ポケットWiFiについて深く知る

UQコミュニケーションズがスマホ事業をKDDIへ譲渡、WiMAXに特化したキャリアに!

ポケットWiFiやホームルーター事業を行うUQWiMAXと格安スマホ事業のUQモバイルを運営しているUQコミュニケーションズがKDDIに格安スマホ事業を譲渡しWiMAX事業に注力することが発表されました。

今回はその概要と今後の見通しについてユーザー視点でお話しいたします。

UQコミュニケーションズのプレスリリース

2020年5月14日に、UQコミュニケーションズとKDDIが共同でプレスリリースを発表しました。

内容は、これまでUQコミュニケーションズが運営してきた「UQモバイル」ブランドで展開している格安スマホ事業をKDDIに譲渡するというものです。
譲渡の時期は2020年10月1日。
これによりKDDIはauとUQモバイルの2ブランドでスマートフォン事業を展開していくこととなります。

もともとUQコミュニケーションズとKDDIは資本関係にあり、サービス展開も一部協力体制を敷いていたため、この決定自体はさほど驚きではありません。

しかし、KDDIが正規キャリアと格安スマホという2ブランド体制で事業を展開することは大きな意味を持ちます。

参考UQ WiMAXの口コミ体験談

今後UQモバイルはKDDIの事業として展開

今回の事業譲渡により、KDDIのライバルとなるソフトバンクがワイモバイルをサブブランドとして展開しているのと同様に、auのサブブランドとしてのUQモバイルの位置づけが明確になったということです。

関連会社ではなく自社でサブブランドとして運営することの一番大きなメリットとしては、価格設定を柔軟にできることです。

ソフトバンクの場合、ワイモバイルが比較的ライトユーザーに向けたブランドであり、ソフトバンクブランドでは家族やヘビーユーザーを対象として明確に差別化を図っています。おそらくKDDIもauとUQモバイルを同様の位置づけにしていくこととなるでしょう。

参考ワイモバイルとWiMAXを比較

早速新プランを発表し他社を追撃へ

今回の発表後、UQモバイルは早速新しい料金プランを発表しました。
月間のデータ上限を超えても1Mbpsで通信ができる「スマホプランR」です。

このプランは対ワイモバイルというよりも、対楽天モバイルという側面が強いプランです。

楽天モバイルが先行して同様のプランを発表し、多くの反響があったため、ユーザー流失を避けるためUQモバイルが仕掛けたと言えるでしょう。

では、UQモバイルのスマホプランRと楽天モバイルの料金プランを比較してみましょう。

 UQモバイル 楽天モバイル
サービス名 スマホプランRUN-LIMIT
月額料金 2,980円2,980円
データ上限 10GB楽天回線エリア/無制限
パートナー(au)回線エリア/5GB
上限を超えた時の通信速度 1Mbps1Mbps
キャンペーン データ増量(10→12GB)開通日から1年間無料

このように、料金プランの組み立て方がほぼ同じです。

楽天モバイルのUN-LIMITが1年間無料(しかも解約違約金なし)という大盤振る舞いを行っているため目立ちませんが、UQモバイルのスマホプランRもかなりお得感があります。

また、楽天モバイルはパートナー回線としてauを使っているため、その意味でも完全に競合すると言えます。

楽天モバイル独自のエリア開拓も徐々に進んでいますが、地方ではまだまだ時間がかかるようです。
その場合はUQモバイルのスマホプランRが選択肢に入ってくるでしょう。

参考auのポケットWiFiの口コミ体験談

UQコミュニケーションズはWiMAX専業へ

WiMAX端末・Speed Wi-Fi NEXT W06

さて、格安スマホ事業が無くなるUQコミュニケーションズですが、今後はWiMAX事業に注力するとのことです。

その戦略ですが、UQコミュニケーションズは「固定通信の代替手段としてのWiMAX事業を推し進め、5G化も視野に入れて事業を進めていく」と語っています。

5G化については、2020年6月にNTTドコモが5G対応のポケットWiFiを発売し、多くのユーザーが申し込みを行った結果出荷が間に合わない事態になっています。

参考5G対応ポケットWiFiの全機種

高速データ通信が可能なポケットWiFiのニーズは今後も引き続き旺盛であると考えられるため、UQコミュニケーションズとしても更なる投資を行い、5G対応を徐々に進めていくことでしょう。

docomonの5GポケットWiFi:Wi-Fi STATION SH-52A

5G対応をすすめる間は既存のWiMAX2+のインフラを生かし、端末スペックを向上させた新製品の投入によりさらなる顧客満足度の向上を図っていくことになります。

折しも株式会社J.D. パワー ジャパンが行った「2020年ワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度調査」において、UQWiMAXが2年連続で総合満足度第1位を受賞しました。

