@nifty は1987年からインターネット関連サービスを展開している老舗

WiMAX系モバイルルーターの中でも比較的知名度の高い@nifty WiMAX。

インターネット黎明期の1987年から商用プロバイダとして事業を展開していたニフティ株式会社が運営しており、現在では家電量販店である株式会社ノジマの完全子会社となっています。

WiMAXプロバイダ事業はその中のひとつであり、他にも@nifty(アット・ニフティ)ブランドで光ファイバーサービスや格安スマホ、ブログサービスなどを提供しています。

@nifutyというブランド自体、一般的な知名度はさほど高くはありませんが、古くからインターネットに慣れ親しんできたユーザーの間では「ニフティサーブを知らない人はいない」と言われるほど有名なプロバイダです。

参考:nifty WiMAXを使ってる方の口コミ体験談

@niftyWiMAXは契約期間が選べるメリットあり!

そんな@niftyWiMAXですが、契約月から3か月目までは非常に安く利用できる料金プランを導入しています。また契約期間を選べるというメリットもあります
以下、@niftyWiMAXの主な特徴をピックアップしてみましょう。

※2019.4現在

  1. 月額料金は3か月目までかなり安い
  2. 新規端末の発売開始は早い
  3. 契約期間が2年か3年か選べる
  4. @nifty基本料金が別途発生する

@niftyWiMAXの月額利用料は初月無料!

WiMAXプロバイダを検討しているユーザーにとって最も気になるのは月額利用料です。
できるだけ安いプロバイダで契約したいと考えるのが普通ですが、実は@niftyWiMAXの月額利用料は契約したその月は無料になるという魅力があります。

仮に1日に契約した場合、まるまる1か月分が無料になるのです。

また、3か月目まで自動で割引になるというのも魅力のひとつ。

2~3か月目は3,670円とWiMAXプロバイダの中でも安い料金設定となっています。
これにキャッシュバックなどの各種キャンペーンが加わればかなりお得に利用できるWiMAXプロバイダとなります。

端末発売のタイミングはUQWiMAXとほぼ同じ

WiMAXの新端末発売はUQWiMAXが最速ですが、@niftyWiMAXもUQWiMAXとほぼ同じタイミングで新端末が購入できるようになります。

それだけUQWiMAXに近い存在のプロバイダといえます。また、最新端末でも0~1円で購入可能であり、送料無料であるため初期費用をかなり安く抑えることもできるのです。

@niftyWiMAXは契約期間が2通り選べる

多くのWiMAXプロバイダは契約期間が3年となっています。いわゆる3年縛りであり、途中解約は高額の違約金が発生します。
しかし、@niftyWiMAXは3年縛りだけでなく2年縛りプランもあり、「3年は長すぎる」と考えるユーザーからの高い支持を得ています。

なお、2年契約でも3年契約でも月額利用料は変わらず、解約違約金などの諸条件も同等です。唯一、2年契約の場合はLTEオプション料が有料となるという点がデメリットです。

月額利用料の他に@nifty利用料が毎月発生する

@niftyWiMAXの最も大きなデメリットともいえるのが、この@nifty利用料の存在です。WiMAXの利用料とは別に毎月250円の@nifty利用料が発生します。3年契約だとトータル9000円となり、決して安くはありません。

なお、@nifty利用料は、@niftyの他のサービスを利用している場合は0円となるので、WiMAXと一緒に格安スマホなどのサービスを利用することをおススメいたします。

@niftyWiMAXの特徴まとめ

@niftyWiMAXは老舗企業が運営していることにより、多くのユーザーから信頼や安心を得ているサービスです。
利用開始時の月額利用料や初期費用が比較的安く抑えられているのもGOOD。各種キャンペーンなどがある期間に契約するとさらにコストダウンを図れます。

2年間という短い期間でも契約可能であるため、解約違約金のリスクを多少緩和することもできます。
3年縛りが不安な方にとって、@niftyWiMAXでの契約はベストの選択となるでしょう。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。