WiMAX契約オプションの種類と内容1~安心して利用するために~

WiMAXを契約するなら便利なオプションも検討してみよう

WiMAXプロバイダが提供しているオプションにはいろいろあります。
ただし、どれも有料であるため、コスト負担を嫌ってオプションには一切加入しないという選択を行うユーザーもいると思います。
逆に、オプションに加入していなかったがために余計な出費を強いられたというユーザーもいるでしょう。

そこで今回は、WiMAX系モバイルルーターに関するオプションの中から、モバイルルーターを安心して利用するためのオプションをUQ WiMAXからピックアップし、その内容を解説いたします。

安心のためのオプションその1:端末補償サービス【380円/月】

参考:https://www.uqwimax.jp/signup/t-hosyou/

数あるオプションサービスの中で、最も加入するユーザーが多いのがこの端末補償サービスではないでしょうか。このオプションは、購入した機種の故障や紛失などもしもの時に同等の代替品と交換してくれるサービスです。

ご存知ない方もいると思うのであらためておさらいですが、WiMAX系モバイルルーターの場合は特殊な場合を除き「機種変更」という制度が存在しません。

参考:モバイルルーターを機種変更する場合の注意点とは?

スマートフォンなどの場合、契約と端末は切り離して考えることができるため「契約はそのまま端末だけ変更」ということができます。

しかし、WiMAX系モバイルルーターの契約は端末と一体です。つまり、仮に端末に不具合が生じてしまうとオプション以外での機種交換ができず、契約そのものを見直す必要があるのです。

WiMAXの契約は2年~3年の縛りがあり、途中解約による違約金も高額です。端末不具合≒契約解除であるため、ユーザーにとって思わぬ出費となってしまいます。そういう事態を防ぐためにも、この端末補償サービスには加入しておいた方がよいでしょう。

オプションの内容ですが、大まかには以下のようになります。

  1. モバイルルーターの自然故障、部分破損、全損、水濡れ、火災による焼失、盗難、紛失の際に適用されます。機能的に問題のない単なる破損や液晶割れなども対象となります。
  2. 代替品は対象となるモバイルルーターと同じ機種のリフレッシュ品です。
  3. モバイルルーター本体のみが対象であり、充電器やクレードルなどは対象外です。
  4. WiMAXの新規契約時のみ加入できます。契約期間途中での加入はできません。
  5. 一度解約した場合、同一契約内での再加入はできません。

このように、補償内容はかなりメリットがありますが加入条件などは厳しめです。
特に4は見落としがちであるため、WiMAX新規契約時にしっかりと検討したほうが良いでしょう。

安心のためのオプションその2:端末あんしん補償【500円/月】


参考:https://www.uqwimax.jp/signup/charge/option_store11/

端末補償サービスと名称が似ていますが、端末補償サービスとは適用範囲を変えているのが端末あんしん補償になります。

端末補償サービスの場合は広範囲の損傷を対象とした補償ですが、端末あんしん補償は外観の破損や液晶割れといった比較的軽微なトラブルに対し適用されるオプションです。

また、代替品の支給ではなく見舞金として現金が支給されるというのも端末あんしん補償の特徴です。

あわせて、ノートパソコンやタブレットなどWiMAXモバイルルーター以外のアイテムも補償対象です。これはWiMAX搭載の有無に関わらず、ユーザー自身が過去に購入したあらゆるメーカーのノートパソコンやタブレットを対象としているため非常に魅力的なオプションサービスになります。

以下、端末あんしん補償オプションの内容をまとめてみます。

  1. WiMAXモバイルルーターだけでなくユーザーが利用しているノートパソコンやタブレットなども補償対象となります。ただし、WiMAXモバイルルーターの契約と同一名義であることが条件。
    WiMAXモバイルルーターが個人名義、ノートパソコンが法人名義といったケースは対象外です。
  2. ノートパソコンやタブレットはメーカー補償が優先されます。
  3. 代替品の支給ではなく、現金による見舞金支給という方式です。
  4. WiMAXモバイルルーターの場合はauショップで修理対応可能な状態であることが条件です。従って、紛失や盗難などモバイルルーターが手元にない場合は対象外となります。
  5. WiMAXの新規契約時のみ加入できます。契約期間途中での加入はできません。

このように端末あんしん補償は端末補償サービスよりも範囲が広い代わりに補償となる原因が限定されているのが特徴です。

両方に同時加入することも可能ですが、コスト面からみるとあまり現実的とは言えません。

安心のためのオプションその3:セキュリティソフト【500円/月】

参考:https://option.uqwimax.jp/contents/security/product/kaspersky/

パソコンやタブレットを使う際、スパイウェアやウイルスへの対策が必須。そのためにセキュリティソフトを購入するユーザーも多いでしょう。

UQWiMAXでモバイルルーターを契約すると、ウイルス・スパイウェア対策などセキュリティソフトを安価で契約できるというオプションがあります。このオプションは、WEBROOT、カスペルスキー、マカフィーの3サービスのうちどれかひとつを月額500円で契約できるというもの。非常に魅力的なオプションです。

カスペルスキーを例に挙げて見てみましょう。

通常、カスペルスキーのマルチプラットフォーム対応製品を購入する場合、1~3年分を一括で支払うか、もしくは月額599円のサブスクリプションとなります。一括購入だと前払いとなるためコストは安いですが、比較的大きな出費となってしまいます。

UQWiMAXのオプションであれば月額500円と安く、しかも3台までインストールできるため複数端末保持者にもありがたいオプションです。

WEBROOTやマカフィーなども同様、通常ルートで購入するよりも安くなるため、このオプションには加入しておいて損は無いでしょう。

まとめ

モバイルルーターを安心して使うためのオプションは非常に充実しており、加入しておいた方が良いと言えるものばかりです。
その分月額コストが高くなりますが、万が一の場合にはそれ以上の出費を強いられるため、保険的に加入することもありだと思います。

ただし、これらのオプションには新規契約時にしか加入できず、後から「やっぱり加入しておけばよかった」と思っても加入はできないため、WiMAX新規契約時にしっかりと検討することをおススメします。

>>WiMAX契約オプションの種類と内容2に続く

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。