テレワーク・在宅勤務 ポケットWiFiについて深く知る

テレワークのポケットWiFiおすすめ3選&重要5条件【レンタル有】

テレワークにポケットWiFiの導入を考えている方が打ち当たるのがその種類の多さです。
そこで今回はテレワークに最適なポケットWiFiの5条件とケース別のおすすめを解説します。

テレワークに最適なポケットWiFiの重要5条件

1、ポケットWiFiの通信容量はどれくらい必要か?

テレワークでポケットWiFiの通信量をどれくらい使うかはとても重要です。

ポケットWiFiは契約する会社やプランによって毎月使える通信量が決まっているからです。
少ないプランだと7GB程度~、大容量だと100GB、200GB、無制限といったプランがあります。
結論を先に言えばテレワークに最適なのは、月100GB、200GB、無制限といった大容量のポケットWiFiです。

テレワークで最も多く通信量を使うのは、オンライン会議でしょう。

オンライン会議アプリ「Zoom」の場合、1時間当たり0.7GB前後(当サイト実測)使われます。

参考Zoom会議で使えるポケットWiFiの選び方

もっと少なく1時間当たり0.6GBとしている所もありますが、余裕をもって当サイト調べの0.7GBとして、何時間使えるか試算してみます。

月上限容量Zoomできる時間
※月20日勤務として
20GB1ヵ月  29時間
1日換算 1.5時間
40GB1ヵ月  57時間
1日換算 2.9時間
100GB1ヵ月  143時間
1日換算 7時間
200GB1ヵ月  286時間
1日換算 14時間
無制限無制限

オンライン会議を頻繁に行うテレワークなら100G以上は欲しい所です。
逆にオンライン会議をそれ程行わないなら、これより少なくても大丈夫でしょう。

【注意】WiMAXは無制限で使えるが特例の速度制限がある

使い放題のポケットWiFiは、WiMAXしかありません。
WiMAXは無制限ではありますが、特例で「3日で10GB以上の大量通信を行うと翌日の18時頃~2時頃に1Mbpsに速度制限」になります。
とはいえ、3日で10GBをZoomで使うには、3日で14時間、毎日4.6時間使う必要があります。
低速状態になる時間が多くの会社の勤務時間外(夕方6時頃~深夜2時頃)でこの8時間を経過すると通常の速度に戻ります。
更に速度制限後の速度が1Mbpsでそこそこ速くSNSやYoutbeの標準画質なら楽しめます。
(通信環境によります)

2、通信速度が一定の基準を満たしているか?

テレワークで通信速度が問われるのはネット会議です。

在宅勤務のネット環境で良く使われるのが前出のネット会議アプリのZoom。
Zoomについては、一定の通信速度をクリアしている必要があります。
Zoomに必要な速度は高品質で600kbps、HDビデオで1.2Mbps(参考:zoom公式サイト)。

結論から先にいうと、1.2MbpsはポケットWiFiが余裕でクリアしている速度です。

回線最高速度
光回線1Gbps~2Gbps程度
ポケットWiFi150Mbps~1Gbps程度

ちなみに最高速度と実測は大きく異なります。
ポケットWiFiの実測は一般的に遅くて10Mbps程度、速くて60Mbps出れば優秀
Zoomは1.2Mbpsですから実測でもクリアしています。

3、テレワークに必要なセキュリティが確保されているか?

ネット環境のセキュリティが確保されていないと仕事上の情報が流れてしまう可能性があります。しかし、こちらも最新のポケットWiFiなら問題はありません。
ただしご自身での対策は必要になります。

テレワークのセキュリティ対策

  • 使用デバイスへのウイルスソフトの導入
  • OSは常に最新にアップグレード
  • フリーWiFiを使わない
  • 疑わしいメールは開かない

基本的な事ですが案外できていない事があります。

デバイスと有線接続可能な方がベター

必須ではありませんがテレワークにはUSBやLANケーブルでPCと接続できるポケットWiFiがベターです。

4、行動範囲が通信エリア内である

ポケットWiFiを持ち運んで使うなら自宅だけでなく、予想される行動範囲が通信エリア内である必要があります。
自宅だけでなく行動範囲内が通信エリア圏内である事を確認しましょう。

