接続業者

【GMOとくとくBBレビュー】WiMAXを契約して他社と比較した結論

GMOとくとくBBは月額実質料金が最安級で人気のWiMAXプロバイダです。
今回は実際にGMOとくとくBBを契約してレビュー。
他社回線と速度や月額料金を比較し本当の実力を徹底的に検証します。

GMOとくとくBBの料金プランを簡単に解説

GMOとくとくBBの5G対応プランは以下です。

【GMOとくとくBBのプラン詳細】

GMOとくとくBB基本情報
月の上限容量無制限
事務手数料(税込)3300円
月額料金(税込)1~24ヵ月 4631円
25ヵ月以降 5302円
キャッシュバック1万円
月額実質料金(税込)
4577円
契約年数3年
支払い方法クレジットカードのみ

参考GMOとくとくBB WiMAX公式サイト

1万円前のキャッシュバックがあるので、月額に反映してみると実質料金がかなり安く抑えられます。
なお、どのWiMAXプロバイダだろうと通信品質に変わりはありません。

プロバイダによって変わるのは月額などの料金プラン。
加えてプロバイダ運営会社の信頼度です。

GMOインターネット株式会社を知らない方の為に書いておくと東証一部上場、ネット業界のコングロマリット、超巨大企業です。念のためウィキペディアを見たら従業員数5,225名(2021年6月現在)。

4階-14階がGMOらしい

大企業だから良いとは限りませんが、大企業の方が良い場合が多いのは経験則で分かります。
WiMAXプロバイダとしてはオリコン顧客満足度2年連続1位
余力がある企業はサポートもきめこまやかです。

【やはり安い!】GMOとくとくBBと他社の料金を徹底比較

GMOとくとくBBの月額料金を他社回線と比較してみます。

【GMOとくとくBBと他社回線の月額実質料金比較】

プロバイダ月額料金
(実質)
容量
■WiMAXプロバイダ
GMOとくとくBB
4577円
端末無料
無制限
カシモWiMAX
4743円
端末無料
無制限
Broad WiMAX

4807円
端末無料
無制限
BIGLOBE WiMAX
4874円
端末月賦込み
無制限
UQ WiMAX
4818円
端末月賦込み
無制限
■その他プロバイダ
ワイモバイル
4873円
端末月賦込み
無制限
ゼウスWiFi
【20GB】2178円
【40GB】2948円
【100GB】3759円
端末無料レンタル
プランによる

多額のキャッシュバックで実質料金が最も安いです。

GMOが安い理由は、販売数が多いためインセンティブが多く、ユーザーに還元できるからと言われています。
「言われています」としたのはGMOとくとくBB側が明言したわけではないからです。
しかし真実味がある情報ではないでしょうか。

【接続完了までの3ステップ】

1、SIMカードを端末に差し込む

auのSIMカードなのはWiMAX回線の他にau回線が使えるからです。
WiMAX回線、au5GLTE、au4GLTEの3つの回線が使えます。

2、端末の電源をON

3、送られてきたシールにあるSSIDを接続デバイスのWiFi設定から探し、パスワード入力で接続完了!

SSIDとパスワードは端末の液晶画面からも確認可能。
シールは端末裏面に貼っておくと便利です。

【実測レビュー】他社回線と速度を比較した結果

GMOとくとくBBのWiMAX回線の速度を他社回線と比較してみます。
※4G端末での比較です。4Gエリアでの実測と考えてください。

比較するのはクラウドSIM方式のゼウスWiFiです。
クラウドSIMとはキャリア回線(ソフトバンク、au、ドコモ)の中からその時々で最適な回線と接続する最新技術。
安価なのが特長でゼウスWiFiは特にライトユーザー向けの低容量プランが人気です。

GMOとくとくBBゼウスWiFi
月額実質4577円【20GB】2178円
【40GB】2948円
【100GB】3759円
データ上限無制限プラン毎に異なる
比較端末名Speed Wi-Fi NEXT W06H01
最高速度1237Mbps150Mbps

最高速度のケタが違いすぎるのが気になると思います。
しかし率直にいってWiMAX側が「盛りすぎ」で、こんな速度は出ません。
ゼウスWiFiの最高150MbpsというのがポケットWiFi全般にとって現実的な速度と言えます。

WiMAX端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」で1237Mbpsという速度を実現するにはハードルが高く、

  1. デバイスとの有線接続
  2. ハイスピードプラスエリアモードをON

が条件になります。

1、デバイスとの有線接続

モバイル端末とデバイスの間をUSB接続する事でより高速で安定的なネット環境を実現できます。
ちなみにゼウスWiFiの方は有線接続できません。

2、ハイスピードプラスエリアモードをON

WiMAXの電波とau4GLTEの電波を束ねる事で更に高速化するモード。


しかし、前述の通りau回線は7GBまでしか使えないので7GBに達すると速度制限にかかります。

au回線の使用量が7GBに達すると使い放題のはずのWiMAX回線も速度制限になってしまいます。
ちょっと現実的ではないモードで使わない方が身の為です。
ちなみに私の契約した端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」以降に発売された「Speed Wi-Fi NEXT WX06」にはこのモードはありません。

