スマホの通信料は高止まりしている!

スマホの通信料はバカになりません。

家族でシェアしているならまだしも、単身世帯ではそのコスト負担は大きく、スマホ代を除いても月額7000円~10000円になる人も多いと思います。

各種報道でも目にする通り、総務省の掛け声のもと通信料金の値下げに各社取り組んでいるようですが、「解約違約金の発生しない期間を延ばす」という斜め上の方向でしか具体的な取り組みがなされていません。

いずれにせよスマホの通信料が今後劇的に安くなることは無いと思われます。

そこで今回は、スマホの通信料、中でもデータ通信料(パケット通信)に着目し、ポケットWiFiを利用することで可能な限りデータ通信料をゼロ円にする方法をご紹介いたします。

参考:ポケットWiFiを比較する際に知っておくべき必須知識

スマホのデータ通信料はいくらなのか?

そもそも、スマホのデータ通信料はいくらなのでしょうか。
NTTdocomoのiPhoneユーザーを例に挙げ、毎月どの程度のデータ通信量が発生しているのか見てみましょう。

画像は家族割なし1回線契約の例です。

パケット定額料は2,900円
これは月間利用データ量が1GBの場合です。

NTTdocomoのパケット「ベーシックパック」は利用データ量に応じて金額が変動する料金プランであるため、3GBで4,000円、5GBで5,000円と段階的に上がっていき、20GBで7,000円がMAXとなっています。

これにSPモード利用料の300円が毎月加算されるため、3,200円~7,300円が毎月データ通信料として発生することとなります。

ゼロ円にするためには、データプランを解約する必要があります。
解約すればカケホーダイなどの音声通話部分のコストのみでスマホを利用することが可能となります。

ポケットWiFiとスマホを常時接続する

イメージ

ポケットWiFiを利用してスマホのデータ通信料をゼロ円にするには、すべてのデータ通信をポケットWiFi経由もしくは無料wifi経由にする必要があります。

NTTdocomoの場合は町中に無料WiFiスポットが比較的多く設けられているため、まずはNTTdocomoの提供するwi-fiを捕まえることができるように設定しておきましょう。

iPhoneの場合は一度設定すると次からはエリア内に入ると自動でWiFi接続されるようになっています。
それ以外の場所ではスマホとポケットWiFiをwifi接続できるようにしておきましょう。

スマホのモバイルデータ通信と自動ダウンロードをOFFにする!

次に、スマホの設定画面で「モバイルデータ通信」をオフにしておく必要があります。

設定から上記画面を出し、赤枠で囲った「モバイルデータ通信」をOFFにしましょう。
同時に、インストールされたアプリの自動更新(ダウンロード)もOFFにしておく必要があります。

同じく設定画面からそれぞれのアプリのモバイルデータ通信とバックグラウンド更新をOFFにしておきましょう。


これですべてのモバイルデータ通信、つまりスマホから4Gネットワークに直接接続するデータ通信ができないようになります。

その後、料金プランのパケットパック等を解約することで、データ通信コストをゼロ円にすることが可能となるのです。

この方法の注意点

この方法により理論的にはポケットWiFiを使ってスマホのデータ通信料をゼロ円にすることが可能です。

理論的と言ったのには理由があります。
この方法にはいくつかの注意点があり、全員がこの方法を利用できるわけではないということです。

いくつかの注意点を以下列挙しておきます。

1、「Wi-Fiアシスト」機能を使わない

スマホにはwifiアシスト機能が導入されているものがあります。

これはwifiの受信感度が悪い時には自動で(勝手に)モバイルデータ通信に切り替わる機能です。
この場合、モバイルデータ通信をOFFにしているにもかかわらずモバイルデータ通信が発生することがあります。

これをいわゆるパケ漏れなどと表現します。

なお、NTTdocomoの場合はSPモードを解約すればパケ漏れは発生しないということですが、他キャリアの場合は発生する可能性があります。
パケ漏れが発生すると多額のパケット通信料が発生することがありますので注意してください。

2、パケットパックの契約が必要な料金プランがある

イメージ

契約している料金プランによっては、パケットパックの契約が必須になる場合もあります。

また端末サポートはSPモードを解約すると無効になる場合もあります。この場合はSPモード及びパケットパックを解約することができないので注意してください。

3、 キャリアメールが使用できない

当然ですが、この方法だとキャリアメール(〇〇〇@docomo.ne.jpなどのメール)が使えません。

アプリ設定をキャリアメールに紐づけている場合は必ず事前に対処が必要です。

4、常にポケットWiFiを持ち歩く必要がある

この方法は、スマホとポケットWiFiを常に肌身離さず一緒に持ち歩くという前提で可能となります。

仮にポケットWiFiを忘れて外出した場合、データ通信が一切行えず不便な思いをすることとなります。
また、スマホと比べてポケットWiFiはバッテリーの消耗が激しいため、バッテリー切れに注意する必要もあります。

まとめ

モバイルルーターを利用してスマホのデータ通信料をゼロ円にする方法をご紹介しました。

ゼロ円を実現するためにはいろいろと設定や注意が必要ですが、知識のある方であればそれほど苦労することもなく実現できるかと思われます。

できるだけ通信コストを安く抑えたいと考えている方で、これらの条件の整っている場合はぜひデータ通信料ゼロ円にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。