モバイルルーターでオンラインゲームはプレイ可能なのか?

モバイルルーターとプレイステーション4を接続して楽しむ

モバイルルーターを自宅回線として利用するユーザーが増えています。

これまで自宅回線と言えばフレッツ光などの光ファイバー回線を引くことが多かったのですが、工事費や月額料金が比較的高くついてしまいます。大家族ならまだしも、単身世帯であればそこまで利用頻度も高くないため、モバイルルーターで十分ですしね。

ただし、光ファイバーと比べて「通信クオリティ」という点でいまいち不安の残るモバイルルーター。
メールやブラウジング程度であれば全く気になりませんが、プレイステーション4とつなげてオンラインゲームを行うというケースで果たして実用性があるのかが気になるところ。

そこで今回はWiMAX系のモバイルルーターを用意し、自宅のプレイステーション4をつなげて実際にいろいろなオンラインゲームをプレイした上でその実用性をチェックしてみました。

プレイステーション4の接続方法を今一度おさらい

プレイステーション4でオンラインゲームを行うには、最初にインターネット接続設定を行うことが必要です。

プレイステーション4には有線or無線の2通りの接続方法がありますが、今回は無線の場合の接続方法を今一度おさらいしておきましょう。

1、プレイステーション4の設定画面から「ネットワーク」を選択します

2、次に「インターネット接続を設定する」に進みます

3、ここで「Wi-Fiを使う」を選択

4、ここで利用可能なWi-Fiネットワークが表示されるので、利用するモバイルルーターを選択

5、モバイルルーター側で設定されたパスワードを入力すれば終了です

オンラインゲームができる程度の応答性は確保できるのか?

最初にプレイしてみたのはPlayStation Now上にあるアクションシューティング「LOST PLANET2」
PlayStation Nowとはクラウド上にあるゲームソフトをストリーミング形式で楽しむことができるサービスです。

ストリーミングであるためクラウドサーバーとの通信が常時発生しており、モバイルルーター側での速度低下などがあると画面に警告が発せられます。

なお、利用環境のページには「プレイには下り速度5Mbps以上が保証される安定したネットワーク環境が必要」と明記されており、WiMAX系モバイルルーターであれば十分にクリアしている数値です。

実際のプレイに関しては特にラグなどが発生することも無くスムーズにゲームを進めることができました。音ずれや画面の乱れなどもなく、有線接続と変わらないクオリティです。

プレイ中に速度低下のアラートも出ず、一気にステージクリア画面までたどり着けました。

PlayStation Nowには300近いオンラインゲームがラインナップされていますが、どのゲームでもそれほど支障はないのではないかと思われます。

シビアな操作が求められる対戦型ゲームでも問題なし

続いてプレイしたのは大人気オンラインゲームの「モンスターハンター フロンティアZ

いわゆる大人数同時プレイゲームであり、パーティプレイが中心となるため回線速度がプレイに影響する割合は高いといえます。
FPSゲーム程ではありませんが、「通信ラグを最小限に留めるため有線接続が必須」という意見も散見されます。

しかし、モバイルルーターを利用した接続でも特に問題はありませんでした。

人が多く集まる市場などでの挙動もスムーズで、他プレイヤーとのコミュニケーションも問題ありません。

実際に狩りを行う場面でのラグが懸念されましたが、エリア移動する時短時間のフリーズがあった程度でプレイ上の支障はありませんでした。

アプリケーションアップデートには要注意!

このように、WiMAX系モバイルルーターでプレイステーション4のゲームを遊ぶことについては「ごく一部のシビアなケースを除き特に問題は無い」という結論になりました。

実際にプレイするまでは有線接続とのクオリティの違いを覚悟していましたが、特に問題を感じることも無くプレイできたことにやや驚きを感じるとともに、WiMAX系モバイルルーターの実力の高さを思い知ることとなりました。

ただし、注意しなければならないのがモバイルルーターの速度制限です。

WiMAX系モバイルルーターの場合は「3日間で10GBのデータ通信を行うと速度制限となる」というルールがあります。通常のプレイであればそこまでデータ容量を消費することはありませんが、アプリケーションのダウンロードやアップデートはかなりのデータ量を消費します。

オンラインゲームのアプリケーションデータは数GBあるのが当たり前であり、1~2つのアプリケーションをダウンロードしただけで10GBの上限に達してしまいます。

一旦速度制限ペナルティを受けてしまうと通常のゲームプレイすら困難となりますので注意してください。

まとめ

モバイルルーターでプレイステーション4のオンラインゲームをプレイすることについては特に大きな問題は無いようです。
自宅回線代わりにWiMAX系モバイルルーターを活用しようと考えているユーザーにとって、データ上限さえ注意しておけば快適に利用することができるでしょう。

また、自宅での利用時はモバイルルーターを窓際に置く、あるいはプレイステーション4とモバイルルーターをWiFiではなくLANケーブルで接続してみる(クレードル必須)などの対策を講じることで、より快適にプレイすることも可能となるでしょう。

オンラインゲームをプレイする際にはできるだけ安定した通信環境を実現できるよう、いろいろと工夫してみてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。