ポケットWiFiについて深く知る

youtube動画はポケットWiFiのデータ量をどれくらい消費するのか?

「動画を観ていたらいつの間にか通信制限になっていた」「動画再生中に途中で止まってしまった」というポケットWiFiユーザーは多いでしょう。
できるなら速度制限は避けたいもの。
そのためにはyoutube動画がどの程度のデータ量を消費するのかを知っておくのが大切です。

youtube動画のデータ消費量目安

 

まず、UQが公式に提示しているyoutubeの動画再生に要するデータ量を見てみましょう。

youtubeの場合は画質によってデータの消費量が異なります。
当然ですが、高画質になればなるほど必要となるデータ量も多くなることがわかります。

では、これらの数値がどのくらい現実的なのか、ポケットWiFiで動画を視聴してデータ量を測定、この表と比較してみましょう。

今回は超高画質(1080p)、標準画質(480p)、低画質(360p)の3種類で比較してみました。
実際の検証数値との比較用に、上の表を1分当たりのデータ消費量を算出してみると

  • 超高画質(1080p)1分当たり→22.6MB
  • 標準画質(480p)1分当たり→3.5MB
  • 低画質(360p)1分当たり→2MB

となります。これを基準値として検証してみることにします。

超高画質(1080p)のyoutube動画再生

検証用には、ヒカキン氏のHikakinTVから20分弱の動画を何本か選択しました。

測定に使用したポケットWiFiはワイモバイルのPocket WiFi 803ZT

Pocket WiFi 803ZT

ディスプレイに現在のデータ通信量が表示されるので、そちらを参考に動画再生開始から終了までに費やしたデータ量を測定してみます。

測定環境は、ポケットWiFiをノートパソコンに接続し、Google chromeブラウザで再生。

最初の超高画質(1080p)再生は「【超簡単】カップヌードルチャーハンを7種類作って1位を決めたらまさかの結果に!!【炒飯】」を選択。
動画の長さは19分44秒です。

【開始時】

【終了時】

開始時に335MBだったポケットWiFiの液晶画面表示が終了時に766MBとなっています。
つまり、動画再生に要したデータ量は431MB。

動画の長さが19分44秒であるため、1分あたりに換算すると21.8MBです。

ちなみに、動画再生が途中で止まるようなことはありませんでした。
十分な速度が出ているため、超高画質でも快適に視聴できます。途

中でコマーシャルも入ったため、実際のデータ量はこれより若干少ないのではないかと思います。

低画質(360p)のyoutube動画再生

次に低画質(360p)。
画質レベルを変えたため同じ動画でもよいのですが、キャッシュを読み込むことが無いように念のため違う動画にしてみました。
こちらの動画は18分28秒です。

【開始時】

【終了時】

開始時806MB、終了時890MB。
その差84MBです。
超高画質とはデータ消費量が段違いに少ないことがわかります。

1分当たり換算では4.55MBと、基準値の倍以上となりました。
その他のアプリは起動していないため、ほぼyoutube動画だけで消費したものとなります。

こちらでも動画が再生中に止まることはありませんでした。

標準画質(480p)のyoutube動画再生

3番目に標準画質(480p)のケースで測定してみましょう。
こちらは17分44秒の動画です。

【開始時】

【終了時】

開始時が902MB、終了時が0.99GB(詳細表示で998MB)です。
従って、標準画質の動画視聴には96MBを要したことになります。

1分当たり換算では5.41MBとなり、このケースでも基準値を大きく超える結果となりました。

youtube動画のデータ量測定結果は?

では、これら3本のyoutube動画を視聴した際のポケットWiFiの消費データ量を基準値と比べて一覧にしてみましょう。

基準値(1分当たり) 測定結果(1分当たり) 1時間の視聴では
超高画質 22.6MB 21.8MB 約1.31GB
標準画質 3.5MB 5.41MB 約0.32GB
低画質 2MB 4.55MB 約0.27GB

超高画質では基準値とそれほど差はありませんが、標準画質と低画質では大きな差が生じました。
念のため他の動画でも試してみましたが、測定結果はほぼ変わらずです。

標準画質や低画質でyoutubeを観るときは、思いの他ポケットWiFiのデータ容量を消費していると考えるのが妥当でしょう。
とはいえ、超高画質と比べればそこまで大したデータ量ではありません。

同じ画質で1時間見続けた場合のデータ量も算出しましたが、超高画質だと1GBを大きく超えてしまいます。
つまり、超高画質で8時間弱見続ければ10GB制限に引っかかってしまうということです。

Amazonプライムビデオはどうなのか?

最後にyoutube以外の動画ではどの程度のデータ量を消費するのかを検証してみたいと思います。

一般的に、youtubeの次に動画サイトで有名なのと言えばAmazonプライムではないでしょうか。

そこでAmazonプライムのビデオ画質を「最高」に設定し、ポケットWiFiとノートパソコンで動画視聴してみました。

■Amazonプライム 時効警察エピソード1

再生したのは日本のテレビドラマから「時効警察」。
動画再生時間は45分です。

【開始時】

【終了時】

この動画の視聴に要したポケットWiFiのデータ量は1.44GB
1分当たり32MBです。
Youtubeの超高画質よりもデータを消費するという結果になりました。

Amazonプライムも念のため他の動画を再生してみましたが、データ量の消費ペースはほとんど変わりません。

なお、Amazonプライムでも動画再生中に止まることはありませんでした。高画質動画でもポケットWiFiで動画視聴をスムーズに行えることを確認できたことも収穫です。

ただし、ポケットWiFiのバッテリーをかなり消費してしまいました。
動画視聴時はポケットWiFiのバッテリー残量にも注意する必要がありそうです。

まとめ

今回、ポケットWiFiでyoutube及びAmazonプライムの動画を視聴してみましたが、ノートパソコンの画面でも画質を問わず再生自体はスムーズで全く問題ありません。

ただし、消費データ量には注意が必要です。
特に本来データ量を気にせず楽しめる低画質動画でも思いの他消費していることがわかりました。

普段ポケットWiFiで動画を数多く視聴しているユーザーの方は、今回の実証データを毎月のデータ量消費の一つの参考としてみてください。

The following two tabs change content below.
h.katsura

h.katsura

福岡出身のフリーライター。就職を機に上京し人材コンサルタントや外資系ITベンチャー企業に勤務。 20年余の東京生活にピリオドを打ち2015年に福岡へUターンしフリーライターとして活動開始。

-ポケットWiFiについて深く知る

Copyright© ポケットWiFi比較ガイド , 2020 All Rights Reserved.