接続業者

GMOとくとくBBはキャッシュバックで最安値級!お得に契約する全知識

GMOとくとくBBはWiMAXプロバイダの中でトップクラスの人気を誇ります。
GMOとくとくBBは以下のような方におすすめのWiMAXプロバイダ。

GMOとくくBBはこんな方におすすめ!

  • 月額料金を安くしたい
  • 自宅がWiMAXのエリア内か不安
  • 信頼性の高いプロバイダと契約したい

ここではGMOとくとくBBがこういった方におすすめな理由と、メリットからデメリットまで徹底解説します。

この記事で分かること

  • GMOとくとくBBのプラン概要
  • 他社WiMAXプロバイダとの比較
  • GMOとくとくBBのメリットとデメリット
  • その他、安値のからくりなど

かつてGMOとくとくBBを実際に契約していた筆者がこれらを徹底的に解説。
最後まで読んでいただくとGMOとくとくBBがあなたのニーズにこたえてくれるか否かが分かります!

2つの料金プランをサクっと紹介

GMOとくとくBBには二つの料金プランがあります。

【GMOとくとくBBのプラン詳細】

ギガ放題プラン7GBプラン
月の上限容量無制限
※3日で10GBの制限あり
7GB
事務手数料(税込)3300円
月額料金(税込)1~2ヵ月  3969円
3ヵ月以降 4688円
3969円
キャッシュバック30000円前後
※月ごとに変動
月額実質料金(税込)
3812円
3000円前後
契約年数3年
支払い方法クレジットカードのみ

参考GMOとくとくBB公式サイト

どちらも3万円前後の多額のキャッシュバックがあるので、月額に反映してみると実質料金がかなり安く抑えられます。
※実質料金が「前後」となっているのはキャッシュバック額が月ごとに変わるからです。

圧倒的に人気なのはギガ放題プランで7GBで申し込む方は少ないです。
動画やゲーム、更に仕事で使われる方なら無制限のギガ放題をおすすめします。

なお、どのWiMAXプロバイダだろうと通信品質に変わりはありません。
プロバイダによって変わるのは月額料金と契約年数が主です。

【やはり安い!】GMOとくとくBBと他社の料金を徹底比較

GMOとくとくBBの月額料金を他社ライバル回線と比較してみましょう。

【GMOとくとくBBと他社回線の月額料金比較】

月額実質(税込)
※ギガ放題
端末代(税込)契約年数
GMOとくとくBB3812円
無料3年
Broad WiMAX3931無料3年
BIGLOBE WiMAX43784120
※キャッシュバック適応後
1年
UQ WiMAX4818月額料金に上乗せ2年

更に多くのWiMAXプロバイダとの比較は以下もご覧ください。

参考WiMAXプロバイダの料金を比較!最新キャンペーンで最もおすすめなのはこれだ

キャンペーン適応後のGMOとくとくBBの月額料金は他社よりも安いのが分かります。

GMOが安い理由は、販売数が多いためインセンティブが多く、ユーザーに還元できるからと言われています。
「言われています」としたのはGMOとくとくBB側が明言したわけではないからです。
しかし真実味がある情報だと私は思っています。

【エリアが不安】GMOとくとくBBは20日以内ならキャンセル可能

契約したはいいが繋がらない!なんて方の為にGMOとくとくBBは契約して20日以内なら、端末をキャンセルすることが可能です。

ポケットWiFiは、地域によって電波の強さが大きく変わります。
ですからGMOとくとくBBは、繋がらなかったら20日以内キャンセル可能です。
ちなみに法律で決まっている「初期契約解除制度」は8日なのでかなりの太っ腹と言えます。

地方在住の方には特にこの制度はありがたいポイントです。

参考田舎に強いポケットWiFi選び方5つのポイント

20日以内に違約金なしでキャンセルできる条件は、ピンポイントエリア判定で〇にも関わらず繋がらない場合です。
ですからエリアチェックは必須です。

【エリアチェックの全手順】

1、GMOとくとくBB公式サイトにアクセスし、下にスクロール

2、エリアマップの上の「ピンポイントエリア判定」をクリック

3、ご自宅の住所付近が〇かをチェックする

ここで注意なのは自宅だけでなくご自身の行動範囲も〇がどうかチェックする事です。
ポケットWiFiは持ち歩くものなので、自宅だけで使う方は少ないです。
△や×だったらWiMAXはあきらめてWiMAX以外の回線にした方が賢明です。

他社のWiMAXプロバイダもエリアは全く同じなのでクラウドSIMのポケットWiFiが有力な候補になります。

あわせて読みたい
ポケットWiFiを比較!おすすめネット回線で1番安いのはこれだ

ポケットWiFをエリア・料金・通信制限・通信速度、端末性能重要5ポイントで比較! ポケットWiFiは現在50社以上がひしめき、月額料金も、通信容量も多種多様です。 そこでこのページでは、5つの重要点を ...

