ポケットWiFiのプロバイダ比較

【フリーランスWiFiの正しい知識】騙されない為の比較と評判の研究

フリーランスWiFiはフリーランスのために使い勝手のいいポケットWiFiサービスとして、いくつかの企業とパートナーを組み提供されています。

今回はフリーランスWiFiについて、料金プランやメリット・デメリットなどを詳しく解説いたします。

フリーランスWiFiの大きなメリットは縛りが無いということ

フリーランスWiFiは契約期間の縛りがありません。
他社のように2年~3年といった縛りを前提とした料金設定ではなく、いつ解約しても解約違約金は発生しません。

同様に契約縛りの無い縛りなしWiFiやクラウドWiFi東京の直接的なライバルと言えます。

参考クラウドWiFi東京はおすすめ?評判からデメリットまで徹底解析

ではフリーランスWiFiの具体的なサービス内容や評判などを見ていきましょう。

選べる3つのプランと豊富なオプション

フリーランスWiFIは月間のデータ通信量上限別に3つの料金プランが用意されています。
また、フリーランスのビジネスに便利なオプションが用意されている点も魅力です。

プラン名月額料金
60GBプラン4,500円
30GBプラン3,300円
15GBプラン2,800円

60GBの大容量プランであれば、クラウドでの作業やビジネスチャット、webミーティングなど、多くのフリーランスが利用するビジネスリソースを不自由なく活用できるレベルです。

参考Zoomで使えるポケットWiFi

また、副業やすきま時間を活用してフリーランスをしているユーザーは30GBや15GBといったリーズナブルなプランを契約することで、ランニングコストを抑えることが出来るでしょう。

また、「WPS Office Standard」のようなフリーランスWiFi独自のユニークなオプションがあります。
これはMicrosoftのWordやExcelといったオフィス系アプリケーションと互換性のあるWPS Officeの個人向けライセンスが使えるというもの。
Microsoft製品はライセンス料が高く、個人で利用するにはややハードルが高いといえます。

このオプションは月額350円でWPS Officeが使えるため、特に初心者フリーランスにとっては非常にありがたいオプションではないでしょうか。

フリーランスという働き方に特化したポケットWiFi

このフリーランスWiFiは、フリーランスで働く人にとって非常に魅力的なサービスであると言えます。

その一番の理由はフリーランスであれば月額料金が割引されること。

パートナーシップを締結している「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」もしくは「ランサーズ(フリーランスベーシックス)」の会員であれば、月額料金が以下のように割引されます。

プラン割引
フリーランス協会会員
ランサーズ会員共通
60GB/月4,500円⇒4,000円
30GB/月3,300円⇒3,000円
15GB/月2,800円⇒2,500円

割引が適用されるにはそれぞれ一定の条件がありますが、どちらもさほど難しいものではありません。
詳細な条件についてはそれぞれの該当ページを参照ください。

フリーランスwifiを他のサービスと料金比較

では、フリーランスWiFiと競合する他社サービスとで、利用料金にどの程度の差が生じるのかを見ていきましょう。
まずはそれぞれのサービスの初期費用と解約違約金です。

サービス名初期費用 契約期間(違約金)
フリーランスWiFi

2,000円無し
THE WiFi

3,000円2年
解約日問わず一律9,800円
ゼウスWiFi

3,000円2年
9,500円
クラウドWiFi東京

3,980円無し
GMOとくとくBB

3,000円3年
1~24か月目/24,800円
25か月目~/9,500円

フリーランスWiFIは事務手数料2,000円であるため、他社と比較して若干安く契約をスタートしネット環境を整備することができます。あわせて、契約期間の縛りが無く、解約違約金も発生しません。

ただし最も安いというわけではなく、初期費用に関しては同じく解約違約金の無い縛りなしWiFiの方が安いです。

参考縛りなしWiFiの評判は良い?契約して分かったおすすめポイント

フリーランス向けの割引プランを利用したとしてもまだ高いといえます。
しかも、他社はデータ無制限であるのに対し、フリーランスWiFiは60GBという上限が設定されています。
同じクラウドSIMのゼウスWiFiには20GB、40GB、100GBと選べますから60GBしかないのはやはり厳しいです。

