ポケットWiFiのプロバイダ比較

【最新】ギガゴリWiFiの評判は良い?他社比較で分かったメリット・注意点!

ギガゴリWiFiは、東証一部上場のGMOインターネット株式会社が運営するポケットWiFi。
信頼性はもちろん料金も格安なので評判になっています。
今回はギガゴリWiFiの多彩なプランの概要から他社プロバイダとの比較まで徹底的に解説します。

この記事で分かること

  • ギガゴリWiFiのプラン概要
  • ギガゴリWiFiのSNSの評判
  • 他社プロバイダとの月額料金比較
  • ギガゴリWiFiのメリットと注意点

このページを最後まで読めばギガゴリWiFiの全てが分かります。

ギガゴリWiFiは200GBまで幅広いプランがある!

ギガゴリWiFiには月額上限20GB、40GB、100GB、200GBまで4つのプランがあります。
プランが豊富なのはギガゴリWiFiの大きな魅力。

【ギガゴリWiFiのプラン一覧】

月額上限月額実質料金
(税込)
20GB2167円
40GB2937円
100GB3771円
200GB6050円

参考ギガゴリWiFi公式サイト

100GBプランは3267円じゃなかったの?と思う方もいるかも知れません。

3267円~となっており、最初の2ヵ月は3267円、その後3817円になります。
月の平均にすると月額は3771円(税込)。
よくある表記ですが良い商習慣とは言えませんね。
もちろん、100GBが月額実質3771円というのは十分安いです。

初期費用3300円(税込)、端末レンタル無料
クラウドSIMという最新技術を使っており、三大キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)の中から最適な回線と接続します。
クラウドSIMはキャリア回線なのでエリアが広く、田舎でも繋がりやすいのが魅力です。

参考田舎に強いポケットWiFi選び方5つのポイント

ギガゴリWiFiの口コミ評価を調査

ギガゴリWiFiのSNSでの評判は、現在のプランに変更される前のものが多いです。
現在はクラウドSIMのワールドプランのみ。
以前はソフトバンク回線を使用した低容量プランもありました。

やはり月額料金で悩んでる評判があります。
月額料金が途中から高くなるのがネックです。

無制限プランは現在は撤廃されMAXでも200GBプランのみです。
WiMAX回線の低速状態が1Mbpsですから、1.2GMbpsは非常に低速。
楽天モバイルのポケットWiFiは当サイトでもおすすめです。

参考【Rakuten WiFi Pocketレビュー】楽天モバイルのポケットWiFiを他社と比較!

契約を解除される方の口コミです。
契約期間が終わったらポケットWiFi端末は返送する必要があります。

ギガゴリWiFiと他社回線の月額料金を徹底比較

ギガゴリWiFiとライバルのクラウドSIM回線と比較してみます。
(すべて税込料金です)

20GB40GB50GB100GB200GB
ギガゴリWiFi2167円2937円3771円6050円
どこよりもWiFi2508円3278円3718円4158円
THE WiFi
(どすごいWifi)
3278円3190円
ゼウスWiFi2178円2948円3759円
クラウドWiFi東京3718円

月額料金比較で安い所をオレンジでマークしました。
ギガゴリWiFiはライトユーザー向けの20GB、40GBが安い事が分かります。
特に200GBプランはどこよりもWiFiの方が圧倒的に安いので注意
200GBの大容量ならどこよりもWiFi一択と言えます。

あわせて読みたい
【ポケットWiFiのレンタルを比較】一番お得でおすすめなのはここだ!

