ポケットWiFiについて深く知る 光回線

【結局どっち】ポケットWiFiと光回線の選び方比較表&おすすめプラン

自宅回線をポケットWiFiにするか光回線にするかは多くの方が迷う所です。
今回はポケットWiFiと光回線を徹底比較。
フラットな視点から比較し、使い方に合ったおすすめの回線を提案します。


最後まで読めばあなたにピッタリな回線はどれかが簡単に分かります。

ポケットWiFiと光回線の違いを比較

比較すべき主要な要素は、月額料金、速度、速度制限、導入までの期間の4つです。
おおよその所をザックリと比較表にまとめてみました。

ポケットWiFi光回線
月額実質料金3000~4000円台集合住宅:4000円程度
戸建て:5000円程度
(工事費の月賦込みの月額)
初期費用事務手数料3000円程度事務手数料3000円程度
+
工事費15000~20000円
※工事費は月賦可能
速度最大2Gbps程度最大1Gbps~最大10Gbps
速度制限無制限(3日15GBの制限あり)無制限
導入までの期間
翌日~1週間程度10日~1か月程度

それぞれの項目に重要な注意点がありますので比較項目を1つ1つ見ていきましょう。

1、月額料金の比較

月額料金については先ほどの比較表の通り、ポケットWiFiが光回線より安く、月額3000~4000円台で済みます。

参考【ポケットWiFiを比較!】5つの重要条件を満たしたおすすめはこれだ!

光回線は工事費の月賦込みで月額4000円~5000円程度。お住まいの場所が戸建てか集合住宅かで月額が変わります。
確かにポケットWiFiよりは高いですが、以前ほどの差はありません。

更に光回線はスマホ料金が最大1100円安くなるセット割があります。
セット割とは、ドコモならドコモ光というようにお使いのスマホに対応した光回線を選ぶと毎月のスマホ料金が割引になるシステムです。
ドコモ、au、ソフトバンクにはこの仕組みがあり、光回線単体ではなく、スマホ料金も合わせた通信費を安くする事ができます。
このセット割の割引額は最大1100円と高額な上に家族のスマホ料金も対象ですから光回線の方がポケットWiFiよりも通信費が安くなる可能性も大です。

2、通信速度の比較

■イメージ

速度の比較では光回線が高速で、安定しています。
ダークファイバーを利用したNURO光にいたっては最大10Gbpsのプランもあります。

参考【ダークファイバー回線】nuro光とauひかりの徹底比較で分かった真相とは?

他方で、代表的なポケットWiFiの最高速度はGalaxy 5G Mobile Wi-Fiの2.2Gbpsです。

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

ただし、実測すると光回線もポケットWiFiもこんな速度は出ません。
実測の目安としてポケットWiFiは30Mbps、光回線なら300Mbps出たら立派ではないでしょうか?
(ポケットWiFiでも5Gエリアの場合は光回線並みの速度が出る可能性があります)

ネット回線速度の快適性

※あくまで目安

ちなみに10Mbps以上の速度が出ればほとんどのコンテンツが快適に楽しめます。

【快適に楽しむにはどれくらいの速度が必要?】

推奨速度
NETFLIX低画質  0.5Mbps~1.5Mbps
SD画質 3Mbps
HD画質 5Mbps
アマゾンプライムビデオSD画質  1Mbps
HD画質  5Mbps
HuluPC・テレビ・ゲーム機等 6Mbps
スマホ・タブレット 3Mbps
YouTubeHD 1080p  5Mbps
HD 720p    2.5 Mbps
SD 480p   1.1 Mbps
SD 360p   0.7 Mbps
Zoom会議ギャラリービュー 1.2Mbps

HuluをPCで視聴するのも6MbpsですからポケットWiFiでも余裕でクリアです。
一人暮らし、あるいは回線を独占できるのならポケットWiFiも視野に入ると言えます。
ただし、複数人が同じ回線を使用するとなると話は変わります。

参考一人暮らしのWiFiでおすすめは?安くて無制限の回線の選び方を徹底解説!

家族で同時に使うのなら光回線一択!

例えばこんなケースです。

  • 父はYouTubeー5Mbps
  • 母はNETFLIXー5Mbps
  • 姉はZoomでオンライン授業ー1.2Mbps
  • 弟はSWICHでゲームー8Mbps

これだけで20Mbps近く必要になります。
※Switchの速度はバイオハザード7を例にとりました。

参考SwitchをポケットWiFiで遊ぶ!有線回線との比較と速度制限を解説

ポケットWiFiだけではカバーするのがやっとで余力がありません。
家族全員で使うのなら、余力のある光回線が安心です。

ポイント

  • 一人暮らしならポケットWiFiでもOK
  • 家族が多いなら光回線がおすすめ
あわせて読みたい
【光回線の料金比較】ケース別おすすめで最適な回線が今すぐ分かる!

