ポケットWiFiのプロバイダ比較

hi-ho Let’s Wi-Fiのメリット・デメリット|比較で分かったおすすめポイント

hi-ho Let’s Wi-Fiが最大120GBと210GBの大容量プランで話題です。
今回はhi-ho Let’s Wi-Fiの評判を元にしてメリット、デメリットを徹底解説します。

hi-ho Let’s Wi-Fiの基本情報

hi-ho Let’s Wi-Fi基本情報
月額料金(税込)120GB:3828円(1日4GB)
210GB:4730円(1日7GB)
事務手数料3300円
※キャンペーンで0円
契約年数2年
端末代金無料
月額実料金(税込)
キャンペーン適応
120GB:3278円(1日4GB)
210GB:4004円(1日7GB)
運営会社株式会社ハイホー
公式サイトhi-ho Let’s Wi-Fi公式サイト

 キャンペーン適応で月額の実質が120GBは3278円、210GBは4004円と非常にリーズナブルです。

hi-ho Let’s Wi-Fiを他社と比較した結果!

hi-ho Let’s Wi-Fiと他社を比較してみました。

【hi-ho Let’s Wi-Fi:120GBプランとの比較】

通信会社月額実質初期費用容量
hi-ho Let's Wi-Fi3278円0円120GB
※1日4GB
AiR-WiFi3278円3300円100GB
THE WiFi3281円3300円100GB
ゼウスWiFi3726円3300円100GB
ギガゴリWiFi3771円3380円100GB

hi-ho Let’s Wi-Fiには1日4GBの制限があるものの120GB使えて最安級なのが分かります。
比較した他社は1日の制限がありませんが100GBが上限。
AiR-WiFiも安いですが初期費用が3300円かかります。

【hi-ho Let’s Wi-Fi:210GBプランとの比較】

通信会社月額実質初期費用容量
hi-ho Let's Wi-Fi4004円0円210GB
1日7GB
ChatWiFi4928円4378円200GB
ギガゴリWiFi6050円3380円200GB

100GB上限のポケットWiFiは多いですが、200GB以上となると数が少なくなります。
hi-ho Let’s Wi-Fiは210GB使えて月額実質4004円と圧倒的なコスパを誇ります。
1日7GBの制限はありますが、非常にリーズナブルです。

hi-ho Let’s Wi-Fiの3つのメリット

1、大容量なのに低料金

他社との比較の項目で解説した通り、hi-ho Let’s Wi-Fiは大容量でありながら低料金が魅力です。
100GB上限、200GB上限といったライバルが多いのに対し、hi-ho Let’s Wi-Fiは120GB、210GBと上限ギガが多いのが特徴。

特に超大容量の210GBプランは、動画やオンラインゲームなどをヘビーに楽しむ方におすすめ。
ライバルの200GBプランに圧倒的な差をつけて安いです。

2、キャリア回線使用でエリアが広い

hi-ho Let’s Wi-Fiは最新のクラウドSIM方式。
ソフトバンク、au、ドコモのキャリア回線の中から最適なものを選んで接続します。
キャリア回線なので対応エリアが広く山間部や地方でも強みを発揮します。

3、海外でもそのまま使用できる

hi-ho Let’s Wi-Fiを海外に持って行けば特別な手続き不要でそのまま利用できます。
海外旅行などの際、わざわざ別のポケットWiFiをレンタルする必要がありません。

海外エリア上限GB料金
東南アジア1日1GB970円/日
ヨーロッパ
アジア
アフリカ
中央・南アメリカ
北アメリカ
オセアニア
1670円/日

海外で電源を入れるだけでOK。特別な申請も不要です。
1日1GBも使えるのでネットサーフィンやSNSに最適です。

4、ポケットWiFi端末が無料でもらえる

hi-ho Let’s Wi-FiはポケットWiFi端末を無料でもらえるのも大きなメリットです。
競合他社の場合、レンタルの場合が多く契約が終わったら返す必要があります。
返す必要がある端末を何年も使うのは思いのほか気を遣うもの。自分のものとして思う存分使えるのは大きなメリットです。

【無料提供端末】

NA01U2s
通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
国内利用回線ソフトバンク、au、ドコモ
海外利用可能
サイズ 126x 66x12.6mm127×65.7×14.2mm
重量 148g151g
連続使用時間12時間12時間
バッテリー容量 3500mAh3500mAh
同時接続台数最大10台最大5台

