実機・サービスのレビュー ポケットWiFiについて深く知る

ポケットWiFiとテザリングを比較!どっちがお得でおすすめなのか?

ポケットWiFiとテザリングにはそれぞれメリット、デメリットがあります。

あなたがネット回線で「何をしたいか?」によってどちらを選ぶべきかが違います。
今回はポケットWiFiとテザリングの違いを初心者にも分かりやすく解説、徹底比較します!

ポケットWiFiとテザリングの違いを簡単に解説!

ポケットWiFiとスマホのテザリングの仕組みには大きな違いはありません。

ポケットWiFiとテザリング

図のように、ポケットWiFiもテザリングも電波を端末でキャッチし、その電波をWiFi電波としてデバイス(パソコンやタブレットなど)に接続します。
大きな違いはポケットWiFiが電波でデータのやりとりを行う専用端末なのに対して、テザリングを行うスマホは専用の端末ではない事です。

当たり前の事のようですが、テザリングが万能であればポケットWiFiなどという端末は存在しません。
テザリングには専用端末でないゆえの限界があるのです。

テザリングがおすすめなのはこんな方

テザリングがおすすめなのはそれほどデータを使わないライトユーザーの方です。
テレワークやオンライン授業などに使う方にはポケットWiFiがおすすめです。

参考【テレワークのポケットWiFi】即日対応のおすすめ3選

【テザリングの特徴】

  1. スマホ端末がそのまま使える(新しい端末が不要)
  2. 料金が安い
  3. データの上限が限られている
  4. バッテリーの減りが早い

テザリングはスマホがそのままWiFi端末になるので便利ですが、データの上限やバッテリーの減りの早さがネックです。

各携帯キャリアのデータ量、月額料金を比較してみましょう。

データ上限テザリング料金
ドコモ5Gギガホ プレミア:無制限
5Gギガホ:60GB
無料
au30GB無料~月550円
ソフトバンク30GB無料~月550円
楽天モバイル楽天エリア:無制限
パートナー(au)エリア:5GB
3278円(スマホ料金込み)

現在契約中のスマホがドコモなら無料、au、ソフトバンクはプランによりますが無料~月550円の低料金でWiFiが使えます。
テザリングで使ったギガはスマホのギガから引かれるので注意しましょう。
ドコモは、「5Gギガホ プレミア」(月額7315円)ならテザリングを無制限で使えます。
しかし、そもそものスマホ料金が少し高すぎませんか?

当サイトでおすすめしているのは楽天モバイルのテザリングです。
スマホ料金も込みで3278円(税込)。楽天エリア内なら無制限という太っ腹。
実際に使用感をレビューしているのでぜひ参考にしてみてください。

参考楽天モバイルのテザリングが最高過ぎた!無制限で設定も簡単

楽天のスマホをテザリング専用にしてポケットWiFiのように使っている方もおられるほどリーズナブルです。

ポケットWiFiがおすすめなのはこんな方

当然ですが、テザリングよりポケットWiFiの方が優れています。
そうでなくては専用機が存在する理由がありません!
ポケットWiFiは使えるデータ量が多いので動画をヘビーに見る方やテレワーク、オンライン授業などにもおすすめです。

【ポケットWiFiの特徴】

  1. 使えるデータ量が多い(100GB、無制限など)
  2. 料金が安い(月3000円前後が相場)
  3. 同時に接続できる台数が多い(最大10台以上
  4. 持ち運ぶ場合、端末が一つ増える

特に月に使えるデータ量は重要。
ソフトバンクやauの上限30GBのテザリングと上限100GBのポケットWiFiを比較してみましょう。

テザリング(30GB)ポケットWiFi(100GB)
NETFLIX標準画質:21時間
高画質:10時間
標準画質:143時間
高画質:33時間
YouTube標準画質:79時間
高画質:21時間
標準画質:263時間
高画質:71時間

特にデータを消費するのは動画で、テザリングはヘビーユーザーにはかなりきついです。
Zoom会議の場合も同様で、1時間に0.7GB消費(当サイト実測)しますから、テザリングなら月43時間、ポケットWiFiは143時間使えます。

参考Zoom会議の通信量は?テレワークに最適なポケットWiFiの選び方!