Speed Wi-Fi NEXT WX06

あまり使う方がいないモードなのだと思います。

GMOとくとくBBとゼウスWiFiの実測比較

実測したのは平日夕方16時台です。

【GMOとくとくBB・Speed Wi-Fi NEXT W06】

デバイスとWiFi接続で40Mbps、USB接続で48Mbps、USB接続+ハイスピードエリアプラスモードで42Mbpsでした。
ハイスピードエリアプラスモードの遅さが気になりますが、この程度のものでONにするデメリットの方が多いのです。
有線接続のメリットは大きいのでかなりおすすめです。

実測値の40Mbpsというのはかなり優秀で、何をするにもストレスがない速度と言えます。

※あくまで目安

【ゼウスWiFi・H01の実測】

ゼウスWiFiはさすがにWiMAX回線にはかないませんが31Mbpsとこちらも高速。

しかし安定的に高速通信をしたいならWiMAX一択と言えます。

GMOとくとくBBのエリアチェック全手順

 

1、GMOとくとくBB公式サイトにアクセスし、下にスクロール

2、対応エリアを確認するをタップ

3、ご自宅の住所を検索する

ここで注意なのは自宅だけでなくご自身の行動範囲もエリア内かチェックする事です。
ポケットWiFiは持ち歩くものなので、自宅以外も必ずチェックしましょう。

運営会社は信頼性抜群のGMOインターネット株式会社

GMOとくとくBBの運営会社は東証一部上場のGMOインターネット株式会社です。

GMOインターネットの設立は1991年と古く、ネットが普及していない時代から通信業に力を入れていました。
ネット業界のコングロマリットとも言われ多数の子会社をかかえる大企業。
サポートも充実しているため初心者のも優しいサービスです。

GMOとくとくBBのデメリット

ここからはGMOとくとくBBのデメリットを紹介します。

1、契約年数が長く、途中解約には違約金がかかる

GMOとくとくBBは月額実質料金が安い分、契約年数3年です。
途中解約を行うと、契約年数に応じて以下の解約金が発生します。

  • 1ヶ月目~12ヶ月目……28050円(税込)
  • 13ヶ月目~24ヶ月目……21450円(税込)
  • 25ヶ月から36ヵ月目……14300円(税込)
  • 37ヶ月目以降の更新月以外…10450円(税込)

※違約金は変更になる可能性あり

「契約更新月」が決まっており、やめる際はこの「契約更新月」に解約しないと違約金がかかります。
3年契約を満了した後も1年に一回の「更新月」に解約する必要があるので、計画的にやめなくてはなりません。

これは破格の安さを実現するための工夫ですが、気軽にいつでもやめられないのはデメリット。

気軽にやめられるのが良いなら、1年契約のBIGLOBE WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBBがキャッシュバック適応で月額実質4577円なのに対して、BIGLOBE WiMAXは月額4874円。
確かにGMOとくとくBBよりは割高ですが、そもそもWiMAX回線は低料金なので負担になる金額ではありません。

参考BIGLOBE WiMAXは解約しやすさが魅力!気楽に試せるプロバイダ

BIGLOBE WiMAXは仮に1年以内にやめても解約金が1100円だけ。
こちらも短期利用の方から長期利用の方まで人気のプロバイダです。

2、キャッシュバックを受け取るまでの期間が長い

GMOとくとくBBは充実したキャッシュバックが魅力ですが、受け取るまでの期間が長いです。

キャッシュバックを受け取るには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 端末を受け取ってから11ヶ月経過する
  • 11ヶ月後に案内されたメールに返信する

契約してから11ヶ月以降にキャッシュバックが振り込まれるのでキャッシュバック自体の存在を忘れてしまっていたという方も少なくありません。

多額のキャッシュバックが魅力のGMOとくとくBBですが、受け取るのはコツがあります。
キャッシュバックを忘れないで必ず受けとるコツは以下を参考にしてください。

参考GMOとくとくBBのキャッシュバックを確実に受け取る全手順

まとめ:GMOとくとくBBが人気の理由

GMOとくとくBBは、WiMAX回線の中でもTOPクラスの人気を誇ります。
理由は、キャッシュバックによる実質値引きです。
また、東証一部上場企業が提供するサービスという信頼度の高さも大きな魅力。

参考GMOとくとくBB WiMAX2+公式サイト

顧客満足度もナンバーワンも当然でとりあえず迷ったらここで大丈夫です。

安いだけでなく初心者へのサポートをしっかりできるのはGMO以外には無いでしょう。

あわせて読みたい
【比較】無制限ポケットWiFiで最もおすすめなのはこれだ!【2021年版】

無制限ポケットWiFiはテレワークや動画視聴、更にはオンラインゲームなどには必須です。 今回は人気ポケットWiFiを徹底比較し、おすすめ無制限TOP3をピックアップします。 最後まで読めば無制限ポケッ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・ゆういち

元ビジネス書出版社のWEB担当。ガジェット&回線マニアで実際に契約して検証がモットー。 検証のためにWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。 ネット回線・スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信するライター。

-接続業者

© 2021 ネット回線の学校