけば、海外でもそのまま利用可能です。

地域 料金
アジアの一部の地域
(韓国、台湾、香港等)
1G当たり850円(上限1日3G)
その他の地域 1G当たり1250円(上限1日3G)

高くはありませんが、決して安い料金とは言えません。
数日の海外旅行ならレンタルを別に借りる手間が省けるので魅力的です。
長期の旅行なら専門のレンタル業者から借りた方が安そうです。

5、解約事務手数料が安い

通信会社は3年契約の所が多いですが、どすごいWiFiは2年契約。
2年途中でやめると違約金が発生します。
どすごいWiFiの場合、万が一、途中でやめた際の解約事務手数料(違約金)が安いのも大きな魅力です。
WiMAX系で最安級のGMOとくとくBBと比較してみましょう。

【解約事務手数料の比較表】

どすごいWiFi WiMAX(GMOとくとくBB)
契約期間 2年

3年

解約手数料(違約金) 9800円 1年目で解約:19,000円
2年目で解約:14,000円
3年目で解約:9,500円

どすごいWiFiは1年目から1万円をきる安さです。
9800円という違約金が発生するので気軽にやめるとまではいきませんが、負担になるほど高くもない点は良心的です。

6、5Gアップグレードプログラムに期待しすぎはNG

どすごいWiFiは「5Gアップグレードプログラム」に対応予定です。
対応してるのではなく、予定ですからあまり期待しない方が良いしょう。
5Gアップグレードプログラムについては、公式サイトに以下のような記述があります。

5G対応の環境が整い次第、THE WiFiを24か月以上ご利用のお客様を対象に、5G対応端末への機種変更時の切り替え手数料の3,000円(税抜)を免除

つまり、

  1. 対象は2年以上使っているユーザー
  2. 5G環境が整い次第なのでいつかは不明
  3. 機種変更の手数料3000円を免除

という事です。
とりあえず2年は契約し続けないと恩恵は得られないのですから、無いよりはあった方がマシ程度に考えておきましょう。

ちなみにキャリア回線の5Gの対応状況はまだまだというのが現状です。

参考5GポケットWiFi最新機種を紹介

7、どすごいWiFiの運営会社はスマートモバイルコミュニケーションズ

どすごいWiFiの運営会社はスマートモバイルコミュニケーションズです。
格安SIMで有名なスマモバを運営しており、通信事業には実績が豊富な会社です。

また、「スマートモバイルコミュニケーションズ」の株主は「株式会社アプリックス」で、こちらは東証マザーズに上場しています。
大規模なCM展開ができる資金力、更に通信事業の実績を鑑みると信頼できる運営会社と言えます。

8、クレジットカード決済しかできない

どすごいWiFiの支払いはクレジットカードのみです。
口座振替には対応していないので、支払いがネックになる方もおられるでしょう。
口座振替に対応しているポケットWiFiサービスは以下のページを参考にしてください。

参考【口座振替可のポケットWiFi】安くておすすめの無制限プランはこれだ

9、端末の保障プランには入会しておくべき

どすごいWiFiの端末(U2s)はレンタルですから契約が終わったら返却する必要があります。

イザと言う時のため、端末の保障サービスには入会しておくのが安心です。

【端末保障サービス】

保証プラン 月額 保証内容
安心サポート 300円 正しい利用をしているのに故障した場合、修理代金無料
安心サポートワイド 500円 正しい利用をしているのに故障、水没による故障の場合、修理代金無料

2つありますが、500円の「安心サポートワイド」は水没も無料で修理してくれます。
そもそも、どすごいWiFiの月額料金は安いので、補償プランに入っても負担にならないでしょう。
なお、2つとも盗難や紛失には対応していませんん。

ライバルのクラウドSIMポケットWiFiを比較

どすごいWiFiこと「THE WiFi」のライバルは、同じクラウドSIMを使うポケットWiFiサービスです。
主要サービスを表にして比較してみましょう。

【どすごいwifiとライバル比較表】

会社名 月額実質料金 上限ギガ数 解約金

どすごいWiFi
(ライトプラン)

4280円 124GB
(1日4GB)
9500円
どこよりもWiFi 3180円 100GB 9500円
ゼウスWiFi 3447円 100GB 9500円
それがだいじWiFi 3250円 100GB 4,500円

【どすごいWiFi】
上限ギガ数は124GBと最も多いですが、1日4GBの制限があります。
解約月以外にやめると解約金が発生します。

【どこよりもWiFi】
月額料金が最も安いです。当サイトでもおすすめのサービスです。
解約月以外にやめると解約金が発生します。

【ゼウスWiFi】
他社と同様に2年契約ですが、2年以降はいつやめても解約金は発生しないのが魅力です。

【それがだいじWiFi】
月額料金が安く、解約金も安いです。

THE WiFi(どすごいWiFi)のSNSの評判!生の声をチェック

9.6Mbpsならそこそこのスピードが出ています。
動画等を視聴してもストレスはほとんどないでしょう。

どすごいWiFiはベストエフォートで150Mbps
1.4Mbpsは100分の1ですからこれでは解約を検討した方がいいレベルです。
速度制限にかかった場合は、128kbpsですから速度制限でもなさそうです。

こちらは無制限だったどすごいWiFiが、1日4GBの制限をかけた事についての評判です。
別の会社ではヘビーユーザーに上限を設けた例があったので、どすごいWiFiも同じようにしたのかという推測のツイートです。

 

どすごいWifiがまだ無制限を謳っていた頃にこの指摘は鋭いかも知れません。
結果として、その後、どすごいWiFiは1日4GBの制限をかける事になりました。

どすごいWiFiでレンタルされるU2sは使いやすいか?

U2s

どすごいWiFiでレンタルされるU2sには液晶画面がありません。
インターフェイスは、上部にあります。

電源を入れると、一番左のWiFiランプが点滅します。
WiFiランプが点灯したらWiFi接続の準備OKのサイン。
点灯までは3分程度かかります。

U2sの充電残量と、電波状態の見方

 

電源ONの状態でサイドの電源ボタンを押すと、

電池残量の表示

※下の4つのランプ全点灯で満充電

更に、電波状態の表示

※4つのランプ全点灯で電波状態最良

と変遷します。

どすごいWiFiの電波が遅い、繋がらない時の対処法

WiFi電波が遅かったり繋がらない時は、2つの方法で改善する場合があります。

1、再起動

電源ボタンを18秒おすと再起動され、電波状況が改善される可能性ありです。

2、初期化

それでもダメなら初期化(工場出荷状態に戻す)です。

電源ボタンの上のリセットボタンをピンなどで5秒押します。

どすごいWiFiのまとめ

どすごいWiFiの魅力は

  1. 料金がそこそこ安い
  2. スマモバという大手通信会社が運営してる
  3. 万が一契約解除したくなっても解除手数料が安い
  4. キャリア回線を使うので通信が安定
  5. 海外にそのまま持っていって使える

の5点です。
更に安さを求めるならどこよりもWiFi、更に大量通信をしたいならWiMAXを選ぶのがベターでしょう。

参考どすごいWiFi公式サイト

The following two tabs change content below.
ポケットwifi比較まとめ編集部

ポケットwifi比較まとめ編集部

ポケットwifiを深く知るための情報を提供しています。

-ポケットWiFiのプロバイダ比較

Copyright© ネット回線の学校 , 2020 All Rights Reserved.

テレワーク急増でポケットWiFi在庫不足が発生中
在庫チェック