ポケットWiFiについて深く知る

【縛りなしwifi口コミ体験談】申し込み~キャンセルまでの全課程

縛りなしWiFiを実際に申し込んで体験してみた

ポケットWiFiのレンタルサービスの中でひときわ注目を集めているのが「縛りなしWiFi」。
契約縛りの無い事や料金の安さで人気になっています。

今回は「縛りなしWiFi」に実際に体験してみて徹底検証します。

縛りなしWiFiの契約手続きの全手順を図解

縛りなしWiFiの契約手続きがネット上で簡単に行うことができます。
まずは縛りなしWiFiのwebサイトへ行き、下部にある「お申込みする」のボタンをクリックしてください。

縛りなしWiFi公式サイト

すぐに契約情報入力ページへと移動します。
上部にはこのような契約手続きの段階を示すガイドも設置されており、実際に体験してみて、非常にわかりやすいデザインだと思いました。

まず申し込み台数や期間などを入力していきます。クーポンコードを持っている場合はこちらで忘れずに入力してください。

続いて契約者情報、そして支払い情報の入力を行います。
体験してみるとシンプルな画面なので入力に迷うこともなく、スムーズに入力できます。

すべての入力が終わり、送信ボタンを押すとこれで申し込み完了です。
この間わずか10分足らず。

実際に体験してみると非常に手軽に申し込みできることがわかります。

申し込み完了後しばらくすると登録メールアドレス宛に契約確認メールが届きます。

なお、申し込み初月はこのように日割り計算となります。
月の途中で申し込むユーザーには親切な設定ではないでしょうか。

また、発送はレターバックライトとなるようです。ポケットWiFiであるためゆうパックや宅急便を使用すると思っていたので、これは少し意外でした。
コストを抑えて運営しているということなのでしょう。

今回、やや混雑しているということもあり、申し込みから4日後の到着となりましたが、通常であれば翌々日には到着するそうです。

関連縛りなしWiFiの評判

縛りなしWiFiが到着!早速開封してみた

さて、無事縛りなしWiFiからレターパックが届きました。
レターパックの場合、手渡しではなく郵便受けに投函となるためこの点は注意が必要です。

開封すると、中には以下4点が封入されていました。

  • ポケットWiFi本体…機種:Pocket WiFi 602HW
  • USBケーブル
  • 案内状…速度制限や機種交換についての内容が書かれています
  • 簡易説明書…設定方法や縛りなしWiFi利用時の注意事項が書かれています

ポケットWiFiはしっかりと梱包されていたため汚れや損傷などありません。

ここでも意外だったのですが、縛りなしWiFiのホームページ内にある取り扱い端末には無いPocket WiFi 602HWが送られてきたこと。
しかも中古品ではなく新品のポケットWiFiです。

縛りなしWiFiのホームページにあるPocket WiFi 603HWではなく、Pocket WiFi 602HWになっているため「スペックの古い旧型が送られてきた」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、Pocket WiFi 603HWとPocket WiFi 602HWは同じHuawei製でありスペックに差はありません。

左:603HW 右:602HW

なぜ型番が違うのか、ですが、実はPocket WiFi 603HWはY!mobile、Pocket WiFi 602HWはソフトバンク(法人向け)で売られている端末です。

同じスペックの端末を、便宜上型番を変えて販売しているに過ぎないということです。

唯一の違いは月間7GBを超えても高速データ通信が行える「アドバンスモード」の有無です。Pocket WiFi 602HWにはアドバンスモード選択機能がありません。とはいえ、そもそも縛りなしWiFiは月間データ通信量に制限が無いサービスであるため、アドバンスモードは不要です。
※2019年5月現在。その後、1日2ギガ上限に変更されています。

ちなみにこのPocket WiFi 602HWは前述の通りソフトバンクの4G回線を利用したポケットWiFiです。

また、設定方法を記した簡易説明書は、ポケットWiFiの機種ごとにカスタマイズしたものではなく全機種共通のもののようです。

ポケットWiFi初心者の場合、SSIDとパスワードの表示画面がどこにあるかわからずに戸惑うケースもあるかと思います。

しかし、縛りなしWiFiから届いたポケットWiFiには、裏面にSSIDとパスワードを記入したシールが貼ってあるため初心者でも迷うことはないでしょう。

ただし、第3者にタダ乗りされないよう、パスワード管理は万全に行うことをお勧めします。

ノートパソコンの接続はパスワード入力だけでOK

ノートパソコンとの接続は、SSIDとパスワードを入力するだけでOKです。
縛りなしWiFiの専用アプリを通して通信しなければならないといったような煩わしさは皆無です。