特に「各種費用」部門での評価が高く、WiMAXユーザーはリーズナブルに高速データ通信ができるWiMAXというインフラに高い評価をしていることがうかがえます。今後の展開に期待が持てる結果ではないでしょうか。

参考最速ポケットWiFi

スマートフォン+WiMAXのセット割は継続

UQコミュニケーションズの格安スマホ事業のKDDIへの譲渡で懸念されるのが、セット割の存続の可否です。

セット割とはUQモバイルとUQWiMAXをセットで契約すると料金が毎月500円割引されるというもの。
例えばUQモバイルのスマホプランSとUQWiMAXのギガ放題に加入すると月額5,360円になります。
セット割は期間の制限が無く、契約中は必ず割引となるためかなりお得です。

今回の発表ではこのセット割についても言及されており、UQモバイルがKDDIの事業になったとしてもセット割は継続して適用されるとのことでした。既存ユーザーにとってはうれしい配慮です。

ただし、懸念材料もあります。
セット割のユーザーはこれまでUQコミュニケーションズからの請求だけだったのですが、今後はKDDIとUQコミュニケーションズからという2本の請求に分かれます(この対応については何かしらの配慮があるかもしれませんが…)。

従って、これまでよりも支払いが面倒になる可能性があります。

最もおすすめのWiMAXプロバイダはGMOとくとくBB、次点で縛りなしWiFi

WiMAXはUQコミュニケーションズ本体以外にもプロバイダと呼ばれる協力事業者が存在します。

プロバイダごとに料金プランや製品ラインナップが異なりますが、どのプロバイダを選んでも通信サービスの品質は変わりません。
また、UQコミュニケーションズの事業体制の変更に影響されることもありません。

従って、多くのユーザーはプロバイダを選んでWiMAXを契約しています。
中でもGMOとくとくBBはその料金の安さで最もおすすめできるプロバイダとなっています。
また、契約期間の縛りが無い「縛りなしWiFi」のWiMAXプラン(3年契約)もおすすめです。

それぞれを3年間契約した時の料金を比較してみましょう。

 GMOとくとくBB縛りなしWiFiUQ WiMAX
端末 Speed Wi-Fi NEXT WX06Speed Wi-Fi NEXT WX06他
※機種の選択不可
Speed Wi-Fi NEXT WX06
プラン名 ギガ放題プラン縛っちゃうプラン
WiMAXプラン
ギガ放題プラン
端末代 0円0円15,000円
初期費用 3,000円3,000円3,000円
初月~2か月 3,609円3,600円3,880円
3~24か月 4,263円3,600円3,880円
25~36か月 4,263円3,600円3,880円
キャッシュバック 26,200円0円0円
合計 128,960132,600157,680

このように、GMOとくとくBBもしくは縛りなしWiFiで契約するとUQコミュニケーションズよりも3万円弱安くなります。
通信クオリティは変わらないため、この2社のうちどちらかで契約した方がかなりお得であることがわかります。

まとめ

UQコミュニケーションズがKDDIにスマートフォン事業を譲渡することで、これまで以上にWiMAX事業に力を入れてくることは間違いないでしょう。
5G化をはじめ、新たな事業展開にも期待が持てます。

ユーザー顧客満足度も高いWiMAX。
今契約をするなら、この記事でご紹介したGMOとくとくBBか縛りなしWiFiであればかなりお得に契約できるため、満足度がさらに上がることは間違いないでしょう。

参考縛りなしWiFiの口コミ

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-ポケットWiFiについて深く知る

Copyright© ネット回線の学校 , 2020 All Rights Reserved.

テレワーク急増でポケットWiFi在庫不足が発生中
在庫チェック