参考田舎に強いポケットWiFi選び方5つのポイント

5、テレワークする期間≒契約期間

長期間にわたってテレワークを行うのか?短期間だけなのか?によって選ぶポケットWiFiのプランも異なります。
参考までに以下の表をご覧ください。

契約縛りなし短期契約(1年)長期契約(2年~3年)
料金高め高め安い
違約金なし千円程度1~3万円程度

ポケットWiFiの料金の相場は大容量~無制限プランが月3000円台です。
長期契約になればなるほど月額料金が安くなります。
長期契約は月額が安い分、途中で解約した場合にかかる違約金は高くなります。

逆に短い期間の契約は月額料金が割高な分、違約金が少額で気軽にやめられるのが魅力です。
ご自身のテレワークのスタイルに合ったプランを選ぶのが大切です。

ポケットWiFiだけでは厳しいテレワークもある!

テレワークにも様々な種類があります。
業種によってポケットWiFiだけでは厳しいテレワークのジャンルがあるのも事実。
ほとんどのテレワークはポケットWiFiでカバーできますが、以下のような作業は光回線とが望ましいです。

1、クラウド上での作業を一日じゅう行う

無制限のポケットWiFiにも速度制限があります。
WiMAX回線の場合、3日間に10GBと大量通信を行うと次の日に速度制限(1Mbps)になります。
メインの作業を会社のクラウド上で行う場合、この速度制限にかかるリスクがあり、固定回線の方がおすすめです。

1日数時間程度なら問題ありませんが、1日を通してクラウド上で行うテレワークなら光回線が良いでしょう。

また、クラウドの場合、ほんの少しのレスポンスの悪さが作業効率に影響してきます。
ポケットWiFiも十分高速ですが、実測では光回線には及びません。
光回線はポケットWiFiより数千円費用が高いですが、安定性と速度は抜群です。

オンラインストレージは上り速度で効率が決まる

テレワークのデータ共有やバックアップ等にオンラインストレージは必須です。
オンラインストレージはダウンロードだけでなく、アップロードする機会も多いのでネット環境の上り速度が重要になります。
以下は、上り速度の比較です。

回線最高速度(上り)
光回線100Mbps~1Gbps程度
ポケットWiFi50Mbps~75Mbps程度
テザリングdocomo
実効速度23Mbps~45Mbps
au
実効速度12Mbps~27Mbps
ソフトバンク
不明
ソフトバンクエアー非公開

2、Webサイト制作やシステム構築

システムやWebサイト構築のテレワークは、ポケットWiFiのレスポンスの遅さが気になる可能性があります。
ほんの少しの違いなのですが、リロードが遅いと意外とストレスになるものです。

ポケットWiFiが向いているテレワークはこんな作業!

ポケットWiFiが向いているのは、Zoom等の会議、メールやチャットワークでのやり取り、クラウド上での作業は一日数時間、といった場合です。
重ねて言いますがポケットWiFiの速度は決して遅くはありません。
ただし、シビアな高速通信を求められる作業には不向きだという事は知っておきましょう。

テレワークに最適なポケットWiFi3選【即日有】

ここからはテレワークに最適なポケットWiFiをケース別に紹介します。
どれもスペック的には申し分のないものばかりです。
月額料金は「月額実質料金」を表示しました。月額実質料金とは値引き等のキャンぺーンを適応した料金です。
ご自身の働き方のスタイルに合ったポケットWiFiを選びましょう。

テレワークにおすすめの定番

1、【高速で使い放題】GMOとくとくBB

※キャッシュバック額は月ごとに変動

多額のキャッシュバック(実質値引き)でWiMAX系のポケットWiFiの中では最安級を誇ります。
使い放題でキャッシュバック適応後の月額は税込で3812円(※キャッシュバック額により変動)と高コスパ。
WiMAXは高速なのでオンライン会議などに使う際も余力があります。
ポケットWiFiはもちろん、ホームルーター(コンセントに差し込む形式)まで端末の種類も豊富です。

GMOとくとくBB公式サイト

月額実質税込3812円(キャッシュバック額により変動)
ポケットWiFi端末無料
通信容量無制限
※3日で10GBの大量通信をすると翌日18時~翌2時頃まで約1Mpbsの速度制限
発送最短即日
契約縛り3年

