SIMフリーモバイルルーター「Simgo SG800」の特徴

大手プロバイダでは取扱いが無いモバイルルーター「Simgo SG800」

国内だけでなく海外でもそのまま使えるSIMフリーモバイルルーター「Simgo SG800」。

Y!mobileやUQコミュニケーションズなどの大手プロバイダでは取扱いが無いため、知名度はあまり高くありません。
しかし、国内では無制限通信が可能であること、海外利用時には特別な手続きが不要なことなど、ユーザーの使い勝手は非常に良いモバイルルーターです。

そこで今回はSIMフリーモバイルルーター「Simgo SG800」の特徴やスペック、購入方法などを詳しくご紹介いたします。

「Simgo SG800」の特徴はSIMフリーであることと海外でそのまま使えること

まずは「Simgo SG800」の製品スペックを見てみましょう。

サイズ 約100mm×70mm×15mm
ディスプレイ 2.4インチカラー
重さ 約120g
バッテリー容量 2,800mAh
接続可能台数 最大5台
通信速度 3G: 伝送速度:最大受信 42Mbps
4G:FDD-LTE 伝送速度:最大150Mbps
カラーバリエーション ブラック

このように、スペックだけ見ると旧世代のWiMAX端末のように思えます。しかし、この端末はスペックだけでは測れないユニークな特徴があります。

モバイルルーター「Simgo SG800」の主な特徴は以下の通りです。

  1. SIMフリーであること
  2. 国内であればデータ無制限で利用できること
  3. アジア・ヨーロッパなど世界80カ国以上で利用できること
  4. 世界最先端のヴァーチャルSIMテクノロジーを持つ「Simgo」社の製品であること

では、それぞれの特徴について細かく見ていきましょう。

1、SIMフリーであること

SIMフリーであるため、ユーザーの事情に応じて好きな通信会社のSIMを利用することが可能です。
また、後述しますがプロバイダの熊本モバイルと契約することにより、国内外で利用できるグローバルモバイルルーターとして利用することができます。

2、国内であればデータ無制限で利用できること

熊本モバイルとの契約により、国内では3,980円 /月で無制限データ通信が可能です。
ソフトバンクのLTEネットワークを利用するため人口カバー率も高く、地方都市でも問題なくデータ通信を行えます。

3、アジア・ヨーロッパなど世界80カ国以上で利用できること

海外渡航時は、特に面倒な手続きなく「Simgo SG800」を持っていくだけでその国のネットワークに自動で接続しデータ通信が可能となります。

このようにアジアやアメリカ、ヨーロッパだけでなく南米などでも利用できるため、他のモバイルルーターよりもかなり利便性が高いといえます。

4、世界最先端のヴァーチャルSIMテクノロジーを持つ「Simgo」社の製品であること

このモバイルルーターを製造しているのはイスラエルに本社のある「Simgo」社。大手メジャーホテルの館内wifiを手掛けるなど、無線通信分野で世界をリードする企業です。豊富な実績のある企業だけに安心感あります。

「Simgo SG800」の購入と利用できるプロバイダは?

熊本モバイル:http://kumamotomobile.ne.jp/

モバイルルーター「Simgo SG800」は、WiMAXなど他のモバイルルーターと比べて購入時にやや複雑な手続きが必要です。というのも、端末の購入と回線利用手続きを別々に行わなければならないのです。

まず購入ですが、ビックカメラグループ(ビックカメラ、ソフマップなど)の通販サイトで購入可能です。店頭での販売は行われていないため、必ず通販サイトで購入するようにしてください。

次に購入後の手続きです。
購入したら熊本モバイルのサイトへ行き、お客様情報入力画面から必要事項を入力します。そうすると約5日程度で利用可能となり、国内外で自由に使えるモバイルルーターとなります。

もちろん、SIMフリーのモバイルルーターであるため、熊本モバイルと契約せずとも格安SIMを使うなどしてデータ通信を行うことも可能です。しかし、それだと単なる低スペックモバイルルーターとなってしまうのでご注意ください。

■BROADLINE社の「G3000」との違いは?

ところで、「Simgo SG800」とほぼ同じ形をしたBROADLINE社の「G3000」というモバイルルーターもあります。
こちらはビックカメラだけでなくamazonや楽天市場でも販売されているため、目にしたことがある方も多いでしょう。

この「G3000」、スペックをみると「Simgo SG800」と同じ製品のように思えます。形状も同じなので、ほぼ同じ製品で型番だけが違うと考えてよいでしょう。

「Simgo SG800」と同様、「G3000」はBROADLINE社のGWiFiサービスに加入することを前提としています。

こちらは国内無制限サービスが無いかわりに、海外利用に限定すると熊本モバイルよりもリーズナブルに利用可能です。従って、国内利用はほとんどなく、海外がメインという方はこちらの「G3000」も視野に入ってきます。

まとめ

SIMフリーモバイルルーター「Simgo SG800」は、国内外で自由に使えるモバイルルーターとして非常に使い勝手の良い端末です。

購入から利用開始までの手続きが若干面倒ですが、一旦手続きを行ってしまえば後は国内でも海外でも自由に使えます。

多くのモバイルルーターが海外渡航時に別途手続きやオプション料金が必要であるのに対し、「Simgo SG800」ならそのままでOK。

海外出張の多いビジネスマンや海外に行くことが多いノマドワーカーなどにとっては「待ちに待った」端末であると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。