ポケットWiFiのプロバイダ比較 光回線

電力系光回線は高速?評判とおすすめ度を徹底チェックした結果!

自宅用の光回線はいくつかの種類がありますが、電力系光回線はダークファイバー回線と並んで高速でしかも安いと評判です。
今回は電力系光回線にスポットをあて、そのサービス内容や特徴、口コミ評判などを詳しく解説いたします。

電力系光回線は高速で安い大人気サービス!

イメージ

電力系光回線の評判はかなり良く、利用年月や電気料金と組み合わせて安くなる制度もあるためユーザーの満足度も高い傾向にあります。
何よりも料金が安い、そして通信速度も速いというのがその大きな理由です。

参考:ピカラ光

一例をあげると、四国エリアでサービスを展開しているピカラ光の場合、戸建てタイプで月額4,200円~、マンションタイプだと月額3,280円~という料金設定。
プロバイダ料込みでこの料金なのでかなり安いです。

フレッツ光などと同様に最大1Gbpsと高速な事と、そもそものユーザー数がそれほど多くない事もあり、混雑時でも快適なインターネット通信ができるメリットもあります。

そもそも電力系光回線とは何か?

イメージ

電力系光回線というのは、その名の通り電力会社が運営している光回線サービス。
正確には電力会社の傘下にあるグループ企業が運営していることが多いのですが、電力会社のインフラを利用しているためまとめて電力系光回線と称します。

電力会社は中部電力や九州電力と言った地域における電力供給を一手に引き受けている公共インフラ企業です。
このため、電力系光回線はそれぞれの地域に特化してサービスを提供しています。

使用する光ファイバー網は電力会社が独自に敷設したものです。

電力会社は各戸に電力を供給する関係上、電柱や地下埋設管といった電力網を広く展開するインフラを持っています。そのインフラを利用して光ケーブルを地域に張り巡らせ、光回線サービスを提供しているという図式です。

電力会社という大手資本傘下であるため安定度や信頼性も高く、サービス対象エリアに住んでいるなら積極的に検討したいネット回線と言えます。

これだけある電力系光回線

現在、国内には5つの電力系光回線サービスがあります。

【電力系光回線サービス一覧】

サービス名エリア運営会社親会社
コミュファ光

愛知、岐阜、三重、静岡、長野中部テレコミュニケーション株式会社中部電力
イオ光

大阪、兵庫、和歌山、奈良、京都、滋賀、福井株式会社オプテージ
(旧ケイオプティコム)
関西電力
メガ・エッグ

山口、広島、島根、鳥取、岡山株式会社エネルギア・コミュニケーションズ中国電力
ピカラ光

香川、愛媛、徳島、高知株式会社STNet四国電力
BBIQ

福岡、大分、長崎、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島株式会社QTnet九州電力

このように、電力系光回線のサービスエリアは静岡以西の西日本エリアに集中しています。

以前は東京電力もTEPCO光という独自の光回線サービスを提供していましたが、現在そのサービスは終了し光コラボレーションサービスとして存続しています。

また、電力会社が親会社である関係上、エリアを超えてサービスを提供することはしていません。
つまり名古屋に住んでいるユーザーがメガ・エッグを契約することはできません。

電力系光回線のネットの評判を徹底チェック

では、電力系光回線の口コミ評判を見てみましょう。
Twitterや口コミサイトには以下のような評判が上がっています。

https://twitter.com/castor_fps/status/1247550163993767938

やはり速度に関する評判はかなり高いです。
特に遅い回線から乗り換えるとその速さに驚くことが多いようです。

また、サポートに関する評判も目立ちます。

https://twitter.com/mnst_ryuuu/status/986837016984743937

トラブル対応に対する素早い対応も電力系光回線の評判を押し上げている要因でしょう。

中にはコミュファ光のように、twitter上のコメントを拾って担当から連絡をするというようなきめ細かなサポートを行っている電力系光回線も見受けられます。

逆にネガティブなコメントとして多いのは「つながらない」という評判です。

繋がらないというコメントと同じように公式アカウントからのメンテナンス情報のアナウンスも多く見受けられます。

電力系光回線は専用回線だから速い!

多くの口コミで絶賛されている電力系光回線の速度ですが、他と比較して速い理由は主に以下2つの理由が考えられます。

1、独自の光ファイバー網

イメージ

電力系光回線は、各電力会社が独自に敷設した光ファイバー網を利用しています。
光コラボレーションのようにNTT網を利用しているわけではないため、他社サービスの影響を受けることがありません。NURO光などのようなダークファイバーに近いサービス形態です。

参考【ダークファイバー回線】nuro光とauひかりの徹底比較で分かった真相とは?

