ポケットWiFiのプロバイダ比較

ポケットWiFiのキャッシュバックを徹底比較!最も安いのはここだ

ポケットWiFiのプロバイダには高額キャッシュバックがあり実質料金が安くなるケースがあります。

今回はポケットWiFiのキャッシュバックを徹底比較、最もお得なのはどこかを解説します。

高額キャッシュバックがあるポケットWiFiのプロバイダを比較!

高額キャッシュバックを実施しているプロバイダの多くはWiMAXのポケットWiFiを取り扱っている会社です。
主なサービス名とキャッシュバック額を一覧で見てみましょう。

【主要ポケットWiFiのキャッシュバック額】

プロバイダ名 契約種別 キャッシュバック 適用の詳細
GMOとくとくBB 新規契約 最大31,000円 キャッシュバック額は契約する機種によって異なる
Broad WiMAX 新規契約 18,857円 Webからの申込限定
初期費用割引に充当
Broad WiMAX 乗り換え割引 最大19,000円 他社ポケットWiFiからの乗り換え契約
Broad WiMAX 2台目キャンペーン 10,000円 2台同時の契約ユーザーが対象
BIGLOBE WiMAX 新規契約 15,000円 ポケットWiFi端末同時申込で適用

※キャッシュバック額は変動の可能性あり
※各社ともに細かな条件が設定されていますが、詳しくは後述

キャッシュバック額はGMOとくとくBBが最も高額。
最大で3万円台(※月ごとに変動)のキャッシュバックがあります。

またBroad WiMAXは適用される場面が多く、新規契約以外でもキャッシュバックの恩恵を受けられます。
BIGLOBE WiMAXはポケットWiFi端末同時購入という条件付き。
しかし、ほとんどのユーザーはポケットWiFiを同時購入をするので実質全員がキャッシュバックの対象です。

キャッシュバックを加味した月額料金で比較してみよう!

キャッシュバックのあるポケットWiFiサービスの場合、月額料金だけで比較するのはNGです。
月額料金が比較的高いプロバイダであっても、高額キャッシュバックにより「実施的なコスト負担」が軽減されるためです。
キャッシュバックは実質値引きと考えても良いでしょう。

一例としてUQWiMAXとGMOとくとくBBとを比較してみましょう。
ポケットWiFiのプランはデータ無制限のギガ放題、端末はSpeed Wi-Fi NEXT WX06。
ともに新規契約を行った場合の3年間のトータルコストを算出してみました。

GMOとくとくBB UQWiMAX
初期費用 3,000円 3,000円
端末費用 0円 15,000円
月額費用 1~2か月目 3,609円
以降 4,263円
3,880円
3年間のトータルコスト 155,160円 157,600円
キャッシュバック額 ▲27,500円 なし
合計 127,660円 157,600円

GMOとくとくBBとUQWiMAXとでは、月額料金だけを見るとUQの方が安いです。
3年間のトータルコストを見ても両社のサービスにほとんど差はありません。
これであれば知名度の高いUQWiMAXにしようかと考えるユーザーもいるでしょう。

しかし、GMOとくとくBBには高額キャッシュバックがあります。
キャッシュバックを考慮すると、3年間のトータルコストはGMOとくとくBBの方が3万円以上安くなるのです。

参考ポケットWiFiの比較

キャッシュバックを受けるときの注意点

トータルコストで見るとお得なキャッシュバックですが、受け取るには条件をクリアする必要があります。
それぞれの条件を詳しく見ていきます。

GMOとくとくBBのキャッシュバック条件

GMOとくとくBBのキャッシュバックは、契約から11か月目にユーザー自身が手続きをする必要があります。
この手続きを忘れるとキャッシュバックを受けられないため要注意です。

また、キャッシュバックのお知らせメールは普段使用しているメールアドレスではなく契約時に作るGMOとくとくBBのメールアドレス宛に届きます。見落とす可能性もあるのでこの点にも注意しましょう。