テレワークにおすすめのWiFiルーターはSpeed Wi-Fi NEXT W06。

Speed Wi-Fi NEXT W06

こちらの機種はデバイスと有線接続できるので通信も安定、セキュリティも上がります。
更にコンセントに差すだけの設置型のWiFi端末も選べます。

WiMAX HOME 02

ホームルーターと呼ばれる設置型はWiFi電波のパワーが強いため家じゅうのネット回線をまかなう事が可能です。

こんな働き方におすすめ

  • オンライン会議を頻繁に行う(使い放題)
  • クラウド上にファイルを上げる機会が多い(上り最大75Mbps)
  • 安定した高速通信(高速回線・デバイスとのUSB接続可能)
  • 3年以上使う(3年契約)
  • 仕事以外のプライベートでも使う(使い放題)

前述のとおりWiMAX回線は3日間に10GBの大量通信を行うと翌日の夕方6時から深夜2時まで1Mbpsの速度制限にかかります。
1Mbpsだとオンライン会議は困難ですが、メールやSNSなどは可能、規定の時間が過ぎると高速にもどります。

2、【広いエリア・容量が選べて格安】ゼウスWiFi

20GB、40GBといった低容量プランから100GBの大容量プランまで幅広いラインナップで人気。
様々なテレワークのスタイルに合わせたプランが選べます。

月額実質20GBプラン2178円(税込)
40GBプラン:2948円(税込)
100GBプラン:3759円(税込)
ポケットWiFi端末無料レンタル
通信容量月20~100GB上限(プランによる)
発送最短即日
契約期間2年

特に20GBプランは他にネット回線を持っている方やライトユーザーに人気。

クラウドSIMなので三大キャリア回線(ソフトバンク、au、ドコモ)が対応エリア。WiMAXよりエリアが広いので地方でテレワークされる方にもおすすすめです。

ゼウスWiFi公式サイト

こんな働き方におすすめ

  • 地方でテレワークをする(エリアが広い)
  • テレワークスタイルに合わせたプランを選びたい(選べる上限ギガ数)
  • 短期的に大量通信を行う事がある(3日で10GBの制限なし)

クラウドSIMは短期的に大量通信を行っても低速状態になりません。
当サイトのレビューもご参考にしてみてください。

参考【ゼウスWiFiの評判】使用レポート&口コミまとめ・他社比較

3、【1年契約で気軽に使える】BIGLOBE WiMAX

安値のWiMAXプロバイダの多くが3年契約なのに対し、BIGLOBE WiMAXは1年契約
17000円のキャッシュバックによる実質値引きを適応するとポケットWiFi端末代が4120円、月額は4378円(税込)とそこそこ安いです。
1年契約なのに1年未満で解約しても違約金はたった1100円。
実質的に契約縛りが無いと考えて良い
レベルの安さです。

BIGLOBE WiMAX公式サイト

月額実質(税込)月額は4378円
ポケットWiFi端末(税込)4120円
※17000円キャッシュバック適応
通信容量無制限
※3日で10GBの大量通信をすると翌日18時~翌2時頃まで約1Mpbsの速度制限
発送最短翌日
契約期間1年

短期のテレワークはもちろん、そのまま長期で使っても安いのが魅力。
WiMAXの高速回線で在宅勤務もはかどります。

こんな働き方におすすめ

  • オンライン会議を頻繁に行う(使い放題)
  • 短期~中長期のテレワークに使える(1年契約)
  • 安定した高速通信(高速回線・デバイスとのUSB接続可能)
  • 信頼性が高い(老舗プロバイダ)

ポケットWiFiと光回線・テザリング・ソフトバンクエアーを比較する

テレワークのネット回線としてポケットWiFi以外に候補に挙がるのが、光回線、スマホによるテザリング、更にはソフトバンクエアーです。
一つ一つ比較検証していきましょう。

光回線とポケットWiFiの比較

イメージ

光回線と比較した場合、ポケットWiFiでテレワークを行うメリットは3つあります。

1、工事不要で着いたその日からテレワークに使用可能

光回線の場合、工事の予約が必要で、1週間以上待たされる事もあります。
更に工事への立ち合いも必要です。
ポケットWiFiは、ネットで契約して着いたその日から使えます。

