ポケットWiFi比較ガイド【2020年2月】最もおすすめはこれだ

ポケットWiFi比較ガイド【2020年2月】最もおすすめはこれだ

ポケットWiFiについて深く知る

ポケットWiFiで安いのは?無制限プランからレンタルまで徹底調査

外出先でも家でも使えるポケットwifiが人気です。
基本的にポケットWiFiは料金面でもかなり安いですが、できる限りお得に利用したい所です。

そこで今回はレンタルも視野に入れて月額料金が安いプランを徹底的に調査しましょう。

安いポケットWiFiを契約するために知っておくべき必須知識

Pocket WiFi 801HW

ポケットWiFiは、「無制限」と「上限あり」という2つの種類に分けられます。
ユーザーがポケットWiFiで何をしたいかによってどちらを選ぶべきか変わってきます。
また、最近は端末のレンタルも出てきたのでレンタルも選択肢に入れておきましょう。

「上限あり」がおすすめのケース

とにかく安く済ませたい方におすすめなのがギガ数が限られているプランです。
無制限と違い使用できるギガ数が決まっていますが、動画視聴やゲームなどを日常的に使わないならこちらが安く済みます。

また、月に数回程度しか使わない方にもおすすめです。

ただし、安いのと引き換えに、一ヵ月のデータ量が規定に達したら厳しい速度制限がかけらるのは覚悟しておきましょう。

「ポケットWiFi比較ガイド」の人気記事はこちら。

無制限がおすすめのケース

容量を気にすることなくインターネットを利用したいなら、無制限がおすすめです。
基本的に月にどれだけ使っても速度制限にならない上に、月額も3000円程度と安いです。
ポケットWiFiをレンタルするプロバイダでも無制限の所が多いです。

ただし、無制限であっても特例的な速度制限がかかる場合があるので注意が必要です。
例えば、WiMAX回線やワイモバイルの場合、無制限であっても3日間のデータ量が10GBを超えると速度制限がかかります。

wimaxの場合は、 3日間で10GBを超過すると翌日の18時頃~翌2時頃まで1Mbps程度まで速度が落とされます。
ワイモバイルの場合もwimaxと同じように、3日間で10GBを超過すると翌日の18時から翌1時時頃まで1Mbpsになります。
レンタルで有名な縛りなしWiFiの場合は1日2Gで当日速度制限がかかります。

無制限であってもポケットWiFiは光回線と比較するとかなり安いので自宅用に使う方も多いです。

基本的には無制限の方がおすすめ

当サイトでは基本的には無制限をおすすめしています。
無制限でも十分に安いのが第一の理由です。
第二に、そもそも使えるギガ数が限られている事自体がストレスになる場合が多いからです。

Hulu等の動画やオンラインゲームを楽しむ際に、データ量の心配が無い方がストレスフリーです。
また、無制限ならば、スマホのギガ数が無くなった際、スマホとポケットWiFiを接続すればネットを思う存分楽しめます。

無制限プランは上限のあるプランと料金の差がさほどない上に安いのが魅力です。

無制限で安いポケットWiFiサービスを徹底調査

無制限プランは様々なポケットWiFiサービスから提供されていますが、特に安いのがGMOとくとくBB縛りなしWiFi、それと最近人気の端末レンタルのネクストモバイルの3つです。
無制限のポケットWiFiの実質料金・速度・契約期間・下り最大速度を表にまとめてみました。

サービス名 実質料金 契約期間 下り最大速度 速度制限
GMOとくとくBB 3,266円
(端末無料)
3年間 1.2Gbps
(Speed Wi-Fi NEXT W06)
無制限
※3日間で10GB超過で

翌日18時頃~翌2時頃まで1Mbps程度
縛りなしWiFi 3,300円
(端末無料)
なし 612Mbps
(603HW)
無制限
※1日2Gで当日速度制限
ネクストモバイル 3,100円
(端末無料)
2年間 150Mbps
(FS030W)
無制限

※2020.2現在。変動の可能性があります。

無制限のGMOとくとくBB・縛りなしWiFi・ネクストモバイルどれを選ぶべきか?

GMOとくとくBBの特長

■GMOとくとくBB  ※キャンペーンは随時変更されます。

GMOとくとくBBはWiMAX系のポケットWiFiの中でも安いのが魅力です。
他の無制限の回線との比較は以下を参照にしてください。

参考:ポケットWiFiプロバイダ比較表

1.2Gbpsという光回線並みの速度と最高速度も速いです。

料金は毎月3万円以上のキャッシュバック(実質値引き)があるので月額料金もかなり安いです。

なお、GMOとくとくBBはWiMAX回線なので基本的に無制限でも、特例として3日間で10GB使うと速度制限がかかります。

縛りなしWiFiの特長

■縛りなしWiFi

縛り無なしWiFiは最近人気のレンタルのポケットWiFiサービス。
レンタルするだけなので安いのが特徴です。
そもそもポケットWiFiなんてレンタルで十分という方、多いのではないでしょうか。

端末は自分のものにはなりませんが、レンタルして不要になったら返却というシステムです。

レンタルでポケットWiFiの代金がかからない上に無制限で使えます。

また、その名の通り、契約縛りが無いのでいつでも解約OKという気軽さが魅力です。
ただし、レンタルされる端末が選べないため、最高速度が612Mbps~185.5Mbpsとバラツキが存在します。
ポケットWiFiの最高速度というのはあまりアテにならないので、この程度あれば十分かもしれません。

実際、当サイトで50名の方に実測をお願いした結果、290Mbpsが最高でした。

参考:ポケットWiFiの通信速度を様々な地域に住む50人で実測してみた結果!