光回線を安く契約するなら単純な料金比較ではNGです。 初心者でも簡単でお得な選び方があるのをご存じでしょうか? 今回はもっとも安い光回線を選ぶシンプルな方法を分かりやすく解説します。 光回線は契約して ...

続きを見る

3、速度制限の比較

光回線の無制限は、文字通りの無制限で、どんなに使っても速度制限にはなりません。

他方で、ポケットWiFiの無制限には必ず例外規定があります。
例えば、無制限で使えるWiMAXのポケットWiFiは3日で15GB以上の大量通信を行うと翌日の混雑時間帯に1Mbps低速になります。

ポケットWiFiの最大の弱点がこの速度制限です。
しかし1Mbpsがそもそもそれ程の低速ではない(ネット閲覧、SNS、メール、YouTubeの標準画質なら可能)上に、一定時間で終わるのでそれ程深刻ではないとも言えます。

とはいえポケットWiFiの速度制限はオンラインゲームなど大量通信を行う方にとってはネックになり得ます。
大量通信をする方なら速度制限のない光回線一択と言えます。

4、導入までの期間の比較

光回線を導入するには工事が必要で10日~1か月程度かかります。
特に転勤などが多い繁忙期は、なかなか回線工事の予約がとれません。

その点、ポケットWiFiはネットで申し込んだ後、早ければ、翌日、届いた日から使えます。
導入にかかる時間の比較ではポケットWiFiが圧倒的にはやく手続きも簡単です。

参考工事無しWiFiをおすすめする5つの理由

引っ越しが多い方にもポケットWiFiはおすすめです。
回線工事不要、ポケットWiFi端末を引っ越し先に持っていくだけの手軽さです。

あなたは光回線、ポケットWiFiどちらを選ぶべき?

光回線とポケットWiFiの比較を通じておおよその特徴を解説しました。
それぞれの回線がおすすめな方は以下の通りです。

光回線がおすすめなのはこんな方

  • インターネットを家族みんなで楽しみたい!
  • 無制限使い放題でネットを楽しみたい
  • 使うのは自宅がメイン
  • オンライン対戦ゲームなど高速な通信速度が求められるゲームをプレイする
  • 高画質の動画や重いゲームのダウンロードなどを頻繁に行う
  • ネット回線の導入にある程度時間がかかっても構わない

>>これらのケースにピッタリのおすすめの光回線はこちら

ポケットWiFiがおすすめなのはこんな方

  • 自宅以外に持ち運んでネットを楽しみたい!
  • ネット回線を使うのは一人~二人程度
  • 数時間程度の速度制限なら我慢できる
  • 今すぐネット回線を導入したい
  • 引っ越しが多い

>>これらのケースにピッタリのおすすめポケットWiFiはこちら

おすすめ光回線プロバイダ4選

光回線は現在使っているスマホのキャリアによって選ぶべき回線が異なります。
コラボ回線というもので、提携してる光回線を契約するとスマホ料金が毎月最大1100円安くなるのです。
この割引は家族も対象なので家族が4人いれば4400円も毎月のスマホ料金が安くなります。

実のところ、光回線そのものの月額料金は各社とも、このスマホのセット割引(毎月最大1100円)ほどの差はないのです。

光回線単体の安さよりも、スマホ料金を含めた通信費トータルの安さで選ぶのが現在の主流です。
なお、格安スマホやキャリアの格安プラン(ahamo、povoなど)はこういった割引が無いのでシンプルに安い光回線を選ぶのがおすすめです。

1、ドコモの携帯を使っている場合(ドコモ光)

ドコモを契約しているのなら、GMOとくとくBBのドコモ光が高額キャッシュバックでお得です。
更に家族のドコモの携帯料金が毎月最大1000円割引になるのも魅力。
また下りの実測値の平均が319.33Mbpsと高速なのも◎。
月額もフレッツ光が5,700円なのに対して5,200円とかなりリーズナブルです。
プロバイダ料金も込みでこの値段です。

ドコモ光キャンペーンサイト

2、auの携帯を使っている場合(auひかり)

auの携帯を使っている場合は、auひかりがお得です。
家族全員のスマホ代が最大1000円づつ安くなります。
最高速度5ギガ~10ギガの光回線が使えるのも魅力。
もちろん実測はこれほどの速度は出ないでしょうが、余力があるのでかなりの速度が期待できます。
光回線ですから、ポケットWiFiとは違い完全な無制限。
安定したネット接続が期待できます。
月額料金も戸建ては4000円(フレッツ光の場合6200円超)、マンションだと2900円(フレッツ光の場合4000円程度)と格安です。
こちらもプロバイダ込みです。

auひかりキャンペーンサイト

3、ソフトバンクの携帯を使っている場合(ソフトバンク光)

※キャンペーンは変更の可能性あり

ソフトバンクのコラボ回線は様々な代理店が存在しますが、ここは様々なキャッシュバック条件が選べるのが魅力です。
ソフトバンクスマホを使っている家族全員のスマホ料金が最大1000円安くなります。
余計なオプションに入らなくても最短2ヵ月でキャッシュバックがもらえるのも特徴。
月額料金は集合住宅は3,800円、戸建ては5,200円。
代理店間の競争が激しい中でかなり思い切ったキャッシュバックを行っています。