2、持ち運び可能で外出先でも使える

こちらも固定回線には無い魅力です。
コンパクトなポケットWiFiを持っていけば外出先でもテレワークが可能です。

3、料金が固定回線の約半額でリーズナブル

光回線が月額6000円程度なのに対し、ポケットWiFiは3000円前後で利用できます。

【光回線と代表的なポケットWiFiの比較】

月額実質料金(税込)速度速度制限
光回線6000円程度
※工事費の月賦込み
最大2Gbps(NURO光)
最大1Gbps(フレッツ光)
無制限
WiMAX
(GMOとくとくBB)
3812円
※端末無料
最大1Gbps程度無制限
3日で10GBの制限あり

逆にポケットWiFiのデメリットは完全な無制限ではない事です。
更に速度面でもポケットWiFiも健闘はしていますが、やはり光回線の安定性にはかないません。

参考テレワークの光回線におすすめ3選

ちなみに、ネット回線の快適度の目安は以下の通りになります。

ネット回線速度の快適性

※あくまで目安

ポケットWiFiの速度でも十分であり、テレワークが可能なのが分かります。

テザリングのWiFiとポケットWiFiの比較

テザリングの課題は月額の上限ギガ数と料金です。

【三大キャリアのテザリング上限ギガ数】

通信会社プラン名テザリング上限ギガ数
docomo
5Gギガホ無制限
ギガホ60GB
au
データMAX 5G30GB
データMAX 4G LTE30GB
ソフトバンク
メリハリプラン50G
ミニフィットプランデータ量に応じた料金

※2021.2現在

docomoの5Gギガホは5Gエリアが無制限ですが、5Gのエリアはまだまだ狭く現実的な選択肢とは言えないでしょう。

参考5G対応ポケットWiFiを実際に利用!おすすめできない理由

テザリングの問題はスマホのギガ消費がテザリングだけではなく趣味の消費にも使われる事です。
動画視聴やゲームでのギガ消費があるのなら、あっという間に速度制限がかかります。
速度制限にかかるとその瞬間から業務に支障が出るので、率直に言ってテザリングはテレワークにおすすめできません。

ポケットWiFiは大容量で月3000円程度なので高額とは言えません。
スマホと違い専用機器ですから充電も長持ち、ノンストレスなので仕事もはかどります。

ソフトバンクエアーとポケットWiFiの比較

ソフトバンクエアーとポケットWiFiをテレワーク用途として導入する場合を比較してみます。

 

ソフトバンクエアーが使う回線はソフトバンクのポケットWiFiが使うWiFi回線と同じです。

Pocket WiFi 802ZT

原理的はポケットWiFi端末と同じですが、幾つか違う点があります。

【ソフトバンクエアーとポケットWiFiの主な違い】

電源同時接続数
ソフトバンクエアー
(Airターミナル4)
コンセント64台
ポケットWiFi
(Pocket WiFi 802ZT)
バッテリー16台

ソフトバンクエアーは同時接続台数が多くコンセントで接続。コンセントで接続ですから携帯できません。

その代わり、ソフトバンクエアーから出るWiFi電波は範囲が広く家じゅうをWiFi環境にしてくれます。
したがって自宅のみでテレワークをするのならソフトバンクエアーも選択肢に入ります。

しかしながら、月額料金が高い上に契約が変則的なので積極的におすすめしません。

参考ソフトバンクエアーでテレワークは可能?

簡単にいうと最安でも3700円程度と高額。
2年契約なのに2年経過してもソフトバンクエアーの端末代のローンが残るという問題があります。

テレワークの為のポケットWiFiの助成金と導入実例

テレワークは国の推奨する働き方なので、ポケットWiFiを導入する企業には助成金制度があります。
実際にテレワークを推進している実例とあわせてご紹介します。

テレワークでポケットWiFiを導入する際に利用できる助成制度

経営者がテレワークで従業員にポケットWiFiを支給する際、懸案事項となるのがそのコストでしょう。
1台当たり数千円の通信費がかかるため、対象人数が多ければそれなりの負担となります。
あわせて、パソコンも支給するとなればさらに負担は増えることになります。

実は、企業のテレワーク導入準備にかかるコストについては、さまざまな助成金が適用されます。テレワーク用通信機器の導入・運用も対象とされているため、ポケットWiFiは助成対象となります。(※パソコンは対象外です。電話確認済。)

参考リンク働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)

