ギガ超えモバイルルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」発売中!

2019年に入り、各社から続々とギガ超えモバイルルーターが発売されています。

今回ご紹介する「Wi-Fi STATION HW-01L」もその一つ。「Wi-Fi STATION HW-01L」はNTTdocomoから2019年3月に発売開始された、下り最大1288Mbpsを誇る高速モバイルルーターです。

この「Wi-Fi STATION HW-01L」の詳細なスペックなどについては過去記事「NTTdocomo系モバイルルーター「Wi-Fi STATION HW-01L」の特徴」を参照ください。

さて、「Wi-Fi STATION HW-01L」はNTTdocomoから発売されているということもあり、光回線やスマートフォンなど他のNTTdocomo契約があるユーザーにとっては料金プランなどが気になるところでしょう。

そこで今回は「Wi-Fi STATION HW-01L」を契約するにあたり、NTTdocomoとの契約がある場合とない場合とに分けて、それぞれどのくらいの料金になるのかをご説明いたします。

スマートフォンをNTTdocomoで契約している場合

既にNTTdocomoでスマートフォンを契約している場合、「Wi-Fi STATION HW-01L」を少しだけお得に契約することができます。

スマートフォンを親回線、「Wi-Fi STATION HW-01L」を子回線としてシェアオプション契約すると、子回線は500円/月で利用可能となります。また、データプラン(ルーター)の基本使用料1,200円が発生します。

ただし、この契約は親回線のデータ容量をシェアする形となるため、親回線(ここではスマートフォン)のデータプランを大容量にしなければなりません。

NTTdocomoのスマートフォンには無制限プランが無いため、以下のデータプラン料金が適用となります。

◇ベーシックシェアパック料金テーブル

データ量/月 金額
5GB 6,500円
10GB 9,000円
15GB 12,000円
30GB 15,000円

このデータ容量をスマートフォンとモバイルルーターとでシェアすることとなります。

仮に30GBで契約した場合、スマートフォンと「Wi-Fi STATION HW-01L」の料金を合計すると18,000円近くになります。
家族割とはいえかなり高いと言わざるを得ません。

WiMAX系モバイルルーターを無制限で契約したほうがトータルコストは安くなってしまいます。

スマートフォンをNTTdocomo以外で契約している場合

スマートフォンをNTTdocomo以外で利用している場合、単純に「Wi-Fi STATION HW-01L」だけの料金プラン適用となります。
その金額ですが、以下のようになります。

プラン 金額
データプラン基本使用料 1,200円
インターネット接続サービス 200円
パケットパック(ウルトラデータLLパック30GB) 8,000円
合計 9,400円

NTTdocomoのデータパックには無制限プランが無いため、最大の30GBで計算してみましたが、やはり割高感は否めません。

しかも初期費用として「Wi-Fi STATION HW-01L」の端末代も発生!

月額の料金プランを見てみましたが、実は「Wi-Fi STATION HW-01L」を契約する際にはモバイルルーターの端末代が別途発生します。2019年4月時点では25,920円とそこそこの価格です。
これが毎月の分割として月額利用料に乗ってきますので、WiMAX系モバイルルーターと比較すると倍近い料金になってしまうのです。

素直にWiMAX系モバイルルーターを利用する方がメリットあります。

まとめ

「Wi-Fi STATION HW-01L」はギガ超えモバイルルーターとして非常に優秀なスペックを誇りますが、いかんせん料金が高く、ユーザーからの支持を得ることが出来ていません。

仮にスマートフォンがNTTdocomoであったとしても、家族割のメリットは少なく、無制限プランのあるWiMAX系モバイルルーターを利用したほうが良いというのが結論です。

 

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。