ネクストモバイルの速度から料金までをwimaxと比較してみる

参考:ネクストモバイル公式サイト

ネクストモバイルとは、ソフトバンク回線を利用した高速モバイル通信サービスの1つであり、その利用料や使い勝手はwimaxと同等あるいはそれ以上といっても過言ではありません。

速度面はさすがにwimaxには劣りますが、ソフトバンク回線を使っている為、よっぽどのヘビーユーザーでもない限り十分な速度と言えるでしょう。

ソフトスマホと速度と同等なので、スマホでのネット通信に不満がなければ問題ありません。

今回はネクストモバイルのサービス概要や特徴、速度などをwimaxと比較し、分かりやすく解説いたします。

ネクストモバイルは人口カバー率99%超。速度はスマホと同等

ネクストモバイルはソフトバンク回線を利用したサービスであるため、通信可能エリアもソフトバンクユーザーと同等です。
つまり、ソフトバンクのスマホが利用できる場所であればネクストモバイルも利用可能ということです。
その速度は先に述べた通りソフトバンク回線と同等。

一方のwimaxの場合は、原則として独自の基地局ネットワークを利用したエリア設定です。
都心部では問題ありませんが、少し郊外へ行くとエリア外になることもあります。

オプション加入によりauの通信エリアが利用できるとは言え、その場合の通信速度はwimax本来のハイスピードではなくLTE網の速度(下り最大150Mbps)となってしまいます。

従って、都心部での利用に限定した場合はwimaxに軍配が上がりますが、地方都市や郊外での利用が想定される場合はさほど差は無いと言えるでしょう。

むしろ余計なオプション加入料が発生しない分、ネクストモバイルの方が安く利用できる可能性が高いのです。

【ネクストモバイルの体験談をCHECK!】
ネクストモバイルを使ってる方の口コミ体験談【2019年版】

ネクストモバイルはライトユーザーにもおすすめ

気になるネクストモバイルの料金プランを見てみましょう。

上の図の通り、ネクストモバイルには3つの料金プランが用意されています。
3つのプランの違いは月間利用可能なデータ量の違いのみ。その他の条件に違いはありません。

wimaxのように月間利用データ量無制限で利用できるギガ放題のようなプランはありませんが、月間の最大データ量が20~50GBの範囲内に収まるのならかなりリーズナブル。

ライトユーザーには一番人気の30Gプランで十分でしょう。

wimaxの場合は「直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合に通信速度の制限を行う」という規定があります。
混雑回避のための苦肉の策ですが、これが意外とユーザーには不評。

思い切り使いたいのに制限が掛かってコンテンツが楽しめないというケースもあり得ます。

ネクストモバイルの場合はこういった通信速度制限がありません。
月間利用料の上限さえ超えていなければ、短期間に大容量データをやり取りしても速度が遅くなりません。

モバイルルータの速度は下り最大150Mbps。同時接続台数に強み

ネクストモバイルが提供している機器には、FS030WというポケットWiFiと据え置き型のHT100LNがあります。

■FS030W

FS030Wとは、大手富士ソフト株式会社が製造開発したポケットWiFi。
その速度は下り最大150Mbps。
ADSLの速度が50Mbps程度なので十分でしょう。

参考:FS030Wを徹底解説

このFS030Wは、もともとSIMロックフリー端末として、NTTdocomoをはじめあらゆるキャリアのSIMで利用可能な端末としてリリースされたものですが、ネクストモバイルではこれにソフトバンクのSIMを挿して出荷しているということになります。

このFS030Wの大きなメリットが「時接続台数15台」という点。

競合するwimaxの端末はほとんどが10台までとなっているのに対し、FS030Wはその1.5倍の同時接続が可能ということになります。

■HT100LN

HT100LNは、NEC製の据え置き型のルーター。
家に置いて家族全員のWiFi環境をカバーする場合を想定しています。
コンセントに繋ぐだけという手軽さが魅力です。

ネクストモバイルの下り通信速度はwimaxに完敗だが上り速度は同等以上!

ネクストモバイルとwimaxを比較した場合、弱点となり得るのはその通信速度です。

wimaxの場合、「Speed Wi-Fi NEXT W05」を利用すれば下り最大708Mbpsが可能です。
ほぼすべてのコンテンツがストレスなく楽しめる速度であり、大容量ファイルのダウンロードなどでも威力を発揮するでしょう。

対するネクストモバイルの場合は下り最大150Mbpsとかなり見劣りしてしまいます。

しかし、この速度はキャリア契約しているスマホと同じですから、スマホのネット接続速度に不満が無いのなら問題はありません。

日常のネット接続で遅いと感じる事はないでしょうが、神経質な方はwimaxを選んだ方が無難かも知れません。

上り速度に関して言えばネクストモバイルの方にアドバンテージがあります。
wimaxの上り速度は最新の「Speed Wi-Fi NEXT W05」を含む多くのルータで上り最大30Mbps、ハイスペックな「Speed Wi-Fi NEXT WX04」でようやく50Mbpsとなっています。

ネクストモバイルの上り最大速度50Mbpsはwimaxと比べても遜色なく、むしろwimaxのハイスペック機種と同等に渡り合うことが可能なのです。

ライブ配信を行うなど、下りだけでなく上り速度も重視する方の場合、ネクストモバイルは有力な選択肢の一つとなることは間違いありません。

ネクストモバイルの運営会社はITベンチャー

ネクストモバイルのサービスを運営している会社は、福井県に本社がある株式会社グッド・ラックという会社です。設立が平成22年であり、インターネット関連事業をメインに行っている、いわゆるITベンチャーの1社ですね。
今後さまざまなサービスを展開してくれるという期待感が持てる会社です。

ネクストモバイルのメリット、デメリットまとめ

ネクストモバイルのメリットは、

  • ソフトバンク回線の広い対応エリア
  • 月額料金の安さ
  • 同時接続端末数が15台と多い
  • 上り速度の速さ

デメリットは、

  • wimaxと違い容量制限がある
  • 通信速度がwimaxと違いスマホのネット回線と同じ

といったところです。

都心部における通信速度こそ見劣りするものの、そのデメリットをカバーするだけのエリアの広さと使い勝手の良さがあります。
特に、

  • wimaxの整備が不十分な地方都市に住んでいる方
  • ライトユーザーの方
  • 家族共用の回線として使うなど大人数での同時接続する方
  • ライブ配信など、クラウドへのアップロードなど上り速度を重視する方

におすすめです。

それぞれの利用シーンに合わせて、ぜひネクストモバイルを選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

参考:ネクストモバイル公式サイト

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。