また、このようなサービスの場合、一般的には利用量や契約期間などを確認するために専用のIDやパスワードを用いた会員ページが設けられると思います。
しかし、縛りなしWiFiにはこのような会員ページもありません(2019年5月現在)。

ユーザーの負担を徹底的に排除したシンプルなレンタルサービスであると言えます。

縛りなしWiFi公式サイト

縛りなしWiFiの通信速度をWiMAXと比較してみた結果

このように非常にシンプルなサービスを提供している縛りなしWiFiですが、肝心のデータ通信速度が遅ければ台無しです。

そこで、手持ちのWiMAX端末と速度を比較してみました。

■Speed Wi-Fi NEXT W05

【計測に用いたポケットWiFi】
WiMAX:Speed Wi-Fi NEXT W05(WiMAX網を利用)
縛りなしWiFi:Pocket WiFi 602HW(ソフトバンク4G網を利用)

◇WiMAXの場合

17Mbps

◇縛りなしWiFiの場合
14Mbps

場所を固定し同時刻に計測してみましたが、そこまで大きな差はありません。

何度か場所を変えて計測を試みましたが、どの場所でも「WiMAXより縛りなしWiFiの方が少しだけ遅い」範囲にとどまりました。

結果、特に問題なく利用できるということが実感できた次第です。

夕方など混雑時には遅くなることもありますが、それはWiMAXも一緒であり、縛りなしWiFiでも日常的に利用する上ではさほど問題ないということです。

縛りなしWiFiの解約と具体的な手順

さて、非常に使い勝手の良い縛りなしWiFiですが、その解約ルールにはやや独自のルールがあります。
解約手順について、縛りなしWiFiから送られてくるポケットWiFiに同封されてきた案内状に以下の記述があります。

解約の際は解約申請をいただいた翌月末が解約日となります。
月途中での解約は行えませんのでご了承ください。

つまり、解約を申し出た次の月まで契約が残るということです。
例えば7月末に解約したいと思ったら6月末までに解約手続きを行わなければならないのです。

当月解約はできない点に注意してください。

解約に関するお問い合わせは、画面下のこのボタンから行いましょう。

 

この「お問い合わせ」ボタンをクリックすると解約手続きを含めた問い合わせページが表示されます。

このページに必要事項を記入し送信ボタンを押すと解約手続きが完了します。
3分もかかりません。非常にシンプルです。

 

ホームページ上で解約手続きが完了すると、後日縛りなしWiFiから以下のようなメールが送られてきます。

このメールに書かれている内容、見落としてしまいがちですが大切なことが書かれています。

要約すると以下の通りです。

  1. レンタルされたポケットWiFiは解約日5日後までに送り返す
  2. 5日後必着であり、遅れた場合はプラス1か月分課金される可能性がある
  3. 5日後というのは営業日ではなくカレンダー日である
  4. 返送方法は自由に決めてよいが、破損時の補償が充実しているものを選ぶ必要がある
  5. 返送後、伝票番号をメールで伝える

中でも2と3には注意しなければなりません。

月初が土日祝と重なる場合、前もって25日頃に返送しておくという配慮が必要でしょう。

また、4と5についてはかなりアナログ的です。
返送用の手配はユーザー側で行う必要があることを覚えておきましょう。

まとめ

ポケットWiFi業界は今大きな変革の時を迎えています。

縛りなしWiFiのような安価で利便性の高いレンタルサービスの登場により、これまでの長期縛りプロバイダの価値が問われています。
速度もあまり変わらず、契約手続きの複雑さもない縛りなしWiFi。

この縛りなしWiFiを含め契約も解約も手軽にできるポケットWiFiレンタルサービスは、今後さらに多くのユーザーを獲得していくであろうと思います。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-ポケットWiFiについて深く知る

Copyright© ネット回線の学校 , 2020 All Rights Reserved.

テレワーク急増でポケットWiFi在庫不足が発生中
在庫チェック