ソフトバンク光(アウンカンパニー)公式サイト

4、格安スマホ、格安プランを使っている方(GMO光アクセス)

格安スマホやahamo、povo、LINEMOといったの格安プランにはセット割がないので、月額がシンプルに安い光回線が最適です。
一人暮らしでセット割のメリットがあまりない方も、シンプルに安い光回線を選びましょう。
中でもGMO光アクセスは、戸建て:月額4928円 集合住宅:月額3960円と最安級。
工事費無料、プロバイダ料金込みでこの料金ですからお得です。

GMO光アクセス公式サイト

GMO光アクセスはv6プラスという最新技術に対応しており、高速なのも魅力です。

v6プラスとは混雑ポイントを避けて高速化する技術。
v6プラスにセッティング済みのルーターを無料でレンタルしてくれるので手間なしで高速回線を楽しめます。

参考GMO光アクセスの評判は?全メリットとデメリット

ケース別おすすめポケットWiFi3選

1、【使い放題が高速】GMOとくとくBB

使い放題、高速なポケットWiFiの代名詞がWiMAX回線。
中でもGMOとくとくBBは5G対応で月額実質4577円と低料金で大人気です。
WiMAX回線だけでなく、au4GLTE、5GLTEにも対応。非常に高速です。

GMOとくとくBB WiMAX公式サイト

外出先はもちろん、自宅用としても十分使えるポケットWiFiです。

2、【安さ・エリアの広さで選ぶなら】THE WiFi

THE WiFiはキャリア回線(ソフトバンク、au、ドコモ)の中から最適な回線を選んで接続するクラウドSIM方式。海外にそのまま持って行って使う事もでき、エリアの広さが魅力です。
プランは定額プランと使った分だけ課金される従量課金プランの二つ。
100GBと大容量な定額プランは月額実質3327円と、2000円台に迫るリーズナブルさ。
従量課金プランは1298円~3960円とこちらも低料金に抑えられています。

月によって使うデータ量にムラがあるなら従量課金プラン、毎月ヘビーに使うなら定額プランがおすすめです。

THE WiFi公式サイト

30日間のお試し期間があるのでポケットWiFiをはじめて使う方にもおすすめ。
月の途中でデータ量が不足したらギガを購入できます。

参考【THE WiFiレビュー】評判はどう?本当に安い?全注意点

3、【光回線から乗り換えるなら】Broad WiMAX

Broad WiMAXは光回線やケーブルテレビ、他社ポケットWiFi等から乗り換える際の解約金を最大19000円まで負担してくれるのが魅力です。
WiMAXなので上限が無い上に月額の実質は3931円。シンプルに安いのが特長です。

Broad WiMAX公式サイト

あわせて読みたい
2021【ポケットWiFi】11社一括比較表&おすすめ一覧(ケース別)

ポケットWiFiは多くのプロバイダがひしめき、月額料金も、通信容量も多種多様です。 そこで当サイトでは、4つの重要点を徹底比較。初心者にも分かりやすくまとめました。 このポイントを知っておけば、あなた ...

続きを見る

【ポケットWiFiと光回線どちらも!】セットで契約する場合

ポケットWiFiと光回線をセットで契約するのは基本的にはおすすめしません。
結論を先に書くと、個別に契約した方が安くスペックも安定しているからです。

ポケットWiFiと光回線のセットを行っている会社は少なくとも2社あります。
fon光ギガファミというところです。しかし、以下の2点により積極的におすすめできません。

  1. それ程安くない
  2. ポケットWiFiのクオリティに疑問
    通信速度、上限データ量が不安が残る

当サイトとしては個別に契約する事をおすすめしています。

ポケットWiFi?光回線?利用シーンを想定すれば答えは出る

ポケットWiFiと光回線を比較しながらメリット・デメリットを解説してきました。
実測の比較では、光回線の圧勝です。
ただし、そこまでの速度を期待しなければポケットWiFiで十分でしょう。

ユーザーの利用シーンでいうと、自宅中心でほとんど外出しない、外出先でネット接続しない方は光回線がおすめ。
また毎日が会社と家の往復と言う方も光回線があれば十分でしょう。

ポケットWiFiがよいか、光回線がよいかはユーザーそれぞれの利用シーンに左右されます。
どちらにも一長一短あるため、どんな風に利用をするのか、どこで利用するのかなど具体的な利用するシーンを想定した上で、しっかりと比較検討しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・ゆういち

元ビジネス書出版社のWEB担当。ガジェット&回線マニアで実際に契約して検証がモットー。 検証のためにWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。 ネット回線・スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信するライター。

-ポケットWiFiについて深く知る, 光回線

© 2021 ネット回線の学校