ahamo

ahamo(アハモ)でテザリングを無料で使う|設定手順と料金や注意点を全解説

シンタ
ahamoでテザリングはできるの?
ahamoでもテザリングは無料で可能だけどいくつか注意点があるの
さとう
シンタ
ぜひ利用手順や注意点を教えて

テザリングはタブレットやPCのインターネット接続できる機能として人気を博しています。
ahamoでもテザリングが無料で上限20GBまで利用できますが注意点もあります。
今回は、ahamoのテザリングの仕様、更には具体的な設定方法まで徹底的に解説します。

ahamoのテザリングは無料で20GB上限!

ahamoはテザリングが無料で利用できます。テザリングの仕様は以下の通りです。
テザリングは無料で特別な申し込みは不要、そのまま使えます。

ahamo基本情報
月額料金2970円
データ容量20GB
通話国内通話5分無料
超過後 22円/30秒
テザリング無料
※申し込み不要

ahamoのテザリングの上限は20GBです。データ容量をまるまるテザリングで消費する事ができます。
スマホでの通常の通信とテザリングで20GBをシェアすることになります。

さとう
通常の通信で5GB使っていたら、テザリングで残り15GBを利用できるといった感じね
テザリングと通常の使用を合わせて20GBという事なんだね
シンタ

データ容量の上限20GBを超えると通信制限にかかりますが、ahamoの場合は通信制限後も1Mbpsとそこそこのスピードが出るのが魅力です。
1MbpsとはSNS、ウェブサイト閲覧、YouTubeの標準画質なら視聴可能なレベルの低速状態。重い動画の視聴は無理ですがテザリングとしても使えるレベルの速度です。

ちなみに一部の競合他社は通信制限後の速度が遅いためテザリングがまったくできなくなります。

通信制限後の速度
キャリア回線
(ドコモ、 au、ソフトバンク)
128kbps
ahamo1Mbps
povo2.0128kbps
LINEMO3GBプラン:300kbps
20GBプラン:1Mbps

三大キャリアやpovoの128kbpsではテザリングは現実的には不可能です。
ahamoは20GBと大容量な上に、通信制限にかかった後(20GBに達した後)も1Mbpsとそこそこのスピードが出るのでテザリングに最適と言えます。

上限に達したらデータの購入が可能

ahamoはデータ容量が上限に達した場合、データ容量を追加購入できます。
1GBあたり550円とやや高めですが、テザリングなどで使いすぎた時に重宝します。

ahamoのサイトの「データをチャージ」からオンラインで簡単に申し込めます。
ahamoは通信制限にかかった後でもそこそこの通信速度は出ますが、通常の高速通信をしたい時にチャージ機能は重宝します。

さとう
通信制限後の1Mbpsでは遅すぎる場合にチャージすると便利ね

ahamoのテザリングは実用性が抜群

ahamoのテザリングは以下の4つの理由から実用性に優れています。

  1. 20GBの大容量
  2. 無料、申し込み不要で利用可能
  3. 20GBに達した後も1Mppsで通信可能
  4. データ容量の追加購入ができる

無料であってもテザリングオプションの申し込みが必要な大手キャリア(au、ソフトバンクなど)もあります。
ahamoのテザリングは無料なのはもちろん、申し込みも不要なのがメリットです。

関連LINEMOのテザリングは無料で使える!具体的な手順

ahamoのテザリングには3つの方法がある

テザリングには3つの方法があります。

  1. WiFiテザリング
  2. Blutoothテザリング
  3. USBテザリング
さとう
一般的にテザリングといったらWiFiテザリングだけど他の方法も知っておくと便利よ
それぞれのメリット、デメリットを教えて!
シンタ

WiFiテザリング

スマホからWiFi電波を出して周辺の機器と接続するテザリング方法です。
要領としては自宅のWiFiやフリーWiFiと接続するのと同じで、もっともポピュラーな方法です。
WiFiでのテザリングの特徴は以下の通りです。

  • 複数端末を同時に接続できる
  • 通信速度が高速
  • 対応できる端末が多い
  • バッテリーの消費がはやい

WiFi接続はUSB接続のように有線ではないため複数の端末を同時に接続が可能。
更に通信速度が高速で対応端末が多いのがメリットです。後述するBlutooth接続の場合は、Blutooth対応端末しか接続できません。
デメリットとしては3つの方法のうち最もバッテリーの消費がはげしい事です。