さらに、メールが届いた月の翌月末までに手続きを行わなければ無効となります。

参考GMOとくとくBBのキャッシュバックを確実に受け取る全手順

Broad WiMAXのキャッシュバック条件

新規契約のキャッシュバック

Broad WiMAXのキャッシュバック18,857円については、Web申込限定であるためWeb上で契約を完結させる必要があります。
また、現金が手元に届くのではなく、初期費用の請求額から割引になる点に注意してください。

乗り換え割引

乗り換え割引は他社(ADSL/光回線/ケーブルTV/ポケットWiFiなど全てのインターネット回線)からの乗り換えユーザーに限定されています。キャッシュバック金額も他社の契約解除料と同額になるため、全員19,000円がもらえるわけではありません。

さらに、

  • クレジットカード支払い
  • 契約開始月を含む4ヶ月末日までに手続きを行う
  • 他社サービスの解約の証明が必要

など、さまざまな条件が設定されています。
キャッシュバックされるのは契約開始月を含む6ヶ月末と比較的早いのは魅力です。

BIGLOBE WiMAX

上記2社と比べるとBIGLOBE WiMAXのキャッシュバックは条件が緩く、煩雑な手続きも不要です。
キャッシュバック適用のメールが届くので、サービス開始翌月の2日目から45日間以内に手続きを行えば大丈夫です。

契約開始からすぐにキャッシュバックが受けられるため、短期的に見るとメリットが大きいと言えるでしょう。
また、契約期間の縛りも1年間であるため、手軽さという点では最も魅力のあるキャッシュバック特典と言えます。

【タイプ別】ポケットWiFiのキャッシュバックおすすめプラン

1、【料金の安いポケットWiFiを選ぶなら】GMOとくとくBB

※キャッシュバック額は月ごとに変動

料金の安さで選ぶなら、最もコストパフォーマンスに優れたGMOとくとくBBのポケットWiFiがおすすめです。

GMOとくとくBB公式サイト

キャッシュバックのタイミングが11か月後、契約期間の縛りが3年になりますが、コストが圧倒的に安いプロバイダです。
機種によってキャッシュバック金額が異なりますが、最新のポケットWiFiでも3万円前後の額が設定されているのが魅力。
料金重視のユーザーならGMOとくとくBBがおすすめです。

2、【ポケットWiFiの機種を変更するなら】Broad WiMAX

機種変更前提であればBroad WiMAXの乗り換え割引キャッシュバックを検討すべきでしょう。
ほとんどのプロバイダでは契約年数の途中で解約すると、解約違約金が発生します。
乗り換え割引キャッシュバックは解約違約金をキャッシュバックとして補填してくれるため、コスト負担無くして乗り換えが可能です。

Broad WiMAX公式サイト

また、ポケットWiFiだけでなく光回線などからの乗り換えでもキャッシュバックが受けられるのもメリットが大きいです。

3、【短期的にポケットWiFiを使うなら】BIGLOBE WiMAX

2年3年という長期ではなく、1年程度の契約を前提としたユーザーであればBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

BIGLOBE WiMAX公式サイト

1年契約縛りであるため、1年経過後であれば違約金なしで解約可能です。
短期間利用する方にメリットが大きいポケットWiFiです。

まとめ

ポケットWiFiのキャッシュバックは、2万円前後、高ければ3万円を超えることがあるためコスト削減効果は絶大です。
月額料金だけで比較すれば割高になる場合でも、キャッシュバックを考慮すれば安くなるというケースも多いです。

どのプランが得かはケースバイケースですので、ユーザー自身の現状のプランや契約期間などよく考えて、少しでもお得なプランを契約ししょう。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-ポケットWiFiのプロバイダ比較

Copyright© ネット回線の学校 , 2020 All Rights Reserved.

テレワーク急増でポケットWiFi在庫不足が発生中
在庫チェック