ポケットWiFiについて深く知る

【オンライン帰省のやりかた完全ガイド】方法・アプリ・ネット環境まで徹底解説

テレワークやオンライン飲み会など、オンライン上でのコミュニケーションが注目を集めています。
さらに、実家に帰る代わりに帰省気分を味わえるオンライン帰省も話題となっています。

実家に行けないならぜひオンライン帰省にチャンレンジしてみましょう。
オンライン帰省は必要なアプリや環境が揃えば簡単。
今回はオンライン帰省のやりかたやおすすめアプリ・ネット環境について解説します。

【そもそも】オンライン帰省とは?

オンライン帰省とは、パソコンやスマホのビデオ通話アプリを介して、家族と会話を楽しむ方法です。

家族との会話は普通の電話やメール等でもできますが、ビデオ通話なら直接顔を見て話せます。
Zoomなどのビデオ通話アプリでは複数人と同時接続できるので、家族がそれぞれバラバラに生活していても、まるで同じ空間にいる感覚でコミュニケーションが取れます。

参考Zoomで使えるポケットWiFi

また、普通の電話は長時間の電話だと通話料がかかってしまいます。
しかし、ビデオ通話アプリはインターネットを使うので、基本的に通話料がかからない点もメリットと言えるでしょう。
他にも直接実家に行く必要がないので、交通費などの節約にもなります。

仕事が忙しかったり、遠方に住んでいたりなどの理由でなかなか実家に帰れない人も気軽に帰省気分を味わえるため、今後も普及していくコミュニケーション方法です。

オンライン帰省のやりかた・必要なもの

オンライン帰省に必要なもの

オンライン帰省をする際は、以下のものが必要です。

  • インターネット
  • パソコン、スマートフォン、タブレット
  • webカメラ
  • マイク、ヘッドセット
  • ビデオ通話アプリ

最低限必要となるものは、ネット環境とパソコンやスマートフォン、タブレットといったデバイス、そして通話アプリです。

両親などがデバイスを持っていない時は、タブレットや初心者や年配者もWeb使いやすいスマホをプレゼントしておくと良いでしょう。
カメラやマイクはパソコンに内蔵してあれば、用意する必要ありません。

ただし画質や音質にこだわりたいのなら高性能なwebカメラとマイクがあると便利です。

ビデオ通話アプリは全員同じものを用意する

オンライン帰省で使うビデオ通話アプリは、通話する全員同じものを使いましょう。
アプリが違うと通話できないので、どのアプリを使うか決めておき、事前にインストールやセットアップなど準備しておいてください。

パソコンやスマホなどをネットにつなぎ、アプリを開いて個人またはグループ通話の機能を使うことで、オンライン帰省が始められます。

準備しておくと良いもの

オンライン帰省をするにあたり、準備しておくと良いものがあるのでご紹介します。

・会話の話題

オンライン帰省ではコミュニケーションがメインとなります。
いざとなると話題を探しているうちに時間が経ってしまう事があります。
話題を考えておくと良いでしょう。

何を話したらいいのか分からず、近況報告だけして自分からはほとんど離さずに通話終了となってしまうケースもあります

・飲食

食べ物や飲み物を用意しておくと、家族と一緒に食事をしている気分になれます。
実家では家族全員で揃っての食事を楽しみに帰る人も多いでしょう。
オンライン帰省ではそれが難しいものの、それぞれで料理やドリンクを準備して食事を楽しめば、食事会を楽しめます。

用意する飲食は好きなもので良いですが、同じ料理やお酒を用意して共有するとよりリアルな帰省を再現できます。

オンライン帰省でおすすめのアプリ

オンライン帰省で使えるアプリはたくさんあるので、中でもおすすめのアプリを4つピックアップしてご紹介します。

・Zoom

リモートワークやオンライン飲み会でよく使われるビデオチャットツールです。

基本的に無料で使えます。
主にビジネスで使われるツールであるため、100人以上の同時参加や画面共有など色々な機能が備わっています。
音質や画質がクリアなので、快適なビデオ通話が可能です。

チャット機能がついているので、会話中にテキストや画像を送信して共有もできます。

Zoomではオンライン帰省の主催者がアカウントを作成し、通話したい相手に招待URLが送れます。
招待を受けた家族は送られてきたURLにアクセスするとビデオチャットに参加可能です。
ただし、3人以上で通話をする場合、40分までの制限があります。

それ以上長く複数人で通話したい場合は、主催者は有料アカウントの取得が必要です。

・LINE

LINEにもビデオ通話機能があるので、普段から家族と連絡を取り合う際に使っているのであればおすすめです。
トーク画面の電話マークを押し、さらにビデオ通話を押すとオンライン帰省を始められます。

家族用のグループを作成すれば、そこから複数人との同時通話も可能です。
ただし、スマホだと4人までしか顔が表示されないので、それよりも大人数の顔を表示する際は最大16人表示できるパソコン用のアプリを使ってみましょう。

通話は無料ですが、電波が弱めで音声にノイズが入ることがある点がデメリットです。

・Skype

パソコンとスマートフォンのどちらからも使えるビデオ通話アプリです。
アプリを使う際は基本的にSkypeのアカウントかマイクロソフトのアカウントが必要となります。

他の家族もアカウントを持っていれば、コンタクトを追加するとチャットやビデオ通話ができるようになります。
アカウントを持っていない人も会話へ招待が可能なのも大きな魅力。