さとう
WiFiテザリングは一番簡単なので、とりあえずこれだけは知っておきたい方法よ
バッテリー消費が気になるなら他の方法を利用するといいね
シンタ

Blutoothテザリング

Blutoothでペアリングしてテザリングする方法です。

  • バッテリー消費が最も少ない
  • 対応端末が少ない
  • 通信速度が遅い
  • 一台しか接続できない

Blutoothテザリングのメリットはバッテリー消費が少ない事です。スマホのバッテリー消費を抑えたい時に重宝する方法です。
デメリットは対応端末の少なさ、通信速度の遅さ、接続台数が一台のみという事。
バッテリーへの負担をかけずに長時間利用したい時におすすめです。

さとう
Blutoothテザリングはすこし手間がかかるのもデメリットね。設定でつまずきやすいの
でもバッテリー残量が少ない時に重宝しそうだね
シンタ

USBテザリング

スマホと端末をUSBケーブルで接続するテザリング方法です。
USBテザリングの特徴は以下のとおり。

  • 通信速度が速い
  • 充電しながらテザリング可能な場合もある
  • 対応端末が少ない
  • 接続端末がケーブルで繋がっている

USBテザリングは3つの中でもっとも通信速度が速いです。
ノートパソコンによっては充電しながらテザリングする事も可能なためバッテリー消費を気にする必要がありません。
WiFi電波をスマホから発信しないためバッテリー消費そのものが少ないのも特徴。
デメリットとしてはケーブルが必要なこと、USB端子がないデバイスでは不可能なこと、ケーブルで繋がっているため接続デバイスの自由が制限される事です。

さとう
USBテザリングは優秀だけどケーブルを刺せるデバイス限定の方法ね
USB接続できるデバイスならこの方法が大活躍しそうだな
シンタ

ahamoでテザリングを行う全手順

ahamoでテザリングを行う手順は、iPhone、androidスマホで異なります。

iPhoneでテザリングを行う手順

WiFiテザリングの手順

  1. 「設定」→「モバイル通信」→「インターネット共有」
  2. 「インターネット共有」画面で「ほかの人の接続を許可」をON
  3. iPhone画面でネットワーク名、パスワードを確認
  4. 接続するデバイス側のWiFi設定で該当ネットワーク名を選択し、パスワードを入力

Blutoothテザリング

  1. 「設定」→「Bluetooth」→BluetoothをON
  2. 接続したいデバイスのBluetooth設定でiPhoneを追加(ペアリング完了)
  3. 「設定」→「モバイル通信」→「インターネット共有」
  4. 「インターネット共有」画面で「ほかの人の接続を許可」をON

USBテザリングはiPhoneとデバイスをUSB接続するだけで完了します。
(対応していない端末もあります)

androidスマホでテザリングを行う手順

WiFiテザリングの手順

  1. 「設定」→「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」
  2. 「Wi-Fiアクセスポイント」をON
  3. androidスマホ画面でアクセスポイント名、アクセスポイントのパスワードを確認
  4. 接続するデバイス側のWiFi設定で該当ネットワーク名を選択し、パスワードを入力

Blutoothテザリング

  1. 「設定」→「Bluetooth」→BluetoothをON
  2. 接続したいデバイスのBluetooth設定でandroidスマホを追加(ペアリング完了)
  3. 「設定」→「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」
  4. 「Bluetoothテザリング」をON

USBテザリングはandroidスマホとデバイスをUSBケーブルで接続するだけです。(対応していない端末もあり)

ahamoと他社格安プランのテザリング性能を比較

ahamoとライバルとなる他社の格安プランでテザリングする場合、容量や料金、速度はどうなるのでしょうか?
実際に比較してみましょう。

データ容量通信速度実測平均
ahamo20GB:2970円99.76Mbps
povo2.0使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2700円
60GB(90日間):6490円
150GB(180日間):12980円
67.15Mbps
LINEMO3GB:990円
20GB:2728円
55.17Mbps
楽天モバイル1GBまで:0円
3GBまで:1078円
20GBまで:2178円
20GB~無制限:3278円
※パートナー回線エリアは5GB上限
5GB超で1Mbpsに速度制限
32.93Mbps

(※実測平均はみんそく調べ)