同様に、東京しごと財団や各自治体などでも助成金の受付を行っています。

ポケットWiFiを社員に支給してテレワークを推進している企業

増加しつつあるテレワーク導入企業

働き方改革の一環として、サテライトオフィスの設置や在宅勤務制度の導入などテレワークを推進する動きが加速しています。

テレワークを行う際に必須となるのはさまざまなICTインフラ。セキュアなクラウドサービスやリアルタイムのビジネスチャットアプリなど、先端のICTなくしてはテレワークは成り立ちません。

そんなテレワークのネット環境を構築するために、高速データ通信可能なポケットWiFiを利用する企業も増加中です。ここではテレワークにポケットWiFiを活用している企業をご紹介いたします。

在宅勤務を行うには高品質なネット環境が必須

まず、現在どの程度の企業がテレワークを導入しているのかを見てみましょう。
令和元年5月30日に総務省がリリースした通信利用動向調査によれば、有効回答数2119社のうち19.1%の企業がテレワークを導入しているそうです。

また、同調査によれば約6割以上の企業がクラウドサービスを利用しており、ファイル保管・データ共有や社内情報共有、スケジュール共有などの用途でこれらのサービスを使っています。

個人利用とは異なり、法人で使うクラウドサービスはデータ量が段違いに多く、セキュリティもそれなりのものを求められます。
カフェなどの無料WiFiからの接続を禁止している企業もあるほどです。

在宅勤務の社員にノートPCやタブレットなどと同様に通信速度とセキュリティに優れたポケットWiFiが貸与されることもあります。

ポケットWiFiを支給しテレワークに取り組む企業

ではテレワークを行う社員にポケットWiFiを貸与して働き方改革に取り組んでいる企業の事例をご紹介しましょう。

事例1・ポニーキャニオン

多くのアーティストが在籍し、CDやDVDなどのソフト制作・販売を手掛けている株式会社ポニーキャニオンは、2016年に開始した働き方改革事業の一環としてテレワークを導入しています。

主に制作や宣伝部門を中心として時間の有効活用を目的とした出社を必要としない勤務制度を整備し、リモートで業務が完結できるネット環境を構築しました。
該当する社員にはポケットWiFiを貸与し、セキュアで高速なネット環境を提供しています。

なお、同社はさらなる働き方改革を進めるためテレワーク・デイズ2019にも参画しています。

事例2・静岡県静岡市

お試しテレワーク体験」と題して、主に首都圏の企業に対して静岡でのテレワークの呼びかけを行っています。

将来的な移住・定住に向けて静岡市内でテレワークを体験してもらうという目的で、都心にある企業で働く社員が静岡市内の駅近コワーキングスペースなどを利用してもらうための施策を予算化しています。

具体的には、往復新幹線代の支給やコワーキングスペース利用料の負担とともに、ポケットWiFiの貸与が挙げられています。

これにより、都心部の会社員はほぼ個人負担が無い状態でテレワークを実践することが可能となり、実際に複数の企業がこの制度を利用して働き方改革を進めています。

まとめ

ポケットWiFiは個人だけでなく法人でも使われています。

特にテレワークを推進する企業においては、ポケットWiFiのような高速データ通信ができる機器は必須。
セキュリティ面からもテレワーク専用のネット環境の確保ができるポケットWiFiは優秀です。

働き方改革とテレワークは切っても切れない関係です。
今後もテレワーク導入企業の増加、それに伴うモバイルルーターの需要の増加も期待されることでしょう。

またテレワークについては以下のサイトもかなり参考になります。

参考リンクテレワーク総合ポータルサイト(厚生労働省)

導入事例からその効果、Q&Aなどかなり充実しているのでおすすめです。

あわせて読みたい
ポケットWiFiを比較!おすすめネット回線で1番安いのはこれだ

ポケットWiFをエリア・料金・通信制限・通信速度、端末性能重要5ポイントで比較! ポケットWiFiは現在50社以上がひしめき、月額料金も、通信容量も多種多様です。 そこでこのページでは、5つの重要点を ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こーいち

元外資系ITキャリア勤務。PtoP高速データ通信事業の事業戦略を担当。その後某格安SIMのセールスエンジニア、某光回線のサポートセンターオペレーターとして勤務。無線通信回線、固定回線共に精通。 2015年からフリーランス。テレワークで仕事をしていることもあり、ポケットWiFiは手放せない存在です。

-テレワーク・在宅勤務, ポケットWiFiについて深く知る

© 2021 ネット回線の学校