「今すぐ会議」から通話リンクをメールなどで招待共有でき、送られてきたURLにアクセスするとアカウントを持たない人も会話に参加できるようになります。
また、通話リストから通話したい相手を選択すれば、複数人同時にビデオ通話ができます。

・Google Duo

Googleのビデオ通話アプリです。
パソコンでも通話は可能ですが、セットアップには電話番号とSMSを受信するためのスマホが必要です。

セットアップが済むと連絡先に登録してある家族とビデオ通話が可能となります。
電話番号が分かればすぐに通話できるので、オンライン帰省に最適です。

グループでの会話も可能で、参加したいユーザーでグループを作るか、グループ通話のリンクの共有で通話を始められます。
グループ通話のリンク共有はアプリをインストールしていない人もweb上から参加可能です。
Google Duoでは、最大12人まで同時通話できます。

オンライン帰省のネット環境はポケットWiFiがお手軽

Speed Wi-Fi NEXT W06

オンライン帰省の実現にはネット環境を整えることも必要不可欠です。
光回線が定番ですが、導入までのスピードと手軽さを考えるとポケットWiFiがおすすめです。

光回線は回線の開通工事が必要で、申し込みから実際に使えるようになるまでの期間が長いのがネック。
特に引っ越しシーズンなどは開通工事の申し込みが殺到しやすく、さらに工期が遅れる場合もあります。
すぐに導入できないという点が光回線のデメリットです。

参考ポケットwifiと光回線の比較

その点、ポケットWiFiは申し込んで即日発送してくれるプロバイダも多いのが魅力。
端末が届けば簡単な設定をするだけで、すぐにネット環境を用意できます。

月額料金も光回線と比べて安く、端末は小型なので外に持ち込んでWiFiが使える点もメリットです。

契約期間に縛りのないレンタルサービスも展開されているので、臨時でネット環境が欲しい時にも便利でしょう。

オンライン帰省に最適なポケットWiFi一覧

参考までにオンライン帰省におすすめのポケットWiFiを2つピックアップしました。

GMOとくとくBB

プロバイダサービスで有名なGMOとくとくBBから提供されるWiMAX系のポケットWiFiです。
WiMAX 2+と呼ばれる、高速かつ大容量の回線でネット接続ができます。

GMOとくとくBB公式サイト

2つの料金プランを選べる

GMOとくとくBBでは、2つの料金プランから好きな方を選べます。

プラン名ギガ放題7GB
月額料金1~2ヶ月:3,609円
3ヶ月以降:4,263円
3,609円
月間データ容量無制限7GB
契約期間3年間3年間
初期費用3,000円3,000円

ギガ放題プランは月間データ容量に制限がないので、毎月たっぷり通信できます。
ただし、無制限といっても3日間に合計10GB分の通信を行うと、翌日の18~翌々日の2時頃まで速度制限にかかります。
速度制限がかかった場合、最大約1Mbpsまでの速度に下がってしまいますが、翌日には解除されます。

一方、7GBプランは月間データ容量を超えると次の月まで速度制限がかかってしまいますが、頻繁にネットを使わず少しでも安く利用したい方に向いています。

端末は最新モデルも含めて無料提供

GMOとくとくBB WiMAXの契約時に申し込める端末は複数あり、どれも無料です。
もしポケットWiFiを解約することになっても、初期解約以外は端末の返品は不要。

参考GMO とくとくBBの口コミ体験談

それがだいじWiFi

ソリューションネットワーク株式会社が提供するポケットWiFi。
無制限プランではありませんが、大容量プランを用意しているので安心してオンライン帰省ができます。
また、一般的なポケットWiFiとは違いクラウドSIMと呼ばれる技術を使った端末が提供される点も特徴的です。
ソフトバンク、au、ドコモのキャリ回線を使い、海外にそのまま持って行っても繋がるのが魅力。

それがだいじWiFi公式サイト

料金プラン
プラン名150GB保証プラン
月額料金 3,250円
月間データ容量150GB
契約期間2年間
初期費用3,000円

月額料金は業界最安基準なので、安くネットを使いたい人に最適です。
月間データ容量は150GBと大容量なので、オンライン帰省はもちろん、動画視聴やネットサーフィン、SNSの投稿、アプリの利用など満足にネットが使えるでしょう。

なお、月の途中で150GBの通信を超えた場合、月末まで最大384kbpsの速度なで制限されます。
また、「〇日に〇GBの通信」等の速度制限もないので、安心して通信できます。

まとめ

今回はオンライン帰省のやりかたやおすすめのアプリ・ポケットWiFiをご紹介しました。
なかかなか実家に戻れないけど家族と会話や食事を共にしたい時は、ビデオ通話を通じて疑似的ですが帰省を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ポケットWiFiならすぐにネット環境を整えられるので、今からでも準備を始められるのでおすすめです。

関連オンライン授業のネット回線

 

The following two tabs change content below.
ポケットwifi比較まとめ編集部

ポケットwifi比較まとめ編集部

ポケットwifiを深く知るための情報を提供しています。

-ポケットWiFiについて深く知る

Copyright© ネット回線の学校 , 2020 All Rights Reserved.

テレワーク急増でポケットWiFi在庫不足が発生中
在庫チェック