すべてテザリング無料、申し込みも不要です。

通信速度はドコモ回線を使うahamoが一番速いですが、他社も実用使いでは十分な速度が出ています。

さとう
たとえば、NETFLIXを高画質でも5Mbpsあれば十分なの

どの会社も十分快適な速度が出てるね
シンタ

以下、各社のデータ容量について解説します。

ahamoは20GB上限で2970円のワンプラン。通話5分無料がつきます。
データ上限に達して通信制限にかかっても1MbpsなのでSNS、ネット閲覧などには利用できます。

auの格安ブランドpovo2.0は基本料0円で自分が欲しいデータ量や通話などをトッピングを購入する仕組みです。
データ容量の上限に達すると128kbpsと厳しい速度制限にかかります。
表のカッコ内はトッピングしてからの有効日数で、それを超えると無効になります。
20GB:2700円でahamoよりやや安いですが、通話5分かけ放題(550円)のトッピングを購入して同じ条件にすると3250円と割高になります。

さとう
povoはどちらかというとマメにデータ管理ができる方向きね

LINEMOはソフトバンクの格安ブランドです。
データ容量の上限に達すると3GBプランは300kbpsですが、20GBプランは1Mbpsとインターネットを楽しめる速度が出ます。
20GB:2728円でahamoより安いですが通話5分無料はありません。その代わりLINEの通話のデータ量がカウントされません。

さとう
LINEMOはLINEのデータがノーカウントなのでLINE通話などを沢山する方におすすめだよ

楽天モバイルは従量課金制(使った分だけ課金)でデータ上限はありません。
楽天モバイルの対応エリア内なら無制限ですが、楽天モバイルエリアがまだ狭いのがネックです。
逆にエリア内なら快適にテザリングが楽しめます。

参考楽天モバイルのテザリングは無料、無制限!やり方を徹底解説

さとう
楽天モバイルはエリア内なら無制限、エリア外だと5GB上限でそれを超えると1Mbpsに速度制限がかかるの
対応エリア内なら無制限で使えるからとてもおすすめだね
シンタ

【レビュー】ahamoでテザリング速度を測定してみた結果

ahamoのテザリング速度はどれくらい出るのか実機で試してみました。
スマホはRakuten HandにahamoのSIMを入れて楽天モバイルとのデュアルSIMにしています。

接続した端末はWindows10のPCです。テザリングは3つの方法を試して実測してみました。

【WiFiテザリング】

もっとも一般的なWiFiテザリングでは24Mbps。休日の夕方の混雑時間帯にしては速度が出ていると思います。

【USBテザリング】

USBでPCとスマホを接続した有線でのテザリングです。無線接続の区間が減るので通信速度も29Mbpsとやや上がっています。
通信速度重視ならこの方法。ただしUSB端子がないデバイスには接続不可能です。
またたとえUSB端子があっても接続できない場合もあります。

さとう
USBテザリングはデバイスを選ぶので注意が必要ね
充電しながらテザリングができるのは便利だな
シンタ

【Bluetoothテザリング】

Bluetooth経由でのテザリングでは大きく通信速度を落とし1.2Mbps。Bluetoothテザリングは3つの中でもっとも速度が出ません。
ahamoの通信制限後の速度が最大1Mbpsですから、それに近い遅さです。
SNSやウェブ閲覧は可能ですが、ノンストレスというわけにはいきません。
更に接続までの設定が面倒なのもマイナスポイントです。

さとう
Bluetoothテザリングはバッテリー消費が少ないからバッテリーが少ない時に使うのがおすすめ
様々な方法をその時々で使い分けるといいね
シンタ

現実的にはやはりWiFiテザリングがもっとも使い勝手が良いです。

そもそもテザリングとは何か?基礎知識を確認

テザリングとはスマホ経由で他の端末のWiFi接続をする事です。

いつどこでも他の端末をスマホ経由でインターネットに繋げることができます。
テザリングのメリットは二つあります。

  1. さまざまな端末のインターネット回線を一つのスマホ回線に一本化できる
  2. 光回線やポケットWiFi端末の代わりになる

テザリングは複数の端末を同時に接続できるためスマホ回線に一本化できます。
ライトユーザーならば、光回線やポケットWiFi端末の代わりにもなります。場合によってはテザリングさえできれば自宅の光回線が不要な方もケースもあるのです。

ahamoのテザリングはポケットWiFiの代わりになる?