また、同じサービスを利用しているユーザー数の少なさも通信速度が速い理由に挙げられます。
ピーク時でもそれほど混雑することが無いため、回線を圧迫することも無く快適にインターネット通信が楽しめます。

2、マンションでも宅内まで光ファイバーである

戸建てタイプの場合は当たり前ですが、マンションタイプでもユーザーの部屋まで光ファイバーを引く設計になっています。

イメージ

フレッツ光など他社光回線だとマンション内の共有部分まで光ファイバーを通し、そこから宅内までは電話線やLANケーブルを使って配線することがほとんどです。
つまり、光ファイバーが通るのはマンションの入り口までで、そこから先は光ファイバー程の高スペック回線ではなくなるということです。

電力系光回線の場合、専有部分まで光ファイバーケーブルとなります。

伝送能力に優れた光ファイバーが宅内まで来ているため、必然的に通信速度も速くなるでしょう。

ただし、すべてのマンションがこうなるわけではありません。
マンションの構造や戸数によってはフレッツ光と同様に電話線やLANケーブルでの回線となることもあります。

電力系光回線の料金はどれくらい安い?

では、電力系光回線5社の料金プランをご紹介します。
各社ともにいくつかのサービスメニューがありますが、その中で各社が特におすすめしているサービスをピックアップしました。

■戸建て向けプラン

サービス名プラン名月額料金備考
コミュファ光 10Gホーム
ネット+光電話
4,930円安心サポートオプション適用後の料金
イオ光
eo光ネット1G
ネット+光電話
1年目:3,239円
2年目:5,239円
メガ・エッグ メガ・エッグ光ネットホーム1Gbps4,200円
ピカラ光
光ねっとホームタイプ1ギガ2年間:4,500円3年目から5,200円
9年目から4,200円
BBIQ
ギガコース1Gbps1年目:3,700円
2年目以降:4,700円
九州電力とセットが条件
(参考)ドコモ光
1ギガタイプA5,200円プロバイダ料別

■マンション向けプラン

サービス名プラン名月額料金備考
コミュファ光 10GマンションF EX
ネット+光電話
4,930円安心サポートオプション適用後の料金
イオ光
eo光ネット1G
ネット+光電話
2年目まで3,024円マンションによって異なる
メガ・エッグ メガ・エッグ光ネットマンション1Gbps3,200円
ピカラ光
光ねっとマンションタイプ1ギガ5年間:3,400円6年目から3,280円
BBIQ
ギガコース1Gbps1年目:3,000円
2年目以降:4,000円
九州電力とセットが条件
(参考)ドコモ光

1ギガタイプA4,000円プロバイダ料別

この表を見れば一目瞭然ですが、電力系光回線の月額料金は各社ともにかなり安いです。
また、コミュファ光は10GBプランを前面に押し出すなど通信速度にかなり自信があるようです。

割引制度もさまざまあり、長期契約で優遇するサービスもあれば電力契約と組み合わせて安くなるというパターンもあります。更に、すべてのサービスがauスマート割対象となるメリットもあります。
スマホをauで契約しているユーザーはさらにお得に使えるのです。

参考【光回線の料金比較】ケース別おすすめで最適な回線が今すぐ分かる!

電力系光回線の大きな弱点とは何か?

イメージ

電力系光回線には、実は大きな弱点があります。
それは申し込みから導入までに時間がかかること及び導入できないケースが意外と多いことです。

特にマンションタイプの場合にその傾向が強いようです。
既に電力系光回線を導入しているマンションであれば簡単ですが、未導入の場合は交渉や工事にかなりの期間を要します。

また、一戸だけの導入であれば工事を行わない(導入できない)こともあります。

電力系光回線のメリットとデメリット

ではここまでの結果をメリットとデメリットに分けてみましょう。

電力系光回線のメリット

  1. 通信速度が速い
  2. 月額料金が安い
  3. auスマート割が適用できる
  4. ユーザーサポートが親切丁寧
  5. 会社に対する高い信頼感
  6. ポジティブな口コミ評判が多い

電力系光回線のデメリット

  1. 導入まで時間がかかることが多い
  2. 開通できないことも多い
  3. 割引が複雑なのでわかりにくい

電力系光回線まとめ

電力系光回線は、一旦開通してしまえばメリットはかなり大きく幸せなインターネットライフを送ることが出来ます。
制約はありますが、エリア内であれば評判の良い電力系光回線はかなりおすすめです。

なお、申込に際しては各社のホームページを利用するよりも代理店を通した方が多額のキャッシュバックが発生したり魅力ある特典がついてきたりすることが多いです。

例えばコミュファ光であればso-netから申し込むと月額料金の割引や乗り換えキャッシュバックなどがあります。
お住いのエリアでこのような代理店があるかどうか、申し込み前に一度確認しておきましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

元外資系ITキャリア勤務。PtoP高速データ通信事業の事業戦略を担当。その後某格安SIMのセールスエンジニア、某光回線のサポートセンターオペレーターとして勤務。無線通信回線、固定回線共に精通。 2015年からフリーランス。テレワークで仕事をしていることもあり、ポケットWiFiは手放せない存在です。

-ポケットWiFiのプロバイダ比較, 光回線

© 2021 ネット回線の学校