ポケットWiFiの月額料金は以下の比較表を参考にしてください。

データ上限月額実質(税込)
※キャンペーン適応
端末代
■WiMAX
GMOとくとくBB無制限4577円無料
カシモWiMAX無制限4743円無料
■クラウドSIM
クラウドWiFi東京100GB3718円無料レンタル
ゼウスWiFi20GB3759円無料レンタル
40GB2948円
100GB3759円

現在主流のポケットWiFiには2種類の方式があります。
一つはWiMAX回線で、こちらは使い放題で高速。
5G対応でWiMAXの他にau5GLTE、au4GLTEも使えます。

もう一つはクラウドSIM方式。
こちらは三大キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)の中からその時々で最適な回線を選んで接続します。
キャリア回線を使うのでエリアが非常に広いのが魅力です。

基本的におすすめのポケットWiFiはWiMAX回線です。
安定して高速でほぼ無制限で使えます。
WiMAXは3日で15GBという大量通信を行うと翌日混雑時間帯に一時的な速度制限にかかります。
しかし、速度制限が一定時間で終わる事、更に制限された後の速度がそれほど遅くない(1MbpsでYouTubeの標準画質なら視聴可能です)ため気にする必要はありません。そもそも3日で15GB使う事自体が大変です。

月額もプロバイダのGMOとくとくBBなら実質4577円と格安です。
当サイトの実機レビューをぜひ参考にしてみてください。

参考【GMOとくとくBBレビュー】WiMAXを契約して他社と比較した結論

また、クラウドSIMはエリアが広いので地方にお住まいの方に最適です。

参考田舎に強いポケットWiFi選び方5つのポイント

ポケットWiFiとテザリングの速度を比較

ポケットWiFiとテザリングの通信速度については以下の表をご覧ください。

最大通信速度
■テザリング
iPhone 12838Mbps
iPhone 11 Pro838Mbps
iPhone SE500Mbps
■ポケットWiFi
Speed Wi-Fi NEXT W06
(WiMAX)
1237Mbps
Speed Wi-Fi NEXT WX06
(WiMAX)
440Mbps
U3
(クラウドSIM)
100Mbps

テザリングの例で挙げたのはソフトバンクのスマホです。
ただし、これらはあくまでスペック上の数値で実際はこのような速度はまず出ません。

当サイトでテザリングとポケットWiFiを実測した時があったのでご覧ください。

実測値最大通信速度
Speed Wi-Fi NEXT W0522Mbps758Mbps
iPhoneX(ドコモ)
※テザリング
33Mbps500Mbps

どちらもスペック値の10分の1出てないわけですから、最高速度がいかにアテにならないか分かると思います。

実測値はポケットWiFiの方が負けましたが電波状況によっては勝つ事もあります。
ちなみにどちらも十分高速な数値。最高速度が盛りすぎなのです。

Zoomには10Mbpsあれば良いし、NETFLIXの高画質でさえ5Mbpsで足りるのでどちらも余裕でクリアです。

ネット回線速度の快適性

※あくまで目安

まとめ:ライトユーザー以外はこのポケットWiFiがおすすめ!

ポケットWiFiとテザリングを比較してきましたが、いかがでしたか?
あまりネットを使わない方には、テザリングで十分ですが、動画等を視聴するのならポケットWiFiが無いとストレスを感じるでしょう。
またZoomなどに使うのなら、テザリングでは上限ギガ数が心配です。
バッテリーの持ちも悪いのでライトユーザー以外は専用端末、ポケットWiFiをおすすめしています。

ちなみに当サイトのポケットWiFiのイチオシは常にWiMAXのGMOとくとくBBです。

月額実質4577円(税込)と格安でありながら、無制限で使えます。

参考GMOとくとくBB公式サイト

オリコンの顧客満足度でも1位。ポケットWiFiならまずここを検討した方が良いです。

ポケットWiFi端末は5G対応のGalaxy 5G mobile Wi-Fi。
最高速度で2.2Gbpです。一般的な光回線でさえ1Gbps(1000Mbps)ですから非常に高速です。

Galaxy5G mobile Wi-Fi

もちろん実測はこれほどの速度は出ませんが、余力があるので速度面でストレスを感じる事はまずありません。
USBでデバイスとの有線接続が可能なので通信も安定します。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネット回線の学校編集部・ゆういち

元ビジネス書出版社のWEB担当。ガジェット&回線マニアで実際に契約して検証がモットー。 検証のためにWiMAX2台、クラウドSIM3台、楽天モバイルのデバイス2台(スマホとポケットWiFi)、ソフトバンクエアーと8台同時契約している事もあり。 ネット回線・スマホ・ポケットWiFi等の記事を取材、発信するライター。

-実機・サービスのレビュー, ポケットWiFiについて深く知る

© 2021 ポケットWiFiから光回線まで総合比較サイト-ネット回線の学校