参考【ゼウスWiFiの評判】使用レポート&口コミまとめ・他社比較

ただし、2年未満で解約する場合、解約違約金を含めるとフリーランスWiFiの方が安くなります。
期間の縛りが無いというのが唯一のメリットでしょうか。

ただし、同様に契約期間の縛りが無い、縛りなしWiFiと比較してもやはり割高です。
フリーランスWiFiに価格的なメリットはほぼ無いと言っても良いでしょう。

以上の点から、フリーランスWiFiは他社よりもコスト高であり、価格重視というポイントで考えると他社の方がよりリーズナブルに利用できるということになります。

フリーランスWiFiの評判は?

フリーランスWiFiはユーザーの間でどのような評価を得ているのでしょうか。各種SNSでフリーランスWiFiの評判をピックアップしてみましょう。

このように、初期費用の安さや契約期間の縛りが無いという点がユーザーには好評です。

ただし、SNS上にはフリーランスWiFIに関する投稿がほとんどなく、絶対的なユーザー数はかなり少ないのではないかという印象です。
他ユーザーの評判を聞いてから判断したいと考える方にはいまいち消化不良かもしれません。

フリーランスWiFiの5つのメリットと対象となるユーザー

これらの点を踏まえ、フリーランスWiFiのメリットを以下5つにまとめました。

1、契約期間に縛りが無く、解約違約金が0円

フリーランスWiFIには契約期間の縛りがありません。
従って好きな時に気軽に解約できます。
長期契約を想定しないユーザーには大きなメリットです。

2、フリーランス割引がある

すべてのプランにおいて、指定のサービスを利用していれば割引となります。
フリーランスで働きユーザーはよりお得に利用することが可能です。

3、オフィスソフトが利用できる

オプション契約すればMicrosoft office互換アプリを利用できます。
ビジネスシーンで多く使われているofficeソフトを比較的安く活用することが出来ます。

4、初期費用が安い

他社と比較して初期費用が安いため、手軽に契約できます。
ポケットWiFiであるため特殊な工事を必要とせず、短期間でネット環境の構築が出来る点も大きなメリットです。

参考工事無しのWiFiおすすめ3選!安さ、容量、お得度を徹底比較

5、ポケットWiFi端末は信頼性の高いFS030W

FS030W

フリーランスWiFIの端末は富士ソフト製のFS030Wです。
下り最大150Mbpsとスペックも十分で、多くの事業者で採用されている優秀なポケットWiFiです。

フリーランスWiFiの運営会社は?

フリーランスWiFIを運営しているのは、京都と東京にオフィスを構えるDX HUB株式会社です。

企業向けに名刺管理システム「sansan」の導入支援などのソリューション事業の他、留学生を対象とした多言語サポート付き通話SIM事業も行っています。

WiFi事業としては、エアビー施設を対象とした民泊WiFiが業界シェアトップであるなど定評があり、フリーランスWiFi事業も大手とタイアップするなど、企業としての信頼性も高いため安心して利用できます。

フリーランスWiFiよりもおすすめの縛りなしWiFi

フリーランスWiFiは手軽にネット環境を構築できる優れたサービスです。
特にフリーランスで働いているユーザーであれば契約には大きなメリットがあります。

ただし、長期契約には不向きです。
2年以上の利用を想定するのであれば、他社の方が断然お得です。

特に縛りなしWiFiはフリーランスWiFiよりも初期費用・月額費用ともに安く、通常プランであればサービス内容もさほど大きな差はありません。

参考縛りなしWiFi公式サイト

評判の数も考慮すると、縛りなしWiFiの方が相対的におすすめ度が高いため、気になる方は縛りなしWiFiをチョイスした方がよりお得にポケットWiFiを利用できるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

元外資系ITキャリア勤務。PtoP高速データ通信事業の事業戦略を担当。その後某格安SIMのセールスエンジニア、某光回線のサポートセンターオペレーターとして勤務。無線通信回線、固定回線共に精通。 2015年からフリーランス。テレワークで仕事をしていることもあり、ポケットWiFiは手放せない存在です。

-ポケットWiFiのプロバイダ比較

© 2021 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校