5、8日以内ならキャンセル可能なので安心

hi-ho Let’s Wi-Fiは初期契約解除制度の対象です。
端末が届いて8日以内に連絡すればキャンセルが可能。
初期契約解除制度は消費者保護の仕組みです。

参考初期契約解除制度とは(国民生活センター)

万が一、電波が繋がりにくい、遅いなど不満な場合はキャンセルできるので安心です。
キャンセルの場合、連絡の上、ハイホーより送られてきた端末、同梱物を7日以内に返送しましょう。

連絡先電話番号0120-858140
返送先〒354-0044 埼玉県入間郡三芳町北永井275-3
株式会社ティービーエス 三芳物流センター(ハイホー倉庫)

6、信頼できる老舗インターネット企業

hi-ho Let’s Wi-Fiの提供元は、25年以上の歴史を持つ老舗企業株式会社ハイホー。
元々は松下電器産業(現パナソニック)が前身で信頼性も抜群です。
長い歴史とノウハウがあるインターネットのプロ集団なので安心感が違います。

参考hi-ho Let’s Wi-Fi公式サイト

hi-ho Let’s Wi-Fiの3つのデメリット

1、大容量だが1日の速度制限がある

hi-ho Let’s Wi-Fiは大容量で低料金ですが、1日当たりの使用ギガ数の制限があります。
120GBプランなら1日4GB、210GBプランなら1日7GB使うと翌々日に最大128kbpsに速度制限されます。

しかし、そもそも1日4GB、7GB使う事自体がかなり大変です。
データ量を特に消費するのは動画ですが、NETFLIXやYouTubeを標準画質を見る分にはまず問題ないでしょう。

1日の容量制限がある分、120GB、210GBと大容量なのが長所です。

2、途中解約の違約金が高め

hi-ho Let’s Wi-Fiは2年契約の自動更新です。
更新月以外で解約すると解約金がかかります。

【hi-ho Let’s Wi-Fiの解約金】

210GBプラン
120GBプラン
(ライトプラン)
1年目(0~11ヶ月目)19,800円10450円
2年目(12~24ヶ月目)10,450円
3年目以降(26ヶ月目以降)10,450円
更新月(25ヶ月目)0円

解約金は税込。
ライトプラン(120GB)は10450円と相場通りですが、210GBプランの1年目は19800円と高めなので注意が必要です。
もちろん更新月に解約すれば解約金はかかりません。

hi-ho Let’s Wi-Fiはこんな方におすすめ!

1、ヘビーユーザーの方

hi-ho Let’s Wi-Fiの210GBプランはヘビーユーザーの方におすすめです。
クラウドSIM系のポケットWiFiの容量は100GBが多いです。
その倍以上の210GB使えるというはギガ不足の心配から解放されストレスフリーです。

特に動画やオンラインゲームを沢山楽しみたい方に最適と言えます。

2、地方や山間部にお住まいの方

hi-ho Let’s Wi-Fiは三大キャリアと接続するので通信エリアが広いのが魅力です。
三つのキャリア回線が使えるため、田舎にお住まいの方にもおすすめです。

参考田舎に強いポケットWiFi5つのポイント

3、海外旅行でもポケットWiFiを利用したい方

海外にそのまま持っていって使えるのもhi-ho Let’s Wi-Fiの大きな特徴です。1日1GBと大容量で970円/日~1670円/日(地域による)と日割りで利用できます。

hi-ho Let’s Wi-Fiのまとめ

hi-ho Let’s Wi-Fiは120GB、210GBと二つのプランがあり、どちらも高いコストパフォーマンスを誇ります。
特に210GBの大容量プランは他社の100GBプランでは足りない方におすすめ。

端末は無料で提供してくれるため返す必要がありません。
レンタル品ではないとはいえ、故障した時のために端末保障オプション(550円/月)には入っておきましょう。

また、25年以上の実績のある老舗ブランドの信頼性の高さもおすすめポイントです。

参考hi-ho Let’s Wi-Fi公式サイト

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・ゆういち

元ビジネス書出版社のWEB担当。ガジェット&回線マニアで実際に契約して検証がモットー。 検証のためにWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。 ネット回線・スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信するライター。

-ポケットWiFiのプロバイダ比較

© 2021 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校