万が一使ってみて遅かったから一ヵ月だけで解約しても良いでしょう。
当サイトのライターが縛りなしWiFiを体験してみたので契約の際の参考にしてみてください。

参考:【縛りなしWiFi体験談】申し込みから設定、契約について徹底解説

解約もレンタルしたポケットWiFiを返却するだけの手軽さ、違約金もありません。

なお、縛りなしWiFiは、基本的に無制限であっても1日2ギガ使うと当日に速度制限がかかります。

ネクストモバイルの特長

■ネクストモバイル

ネクストモバイルの無制限プランはその安さが魅力です。

更に大きなメリットとして特例での制限なし、文字通りの無制限だという事です。
GMOとくとくBBにも縛りなしWiFiにもゆるいながらも制限がありますがこれは大きなメリットです。

使用している回線はソフトバンク回線なので繋がりやすさも特長です。
安い上に繋がりやすいので、特に地方にお住まいの方におすすめのサービスです。

上限ありで安いポケットWiFiサービスはどれか?

月額料金の安いポケットWiFiを選ぶなら、データ制限があるプランが無制限よりリーズナブルです。

特に安いのがネクストモバイルとGMOとくとくBBの2つ。
ネクストモバイルはソフトバンク回線、GMOとくとくBBはWMAX回線のプロバイダです。
ちなみにレンタルの縛りなしWiFiには無制限プランしかありません。

それぞれの実質料金や速度、契約縛りなどを比較してみましょう。

サービス名 実質料金 データ上限 契約期間 下り最大速度
ネクストモバイル
30GB
2,700円
(端末無料)
30GB 2年 150Mbps
(FS030W)
ネクストモバイル
20GB
2,400円
(端末無料)
20GB 2年 150Mbps
(FS030W)
GMOとくとくBB
7GB
2,648円
(端末無料)
7GB 3年 1.2Gbps
(Speed Wi-Fi NEXT W06)

※2020.2現在。変動の可能性があります。

上限ありならネクストモバイルとGMOとくとくBBのどちらを選ぶべきか?

ネクストモバイル20GB、30GBの特長

ネクストモバイルには20GBと30GBのプランがあります。
20GBが2400円、30GBが2700円と月額料金がかなり安いです。

速度は150Mbpsとそこそこですが、ソフトバンク回線なので繋がりやすいのが特徴です。
ほぼスマホのネット接続の速度と考えて良いでしょう。

スマホの速度に不満がないのなら、ネクストモバイルがおすすめです。

参考:ネクストモバイルは遅い?

また、WiMAXと違って3日間に大量通信した場合のペナルティがないので、毎月の契約ギガ数を超えない限りは速度制限はかかりません。

GMOとくとくBB、7GBの特長

WiMAXというと無制限のイメージが強いですが、7GB上限のプランも存在します。
特に安いのはGMOとくとくBBで、3万円超のキャッシュバック分を引くと2,600円前後。
※キャンペーンによって実質価格は変動。

ネクストモバイルの20GBが2400円ですから割高感はありますが、通信速度は最高で1.2Gbpsまで期待できます。
ただ、実際はこんな速度はまず出ませんから、料金の安いネクストモバイルの方に軍配があがります。

というのは、GMOとくとくBBに限らずWiMAXの1.2Gbpsという速度にはからくりがあるからです。
WiMAXの最高速度はオプションのハイスピードプラスエリアモード’(使用した月はプラス1000円)を使わなくてはなりません。

ハイスピードプラスエリアモードについては少々込み入った話になりますので詳細は以下に譲ります。

参考:ハイスピードプラスエリアモードとは?メリット・デメリットを徹底解説

いずれにせよ、ベストエフォート値(最高速度)が出る事はないと考えた方が良いです。

WiMAXなので3日間に10G使用した場合にペナルティが課せれらます。

まとめ

月額料金の安いポケットWiFiをみてきました。

ご自身がポケットWiFiに何を求めるかを明確にしてベストなプランを選びましょう。
安いかどうか、データ量(無制限か上限ありか)、端末レンタルか購入か、契約縛り、通信速度のどれを重視するかによっておのずとご自身にピッタリのプロバイダが決まります。

関連:無制限のポケットWiFiを徹底比較。最もお得なのはこれだ

 

The following two tabs change content below.
ポケットwifi比較まとめ編集部

ポケットwifi比較まとめ編集部

ポケットwifiを深く知るための情報を提供しています。

-ポケットWiFiについて深く知る

Copyright© ポケットWiFi比較ガイド【2020年2月】最もおすすめはこれだ , 2020 All Rights Reserved.