シンタ
ahamoのテザリングはポケットWiFiの代わりになるの?
気になるところね。違いを詳しく解説しましょう
さとう

ポケットWiFiもテザリングと同じような仕組みになっています。

電波を受信し、WiFiでデバイスとの接続をサポートします。
WiMAXのポケットWiFiの場合は無制限に使えて月額3900円程度。
ahamoのテザリングを比較した場合のメリット、デメリットは以下の通りです。

【ポケットWiFiのメリット】

  • 専用端末なのでバッテリーが大容量
  • データの容量が多い
  • スマホ機器への負担を軽減

テザリングはスマホへの負担が大きくバッテリーもかなりの速度で消費します。
ポケットWiFiは専用端末なのでバッテリー容量が大きくスマホへの負担を軽減します。
また、大容量で格安なのも魅力です。

【ポケットWiFiのデメリット】

  • スマホの他にも月額料金がかかる
  • もう一つ端末を持ち運ぶ必要がある

特にahamoの月額料金の他にも3000~4000円/月でかかってしまうのは大きいです。
ポケットWiFiはインターネットを沢山つかうヘビーユーザーにおすすめと言えます。

さとう
データ消費が少ない方ならテザリングで十分な場合が多いよ

参考ポケットWiFiとテザリングを比較!どっちがお得でおすすめ?

ahamoでテザリングをする際の注意点

1、データ容量に注意

ahamoのデータ容量は20GBです。
テザリングの接続端末がPCなどの場合、データ容量の消費が予想以上に大きくなる場合があります。
たとえば動画はスマホならスマホに最適化された画質で配信されます。
大画面のPCやタブレットで視聴する場合は、スマホよりも画質が上がりデータ消費がはげしくなるケースがあります。

さとう
スマホの画面は小さいから画質も低くて大丈夫だけど大画面になるほど高画質である必要が出てくるよ
確かに大きな画面で動画視聴するなら画質にこだわりたいね
シンタ

またPCの場合、バッググラウンドでプログラムの更新をする事がありその際もデータ量を大量に消費します。
動画の画質を手動で落とす、バッググラウンドでの更新をオフにするなどデータ量をこまめに節約しましょう。

2、パスワードは複雑にする

テザリングに使うパスワードを単純なものにするとセキュリティ上問題があります。
パスワードは複雑なものにしましょう。
パスワードは定期的に変更した方が高いセキュリティを保てます。

3、バッテリー消費がはやくなるので注意

WiFiテザリングはスマホから電波を出すためにバッテリーの消費をはやめます。外出先でテザリングを行ってバッテリー切れという毛0スも考えられます。
バッテリー切れの対策としては、スマホを充電しながらテザリングを行うのがもっとも安心です。
また、比較的バッテリー消費の少ない、BlutoothテザリングやUSBテザリングに変えてみるのも良いでしょう。

さとう
必要に応じてテザリングの方法を選びましょう

ahamoのテザリングよくある質問集

ahamoのテザリングは何ギガまで?

20GBが上限です。上限に達すると1Mbpsに速度を落とされます。
スマホで利用するデータ量とテザリングのデータ量を足して20GBなので注意してください。
テザリングのみで20GBではありません。

オプション料金、申し込みは必要?

テザリングのオプション料金も申し込みも不要です。特別な手続きなしでそのまま利用できます。

20GBを超えた場合は追加料金が必要になる?

ahamoのデータ量の上限である20GBを超えると1Mbpsに速度が落とされますが追加料金はかかりません。
通常の通信速度に戻すには1GBあたり550円でデータ量をチャージする必要があります。

テザリングを無制限で利用したい

ahamoの場合は20GBが上限です。
無制限でテザリングするなら楽天モバイルがおすすめです。
最大に使っても3278円/月でテザリングが利用できます。

ahamoのテザリングは何台まで接続可能?

接続可能台数はテザリングに利用する端末により異なります。たとえばiPhone、iPadの場合は最大5台です。

【まとめ】ahamoのテザリングは3つの点で優秀

ahamoのテザリングについて解説しました。
ahamoはデータ量が20GBとたっぷりあるだけでなく、データ量上限に達しても1Mbpsで利用できるのが魅力です。特にライトユーザなら十分な容量と言えるでしょう。
更にデータ量上限に達したら1GB単位でチャージできるのため安心感もあります。

テザリングには3つの方法があるので状況に合ったものを選びましょう。
特にWiFiテザリングはもっともベーシックで複数端末の接続が可能です。
バッテリー消費を節約するならUSBテザリングやBluetoothテザリングがおすすめです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・水原裕一

ガジェット&光回線マニアで実際に契約して検証が信条。 光回線の他にWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。更にお得なSIM情報にも詳しい。 光回線・格安スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信する専門ライター。元ビジネス書出版社WEB担当。

-ahamo

© 2022 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校