続きを見る

ギガゴリWiFiとWiMAXの比較をしてみる

ギガゴリWiFiはWiMAX系プロバイダのGMOとくとくBBと同じGMOインターネットが運営しています。
GMOとくとくBBはWiMAXプロバイダで最安値級の大人気サービス。
同じ会社が運営しているギガゴリWiFiとGMOとくとくBBを比較してみましょう。

【ギガゴリWiFiとGMOとくとくBB(WiMAX)との比較】

プラン名月額実質料金
(税込)
通信制限契約期間
ギガゴリWiFi20GB   2167円
40GB   2937円
100GB 3771円
200GB 6050円
月額上限で低速化2年
GMOとくとくBB(WiMAX)3700円前後
(キャッシュバック額により変動)
無制限
※3日間で10GBを超えた場合、翌日の数時間速度制限
3年

1、月額料金の比較

※キャッシュバック額は月ごとに変動

GMOとくとくBBは毎月3万円前後のキャッシュバック額を行っており、月額の実質料金が3700円前後(キャッシュバック額により変動)と、無制限でありながら最安級で評判です。

ギガゴリWiFiはライトユーザー向けの20GB、40GBプランがリーズナブル。
大容量ならGMOとくとくBBがおすすめです。

参考GMOとくとくBBはキャッシュバックで最安値級!お得に契約する全知識

2、通信制限の比較

WiMAX回線は無制限で使えるにも関わらず、短期間に大量の通信をすると通信制限があるのがネック
3日間で10ギガを超える通信を行うと、翌日の夕方6時~深夜2時までの数時間低速化されるのです。(一定時間が経過すると速度は元に戻ります)

無制限が魅力のWiMAXの最大の弱点がこの短期間に大量通信の速度制限で評判が悪い原因でもあります。

一方、クラウドSIMでキャリア回線を使うギガゴリWiFiは3日で10ギガの速度制限がないのが大きなメリットです。
月間の上限に達しない限り速度制限はないので短期間に大量通信してもOK。
週末に動画などをためてみる方などにはクラウドSIMがおすすめです。

参考ポケットWiFiでhuluは視聴できる?注意点や推奨環境を徹底解説

3、通信エリアの比較

以下、通信エリアと最高速度の比較表です。

通信エリア端末代通信速度(最速)
ギガゴリWiFi広い無料150Mbps
(FS030W)
GMOとくとくBB(WiMAX)地方がやや苦手無料レンタル1.2Gbps
(Speed Wi-Fi NEXT W06)

通信エリアは、クラウドSIMのギガゴリWiFiの方が広いです。
WiMAXの方は特に地方が弱いため、auの通信網を補助として使います。
エリアはWiMAXの弱点であり評判は芳しくありません。

ギガゴリWiFiの契約前に知っておきたい5つの必須知識

ギガゴリWiFi公式サイト

ギガゴリWiFiの契約前に知っておくべき事は以下の5点です。

1、安心サポートには入るのがおすすめ

サポートオプションとして安心サポート(月額330円)と安心サポートワイド(月額550円)があります。
安心サポートは故意による破壊を除き、ポケットWiFiが故障した際の修理代金が無料になる補償制度です。
安心サポートワイドでは水漏れによる故障も補償対象となります。
ギガゴリWiFiはそもそもが安いのでサポートをケチる必要はありません。

2、本人確認書類が必要!

ギガゴリWiFiでは契約の際、本人を確認するための書類が必要です。
本人確認になる書類は次の5種類になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 6ヶ月以内の外国人登録書

これらのうち一つの画像をアップロードして本人確認を行います。

3、申し込んでから約一週間で発送

申し込んだ即日、翌日発送のポケットWiFiが多い中でギガゴリWiFiは約一週間かかります。
急ぎの方は他社を選んだ方が良いです。

ギガゴリWiFiの評判まとめ

今回はギガゴリWiFiについてご紹介しました。
GMOインターネットが運営しているので信頼性抜群のクラウドSIMです。
おすすめのプランは、20GB、40GBといったライトなプラン。
100GB以上のプランなら他社の方が安いですし、無制限のWiMAXも選択肢として有望です。

あわせて読みたい
安いポケットWiFiランキング!徹底比較で分かった1番おすすめはこれだ

続きを見る

-ポケットWiFiのプロバイダ比較

© 2021 ネット回線の学校