続きを見る

運営会社は信頼性抜群のGMOインターネット株式会社

GMOとくとくBBの運営会社は東証一部上場のGMOインターネット株式会社です。

GMOインターネットの設立は1991年と古く、ネットが普及していない時代から通信業に力を入れていました。
ネット業界のコングロマリットとも言われ多数の子会社をかかえる大企業。
サポートも充実しているため初心者のも優しいサービスです。

GMOインターネットはGMOとくとくBBの他にギガゴリWiFiも運営しています。

参考ギガゴリWiFiの評判は良い?他社比較で分かったメリット

ギガゴリWiFiはクラウドSIMを使ったポケットWiFi。
最大200GBのプランがあります。

GMOとくとくBBのデメリット

ここからはGMOとくとくBBのデメリットを紹介します。

1、契約年数が長く、途中解約には違約金がかかる

GMOとくとくBBは月額実質料金が安い分、契約年数3年です。
途中解約を行うと、契約年数に応じて以下の解約金が発生します。

  • 1ヶ月目~12ヶ月目……20900円(税込)
  • 13ヶ月目~24ヶ月目……15400円(税込)
  • 25ヶ月目以降……10450円(税込)

※違約金は変更になる可能性あり

「契約更新月」が決まっており、やめる際はこの「契約更新月」に解約しないと違約金がかかります。
3年契約を満了した後も1年に一回の「更新月」に解約する必要があるので、計画的にやめなくてはなりません。

これは破格の安さを実現するための工夫ですが、気軽にいつでもやめられないのはデメリット。

気軽にやめられるのが良いなら、1年契約のBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBBがキャッシュバック適応で月額実質3812円なのに対して、BIGLOBE WiMAXは月額4378円。
更に端末代がキャッシュバック適応して4120円程。
確かにGMOとくとくBBよりは割高ですが、そもそもWiMAX回線は低料金なので負担になる金額ではありません。

参考BIGLOBE WiMAXは解約しやすさが魅力!気楽に試せるプロバイダ

BIGLOBE WiMAXは仮に1年以内にやめても解約金が1000円だけ。
こちらも短期利用の方から長期利用の方まで人気のプロバイダです。

2、キャッシュバックを受け取るまでの期間が長い

GMOとくとくBBは充実したキャッシュバックが魅力ですが、受け取るまでの期間が長いです。

キャッシュバックを受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 端末を受け取ってから11ヶ月経過する
  • 11ヶ月後に案内されたメールに返信する

契約してから11ヶ月以降にキャッシュバックが振り込まれるのでキャッシュバック自体の存在を忘れてしまっていたという方も少なくありません。

多額のキャッシュバックが魅力のGMOとくとくBBですが、受け取るのはコツがあります。
キャッシュバックを忘れないで必ず受けとるコツは以下を参考にしてください。

参考GMOとくとくBBのキャッシュバックを確実に受け取る全手順

GMOとくとくBBの申し込みは4つのステップで決める

以下では、GMOとくとくBBの申し込みの流れを4つのステップで紹介します。

GMOとくとくBB公式サイト

【ステップ1】エリアチェック

GMOとくとくBBの公式ページにアクセスしエリアチェック(前述)します。
ピンポイントエリア判定で〇ならOK。
万が一繋がらなくても20日以内なら解約金なしでキャンセルできます。

【ステップ2】端末の選択

申し込みボタンをクリックorタップすると端末選択画面になります。

希望の端末を選択します。
機種によってもキャッシュバック金額が若干違うので、最も使い勝手が良さそうな機種を選びましょう。

【ステップ3】契約プランを選ぶ

契約プランを選択します。

プランには「ギガ放題プラン」と「通常プラン」の2種類があります。

  • ギガ放題プラン……データ上限無しのプラン
  •  通常プラン……データ通信量月7GBまでのプラン

必要に応じてオプションを選択します。

契約しないという選択肢は選べないため、サポートが不要な場合は契約後に自分で解約を申請する必要があるので注意してください。

【ステップ4】契約完了・確認

契約者の情報を入力し、支払い方法などを選択して、契約完了です。

あとは本体端末が届くのを待ちましょう。

まとめ:GMOとくとくBBが人気の理由

GMOとくとくBBは、WiMAX回線の中でもTOPクラスの人気を誇ります。
理由は、多額のキャッシュバックによる実質値引きです。
WiMAX回線の大元は、UQ WiMAXですが、UQが月4818円なのに対し、GMOとくとくBBはキャッシュバック適応で月額実質税込3812円で更に端末代も無料。
また、東証一部上場企業が提供するサービスという信頼度の高さも大きな魅力です。

あわせて読みたい
【比較】無制限ポケットWiFiで最もおすすめなのはこれだ!【2021年版】

無制限ポケットWiFiはテレワークや動画視聴、更にはオンラインゲームなどには必須です。 今回は人気ポケットWiFiを徹底比較し、おすすめ無制限TOP3をピックアップします。 最後まで読めば無制限ポケッ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wakajitsu

関西在住のフリーライター。商社で5年間勤務した後、Webライターへ転身。ガジェットレビューなど幅広い記事を執筆。

-接続業者

© 2021 ネット回線の学校